女手ひとつで育てた息子

テレフォン人生相談
親子関係

シングルマザーとして女手ひとつで育ててきた息子達。今は疎遠になって一人暮らしの母親。どうすれば仲良くできるのか。次男は20歳の時に6歳年上の子供のいる女性と同棲し結婚、家を建てたらしく、子供も生まれたらしいのだが、住所も教えてくれない。1年に1度あるかないか、連絡すれば実家に来るが、お嫁さんに会ったこともない。長男は10ヶ月前に自立したいと家を出る。用事がある時にしか帰って来ない。忘れた荷物を取りに来た時と、お米がいっぱいあるので取りに来てといった時だけで、用事が終わると帰ってしまう。寂しいが寂しいと言えない母親。大原敬子はハリネズミに例え、離れていると寂しいが、近くにいると痛いと母息子関係を表する。柴田理恵は、父親代わりが原因かも。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2016年1月11日(月)

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:64歳女性 30年以上前に離婚 長男37歳(10ヶ月前に自立) 次男35歳(6歳年上の女性と結婚)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

柴田理恵:
もしもし

相談者:
はい

柴田理恵:
あ テレフォン人生相談です ど・・

相談者:
お世話になります

柴田理恵:
はい 今日はどんなご相談ですか?

相談者:
あの・・家族関係の事です

柴田理恵:
はい

相談者:
あの・・息子が2人おりまして

柴田理恵:
はい

相談者:
30年以上前に

柴田理恵:
うん

相談者:
離婚しまして 7歳と5歳だった・子供を・と 育ててきたんですけれども

柴田理恵:
で じゃあ今 な・37歳と35歳ですか?

相談者:
そうです

柴田理恵:
あなたは失礼ですが あなたはおいくつですか?

相談者:
あ 64歳です

柴田理恵:
64歳 はい わかりました はい それで その息子さんが どうなさいました?

相談者:
下の子がまず

柴田理恵:
うん

相談者:
20歳ぐらいの時にもう 6歳年上の

柴田理恵:
はい

相談者:
子供のいる人と

柴田理恵:
は・はい

相談者:
一緒に暮らし始めまして

柴田理恵:
結婚じゃなくて同棲ってことですか?

相談者:
うん 最初はそうです

柴田理恵:
はい

相談者:
今は結婚して・ますが

柴田理恵:
あ はい

相談者:
その時に

柴田理恵:
はい

相談者:
もう なん・なんか わかんないんですけど あっ同棲しちゃったみたいな感じになっ・・こちらとしては

柴田理恵:
うん

相談者:
あ 出て行っちゃった・と思ったら今度・・向こうの親御さん・・が なんか急に怒りだして 呼びつけられて なんか私の気に障るような 言い方ばっかりされて

柴田理恵:
はい

相談者:
今でもその原因がわからないんですけれども 一度もそれ以降 その家の人とは会っていないし 嫁さんとも会っていないんです

柴田理恵:
ふーん えっ? 何言われたんですか?

相談者:
「俺はひと目見ればわかるんだ あんたの頑固さが」とか なんか・・何 息子が このお父さんに言ったんだろうって いうような 感じで

柴田理恵:
ああ 向こうのお父さんから そうやって

相談者:
そう つまり・・

柴田理恵:
急に 喧嘩・喧嘩売ったみたいに

相談者:
喧嘩・なん時間も・・もう ビックリしてしまいました

柴田理恵:
はぁい はぁい

相談者:
その次の日に あの電話を入れて

柴田理恵:
うん

相談者:
あの なんか誤解なさっているようなのでって言って もう一度 お会いできませんでしょうか お伺いしますって言っても

柴田理恵:
はい

相談者:
もぅ会ってくれないん・ですよね そのお父さんは

柴田理恵:
なぁにが あったんですかね?

相談者:
ねぇ・・うふふ・・今でも・・

柴田理恵:
む・息子さんに聞いてみました? な・何があったの?って

相談者:
ううん で息子もあの・・全然・あの・連絡も来ないし アレなんで 今まで・・

柴田理恵:
息子さん・・とは 全然連絡してないんですか?

相談者:
そうです 私がいない留守の家に

柴田理恵:
はい

相談者:
あの その彼女を

柴田理恵:
うん

相談者:
入れていた時に 私がたまたま会社から帰って

柴田理恵:
はい

相談者:
あの 顔を見たぐらいで

柴田理恵:
うん

相談者:
その嫁さんとも 会・・一度も会ったことがなく

柴田理恵:
あっ そうなんですか?

相談者:
あ はい

柴田理恵
じゃあ もう・・えっと 今 35歳ですから

相談者:
はい

柴田理恵:
その 15年ぐらい全然・息子さんとも そのお嫁さんとも 会ってないってことですか?

相談者:
それでも息子・・は 携帯がわかってたんで

柴田理恵:
うん

相談者:
1年に1度もないですけれども

柴田理恵:
うん

相談者:
連絡すると

柴田理恵:
うん

相談者:
息子・だけが来ます そして 子供も生まれても

柴田理恵:
あ はぁはぁはぁ

相談者:
連絡もないし

柴田理恵:
うん

相談者:
なんか 家を建てたらしんですけれども

柴田理恵:
うん

相談者:
その 最初の時 同棲した時のアパートは わかったんですが

柴田理恵:
はい

相談者:
この 家を建てたらしいんですが

柴田理恵:
うん

相談者:
その新住所も 教えてくれません・・絶対に

柴田理恵:
ん・ん・何が あったんですかね?・・その・・

相談者:
わかんないです

柴田理恵:
じゅ・あの・・5歳の頃から ずっと育ててらしたわけでしょ 女手ひとつで

相談者:
はい

柴田理恵:
その時に ま お母さんは1人だから一生懸命働きますよね

相談者:
はい

柴田理恵:
その間・・息子さんとは あまり仲良くなかったんですか?

相談者:
うん・・下の・・んん・・そんな事は ないですね

柴田理恵:
んん・・その全ては その・20歳ぐらいの時の その・・

相談者:
でも そう・そういう 裏返しに来られたら きっと 今までの育て方が お・面白くなく 思っていたんだろうというふうには 私はとり・・あの・・とってますけども うん

柴田理恵:
あの・・お兄さん・・三十・・

相談者:
はい

柴田理恵:
今 37歳のお兄さんと 弟さんとは 交流あるんですか?

相談者:
ないです

柴田理恵:
ない?

相談者:
はい

柴田理恵:
うーーん あの・・

相談者:
それで

柴田理恵:
うん

相談者:
うん 私・・では 駄目だからと思って

柴田理恵:
うん

相談者:
上の子に・・ちょっと 言ってみてくれないとか なんか連絡つけてみてくれない?とか言っても

柴田理恵:
うん うん

相談者:
・・あ・・しません

柴田理恵:
はあ・・

相談者:
でも仲が悪い兄弟ではなかったんです

柴田理恵:
ああ・・

相談者:
2人だけですからね

柴田理恵:
はあ・・

相談者:
はい

柴田理恵:
あの・・長男の方とは お母さん今一緒にいらっしゃるんですか?

相談者:
いえ それで

柴田理恵:
うん

相談者:
長男が 10ヶ月ほど・・前に

柴田理恵:
うんうん

相談者:
自立したいという事で

柴田理恵:
うん

相談者:
37ですから

柴田理恵:
うん

相談者:
まぁそれもいいかと思いまして

柴田理恵:
うんうんうん

相談者:
賛成したんです

柴田理恵:
はいはい じゃあ 一人暮らしを始めた

相談者:
はい

柴田理恵:
はい

相談者:
私も そして 一人になったわけです

柴田理恵:
うんうんうん はい

相談者:
で この家は・・私の親が・亡くなった時に

柴田理恵:
はい

相談者:
遺言書で もう私しか 継げない・継ぐ者がおりませんので

柴田理恵:
はい

相談者:
私が そ・あの・・相続しました

柴田理恵:
あ はいはいはい

相談者:
はい だから あの 仏壇とか あるんですよね

柴田理恵:
はいはい

相談者:
長男はそういう・・親戚が集まったりとか

柴田理恵:
うんうん

相談者:
誰か家に 入れ・入れるのが大嫌いで ずっときました

柴田理恵:
うん

相談者:
それですから・・お墓参りに行こうと言っても もちろん行かないです

柴田理恵:
うんうんうん じゃあ・あの・でも 長男の方と 連絡はとってるんでしょ?遊びに来たりもするんですか?

相談者:
えー・・出て・・から・・2回ぐらい 来ましたかね

柴田理恵:
うーーん

相談者:
でも あの そっけない・子で

柴田理恵:
うーん

相談者:
うん 椅子に掛けもしないで

柴田理恵:
はあ

相談者:
用事・だけ 済まして 帰っちゃうみたいな・・

柴田理恵:
なん・なんの用事?

相談者:
例えば・持って行くのを 忘れた物とか

柴田理恵:
ああ 物を取に来たりとか

相談者:
そうした時に一度・・

柴田理恵:
うーん・・

相談者:
それとか・・うん 家にちょっと お米がいっぱいあるから来ない?とか言った時に

柴田理恵:
うん

相談者:
ん・・来たか・・

柴田理恵:
ああ 米だけ取りに・・

相談者:
だけですね ええ

柴田理恵:
ああ・・

相談者:
・・・ぐらいです

柴田理恵:
お母さんとしては 寂しいですね

相談者:
寂しい・・寂しいです もちろん もう 2人ともなんか・・なんか 下の・上のとは 喧嘩したわけでも・・ないですけども

柴田理恵:
はい

相談者:
なんか すごく寂し・・そんで・出ていったのも

柴田理恵:
うん

相談者:
あの 犬が・うち・・犬がいたので

柴田理恵:
はい

相談者:
犬が死ん・死ぬまで やっぱり かわいがって・すごい可愛がってたんで

柴田理恵:
あ はい

相談者:
うん その・・後ですから

柴田理恵:
うーん

相談者:
それまで・・っていう 頭で 居たことは わかってましたから

柴田理恵:
うーーん

相談者:
うん だけど まぁ 言ったらホントにもう まぁつれない事っていう感じで 電話・なんか あの・・しても 後で・・あの・・掛け直して来るって こともなく

柴田理恵:
うーん

相談者:
そういうのが すごく 傷つきますね

柴田理恵:
ああ・・

相談者:
このまま こういう感じで 疎遠で いても

柴田理恵:
うん

相談者:
どうなってしまうんだろうっていう・・

柴田理恵:
じゃあ アレですか

相談者:
悩みです

柴田理恵:
今日の ご相談っていうのは その・・息子さん達が 全然 お母さんの事 顧みてくれないと この先 息子とどうやって もっと仲良くしていきたいんだけど どうしたらいいかって事で よろしんでしょうかね?

相談者:
はぁい

柴田理恵:
わかりました じゃあ あの 先生に聞いてみましょう 今日の回答者の先生は 幼児教育研究の 大原敬子先生です よろしくお願いします

相談者:
あ よろしくお願い致します

大原敬子アドバイス

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あっ こんにちは

大原敬子:
あのね

相談者:
はい

大原敬子:
お話を聞いていて オブラートに包んだような・・情報なんですね

相談者:
あ・・んっと・・

大原敬子:
たぶん お母様は

相談者:
はい

大原敬子:
事実を見たくないんじゃないかしら?

相談者:
はい

大原敬子:
でね 私があなたの お話の中で 事実だけを取り入れて・・事実っていうのは その あったことですね

相談者:
はい

大原敬子:
と こういう答えになってしまうんです・・・まず下の次男の方です

相談者:
はい

大原敬子:
次男の方が 新住所を教えない

相談者:
はい

大原敬子:
それから えー 義理のお父さんが まぁ義理のお父さんになりましたね

相談者:
はい

大原敬子:
が 怒った

相談者:
はい

大原敬子:
あなたにね

相談者:
はい

大原敬子:
それから最近までは・・音信不通

相談者:
はい

大原敬子:
これ全部 息子さんの意思ですよね

相談者:
・・はい

大原敬子:
息子さんが このような意思をあなたに伝えているんです

相談者:
はい

大原敬子:
そこを あなたが理解しないんですね・・・どうしたんでしょうねって やってるんです

相談者:
ええ

大原敬子:
ただ言える事は 長男も次男も

相談者:
はい

大原敬子:
親の苦労は知っています

相談者:
はい

大原敬子:
それから 親に感謝はあるけれど しかし 親と子の関わり合いは 今したくないっていうのが 今の状況ではないかなと思っているんです

相談者:
はい

大原敬子:
身ひとつで会いに行くことはするけれども

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんが 僕の新しい 家庭生活は 一切タッチさせて来ないって・コレ 強硬な意思なんですよね

相談者:
はい

大原敬子:
それは 情という部分を お母さんと僕が情で 繋げてしまえば

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんが 入り込んでくる 恐ろしさが

相談者:
うん

大原敬子:
何かあるですよ きっと

相談者:
はぁい はいはい

大原敬子:
わかりません・ね

相談者:
わかります

大原敬子:
あなたの話だと それしか考えられないんです

相談者:
ええ

大原敬子:
そしてね 下の次男の方が 20歳の時 結婚してますよね

相談者:
はい

大原敬子:
20歳で6歳って事は 彼は 彼なりの理想の家庭があったんじゃないでしょうかね

相談者:
はい・・そうなんですね

大原敬子:
その疑似家族でもいいから

相談者:
はい

大原敬子:
家庭ってものを 彼は求めたんだと思うんです

相談者:
そうなんですよね

大原敬子:
ねっ・で

相談者:
はい

大原敬子:
その時にですね 義理のお父さんを ある程度 父として見たんじゃないかしら?・・初めて彼が どんな家庭なのかな 家ってどんなもんかなって・・そして お父さん お母さんってこんなもんかってことも 彼はわかったんだと思うんです

相談者:
はい

大原敬子:
でも 何か あなたの中にオブラートに包む 癖はあるんですよね 実は・・ただ その時に大事な事は 私達もこの年代になるとね でやっぱりね 子供 生んだんだから愛おしいわって思う 素直さが大事なんですよ

相談者:
はい

大原敬子:
あなたは 結果的に このままでいいの あなた達はって言ってるんです 向こうはいいよって言っているんです 基本的に 今の段階では

相談者:
そうそう そうなんですよね

大原敬子:
そんな話題はおかしくない? 会話で・・お母さん・・は 寂しいのよって言葉が 大事なんじゃないかしら? あなたの中に どっか遠回しに

相談者:
はい

大原敬子:
あなた自身が 本音を言わないんです・・ストレートに

相談者:
・・んん

大原敬子:
わかりますか?

相談者:
う・うん・・でも なんか それが ホントに性格っていうか・・どうしていいのか わからないんですよね 自分で こんなに

大原敬子:
うん あなた自身の あなたの ご両親です・・あなた自身が ご両親から

相談者:
はい

大原敬子:
愛は受けてなかったんです

相談者:
ああ・・

大原敬子:
まず ストレートに言うって事は

相談者:
はい

大原敬子:
先ほど 自立・36歳になって 自立させましたって仰いましたね

相談者:
はい

大原敬子:
本当は 居て欲しかったの?

相談者:
うん・・・ま こうなる あの寂しくなるなっていうのは わかります・わかり・わかってましたね・・けれども 居て欲しい気持ちと半々だわって言いました

大原敬子:
あのね 愛を知らない人はね

相談者:
ええ

大原敬子:
ハリネズミのような愛し方 するんです

相談者:
ああ・・

大原敬子:
寂しくて抱き合いたいんです

相談者:
ええ そうですねぇ

大原敬子:
でも ハリネズミって抱き合ったら痛くない?

相談者:
ええ

大原敬子:
だから 近づきたいんだけども 近づいてくれると嫌になっちゃうの

相談者:
うん

大原敬子:
でも 離れると寂しいの

相談者:
ええ

大原敬子:
これが愛を知らない人の愛し方なんです・・で 初めて息子さんが去ってしまった時に あなた今 寂しいと仰いましたよね?

相談者:
はい はい

大原敬子:
でも 息子さんが また帰ってきたら あなたはまた冷たくあしらいますよ 面倒臭くって

相談者:
うん

大原敬子:
それが あなたなんです ね そこまでは なんとなくわかって下さいます?

相談者:
ええ わかります

大原敬子:
ホントに?

相談者:
ええ

大原敬子:
大丈夫ですか?

相談者:
はい

大原敬子:
そうしたら次に この息子さん達 どうするかです

相談者:
はい

大原敬子:
息子さんたちは あなたの苦労は 理解しています

相談者:
はい

大原敬子:
だから いちばん わかるのは 次男があなたを捨てて 年上と結婚したのに 今あなたと電話でも 会ってますからね

相談者:
はい

大原敬子:
そういう時は 信じたほうがいいですよ

相談者:
はぁい

大原敬子:
そうしたら 長男の方が えー去年 自立しましたね

相談者:
はい

大原敬子:
その時に 自立させましたでなくって ああ 大人になって良かった でも お母さん寂しいって事は 言ってもいいんじゃないかしら?

相談者:
ええ ええ

大原敬子:
言ってます?

相談者:
はい・・ああ・・

大原敬子:
言わないです

相談者:
あ お母さんは寂しいは まだ言ってません

大原敬子:
あのね 1番大事なのはね 36歳までね こんなお母さんと一緒に居て 大変だったねって でもね お母さんもね 嫌々あなた 離したのって でも 寂しいのよね お母さん すごくって

相談者:
うーん うん

大原敬子:
それで いいんじゃないの?

相談者:
うん

大原敬子:
言えるでしょ?

相談者:
ええ ええ

大原敬子:
あなたが 生んだお子さんなんですもん

相談者:
ええ

大原敬子:
素直さでね

相談者:
ええ

大原敬子:
寂しいって言ってね おふくろ馬鹿だねって人 いないですよ・・そう思いませんか?

相談者:
そうですね

大原敬子:
寂しいって言葉は 大事ですよ いい?

相談者:
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
うん

大原敬子:
先生 いかがでしょうか?

柴田理恵まとめ

柴田理恵:
あの 私が想像するにですね 女手ひとつで こう お子さんを育ててきたってことは

相談者:
はい

柴田理恵:
お母さんプラス お父さんの役割を

大原敬子:
そうなんです

柴田理恵:
ずっと果たしてきたんですよね

大原敬子:
うん

相談者:
はい

柴田理恵:
そうしたら お父さんっていうのは やっぱり 強くならなきゃいけない

大原敬子:
そう

柴田理恵:
それで ちょっと 感情も抑えなきゃいけないっていう部分を

大原敬子:
うん・・我慢して

柴田理恵:
すごく意識して・・生きて・来られたんだろうなと 思うんですよ だから 今 そ・素直になれなくなっちゃったのかなぁと

大原敬子:
うふ(笑う)

柴田理恵:
思うんです

相談者:
はぁい

柴田理恵:
でも今 ほら2・64歳でしょ

相談者:
はい

柴田理恵:
楽しみましょうよ

相談者:
そうです 私の 今までの過去はもう・・ざわざわ するぐらい

柴田理恵:
そうでしょう

相談者:
他の人には うん・・わからない

大原敬子:
そうです・・うん

柴田理恵:
働いて 働いて 大変だったんでしょう

相談者:
そう

柴田理恵:
うん・・なんか 趣味とかあります?

相談者:
それが・・興味あることは いっぱいあります

柴田理恵:
じゃあ

相談者:
はい

柴田理恵:
もっと 気が楽になるよう 自分が豊かになるように

相談者:
ええ

柴田理恵:
楽しく 趣味でも なんでも やられたらいいと思うんですよ 少しそうやって 心に余裕を持つような

相談者:
うん

柴田理恵:
暮らし方をなされば

相談者:
ええ

大原敬子:
ねえ

柴田理恵:
いい おばちゃんに

大原敬子:
ねえ

柴田理恵:
なっていけるんじゃないですかね そしたら いい お母さんになれる いい おばあちゃんになっていけると 思いますよ

相談者:
そうですかねぇ

柴田理恵:
はい・・じゃあ 頑張ってください

相談者:
ありがとうございました

柴田理恵:
はい 頑張ってください

相談者:
はい

柴田理恵:
失礼します

相談者:
はい すいません ありがとうございました

柴田理恵:
はぁい・・はい

管理人のちょっとひと言

次男が同棲した時、いろいろ言ったよねきっと。20歳の息子が、子供連れの26歳の女性とだなんて、快く思ってないでしょう。
おそらく、母親としての感情を持ちながら、父親の強さでもって、話したというより、抑えつけようとしたってところかな。

30年間ずっと、そんな感じだったんじゃないかな。

そういった部分は、細かく話しをしないで、さらっと流しちゃった。
本人、育て方に問題があったと、認識してるようだから、つつかれたく無い部分なんだね。

シングルマザーになって、ずっとしてきた事だから、今さら変えるなんてこと、できない。
そういった意味からも、柴田さんのアドバイスはいいと思う。
趣味に走れば、少しは息子達に向いていた意識が、違う方に向くからさ。

頑張れば、頑張るほど、そうなっちゃっう。
自業自得なんだけど、ちょっと同情しちゃうかな。
過ぎた時間を戻すことはできないから、自分の事を一番に考えてみるしかないか。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.