手切れ金を要求する浮気相手の親

テレフォン人生相談
夫の浮気

浮気癖があり優柔不断な息子がアルバイトの28歳独身の女の子(鬱病)に手を出し別居していた。9歳の孫娘が小児癌で入院すると、無理矢理帰ってきた息子。かと言って仲が戻ったわけでなく、嫁に当り散らす。嫁は別れる気はないが、息子は別れたがっている。それでも生活費は入れている。坂井眞は息子は戻ってきてるが心は戻ってきてない。仮面夫婦状態は良くないと相談者、どうすればいいのかと相談。柴田理恵は「親の責任もある!」母親を叱咤。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年12月9日(水)

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:73歳女性 息子40歳 嫁40歳 小児癌の孫9歳(女) 孫小5(男) 浮気相手28歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

柴田理恵:
もしもしテレフォン人生相談です

相談者:
お世話になります

柴田理恵:
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
息子の 夫婦のことなんですけど

柴田理恵:
はい

相談者:
うまくいかないんで 心配で・・

柴田理恵:
あ どううまくいかないんですか?

相談者:
結局 浮気したんですよね

柴田理恵:
あ 息子さんが?

相談者:
ええ

柴田理恵:
はいはいはい

相談者:
そいで

柴田理恵:
うん

相談者:
あの・・別居しとって

柴田理恵:
ああ

相談者:
今になって帰ってきたんですけど

柴田理恵:
はい う・・

相談者:
その帰るのが

柴田理恵:
うん

相談者:
子供が 病院 今 入院してるんですけど

柴田理恵:
ああ お子さんが病気?

相談者:
9歳で小児癌なんですよ

柴田理恵:
あらぁ

相談者:
そいで 無理矢理 帰ってきた状態で

柴田理恵:
息子さんは

相談者:
はい

柴田理恵:
おいくつですか?

相談者:
40

柴田理恵:
お嫁さんは?

相談者:
40

柴田理恵:
お嫁さんも40

相談者:
はい

柴田理恵:
お母さんも おいくつですか?

相談者:
73

柴田理恵:
ああ そうですか・・で お子さんが 癌になられたって大変ですね

相談者:
そうなんですよ

柴田理恵:
お孫さんが・・

相談者:
だから私も どうしていいかわからんで

柴田理恵:
はいはい

相談者:
下の・・もう一人男の子がおるんだけど

柴田理恵:
そ・・

相談者:
ほいで女の子が 髪の毛抜けちゃって

柴田理恵:
ああ・・

相談者:
つんつるてん になっちゃって

柴田理恵:
あの・・男の子は

相談者:
男の子は・・

柴田理恵:
おいくつですか?

相談者:
あーんと 5年生

柴田理恵:
でも アレじゃないですか う・浮気なさってても

相談者:
うん

柴田理恵:
別居してたのに でも お子さんのことがきっかけで

相談者:
子供・・

柴田理恵:
うまくいったんじゃないんですか?

相談者:
そーれがね

柴田理恵:
うん

相談者:
うんか・・うまくいかないのよ 子供・・の為に帰ってきたようなもんやっちって

柴田理恵:
うーん

相談者:
嫁には あたり散らすし

柴田理恵:
ほう

相談者:
あの その子が 諦めきれんのか どうかわからんけど・・

柴田理恵:
あの・・その じゃあ 別居・・して 出てらして

相談者:
うん

柴田理恵:
その・・浮気した相手と一緒に暮らしてたんですか?

相談者:
暮らしてたんじゃないと思うけど

柴田理恵:
うん

相談者:
あの・・やっぱ・・鍋とかいろいろ 持ってきたで

柴田理恵:
な・鍋?

相談者:
鍋・・あの・・結局 調理師やもんで

柴田理恵:
ああ はあはあはあ あぶ・・うん

相談者:
食わしてやっとったやらぁ 女の子に

柴田理恵:
はあ・・じゃあ あの・・

相談者:
ほいで ちったぁ 一緒に住んどったかも わからんわね あの・・

柴田理恵:
浮気した相手の人を 食べさせてあげてた?

相談者:
うわ・・アルバイト・アルバイト しとった子を

柴田理恵:
あ お店のアルバイトしっとた女の子なんですか?

相談者:
うん アルバイトの・・うん それを手 出したんやね

柴田理恵:
女の子 いくつぐらいですか?

相談者:
28

柴田理恵:
28歳・・ああ・・

相談者:
独身だもんでね

柴田理恵:
はいはい

相談者:
ほいで 責任とって 辞めんならんことになったの

柴田理恵:
お嫁さんは 許してないわけですね?

相談者:
許しとるんやけど

柴田理恵:
うん

相談者:
あの・・一生・・一緒に連れ添いたいちって

柴田理恵:
うん

相談者:
別れるって言わんもんで

柴田理恵:
あ お嫁さんが 別れるって 言わない・・

相談者:
うん う・うん うん

柴田理恵:
お母さん じゃあ どうしたいんですか?

相談者:
・・だから私 嫁が・・いつもかも 泣いちゃあ 電話かけて寄こすもんで

柴田理恵:
うん

相談者:
私も どうしていいか わからんもんで 私が・・ああしれ こうしれ なんて言えんもんで

柴田理恵:
うん

相談者:
先生にお願いして あの・・聞いてみようかなぁと思って

柴田理恵:
うーん

相談者:
勝手に 電話しちゃったんですけど

柴田理恵:
はいはい お嫁さんは あの・・別れたくない

相談者:
うん そうそう

柴田理恵:
うーん・・

相談者:
ほいで 息子は 別れたいと その子と一緒になりたいって言って・・

柴田理恵:
あ やっぱりじゃあ その前の そのアルバイトの女の子と うまくいってんだ

相談者:
そう・それは・・あの その 女の子が 離さんらしいのよね

柴田理恵:
でも・・息子さんはアレでしょ お子さんの為に

相談者:
うん

柴田理恵:
帰ってきたぐらいだから

相談者:
そうです

柴田理恵:
お子さんは 可愛いわけでしょ?

相談者:
どうかねぇ? あんまり・・可愛いようなことは 言わんけど やっぱ・・

柴田理恵:
でも 自分の子供じゃないですか

相談者:
自分の子供だもんでね

柴田理恵:
うーん

相談者:
だから 2人子供おるで

柴田理恵:
うーん

相談者:
別れたくないっちゅうのよ 嫁は

柴田理恵:
そりゃそうですよねぇ

相談者:
うん ようやってかんって

柴田理恵:
でさ アルバイトの女の子は ちゃんとそんな覚悟はあるんですか?

相談者:
それがね

柴田理恵:
うん

相談者:
なんか・・病気だとか 何とかって言って 引き留めるのよね

柴田理恵:
病気だ? 誰が?

相談者:
うん その若い子が・・あの・・

柴田理恵:
あ 自分も病気だって言うんですか?

相談者:
う・鬱病やっちって

柴田理恵:
アルバイトの女の子が?

相談者:
そうそうそうそう

柴田理恵:
鬱病を患ってらっしゃるんですか?その・・浮気・・

相談者:
よう知らんのよ それが ねぇ

柴田理恵:
うーん

相談者:
本人が言うって 嫁が言うもんで

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの嫁が お母さんにどうも 電話したらしいのよ

柴田理恵:
でぇ お母さんってあの?

相談者:
その アルバイトの女の子の

柴田理恵:
ああ アルバイトの女の子のお母さんに電話した お嫁さんが?

相談者:
うん もう・・

柴田理恵:
なんてよびました(?)

相談者:
手切れ金を渡せって

柴田理恵:
う・・えっ?

相談者:
手切れ金

柴田理恵:
誰が?

相談者:
に・200万

柴田理恵:
200万くれって言ってるんですか?

相談者:
うん

柴田理恵:
向こうのお母さんは?

相談者:
うん だけど 合意の元に 付き合っとるんやから

柴田理恵:
うん

相談者:
あの・・嫁は

柴田理恵:
うん

相談者:
渡せんって言うのよ

柴田理恵:
○▽※

相談者:
払う必要ないって

柴田理恵:
向こうの女の子のお母さんは

相談者:
うん

柴田理恵:
別れるんなら 金を出せっていうわけですか?

相談者:
そうそうそうそう

柴田理恵:
バル・アルバイトの女の子は 息子さんと一緒に連れ添いたいって言ってるわけでしょ?

相談者:
そうです

柴田理恵:
別れたくないって?言ってるんですよね

相談者:
そうそうそうそう・・だけど お母さんは・・あの・・別れるんなら 手切れ金を寄こせって

柴田理恵:
それ おかしい話しですよね?

相談者:
うーん

柴田理恵:
これ ちょっと先生に聞いてみましょう おかしくないですか?

相談者:
だから私はもう

柴田理恵:
うーん

相談者:
もう あのね 200万出そうかって言ったら 息子はそんなことせんでもええって言うもんで

柴田理恵:
そりゃそうだぁ

相談者:
うーん

柴田理恵:
息子さんもまたさぁ

相談者:
うん

柴田理恵:
そんな ただ向こうのお母さんが金くれって言ってるのにまた・・黙ってるわけ?

相談者:
優柔不断なのよねぇ

柴田理恵:
うーーん まぁ 優しいのかもしれないですけどね

相談者:
うーん・・優しいもんで

柴田理恵:
じゃあ・・

相談者:
そういうふうに 女が付いてくるのよ いっ・・

柴田理恵:
もてるんだ?

相談者:
この・この前も そういうことがあって

柴田理恵:
うん?

相談者:
ほいで10年我慢して

柴田理恵:
うん

相談者:
嫁さんが

柴田理恵:
うん 浮気初めてじゃないんだ?

相談者:
2回目なんです

柴田理恵:
ああ・・じゃあ 今日 お母さん 今日のご相談は

相談者:
ええ

柴田理恵:
息子夫婦がうまくいかない・くなったんだけれども

相談者:
あ 仮面夫婦でおる・おるって言っとった

柴田理恵:
その・・

相談者:
そんなのつまらんでしょう

柴田理恵:
つまらんつまらん

相談者:
だから うまくいく・・方法はないのか

柴田理恵:
ないのか?

相談者:
って思って

柴田理恵:
わかりました じゃあ あの うまくいく方法があるのかどうなのか

相談者:
はい

柴田理恵:
その向こうのお母さんからの 200万円っていうのも いったいどうなのかっていう話しを含めて 弁護士の坂井眞先生に

相談者:
はい

柴田理恵:
あの お聞きしたいと思います

相談者:
はい

柴田理恵:
先生よろしくお願いします

相談者:
すいません

坂井眞アドバイス

坂井眞:
はい よろしくお願いします

相談者:
よろしくお願いします

坂井眞:
えー どっから話そうかなと思って

相談者:
うふふふ(笑う)

坂井眞:
お話お聞きしたんですが まずその・・浮気相手の女性のお母さんが

相談者:
ええ ええ

坂井眞:
手切れ金200万くれたらっていう事 言ってるってとこから わかり易いから 話しましょうか

相談者:
はい

坂井眞:
まこれはあの・・柴田さん仰ってたのと 同じ あ・・事なんですけど

相談者:
ええ ええ

坂井眞:
逆ですよね

相談者:
ええ ええ

坂井眞:
だって ごく普通に考えてもらえば いいんですけど

相談者:
ええ

坂井眞:
息子さん夫婦・・が 結婚してるわけじゃないですか

相談者:
そうです

坂井眞:
結婚してる人と

相談者:
はい

坂井眞:
そういう 浮気しちゃったってことですよね

相談者:
そうです

坂井眞:
で 浮気した相手っていうのは

相談者:
はい・・独身・・

坂井眞:
その夫婦の反対側の人 だから 息子さんが浮気したんだから

相談者:
はい

坂井眞:
息子さんの奥さんは

相談者:
はい

坂井眞:
浮気相手に 慰謝料請求できる・・

相談者:
ああ そう

坂井眞:
で 金をとれる側なんですよ

相談者:
あ そうなんですか

坂井眞:
うん

相談者:
はあ

坂井眞:
だから それをなんか あの・・その女性の・・お母さん?

相談者:
はい

坂井眞:
金くれたら 別れてやるって そりゃ・・逆ですよね

相談者:
はい

坂井眞:
だから払わないっていうのは 正しくて

相談者:
はい

坂井眞:
で あの・・法律的な話しじゃなくてね

相談者:
はい

坂井眞:
例えばですけど

相談者:
はい

坂井眞:
あなたから見ると お嫁さんが

相談者:
はい

坂井眞:
お金 払うってことではなくて

相談者:
はい

坂井眞:
浮気しちゃって

相談者:
はい

坂井眞:
あなたの 息子さんの方が 自分の都合で止めたいって言うんだったら

相談者:
はい

坂井眞:
もう自分は

相談者:
はい

坂井眞:
元の家庭に戻るから

相談者:
はい

坂井眞:
悪いけど・・お金を渡すから これで全部終わりにしてくれないか こういう事は あるかもしれないよね これ払う・・責任があるとか 義務があるとか そういうことじゃないですよ

相談者:
はい わかりました

坂井眞:
だけど・・お嫁さんの方が

相談者:
はい

坂井眞:
奥さんの方が

相談者:
はい

坂井眞:
浮気相手に金を払うってことは 絶対逆だから

相談者:
はい

坂井眞:
うん それは 間違ってるって

相談者:
はい

坂井眞:
思ってくださいね

相談者:
わかりました

坂井眞:
それからね

相談者:
はい

坂井眞:
あなたが 仰っていた

相談者:
はい

坂井眞:
仮面夫婦なんて つまんないって言ったっけね さっき?

相談者:
ええ ええ

坂井眞:
それは その通りで

相談者:
ええ

坂井眞:
いつまでも この 夫婦って形をとりながら

相談者:
はい

坂井眞:
実態は 違ってたわけじゃないですか

相談者:
はいはい

坂井眞:
この何年間か・・そういうのを ずっと続けてたら

相談者:
はい

坂井眞:
夫婦の関係でもよくないし

相談者:
はい

坂井眞:
えー まして お子さん2人ね

相談者:
はい

坂井眞:
小学生の お子さんいて

相談者:
はい

坂井眞:
えー お父さん・・が あの・・法律上はいるんだけど 家には居ない

相談者:
はい

坂井眞:
で お母さんは それで悩んで

相談者:
はい

坂井眞:
っていうような状況を ずーっと続けていくのは

相談者:
はい

坂井眞:
お子さんにとっても けして プラスじゃないと思うのね

相談者:
はい

坂井眞:
だから ここでなんとか この関係を

相談者:
はい

坂井眞:
すっきりさせたい っていうのは した方がいいと思う

相談者:
はい

坂井眞:
で えー 親子の問題と

相談者:
はい

坂井眞:
夫婦の問題っていうのは 別だから

相談者:
はい

坂井眞:
そこは ちゃんと考えた方がいいですね

相談者:
はい

坂井眞:
子供もいるし 別れたくないって それはよくわかるんです

相談者:
はい

坂井眞:
わかるんだけれども

相談者:
はい

坂井眞:
もし ホントにこの 夫の方がね

相談者:
はい

坂井眞:
戻る気が 全然ないんだったら

相談者:
はい

坂井眞:
無理矢理 法律で縛りつけておいたって

相談者:
はい

坂井眞:
何も・・おそらく 良い事は 生まれないですよ

相談者:
はい

坂井眞:
で お子さんたちは あの お父さんがお母さんと 別れたって もうずーっと お父さんで あり続けるんだから

相談者:
はい

坂井眞:
別れたって お父さんは お父さんですよっていう関係でいった方が

相談者:
はい

坂井眞:
お子さん達だって むしろ気持ちが すっきりするかもしれない

相談者:
ああ そうですか

坂井眞:
うん 最初はね

相談者:
はい

坂井眞:
そりゃあ 悲しい事もいっぱいあると思うけど

相談者:
ええ ええ

坂井眞:
この 仮面夫婦みたいなのを これから何十年も 続けてったら

相談者:
はい

坂井眞:
けし・けして 楽しいこと・・ではないと思うからね

相談者:
そうですよね

坂井眞:
どこかで きちっと しなくちゃいけないと思います・・・奥さんの方が仰る お嫁さんの方が仰る

相談者:
うん

坂井眞:
2人子供がいるのでってのは わかるけれども 最初は辛いかもしれないけれども

相談者:
はい

坂井眞:
あの・・ちゃんと 清算をすればね

相談者:
はい

坂井眞:
えー また 前向きな姿勢になるかも しれないじゃない

相談者:
はい

坂井眞:
いつ戻ってくるかな~って 思って待ってるだけだったら

相談者:
戻ってきとるんですけど

坂井眞:
うん だけど 戻ってきてないでしょ・・心は

相談者:
心は戻ってきてない

坂井眞:
居るだけで 戻ってきてないんですよ

相談者:
はいはいはい

坂井眞:
だから お嫁さんが

相談者:
うん

坂井眞:
あなたのところに 泣いて電話してくるんでしょ?

相談者:
あ そうです

坂井眞:
だから 戻ってきたって 全然心は戻ってきてないから

相談者:
はい

坂井眞:
悩みは解決してないから

相談者:
はい

坂井眞:
それでは駄目だろうねって言ってますね

相談者:
はい わかりました

坂井眞:
で じゃあ どうしたらいいかって事なんだけど

相談者:
はい

坂井眞:
まず あなたの息子さんが 優柔不断だって言ったけど ちゃんと責任とって

相談者:
ええ

坂井眞:
自分がどうしたいのかって 決めないと

柴田理恵:
うんうん

相談者:
はい

坂井眞:
そこが なんか勝手なこと言って 奥さんにあたり散らしてっていうのは これは 甘えてるんで

相談者:
そうですね 子供と一緒で

坂井眞:
奥さんは

相談者:
はい

坂井眞:
旦那さんと 相手の女性に

相談者:
はい

坂井眞:
慰謝料請求が できるんです

相談者:
ああ そうなんですか

坂井眞:
それは 別に 別れる事が前提でもないんだけれども

相談者:
はい

坂井眞:
だから その あの 旦那さんの方 あなたの息子さんが 威張ってられる場合じゃないんですよ

相談者:
ええ ええ

坂井眞:
申し訳ない慰謝料払いますって 奥さんに言わなきゃいけないし

相談者:
ええ

坂井眞:
今のまま みたいな事を続けていくのは

相談者:
はい

坂井眞:
もう 止めた方がいいと思う

相談者:
そうですよね

坂井眞:
うん 今のままっていうのは もう駄目だよって

相談者:
はい わかりました

坂井眞:
息子さんに 言ってあげたら どうですかね?

相談者:
はい

坂井眞:
なかなか簡単に 決心しないと思うけれども

相談者:
はい

坂井眞:
それから お嫁さんの方もね

相談者:
はい

坂井眞:
やっていく自信がないって さっき言ってましたよね お嫁さん

相談者:
ええ ええ

坂井眞:
それはね 経済的なこと?

相談者:
そうでしょうね

坂井眞:
で 今じゃあ あの・・残された奥さんと子供は

相談者:
ええ

坂井眞:
生活費はどうしてるんですか?

相談者:
ちゃんと入れとるみたい です けど

坂井眞:
息子さんが?

相談者:
ええ

坂井眞:
奥さんに対しては 失礼なことしてるけど

相談者:
はい

坂井眞:
経済的な責任はちゃんと 果たしてるってことかな?

相談者:
そうです

坂井眞:
うん・・・で そうすると奥さんとしては 今 婚姻費用って言うんだけど 結婚生活の為に 負担する費用のこと それを送ってきてるし

相談者:
はい

坂井眞:
子供さんの為の養育費は

相談者:
はい

坂井眞:
あなたの息子さん 旦那さんの方 払わなきゃいけない わけだから

相談者:
はい

坂井眞:
で ちゃんと稼ぎはあるようだから

相談者:
はい

坂井眞:
別れたから 子供の養育費が来ないっていうことではないので

相談者:
はい

坂井眞:
そこは 頭に入れておいてもらって

相談者:
はい

坂井眞:
で まずはその・・小児癌の下のお子さん・・ね

相談者:
ええ

坂井眞:
大変な時だから

相談者:
はい

坂井眞:
その間は あんまり 急に動くってことは 避けた方がいいかもしれないですね

相談者:
ありがとうございました

柴田理恵まとめ

柴田理恵:
あ 私もひと言 よろしいですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
お母さん 息子さんは 一人息子ですか?

相談者:
そうなんです はい

柴田理恵:
そしたらさぁ

相談者:
はい

柴田理恵:
ここは 母のひと言だと思うんだ・・40になって何してんだって!

相談者:
ええ ええ

柴田理恵:
顔を見て

相談者:
ええ ええ

柴田理恵:
電話じゃなくて

相談者:
ええ

柴田理恵:
いっぺん お母さんの所に

相談者:
ええ

柴田理恵:
息子と

相談者:
ええ

柴田理恵:
その お嫁さんと

相談者:
ああ

柴田理恵:
呼んで

相談者:
はい

柴田理恵:
きちんと 言って

相談者:
わかりました

柴田理恵:
お母さんが ここで一発 叱りつけないと

相談者:
そうですね

柴田理恵:
この息子は 目が覚めませんよ

相談者:
はい わかりました

柴田理恵:
癖だからね

相談者:
はい

柴田理恵:
その・・10年前にも浮気した

相談者:
そうそうそう

柴田理恵:
逃げたいのよ

相談者:
はい

柴田理恵:
だが そんな弱い子に育てたのは お母さんですからね

相談者:
ええ

柴田理恵:
そうでしょう? だからこれ お母さんの責任も 私 あると思うから

相談者:
はい

柴田理恵:
こんな嫁にも・・顔向けができないってことを 嫁の前でちゃんと言うんです

相談者:
はい わかりました

柴田理恵:
それで 嫁さんにも

相談者:
うん

柴田理恵:
こんな息子で 申し訳ないと・・ほんで・・嫁さんにも

相談者:
はい

柴田理恵:
ちゃんと前向きな 明るい生き方してった方がいいと思うってことを 言った方が いいと思います

相談者:
はい わかりました

柴田理恵:
そうやって お母さんが要になって 動いてあげないと

相談者:
はい

柴田理恵:
息子も嫁も ちゃんと動かないと思います

相談者:
はい わかりました

柴田理恵:
ねぇ 年取ってからなのに大変ですねぇ

相談者:
ありがとうございます

柴田理恵:
はぁーい 頑張ってください 失礼します

相談者:
どうも 失礼します

柴田理恵:
はぁーい

管理人のちょっとひと言

このお母さん、相談したのはいいけれど
「はい わかりました」の連呼で
でも、やれませんって感じ満載

柴田さんも、熱く語ってくれたのですが
残念ながら、届いてるようには思えませんでしたね

まあ、やる気なさそうで、やる人もいるので
そちらのタイプならば、行動するのでしょうが
さて、どちらに転ぶのか・・・

お嫁さんは、すがりたいんですよね
旦那が、帰って来ない
娘は小児癌で入院

お母さんへの電話は、私を見捨てないで
助けて下さい
そういう意味が込められていると思います

旦那に、愛情があるかと言えば
仮面夫婦が物語っているように
自分自身も全然ないのでしょう

でも、子供二人抱えて
一人で背負っていく、覚悟とか責任とか
そういうものに、押しつぶされそうなんでしょう

なので、本来なら
息子を叱りつけるとかでなく
嫁さんの、フォローをしてあげて欲しかったです

その辺りは、さすがに坂井先生
今は、動かない方がいいってアドバイス
これが、一番のような気がします

で、できればその先の展開を
2~3通り程、アドバイスしてくれると
良かったんじゃないかと・・・

どちらにしろ、叱ろうが、何をしようが
息子が戻ってくるとも思えない
あ、体は戻ってきてますが、坂井先生が言ったように

『全然心は戻ってきてないから』

余程でないと、戻ってきそうもありません

スポンサーリンク

コメント

  1. この親からしてこんなだから、目の前にしたらまたなあなあにしちゃうんでしょうね。言葉からして長野県か山梨県あたりの人ぽい。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.