テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

高橋龍太郎アドバイス

高橋龍太郎:
あ 始めまして高橋です

相談者:
よろしくお願いします

高橋龍太郎:
このまま 無視 ってわけにもいかないでしょう なにも・・

相談者:
まぁ無視っていう わけにはいかないんですけど

高橋龍太郎:
うーん うーん

相談者:
ま 長男に このことを問い詰めて また喧嘩になるし ま 長男にも あまり心配をかけたくないっていうのが まぁ私の思いです

高橋龍太郎:
いやいや 少なくとも 問い詰めるっていう必要は無いけれども ご主人とご子息には えー何が起きているのかを 聞かれたらいいと思いますよ 例えばご主人には お腹立ちの気持ちは分かるけれども

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
そこにお嫁さんが 居たのかどうなのかね

相談者:
はい

高橋龍太郎:
息子さんが 勤め先のところに 赤ちゃん連れてきただけなのか

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それだったら まぁ単に 本当に合間を縫って 連れて来ただけなので

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そんなに 腹を立つって話しでもないわけだし 距離の問題があって そうなのかもしれないし それこそ お子さんには こういう形で 全然一緒に来てなかったり あるいは こちらから贈り物をしても 全く そのお礼の 気配もないのだけれど それはどういうことなのと で逆に言えば さっき話が出たように お母さんの そういうことを 躾けることなしに ま 普通 結婚式で 両家の挨拶とか なんとかは 当然 するわけで それも しないってことになると

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そういう ことからは 社会的な慣習とかルールに まったく無頓着な お母さんに育てられて で その娘さんも そのように振る舞っているっていうことであるとすれば 揉める必要もないけれども それだったらば それで まぁまぁ ある程度 あなた仰るように 無視を決め込むってこと 全然かまわないけれど 何かその間に 事情があるんだとすれば その事情の解決を 図るってことも できるかもしれないし やっぱり 実際のところ どうなのかは まず 聞いてみる必要はあるんじゃない 揉める必要はないけれど

相談者:
そうですね

高橋龍太郎:
うん

相談者:
私もまぁ こくとう(?)問うと また ちょっと 長男と揉めたりすると嫌なの・・

高橋龍太郎:
だって 揉める必要は 全然ないよ 長男はちゃんと見せに来て・来てくれて

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それなりに 気を使ってる・・だろうし

相談者:
はい

高橋龍太郎:
だけど どういうことで その夫婦で揃って来ないのか

相談者:
はい

高橋龍太郎:
何か 向こうで 家族の中で そういうような なんか 雰囲気があるのか どうなのかを 聞けばいいんじゃないの?

相談者:
ああ そうですか

高橋龍太郎:
うん

相談者:
わかりました

高橋龍太郎:
うん 全然 普通の事だと思うけど

1234
2 / 5 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。