中国に居る孫を日本へ

テレフォン人生相談
中国人妻

1年前に別居し、すぐに離婚調停を申立てて中国人嫁。調停の途中で兎に角離婚して欲しいと言い、孫といつでも会えるということで協議離婚成立。子供を連れて、あちこち転々として中国へ渡り親元に孫を預けてしまう。自身はどうも日本に居るようで、孫の戸籍の附票の住所が転々と移動している。母親の元でも養育してもらえばいいし、援助もするので、なんとか日本で生活してもらえないかと思っているのだが、どうすればいいのだろう。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年12月17日 木曜日

パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:78歳男性 長男55歳 次男50歳 長男の男の孫2人7歳と5歳 元嫁は中国人35,6歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

今井通子:
もしもしテレフォン人生相談です

相談者:
はい お願いします

今井通子:
はい 今日はどういったご相談ですか?

相談者:
孫のことで お願いしたいんですけど

今井通子:
あなたおいくつ?

相談者:
78歳です

今井通子:
78歳

相談者:
はい

今井通子:
で そうするとお孫さんっていう事は お嬢さんか 坊ちゃん?がいらっし・・

相談者:
長男

今井通子:
ご長男? はい ご長男 何歳?

相談者:
55歳

今井通子:
55歳 で他に あの・・お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
はい 弟が一人おります

今井通子:
あ 何歳ですか?

相談者:
50歳

今井通子:
50歳・・・まぁご長男にしろ あの・・次男の方にしろ もう結婚されてんでしょ?

相談者:
長男 結婚したんだけも 嫁さんが 離婚しろと言って

今井通子:
ええ

相談者:
あの 子供を連れて 出たんですよね

今井通子:
あらまぁ・・お子さんはおいくつぐらい?

相談者:
男の子2人で

今井通子:
男の子2人・・

相談者:
上が7歳

今井通子:
7歳と・・

相談者:
下が5歳

今井通子:
5歳 はい 奥さんおいくつだったの?

相談者:
35か6だと思うんですけど

今井通子:
35か6・・はい わかりました・・・それで?

相談者:
嫁さんが 出て行ってから 自分で調停申し込んだんですけども

今井通子:
調停申し込んだのはどっち?

相談者:
あの・・

今井通子:
奥さんの方が?

相談者:
嫁さんです 嫁さんがね・・はい

今井通子:
ああ なるほど はい

相談者:
それでも・・

今井通子:
まぁ もう・・ああ ちょっと待って・・そうすると・・何か月前くらいに出てらっしゃったの?

相談者:
出ってってすぐ調停申し込んだんじゃないんかと思うんだけど

今井通子:
うん・・で それが何か月くらい前ですか?

相談者:
それ 1年ぐらい前です

今井通子:
あ 1年前ね

相談者:
はい

今井通子:
はい 1年前に 出て行って・・別居してると?・・いう状態で 調停を申し込まれた はい

相談者:
そうそう

今井通子:
はい

相談者:
だけも 調停の決定待ってらんなくて

今井通子:
はい

相談者:
嫁さんが とにかく離婚してくれと言って

今井通子:
はい

相談者:
そして・・調停の 間だったんけも 離婚・長男がまぁ離婚のハンコを押したわけです

今井通子:
あっ!もう 離婚のハンコを押しちゃったの?

相談者:
そう そうそう

今井通子:
っていうことは 離婚されちゃったっていうこと?

相談者:
そうそう 離婚してます

今井通子:
はいわかりました はい

相談者:
それで 子供を連れて あちこち転々してたようなんですけど

今井通子:
はい

相談者:
嫁さん 外国人だもんで

今井通子:
あっ

相談者:
外国に 子供を連れてってしまったんですよ

今井通子:
外国の方なんだ

相談者:
そう そうそう

今井通子:
ちなみにどちらですか?

相談者:
中国です

今井通子:
中国の方

相談者:
はい

今井通子:
はい・・で 中国の・・

相談者:
ので・・

今井通子:
連れて帰られちゃったのね?

相談者:
帰ったんだけも

今井通子:
うん

相談者:
子供は中国に居るんですけど 嫁さんは日本に居るんじゃないかと 思うんです

今井通子:
うーん・・

相談者:
またあの・・子供 住所 また 去年とまた 別のとこに移しましてね・・それであの・・嫁さんが日本に居るから そういうことできるんじゃないかなぁと 思ってるんですけど・・だから 子供 親に預けて

今井通子:
はい

相談者:
もう本人居るんですけど それで 何とか日本に 来られる方法ないもんかなぁと思って

今井通子:
お孫さんが 日本に来るようにしたいの?

相談者:
そう そうそう

今井通子:
でも お孫さんを連れて 離婚しちゃったんでしょ

相談者:
はい

今井通子:
で・・その離婚をする時に 親権は 奥様がお持ちなんですよね?

相談者:
そうです

今井通子:
で とりあえず 中国に帰られて そして中国で親元に お子さんを二人置いて

相談者:
はい

今井通子:
どうも 日本に・・元のお嫁さんは 居るらしいっていうこと?

相談者:
そうなんです

今井通子:
うん そうすると 親権持って あの離婚して 奥様が お子さん連れてっちゃったんで お子さん二人を 日本に連れてきたいんですか?

相談者:
できたらしたいんです

今井通子:
で 育てるのは 誰が育てるの?

相談者:
嫁さんが育ててもいいんだけも そっちじゃ言葉も違うし 間から日本で生活できればいいなぁと思って

今井通子:
お嫁さん合意の元なの?

相談者:
まだ連絡つかないから 話し合いできない

今井通子:
あ お嫁さんには 話し合いができていないわけですよね

相談者:
はい

今井通子:
それで・・あなたの息子さんは その件について どう仰ってるの?

相談者:
な 息子も そうしたいと思って 中国へ電話すると 子供が 電話に出るんですよ

今井通子:
はい で お子さんも その 日本に来たいって 言われてるの?

相談者:
まぁ・・はっきりしたことは まぁ 言わないらしいでも

今井通子:
あ はっきりは言わない? はい

相談者:
はい

今井通子:
なるほど そこで・・今日のご相談は どういうことでしょう?

相談者:
子供を こっちの・・仮に その母親が こっ・日本に居るんだったら 日本へ連れてきて 一緒に生活してもらいてぇやんがなぁと思って 何とか そういう方法 ないもんかなぁと思って

今井通子:
うーーーん・・ただその・・奥様がどこにいらっしゃるか わかんないわけですね 元の?

相談者:
市役所行ってね あの 附票ってなありますねかに(?)

今井通子:
はい

相談者:
それを ねたら(見たら?) その子供の住所 転々と移動 してるんですけも 奥さんの住所が出て来ないんですよ 日本人じゃない為にやってもんだ

今井通子:
子供の住所を 日本の国内で転々と移動してるの?

相談者:
そういうことです

今井通子:
お子さんは・・そうすると・・奥様じゃなくって あなたのお子さんのまま・の名前になってるの?

相談者:
はい

今井通子:
で 奥様の名前はないと

相談者:
そういうことです

今井通子:
で 奥様は まぁだからもぅ ご主人と離婚しちゃってるわけだから

相談者:
そうです

今井通子:
中国人として 中国へ帰られちったわけ

相談者:
一時は連れて帰ったんだけも

今井通子:
うん・・で・・

相談者:
また日本へ自分で来てるんじゃないかなぁと

今井通子:
ご・ご自身が来てるんじゃないか?なんですね?

相談者:
そういうこと

今井通子:
だけど 実際に お電話をされると お子さん二人は 中国に居るんでしょ?

相談者:
居るんです

今井通子:
ふーん・・で お子さんが まぁ 日本語しかわかんないかもしれないし ということもあって お孫さんを日本で暮らしをさせたいっていうお気持ちがあると

相談者:
そういうことなんです

今井通子:
うん でそれを育てるのは 元の奥さんでもいいと

相談者:
そういうことです

今井通子:
うん じゃあその・・経済的基盤は どうしようっていうの?

相談者:
最初の話しは 何にもいらないって言ったんだけろも

今井通子:
うん

相談者:
日本で生活する時なら こちらの方だって 黙ってやんないから

今井通子:
うん

相談者:
ある程度は みてやるって そういう事は あの 手紙に書いて ずいぶん 親元の方へ 出したんですけど 何の返事もないんですよ

今井通子:
なるほどね でなにかこう 法律的な事も含めて 手はないでしょうかってのが 今日のご質問かな?

相談者:
そういうことですよ

今井通子:
スッ・・・ん・・・わかりました 今日はですね 弁護士の坂井眞先生がいらっしゃっていますので 伺ってみたいと思います

相談者:
はいお願いします

今井通子:
先生 よろしくお願い致します

坂井眞アドバイス

坂井眞:
よろしくお願いします

相談者:
あ お願いします

坂井眞:
先方・・から・・別居した後すぐに調停を申し立てて

相談者:
はい

坂井眞:
離婚調停をしていたら 調停での離婚が・・決まる前に・ないしは まぁ決まるか決まらないかがはっきりする前に・・とにかく離婚してくれと言われて協議離婚したっていう話でしたよね

相談者:
そういう・そういうことです

坂井眞:
でその協議離婚のときに 親権は・・奥さんというか 母親の方に

相談者:
そうそう あの 母親が持つってことにした

坂井眞:
それで 承諾したんですね

相談者:
はい

坂井眞:
なるほど そうすると お母さんが 自分の手元で養育しますよっていうのは原則になりますよね

相談者:
はい

坂井眞:
日本の法律でもね

相談者:
そうです

坂井眞:
え・・・で だけれども あなたとしては それはいいけれども 会う機会は 最低欲しいんだと・・こういう お考えかな?

相談者:
まぁそういうことですね

坂井眞:
うーん それで 確かに親権がどちらにあるかということと・・親権を持っていない方の お・親が あの 子供と 会うことっていうのは別なので・・子供だって 会いたいだろうし で えー 親権を持っていない親だって もちろん会いたいと そういうことで そういう面会交流をする・・権利は 子供にもあるし 親も・・そのために えー ちゃんと・・会う機会を作ってあげるべきだっていう考え・・は認められてるんですよ 日本の裁判でもね

相談者:
はい

坂井眞:
それで あの・・裁判所の判例では 会う 条件がはっきりしている場合には・・えー例えば 月に1回 これこれこういう方法で 何時から何時まで会わせるっていうことが 具体的になっている場合には えー それが例えば 調停なんかでそういう約束をしたとしますよね

相談者:
はい

坂井眞:
で 約束をしたんだけど守らないっていうときは 約束の内容が具体的ではっきりしてる場合には 間接強制といって 1回違反するごとに お金を払わなきゃいけない・・罰金ですな 要するに わかり易く言えば

相談者:
ははぁ

坂井眞:
そういうこともできるというような・・判例も 最近は出るようになりました

相談者:
ははぁ

坂井眞:
で 同じ日に出た どちらも最高裁なんですけども 同じに・ひ・日に出た最高裁の判断で ただそれが・・会う内容は お互い協議して決めるというふうに・・なっていると・・何をしたらいいかはっきりしないものについて 履行しない場合には

相談者:
はい

坂井眞:
間接強制は認められないというような そういう判断が・・あ・・裁判所で 最近は出るようになりました

相談者:
ははぁ

坂井眞:
で だけれども その話というのは 調停なりで こういうふうに会わせましょうっていう合意があった場合の話なんですね

相談者:
は・はい

坂井眞:
まぁ話の今の・・流れを聞いていただければわかると思うんですけれども

相談者:
そうですね

坂井眞:
お母さんのもとで2人を育ててますと・・だけれども 月に1回 第何日曜日の朝10時に迎えに行って えー 午後3時に・まで 一緒にいますとかって そういうふうだったら かなり具体的じゃないですか

相談者:
はい

坂井眞:
で そういうのを約束守らないと 違反する事にいくら払わなきゃいけないよってなことも可能だと・・いうふうになってるんだけど そういう約束がない場合は

相談者:
はい

坂井眞:
それ 決めなきゃいけないですよね

相談者:
ははぁ

坂井眞:
そもそも 話の始まりから

相談者:
はあ なるほどね

坂井眞:
で 今そういう話は全然されてないですよね?

相談者:
そうしてないです

坂井眞:
離婚しちゃって 親権だけお母さんですよと決めて・・それで終わっちゃってるんですか?

相談者:
そうです そういうはっきりした決まりないんですよね

坂井眞:
うん

相談者:
で 離婚してもらえばいくらでも 後で会わしてやるって 口での約束ばっかだったです

坂井眞:
そうするとですね まずその・・そういう要求を話し合わなきゃいけないですよね

相談者:
そうですよねぇ

坂井眞:
うん いきなりそれ 裁判で訴えるってわけに いかないんですよ

相談者:
はぁい

坂井眞:
まず だから日本の手続きでいうと 家庭裁判所の調停を行わないといけないですね

相談者:
はい

坂井眞:
で 元・・妻というか お母さんの方が 今中国に もし帰って・るとなると

相談者:
はい

坂井眞:
日本の裁判所で手続きが出来ないから

相談者:
はい

坂井眞:
これはちょっと なかなかやりようがないですねぇっていう話になっちゃうんですが

相談者:
ああ そうですか

坂井眞:
うん だって・・日本の裁判所の権利 そのまま中国で・・行えないですもんね

相談者:
はあ・・

坂井眞:
国家それぞれのシステムじゃないですか 司法制度っていうのは

相談者:
はいはい

坂井眞:
だけど・・あの 幸いなことに 日本にいるんじゃないかって仰ってましたよね お母さん

相談者:
あの・・子供の住所を 転々と変えてるんですよね

坂井眞:
それは日本の中で住所を変えてるってことでしょ?

相談者:
そうそう 日本の・・中で け・変えてるんです

坂井眞:
うん だから その場所?

相談者:
はい

坂井眞:
調停の相手方がお母さんになるので

相談者:
はいはい

坂井眞:
それまず そこにいるのかどうかを確認してみないとしょうがないですが

相談者:
はい

坂井眞:
そこにいることが分かったら そこを管轄する家庭裁判所に えー自分たちの子供・・と・・ちゃんと約束通り会わせてくれ ないしは会わせる約束をちゃんと決めてくれと

相談者:
はぁい

坂井眞:
いうような 調停を申し立てるっていうのがまず最初にやるべきことだと思うんですね

相談者:
ああ なるほどね

坂井眞:
で そのためには どこにいるか わかんないと どの裁判所行ったらいいか わかんないわけですけども

相談者:
はい

坂井眞:
はっきりはしないけど お子さんの住所わざわざ動かしてるっていうことは 何か日本で仕事をするために なんか、そういう・・ものが必要なのかもしれないですよね?

相談者:
うーん まぁ俺も そうじゃないかなぁとは思ってはいるんだけも

坂井眞:
うん だとしたら それで調べて いるかどうか確認をして いたらそういう手続きをとるっていうことをまずされたらどうでしょうかね?

相談者:
ああ そうですか

坂井眞:
お子さんは実際は さっきの話を聞いてると 中国にいるんですか?

相談者:
そう そうそう その親元にね

坂井眞:
お母さんの・・親?

相談者:
そうです

坂井眞:
うん だから 向こうの まぁおじいちゃんかおばあちゃんかって こういうことですか

相談者:
うん そうそう 向こうのおじいちゃんです・・ね

坂井眞:
うん だから そうすると 中国・・に行って会うとか 中国から戻ってきてもらって会うとかっていう それ決めなきゃいけないけど それを 決める権利を日本の法律上持ってるのは 親権者であるお母さんじゃないですか?

相談者:
はい

坂井眞:
元奥さんね

相談者:
はい

坂井眞:
だから 子供と直接話しても えーと・・まだ7歳と5歳だから 子供が自分で勝手に決める権限はないので 権利はないので

相談者:
はい

坂井眞:
親権者であるお母さんと あなたのご長男が 話さないといけないわけですよ

相談者:
はい

坂井眞:
で その方が 日本に・・もしいるんだったら ちゃんと住所を突き止めて 家庭裁判所へ行って そういう内容の・・子供たちに 会わせてくれという内容の、調停を申し立てることだと思いますよ

相談者:
ああ・・あの 一応 子供の住所ある そこはアレですかね 調べるったって どういうふうにしたら わかるもんですかね?

坂井眞:
一番 わかり易いのは行ってみる

相談者:
はあ・・

坂井眞:
だって・・ご・あの お孫さん・・55歳だから まだ 自分で行けますでしょ?

相談者:
いや・・いくらでも行けるんですけど

坂井眞:
あはは・・どのぐらい遠いかが わからないから気楽に言ってますけども それ遠かったらなかなか大変かもしれないけども

相談者:
いや・・と・それが遠くなんですよ

坂井眞:
うん でもそれは とにかく 日本の国内だったら

相談者:
はい

坂井眞:
そんなに 行けない場所

相談者:
いや、

坂井眞:
じゃないでしょ

相談者:
はい 以外に・・い・行くにはいられるんですよ

坂井眞:
うん だとしたら まずホントに いるかどうか確認してみないと

相談者:
はぁい

坂井眞:
いたら さっき私が お話ししたような じゃあそこで調停やるか ちょっとそれは大変ですけどねぇ 遠くで調停っていうと

相談者:
はぁい

坂井眞:
でも あの・・お孫さんと ないしは ご長男が お子さんと会いたいっていう お父さんが子供と会いたいっていうことであれば そのぐらいちょっと頑張らないとね 他になかなか方法ないですよね

相談者:
ああ そうですか

坂井眞:
思ってるだけじゃあ なかなかね 実現できないから

相談者:
はい わかりました

今井通子まとめ

今井通子:
おわかりいただけましたか

相談者:
はい わかりました

今井通子:
ま そしたら あの・・あなた・・もそうなんだけど お父さんにあたる 息子さんともね よくご相談の上

相談者:
はい

今井通子:
まずは 元の奥様探しましょうね

相談者:
そういうことですね

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
で 調停をして

相談者:
はい

今井通子:
あの・・積極的に会えるようにみたいな は・お話し合いも・・いずれにしても 元の奥さんと 会わなきゃ出来ないからね

相談者:
そういうことですね

今井通子:
うん 頑張ってみてください

相談者:
はい ありがとございます

今井通子:
はぁい 失礼しまーす

相談者:
はい どうも ありがとうございました

今井通子:
はい

管理人のちょっとひと言

これって、残念だけど、子供達を日本に戻す気持ちはありませんよね。
むしろ、会わさない、取られない為に、中国に連れて行ってしまったと思いますけど。

格差の激しい中国ですからねぇ。お母ちゃんは、お金を稼ぎに、日本に単身で来ていて、子供の住所を転々っていうのは、働き場所って考えもありますけれど、なんちゃら手当なんてのもありますもんね。

資格要件には、子供が日本に在住ってなってたりしますが、さて、ここをどう読み解くかは、リスナーの方次第ってことかもしれません。

行政単位での申請のようなので、転々とすれば・・・

カノ国に限らず、いろんな噂話を聞くこと度々、全部に対応できるかどうか、問題はそのあたりなんでしょう。

ただね、中国人に限らず、国際結婚した場合は、少なくとも、相手が急いでいようが、どうであろうが、協議離婚の内容を曖昧にしないことです。

日本人の、言わなくても判る的な思考は、今では同朋でさえも、通じなくなってきてることを、十分に認識しておくことですよね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.