子どもの問題行動

テレフォン人生相談
子育て

小学生から中学生に上がる春休みに初めて万引きをした息子。2カ月前にも再び万引きをする。小学生の時から問題行動が多く、近所の庭に入ってミニトマトを盗み食いしたり、学校の給食の中に削りカスを入れたり、みんなで食べようとしていたお菓子を盗み喰いしても、自分は知らないと嘘をついたりする。夫は妻に「こいつは駄目だ」と言っている。大原敬子は口唇欲求を満たしてあげる事とアドバイス。加藤諦三は、子供を成長させるのに障害になることを解説

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2016年2月1日(月)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:37歳女性 夫37歳 長男12歳(中1) 長女6歳(小1) 次男5歳(年長)

加藤諦三氏の〆の言葉「何故こんなことをするの?と子供に言うのではなく、何故?と自分に聞いて下さい」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい テレフォン人生相談です

相談者:
あ 宜しくお願い致します

加藤諦三:
はい 最初に年齢を教えてください?

相談者:
37歳です

加藤諦三:
さ・37歳 えー結婚してます?

相談者:
あっはい

加藤諦三:
えーっと ご主人何歳ですか?

相談者:
あ 夫も37です

加藤諦三:
あ 37 はい お子さんは?

相談者:
はい 3人おりまして

加藤諦三:
あ はい

相談者:
1番上が 12歳の中学校1年生

加藤諦三:
男の子女の子どっちですか?

相談者:
男の子です

加藤諦三:
男の子 はい

相談者:
えー 真ん中が 小学校1年生

加藤諦三:
はい

相談者:
6歳の女の子です

加藤諦三:
はい

相談者:
はい 一番下が 5歳年長の

加藤諦三:
はい

相談者:
男の子です

加藤諦三:
はいわかりました で どんな相談ですか?

相談者:
はい えー 長男の ちゅう・中1の・・

加藤諦三:
じゅ・十二歳・・

相談者:
はい

加藤諦三:
の子ですね・・はい 中1・・はい

相談者:
・・なんですが

加藤諦三:
はい

相談者:
えーっと ちょっと万引きを 何回か・・ 2回ほど繰り返してまして

加藤諦三:
はい

相談者:
で あとは普段からちょっと 嘘をつく癖があって

加藤諦三:
はい

相談者:
で 私も子供のことを信用できなーい・くなってる中で どう接していったらいいのかというご相談です

加藤諦三:
はい わかりました・・それで・・万引きしたのはいつ頃ですか?

相談者:
小学校から中学校に上がる その春休み

加藤諦三:
はあ・・

相談者:
が 1回目です

加藤諦三:
その小学校の頃・は すごくいい子だった・・んでしょうね?

相談者:
あ・・いえ・・えーっとですね

加藤諦三:
はい

相談者:
小学校の時も 例えばその・・近くの庭に入って ミニ・トマトを盗んで食べるとか

加藤諦三:
あ ミニトマト?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
あとは えーっと 学校の給食に

加藤諦三:
はい

相談者:
教室の 削りカスを こう入れて 先生に怒られたりとか

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと問題行動が多い子でした

加藤諦三:
うーん あのそれで えーっと 下の妹さん6歳・・

相談者:
はい

加藤諦三:
とおっしゃいましたね

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると 最初の あの 生まれてからずーっと 一人っ子ですよねぇ?

相談者:
そうです

加藤諦三:
それでずーっと そのお父さんお母さんに・・お父さんお母さんの愛を 独占しながら成長してきたって感じ?

相談者:
はい 最初1人目 育てた頃は 何もわからなくって

加藤諦三:
うん

相談者:
夫も わた・私も共働きで

加藤諦三:
うん

相談者:
忙しいながらも

加藤諦三:
うん

相談者:
やってきたとは 思っているんですが

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
それで 嘘をつくっていうのは いつ頃からですか?

相談者:
小学校・・中ぐらいからかなぁ・・

加藤諦三:
ん・ん・う・うん・・

相談者:
例えばその あの うちにある みんなで食べようと思っていた お菓子を

加藤諦三:
うん

相談者:
盗み食いして

加藤諦三:
うん

相談者:
「誰が食べたの?」って問い詰めた時に

加藤諦三:
うん

相談者:
そんなに じ・お腹すいたから食べたよって言ってくれれば 怒ることじゃないんですけど

加藤諦三:
うん

相談者:
「減らない」「食べてない」って言い張って

加藤諦三:
ん・うーん・・

相談者:
で結局私が・・長男の部屋から

加藤諦三:
うん

相談者:
食べたゴミ袋を見つけて

加藤諦三:
あっ あぁ・・

相談者:
「なんでそんな嘘をつくの?」って言うのを もぅずっと繰り返しで

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
「そんなことで嘘つかないで」って お願いしても 直らないんです

加藤諦三:
うん「なんで嘘つくの?」っていう言葉 ・・キツイねぇ・・この長男の・・人にすればね・・それで要するに その 今はその 嘘をつくっていうのが 小学校から中学校の入るぐらいで・・

相談者:
はい

加藤諦三:
万引きも 別に小学校の頃ではなくて 小学校から中学校の

相談者:
はい

加藤諦三:
・・時で

相談者:
はい・・で もう一度 その時に

加藤諦三:
うん

相談者:
先生にもバレて

加藤諦三:
うん

相談者:
もう あの・・家族・・と 先方のお店さんを巻き込んで

加藤諦三:
うん

相談者:
もう 謝罪回りをして

加藤諦三:
うん

相談者:
もうしないだろう・・って思ってたんですけど

加藤諦三:
うん

相談者:
あの 2か月前に また・・

加藤諦三:
2か月前って 今から 2か月前ってことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
またしてしまったんですよ

加藤諦三:
それでちょっと・・あの・・視点変えますけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人との 関係は・・あの すごく良好なんですか?

相談者:
私と 夫に関しては

加藤諦三:
うん

相談者:
非常に良好な関係だと思います

加藤諦三:
んん・・ん

相談者:
ただ 長男と夫の関係が もう最悪で

加藤諦三:
あ最悪・最悪ってのは どういうことですか?

相談者:
はい えっと 夫の考えとしては

加藤諦三:
ん・うん

相談者:
非常に頑固な人で 自分の考えは曲げない人なんですが

加藤諦三:
ん・うーん

相談者:
あの・・人に迷惑をかけずに

加藤諦三:
うん

相談者:
あの 人に不快感を か・与えずに

加藤諦三:
うん

相談者:
自分のことは自分で出来る人間になれっていう・・言い方をしてるんですね

加藤諦三:
ええ

相談者:
で その中で 万引きしたりとか

加藤諦三:
うん

相談者:
普段の生活も だらしなくって

加藤諦三:
うん

相談者:
で あの 部屋も片付けられないとか

加藤諦三:
うん

相談者:
あの そういうところがあって

加藤諦三:
うん

相談者:
あの・・「もうこいつはダメだ」

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
って言う・・態度になってます

加藤諦三:
「こいつは」・・たぶん・ど・どういう言葉で言う?「こいつはダメだ」って言う事を?・・ま あの・・

相談者:
えーっと 直接・・

加藤諦三:
直接 なに・・

相談者:
子供には言わないんですが

加藤諦三:
はい

相談者:
ま 私には・・あの・・「あいつはダメだ」って なにか・・長男がやったときに

加藤諦三:
うん

相談者:
「ほら 俺の言ったとおりだろう」って

加藤諦三:
ああ ああ ああ ああ・・

相談者:
「こいつは駄目なんだ」って

加藤諦三:
んん・ん・ん・・

相談者:
「直らないんだ」みたいな

加藤諦三:
キツイね 「こいつダメだ」って言うのは

相談者:
はい

加藤諦三:
これもう直接・・「お前はダメな人間だ」って言わなくてもね

相談者:
はい

加藤諦三:
やっぱり非言語的に・なメッセージとして伝わりますからね

相談者:
はい

加藤諦三:
わかりました 今日はそうするとですね

相談者:
はい

加藤諦三:
まあ お父さんと・の関係は よ・非常に悪いと

相談者:
はい

加藤諦三:
で 小学校 中学校と こういう形で まあ・・もんでき・嘘の問題があって あなたが この子を信用できなくなって

相談者:
はい

加藤諦三:
どうしたらいいでしょう?っていうことですね

相談者:
はい

加藤諦三:
はい わかりました 今日はスタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので 伺ってみたいと思います

大原敬子アドバイス

大原敬子:
こんにちは

相談者:
よろしくお願いします

大原敬子:
はい あのね 万引きってのも色々あって 要するに小学生の万引きと 中学生時代の万引きと

相談者:
はい

大原敬子:
大人の万引き

相談者:
はい

大原敬子:
違うんです心が でも 全て共通して一貫してるのは 愛です

相談者:
愛・・

大原敬子:
その物が欲しいっていうのは ほとんどないんですね

相談者:
はぁい・・

大原敬子:
衝動的なものです

相談者:
はい

大原敬子:
わかりますかしら?

相談者:
は・はい

大原敬子:
そうすると ここに共通しているものは このお兄ちゃまは 1年生ぐらいで 妹が生まれましたね

相談者:
はい

大原敬子:
そっから 突然自分に触れていた愛が なくなったって事は ま 1つの証でもありますよね

相談者:
はい

大原敬子:
っていうことは「お母さん」って 「僕もお母さんの子供だよ」ってことです

相談者:
グスッ(鼻をすする)・・・はい

大原敬子:
「お母さん 僕を見ていて」ってことです

相談者:
・・・はい(泣く?)

大原敬子:
そして今一番気になるのはですね このお子さんすごくお母さん好きですよ・・だからまずこれは

相談者:
はい(泣き声)

大原敬子:
うーん・・子供を理解しようって目で見て欲しいことが一点

相談者:
はい

大原敬子:
そして 小学校までの万引きとか嘘

相談者:
はい

大原敬子:
これを あなたは この子が・・なぜ私を困らすだろう の裏返しは

相談者:
はい

大原敬子:
「なぜ お母さん 僕に気付いてくれないの?」「僕もお母さんの子供だよ」ってことを あなたが理解して欲しい事なんですね

相談者:
はい(泣き声)

大原敬子:
そこまでよろしいでしょうか?

相談者:
はぁい

大原敬子:
次の段階はですね

相談者:
はい

大原敬子:
兄弟関係はうまくいってるんだと思うんです

相談者:
はい

大原敬子:
で 喧嘩をした場合は お兄ちゃんのフォローはできますよね?

相談者:
はいできます

大原敬子:
できますね

相談者:
はい

大原敬子:
で 今聞きますと この万引きが 中学校で来てるって事は

相談者:
はい

大原敬子:
もう 寂しくて寂しくて 寂しさの裏返しは憎しみです

相談者:
はい

大原敬子:
今に 僕が大きくなった時に

相談者:
はい

大原敬子:
何かをするっていうことになっていますから

相談者:
はい

大原敬子:
こっからの兄弟喧嘩の場合には

相談者:
はい

大原敬子:
お兄ちゃんを どっか隅に行った時に「お兄ちゃん 今日お母さん 買い物に行くけれども 一緒に行かない?」とか

相談者:
はい

大原敬子:
「アイスクリーム買ってあげようか?」ってことで お兄ちゃんだけに 口唇欲求を満たすものを・・渡して あ・欲しいんですね

相談者:
はい

大原敬子:
大きなものじゃないですよ

相談者:
はい

大原敬子:
おにぎりでもいいです わかります?

相談者:
はぁい

大原敬子:
で あとは「お兄ちゃん 大好き」って

相談者:
はい

大原敬子:
「お母さん 今まで気づかなくって 本当にありがとう」って 「これからはもっともっと 優しいお母さんになるからね」ってことで 言・・

相談者:
グスッ(すすり泣き) ・・ 言ったことなかったです(泣く)

大原敬子:
ああそうですか・・

相談者:
はい

大原敬子:
「お母さんは あなたが今までどんなに寂しい思いでいたのかを」

相談者:
はい

大原敬子:
「今初めて気付いたの」

相談者:
はい

大原敬子:
「我慢してたのね」ってことで 今まで努力したもの

相談者:
はい

大原敬子:
見えなかった どりょ・努力のものを

相談者:
はい

大原敬子:
引き揚げて

相談者:
はい

大原敬子:
表に出して

相談者:
はい

大原敬子:
それを・・あなたは感謝の言葉で返してほしいんです

相談者:
はい

大原敬子:
さて 次の問題です

相談者:
はい

大原敬子:
この万引き・・お父さんとの関わりですけども

相談者:
はい

大原敬子:
お父さん これだけ責めるってことは 今度は夫婦関係です・・ あなたこの 今までの今まで 万引き 嘘あるでしょ

相談者:
はい

大原敬子:
全部 ご主人様に 話しました?「こんなことやっちゃったのよ」とかっての

相談者:
いえ・・1回目の時は

大原敬子:
うん

相談者:
みんなで あの 学校の先生も含めて 謝罪に回ったので あの 夫も知ってますが・・2回目の時に これ以上 親子関係を壊すのが怖くて 実は夫には言ってないんです

大原敬子:
うん それは言ってないのは 最後の万引きの時?

相談者:
はい 2ヶ月前の万引きの時です

大原敬子:
今 私が伺っているのは

相談者:
はい

大原敬子:
事が起きた問題を 聞いてるんではなくって

相談者:
はい

大原敬子:
日常生活で

相談者:
はい

大原敬子:
お兄ちゃんに対する 愚痴を言ってませんかってことです

相談者:
ああ・・・「今日また お菓子が無くなってたけど また 上の子が 盗んだんじゃないのかね?」みたいな 話を日常生活で してます

大原敬子:
私は そちらの方 聞きたかったんです

相談者:
はい

大原敬子:
あのね 夫に話す時には 表に出た問題は

相談者:
はい

大原敬子:
夫婦で 話すことよね

相談者:
はい

大原敬子:
だから あなたが感じたもの お菓子を全部 食べちゃったとか

相談者:
はい

大原敬子:
そういうものは 男の人が聞いて何を感じるかというと

相談者:
はい

大原敬子:
心の中で また・・またかってなるんです

相談者:
はい 思ってると思います

大原敬子:
できるだけ男の人は

相談者:
はい

大原敬子:
細かい グチグチした問題を 聞くのが嫌なんですね 男の人は

相談者:
はい

大原敬子:
だんだん その子供の顔を見て 憎らしくなる

相談者:
はい

大原敬子:
「この子がいなければ 俺もっと 気楽に夕飯 食べれるのに」と思ってしまう

相談者:
あ・・

大原敬子:
そして だんだん だんだん小学校6年 中学校になってくるにつれて

相談者:
はい

大原敬子:
あなたは烙印を押してきた

相談者:
はい

大原敬子:
夫も完全に烙印を押した

相談者:
はい

大原敬子:
「こいつはダメだ」ってなったんですね

相談者:
はい

大原敬子:
そういう流れだと思うんです

相談者:
はい

大原敬子:
いかがでしょうか?

相談者:
(すすり泣く) ん・・正しいと思います

大原敬子:
そしたら あなたは・・もう 万引き云々 わかりましたね

相談者:
はい

大原敬子:
子供の心を汲んで 今日からです

相談者:
はい

大原敬子:
子供は すぐに変わりますから

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんは 気付かなかった 必ず 子供と会話する時は

相談者:
はい

大原敬子:
食べ物を介在してくださいね

相談者:
はぁい

大原敬子:
パンでも何でもいいです

相談者:
はい

大原敬子:
ふかふかした物とか

相談者:
は・・

大原敬子:
おせんべいとか そういう物です

相談者:
はい

大原敬子:
その時 「今日 学校 なにあった?」じゃなくって

相談者:
はい

大原敬子:
「ちょっと ここ座って」「お母さんね 昔のね 小さい頃 いろいろ考えたんだけれども」

相談者:
はい

大原敬子:
「お母さん お兄ちゃん どれだけ・・お兄ちゃん お守して我慢してるなってこと 気付いていなかったか 初めてわかったの」

相談者:
はい

大原敬子:
「ありがとね」 「これ食べて」って それだけでいいです

相談者:
はい

大原敬子:
騙された と思ってですね

相談者:
はい

大原敬子:
私の話しを

相談者:
はい

大原敬子:
子育ては 実践しかないんですね

相談者:
はい

大原敬子:
で この子は いいですよ

相談者:
(すすり泣き)

大原敬子:
お母さん 大好きですよ

相談者:
(泣く)

大原敬子:
ですから 今日から あの 心の中から抱き留めて欲しいんです

相談者:
はい

大原敬子:
で ご主人様の関係は 万引きしたことやなんか もう今は 大きな問題は ご主人様と 協力すること

相談者:
はい

大原敬子:
日常のある 小さなことは 話さない事

相談者:
はい

大原敬子:
これが 私からの アドバイスです 今 加藤先生に伺いますね

相談者:
はい

大原敬子:
先生 どうでしょうか?

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
もう 大原先生の ことで・・尽きてると思うんですけどね

相談者:
はい

加藤諦三:
ちょっと具体的なこと イチ ニ 申し上げると 先・も言いましたけど トマトを盗んだ時でもなんでもね

相談者:
はい

加藤諦三:
「どうしてそういうことをするの?」って

相談者:
はい

加藤諦三:
言ってますよね

相談者:
はい

加藤諦三:
で 「何でこんなことするの?」っていうのは 多いんです

相談者:
はい(泣く)

加藤諦三:
これは止めた方がイイですね

相談者:
はい

加藤諦三:
あの これ ダン・カイリーっていう人が まぁアメリカの心理学者なんですけども

相談者:
はい

加藤諦三:
男の子を

相談者:
はい

加藤諦三:
を 心理的に成長させることに 失敗したね

相談者:
はい

加藤諦三:
母親の・・よく言う・言葉を こう 調べた人がいるんですよ

相談者:
はい

加藤諦三:
まあ Why can’t you be so and syndrome?と つまり「何故 あなたは」

相談者:
はい

加藤諦三:
「こう なれないの?」っていう・・これが多いんです 例えば

相談者:
はい

加藤諦三:
親戚のおじさんで 凄く立派な人や いるとね

相談者:
はい

加藤諦三:
「何であなたは あのおじさんのようになれないの?」っていう

相談者:
はい

加藤諦三:
だから 「何故こうし・できないの?」っていうのは 疑問の振りをして子供を責めてるんです・・だからこれはもう アメリカ日本を問わず

相談者:
はい

加藤諦三:
洋の東西を問わずですね

相談者:
はい

加藤諦三:
子供を成長させる 障害になることです

相談者:
はい

加藤諦三:
だから これはひとつ 止めた方がイイということですね

相談者:
はい 改めます

加藤諦三:
子供3人 こうして育てて

相談者:
はい

加藤諦三:
十分 頑張ってやってきてるんですから

相談者:
はい

加藤諦三:
未来を信じて

相談者:
はい

加藤諦三:
必ず この子たちは 望ましい・人に育つというふうに信じてね

相談者:
はい

加藤諦三:
「もう 子供信じられなくなった」なんて言わないで

相談者:
は・・はい 二度と言いません(泣きながら)

加藤諦三:
うん 信じて・・今言ったことを やってみてください

相談者:
はい ありがとうございました

加藤諦三:
はい どうも失礼します

相談者:
ありがとうございます

管理人のちょっとひと言

どうして?なんで?
その先には、比較があります。
それで、ここで述べられてませんが、きっと言われただろう言葉があるはずです。

「お兄ちゃんなんだから」

子供にしたら、関係ない話しですよ。
たまたま、先に生まれただけで、なんで自分が我慢しなきゃいけないのか。
頭でわかっていたとして、心の方は、そうはいきません。

小学生の低学年の頃に、年子で生まれた妹と弟。
お母さんも、育児で大変だったと思います。
とすると、子供が親の気を引こうと思ったら何を考えるか?

考えるというか、衝動的かな。

することに、意味はないです。
ミニトマトを盗み喰いしたのだって、視線の中にミニトマトが入ってきただけ。
給食の中に、削りカスを入れたのも、手元に削りカスがあっただけ。

さらに、父親の態度が「お前はダメな人間だ」って感じたら・・・
ちょっと、考えたくないですね。
直接、言われなくたって、加藤先生も言ってますが、メッセージとして伝わってきます。

まぁ、どの子でも、万引きしたり、嘘をついたりするとは限りませんが、この子はそうなっちゃったんです。

「ダメな人間」って言われ続けたり、態度をとられたら、子供なんて、その枠内でしか育ちません。
結果的に、俺はダメな奴だってなりますから、万引きしたって、嘘をついたって、ダメな奴の既定路線ですからね、罪悪感なんか感じないでしょう。

大原先生は、子どもの問題行動があった時に、食べ物を介在させるように言う事が多いです。
おそらく、たくさん事例があるんでしょうね。
子供が、親の話しを受け入れやすい体制になるのかも、しれません。

子育ては実践しかない。
どの子も、違うわけですから、やってみるしかないって事ですね。

なんか、勝手に頭の中で、今、話題になってる曲が流れましたけど(笑)

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.