テレフォン人生相談

加藤諦三&塩谷崇之のテレフォン人生相談2015年12月18日(金)は、仕事で中国へ行った時に紹介された中国人女性と1年ほど前に結婚した息子。本当は結婚したくなくて、付き合いを辞めようと言っていたのだが、自殺をほのめかされて押し切られる形で結婚した。震えながら中国人の嫁が怖い怖いという息子、相談されていないが、別れさせる方法はないかと相談。塩谷崇之弁護士から、家庭裁判所の離婚調停を希望する息子の心情は、母親に相談したくない、外野は黙っていろという事と指摘。加藤諦三が、財産をとられるのが許せないと本音を聞き出す。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:72歳女性 夫77歳 息子34歳 中国人の嫁26歳

加藤諦三氏の〆の言葉「他人の問題を、わざわざ背負い込まない」

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
はいもしもし

加藤諦三:
はい テレフォン人生相談です

相談者:
はい お願いします

加藤諦三:
最初に 年齢を教えてください

相談者:
はい 私 72歳です

加藤諦三:
72歳

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人は?

相談者:
77歳です

加藤諦三:
77歳

相談者:
はい

加藤諦三:
で今 2人で暮らしてるんですか?

相談者:
はいそうです

加藤諦三:
でお子さんは皆さん・・

相談者:
1人です

加藤諦三:
1人?

相談者:
はい

加藤諦三:
で今 家から出てるんですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい わかりました でどんな相談ですか?

相談者:
はい あの 息子の離婚の問題ですけど

加藤諦三:
息子さん何歳?

相談者:
えー 34です

加藤諦三:
34歳

相談者:
はい

加藤諦三:
息子さん 子供はいるの? つまり あなたの・・

相談者:
いないです

加藤諦三:
お孫さんは いないのね

相談者:
はい

加藤諦三:
で 奥さんは 何歳くらい?

相談者:
な・26歳です

加藤諦三:
二十・・若いんですね

相談者:
はい

加藤諦三:
で 結婚してから どのくらい経つの?

相談者:
えーと 1年・・とちょっとです はい

加藤諦三:
1年経って・・1年ちょっと・・

相談者:
はいはい

加藤諦三:
はい・・で息子さんは 離婚って 何で離婚したいんですか?

相談者:
あの 最初 お付き合いしてる時に

加藤諦三:
うん

相談者:
あの もう お付き合いを 辞めたいってことで お嫁さんになる人に言ったそうです

加藤諦三:
付き合いを辞めたいと

相談者:
はい でも 結婚する前は私に 結婚したいとは思ってなかったってことを ひと言 言ったんですけどね

加藤諦三:
そしたら お嫁さんが?

相談者:
およ・あの・自殺をほのめかすようなこと・対応をとったらしいんです

加藤諦三:
あ 自殺を

相談者:
はいはい

加藤諦三:
ほのめかす

相談者:
はいはい

加藤諦三:
ほのめかすという事であって 死にますというふうに言ったんではないんですね

相談者:
ないです ないんですけど でも すごい本気だから 怖くなったって・・震えて言うんです

加藤諦三:
で・・まぁ・・じゃあってんで 結婚したわけですね?

相談者:
そうですね

加藤諦三:
で 結婚して また 今 やっぱり・・離婚したいと言ってる?

相談者:
そうです はい

加藤諦三:
そうするとまた そこで 自殺・・

相談者:
相手の方がね

加藤諦三:
うん

相談者:
中国の方なんですけど

加藤諦三:
うん

相談者:
中国に仕事に行ってて その都合で 紹介されて 付き合いしたそうですけどね

加藤諦三:
ええ それで この・・女性は

相談者:
はい

加藤諦三:
まぁ 国籍は どう・ど・いいん

相談者:
ええ

加藤諦三:
ですけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
よくわからないん・・ですけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
その 大の大人がね

相談者:
はい

加藤諦三:
今の時代に

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚・・したくないけど 結婚しなきゃならないってような時代ではないでしょ

相談者:
そ・そうですよね・・気が弱いのかしら なんか わかんないですけどね

加藤諦三:
うーん

相談者:
怖いって言ってました

加藤諦三:
怖いって言うのに な・なんで 結婚までしたんですかね?

相談者:
だから 押し切られたっていうか 凄く強い感じな方なんですよね

加藤諦三:
うーん

相談者:
だから 自分が断りきれない・・それ以上 言ったら どうなるかわからないっていうようなこと 言ってましたけどね

加藤諦三:
押し切られる?

相談者:
はい

加藤諦三:
あの・・息子さんが

相談者:
はい

加藤諦三:
どのぐらい前ですか? 今まで・・お嫁さんと別れたいというふうに あなた達のところに言ってきたのは?

相談者:
言ってきたのは・・5月かな

加藤諦三:
そいで その時に 震えていたの?

相談者:
そうです はい

加藤諦三:
ふーん で その前・・は あの・・家にまた 来てる ことは あったわけでしょ?

相談者:
ええ あの・・ぼちぼち 正月に来て 2人で来てね アレしたんですけどね

加藤諦三:
ええ

相談者:
うん

加藤諦三:
その時には 別に・・

相談者:
でも・そん・そうですね

加藤諦三:
なんでもなかったわけね

相談者:
ええ 結局 うん・で・まぁ いちおう 主人がお嫁さんに お雑煮の作り方ってことでもって あの 教えたりしてましたな・でもちょっとしたことで なんかすごく あの・・日本の言葉がわかっても ものによっては あの 意味がわからないと わからないわからんで 最終的に 怒ってしまうもんですからね

加藤諦三:
う・ん・も・・それで 今日のあなたの相談っていうのは?

相談者:
はい

加藤諦三:
別れさすのには どうしたらいいかってこと?

相談者:
そういういことに なりますね

加藤諦三:
ただ これは・・息子さんと お嫁さんとの 問題ですよね?

相談者:
ええ・・そうです だから あの・・嫁さんの 怖さがわからないからって 言うんですよ

加藤諦三:
そうすると 今 あなたに

相談者:
はい

加藤諦三:
なにか 相談に来てるわけでは ないんですか?要するに・・

相談者:
えーと この間 来た時に 相談して そう言って帰ったんですけどね

加藤諦三:
相談って だって 別れたいけど どうしようかって 相談じゃないわけですよね?

相談者:
・・・ん・・・う・・・え・・う・・うーーん・・・別れたいだんだけど 別れられないって ど・なんで そういうことになるのかなって・・いや だから 怖い怖いってのが・・は・・はん・・もう 泣いて それだけ 言うんですよ・・お母さん わからないって

加藤諦三:
お母さんわからない?

相談者:
うん わからない・うん

加藤諦三:
で そ・・

相談者:
そんなに・そんなに 簡単なもんじゃないって

加藤諦三:
うん だから その・・その話しをね

相談者:
うん

加藤諦三:
お母さん わからないって言われたわけですよ

相談者:
はいはい

加藤諦三:
だけど この状態で 私はどうしたらいいんでしょうってことで?・・・ですか?

相談者:
うーーん・・そうね だから・・うん それも・あります・けど・・

加藤諦三:
はい

相談者:
どっちかって言えば ホントは あの 子供に別れて欲しいんですよ

加藤諦三:
そうすると・・子供を どうしたら 別れさせられますかという話しです・・

相談者:
そういうことになると思いますね

加藤諦三:
わかりました 今日は スタジオに弁護士の塩谷崇之先生が

相談者:
はい はい はい

加藤諦三:
いらしてるので

相談者:
はい

加藤諦三:
相談してみたいと思います

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク