テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2015年12月11日(金)は、ドリアン助川&大迫恵美子。20年間勤めていた会社を一昨年辞めて、老後は夫婦で細々と旅行でもするつもりだったが、1年半前に夫の不倫が発覚。相手は大学生の時に夫が付き合っていた元カノ。60歳を機に退職した夫は嘱託として、あと5年会社に行くのだが、ゆくゆくは不倫相手と一緒になりたいと言われる。相談者は別れないと言っている。離婚した娘には子供が2人、長男の小学4年生の子は発達障害で、下の子あ腎臓の1つが動いていない大病を抱えている。娘への援助もしなければならないのに、夫と別れるとできなくなってしまう。大迫恵美子弁護士から、遠回しに離婚する前に行っておくべきことのアドバイス。ドリアン助川からフローチャートを書くことを薦められる。

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:60歳女性 夫60歳 婚姻36年目 長男長女は独立 長女の子供に障害あり(小4の長男は発達障害・下の子の腎臓は1つ機能していない)夫の不倫相手60歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

ドリアン助川:
もしもしテレフォン人生相談です

相談者:
はい

ドリアン助川:
よろしくお願いします

相談者:
こんにちは よろしくお願いします

ドリアン助川:
はい 今日 どんなご相談でしょうか?

相談者:
えーっと あの 私 えーっと 60歳なんですが

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの 20年間勤めてた会社を あの おととし辞めまして 退社いたしまして

ドリアン助川:
はい

相談者:
これから主人と老後ですね 細々と旅行などをしながら あの やっていこうと思っていたんですけれど

ドリアン助川:
はい

相談者:
主人が 1年半前に 不倫が・・わかってしまいまして

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで その女性と ゆくゆくは一緒になりたいと 言われたんですよね

ドリアン助川:
はい

相談者:
それはあの 去年言われたんですけれど それであの・・私に あの 娘が一人と 息子が一人 あの 別・一緒には住んでいないんですけれど

ドリアン助川:
はい

相談者:
娘の方が離婚しておりまして

ドリアン助川:
ええ

相談者:
それで上の子がちょっと 長男 小学4年生なんですが 発達障害なんですよね

ドリアン助川:
はい

相談者:
で下の子が これまたあの 大病で腎臓が一つ 動いていない病気をもち・あの・・持ってますんですよ

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで あの この娘の援助もしてあげないといけないんですよね

ドリアン助川:
はい

相談者:
いずれは もしも あの 主人がその方と一緒になるとしたら そういうことができなくなってしまうんですよね

ドリアン助川:
はあ・・

相談者:
でその女性は あの・・昔の 彼女らしいんですよね

ドリアン助川:
はい

相談者:
でその1年半前に この今住んでいる家の方に 来てあの主人が出てくるのを待ってた らしいんですよね

ドリアン助川:
うん

相談者:
でそれで 主人が孫と自転車屋さんに行くところを 後から付けてきて で連絡を取り合ったみたいなんです

ドリアン助川:
ご主人は おいくつですか?

相談者:
60歳です

ドリアン助川:
同い歳 同士

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい 結婚されてどれぐらいになるんですか?

相談者:
えーと 結婚 今年で36年目です

ドリアン助川:
36年

相談者:
はい

ドリアン助川:
連れ添ってきた御夫婦なのに

相談者:
はい

ドリアン助川:
1年半前から その・・不倫が始まったと

相談者:
そうです

ドリアン助川:
でこの・・ご主人が好きだと 仰ってる方は

相談者:
はい

ドリアン助川:
家庭がないんですか?

相談者:
はい 今あの・・離婚されて

ドリアン助川:
ええ

相談者:
お嬢さんが3人いらっしゃるんですね

ドリアン助川:
はい

相談者:
でその 1番上の方と 一緒に・・あの 暮らしてらっしゃるそうです

ドリアン助川:
はっはっはっ で この方おいくつですか?

相談者:
あ あの 60歳です

ドリアン助川:
あ この方も60歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
で 昔 ご主人が付き合ってた人?

相談者:
付き合ってて

ドリアン助川:
ええ

相談者:
なんか主人が フラれたらしいんですよね

ドリアン助川:
これは・・あなたと知り合う前ですか?

相談者:
そうです

ドリアン助川:
はい

相談者:
大学生の時です

ドリアン助川:
大学生の時に?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい・・ま そういうことがあったにしろ

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー これまで その夫婦生活・家庭ってのは 割と円満にきたわけですね?

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
で 1年半・・

相談者:
あの・・○▽※も一緒に犬の散歩したり

ドリアン助川:
うん

相談者:
で 孫達も 子供達も すごく大事にしてくれた

ドリアン助川:
はい

相談者:
主人だったんですけどね

ドリアン助川:
それが この方と 今後は一緒に暮したいと

相談者:
そうですそうです

ドリアン助川:
はぁ・・

相談者:
凄くなんか 大学生の時に 初めて付き合った方らしいので 凄く青春時代で いい思い出がたくさん ある方みたいで

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
でも・・旦那さんはその・・毎日ご家庭に戻ってらっしゃるんですよね?

相談者:
今は戻ってきてるんですけれど

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの月に 2回ほどですか 金曜日の夜から 金土日と その方 前のご主人と一緒に暮してらした あの・・お家が田舎にあるんですよね

ドリアン助川:
はい

相談者:
どこかちょっと私は まだ知らないんですが そこに行ってるみたいです

ドリアン助川:
うーん・・まぁ じゃあ そこで 2人

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
えー 週末・・

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
んー・・なるほど お子さん方 なんと仰ってますか?

相談者:
うーんと 上の子は 娘なんですけれど そういうことしても あの どうせ 幸せになれないから きっとあの不幸になるから お母さん頑張ってって・・

ドリアン助川:
うん・・その・・お父さんが

相談者:
そう 不倫なんかしても

ドリアン助川:
うん

相談者:
いいことないから・・

ドリアン助川:
うん・・まぁあなた 不倫してたんでしょう!という事で

相談者:
はい

ドリアン助川:
話し・が・こう・・ま・・出た時に ですね

相談者:
はい

ドリアン助川:
旦那さんの方から・・向こうと一緒になりたいんだみたいなこと・・

相談者:
そうですね ゆくゆくはなんか なりたい・・って 言ってましたね

ドリアン助川:
ゆくゆくはっという言葉だったんですか?

相談者:
はい で今あの・・退職いたしまして

ドリアン助川:
はい

相談者:
今 嘱託・・なんですよね

ドリアン助川:
はい

相談者:
そいで会社に行っておりまして それが5年間なので その5年経ったら その方と一緒に 田舎の方で・・もともと主人 田舎で暮らすこと・・すごい生活・・田舎暮らしが・・に憧れて いましたので それでそのように言いました

ドリアン助川:
それで?

相談者:
はい

ドリアン助川:
具体的には?

相談者:
それで

ドリアン助川:
はい

相談者:
離婚・・も考えたんですけど やっぱり・・この歳ですからね・・離婚するのもなんなんですけれど

ドリアン助川:
うん

相談者:
ええっと・・娘のこともありますしね 援助してあげられ うん・・いつ下の子が・・腎臓が悪いから 手術とかいう場合になるかもしれませんので

ドリアン助川:
はい

相談者:
そういう時にいろいろ お金というものが必要なので

ドリアン助川:
うん

相談者:
主人がいないと やっぱり困りますので

ドリアン助川:
はい できれば離婚はしたくない

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
うーん・・そうですね あなたとしては

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなた・・からの積極的な動きによって

相談者:
はい

ドリアン助川:
彼女と・・旦那さんとの・・まぁ・・別れを

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー まだ持ち込みたいと

相談者:
でも 今のところ無理だと思います まぁ主人はまったく

ドリアン助川:
うん・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
もう 今 じゃあ

相談者:
はい

ドリアン助川:
何を話しても・・

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
聞く耳 持ってくんないっていう状況ですか?

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
で この時 離婚の話しは出ましたよね?

相談者:
離婚の話しはだから 離婚はできないって私は今 言ってます

ドリアン助川:
しかし 旦那さんは ゆくゆくはなんて言ってるわけですよね

相談者:
そうですそうですそうです

ドリアン助川:
もし まぁ仮にそうなった場合は

相談者:
はい

ドリアン助川:
慰謝料だのなんだのが 生じますよね

相談者:
はい

ドリアン助川:
そういう話しはまだ してないんですか?

相談者:
は してません

ドリアン助川:
してないですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はあ・・わかりました

相談者:
はい

ドリアン助川:
この・・60という年齢近くまで

相談者:
はい

ドリアン助川:
二人で仲よくやってきたのに

相談者:
はい

ドリアン助川:
昔の 彼女が 出てきてしまって

相談者:
はい

ドリアン助川:
ゆくゆくは一緒になりたいなんて言ってるわけですね?

相談者:
はいそうです

ドリアン助川:
で できれば離婚したくない!

相談者:
そうです

ドリアン助川:
でも・・という考えもありますね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい では えー今日の回答者の先生にご相談したいと思います

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー今日の回答者 弁護士の大迫恵美子先生です

相談者:
はい

ドリアン助川:
よろしくお願いします

相談者:
よろしくお願いします

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.