テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年2月25日(土)は、ドリアン助川&大原敬子。娘二人が成長し、蚊帳の外みたいで一人ぼっちだという相談者。親子の会話もなくなり、馬鹿騒ぎもしなくなった。夫との関係も自然に冷えていき、子育てで体調を崩した時にいざこざがあり、離婚問題にまでなる。自分が折れて事なきを得たが、夫との距離感は縮められないまま。夫と仲良くしたいのだが・・

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:45歳女性 夫49歳 子供は娘2人 高校2年生 中学2年生

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

※クリックすると、本ページ内の指定した場所へ移動します。
※「目次に戻る」をクリックすると、ここに移動します。

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

45歳の女性から、えーっと、ちょっと、わたし・・の・・子供に対する、どういう態度を、とっていけばいいのか?・・っていうのが、相談なんですけど。

お子さんに対する態度?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
えーっと、お子さんは、男の子、女の子?(ドリアン助川)
女の子、2人です。(相談者)

女の子、2人・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
おいくつと、おいくつの・・姉妹ですか?(ドリアン助川)
中2と、高2です。(相談者)
中2、高2?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

はい、で、あなた様は、おいくつでしょう?(ドリアン助川)
えっと、45です。(相談者)
45歳?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

旦那さんは、いらっしゃる?(ドリアン助川)
あ、はい、おります。(相談者)
旦那さんは、おいくつですか?(ドリアン助川)
えっと、49です。(相談者)
49歳?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

一人ぼっち

どこが今、問題になってるんですか?(ドリアン助川)

えーっとですね・・ふっ(笑う)・・まあ、一言で言えば・・(相談者)
彼女たちが・・成長してくれたんで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ちょっと、わたしが・・(相談者)

蚊帳の外みたいな・・(相談者)

感じ・・に・・(相談者)

な・・ってる・・(相談者)

あっ・・はっ・・(相談者)
はい・・お家の中で?(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)

はい、そうです。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
子供2人が、うん・・どんどん、大人になって・・すごく仲が良いんで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

で、2人でくっついていて・・前は3人、わたし入れて、3人だったのが・・今、2人・・が、くっついてしまって(笑いながら)・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

家の中で、わたしいつも、ちょっと、一人ぼっちみたいな・・同じ家に居るのに・・(相談者)
はいはいはい・・(ドリアン助川)

まあ、あのぅ・・男の子・・女の子、限らず・・このぐらいの年齢になってくると・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
親とは、距離とるもんですけどねぇ。(ドリアン助川)

そう、ですね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
きっと・・うん、そうだとは思うんですけど・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

で、なんか・・(相談者)
たとえば・・(ドリアン助川)
うん?(相談者)
具体的には、どんなことが、おきてるんですか?(ドリアン助川)

まあ・・最近、また、新しいゲームを買ったとかで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えっと、まず・・高校生の彼女が帰ってきたら・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ま、1時間ほどゲームをします・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、やがて、部活・・を、終えた次女が、帰ってきます。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
でぇ、ごはん食べて、お風呂入って・・で、一段落すると、今度は2人で・・(相談者)

ゲームを始める・・って・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

まったく・・うふっ・・(相談者)
あの・・(ドリアン助川)
ええ?(相談者)

ゲームしてる時は、たぶん・・親子の会話っていうのは、どこの家庭も、そんな、ないと思うんですけども・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

たとえば、食事の時とか・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

えー、何気ない、その・・ぉ・・寝る前の、ちょっとした時間ですとか・・(ドリアン助川)
んん・・(相談者)
そういう時・・も、会話はないんですか?(ドリアン助川)

そうですね、あの、もう・・全体的に2人とも・・女の子で、特に、成長してしまったんで・・(相談者)

前みたいに、こう・・馬鹿騒ぎみたいな、そういうのも・・しなくなって・・だいぶ、大人っぽい口調になったり・・(相談者)

あのぅ・・お子さんとの、いずれにしろ、変わってきますし・・(ドリアン助川)
うん。(相談者)
成長もしますしね・・(ドリアン助川)

そうですねぇ。(相談者)
親との距離もとると思うんですけども、その時に・・(ドリアン助川)

いざこざで離婚問題

旦那さん・・ご主人と、どういう関係・・ですか?・・ずっと、今も・・仲、いいんでしょうか?(ドリアン助川)

あっ・・子供と・・ですか?(相談者)
いえ、あのぅ・・(ドリアン助川)
あっ・・わたし・・(相談者)
あなたと・・ええ。(ドリアン助川)

えっと・・うふっ・・もう・・あまり・・向こうもしゃべらない・・人なんで・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

あの・・これは、自然と・・ま、夫婦・・の間が、こう、ちょっと、冷えてったという・・ことなのか・・(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
あるいは今、旦那さん・・に、誰か、他に好きな人が居るとか、そういう問題がおきてるのか、どうでしょう?(ドリアン助川)

あ、ま、自然な流れ・・だと、思います。(相談者)
自然な流れで・・(ドリアン助川)

昔のような温度はなくなってしまったと。(ドリアン助川)

そう・・ですね・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
で、ちょっと・・(相談者)

いざこざも、少しあったんで・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
ちょっと、距離・・が、出来てしまった・・(相談者)
ほぅ・・どんないざこざだったんですか?(ドリアン助川)

・・・

何年か前に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ズッ(鼻をすする)・・(相談者)

ちょっとわたし、体調、崩してたんで・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

子供連れて、ちょっと実家の方に帰ってたんですけども・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

その時に・・(相談者)

・・・

主人と・・電話で口論してしまって・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

「じゃあ、子供連れてってよ!」・・って、言ってしまったのが、きっかけで・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

わたし・・(相談者)

家に、戻れな・・く、なってしまったんです。(相談者)

1ヶ月ほど・・(相談者)

1ヶ月ほど?(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、旦那が、親権・・を、とるとかってなんか、離婚問題・・にまで、ちょっと、発展して・・(相談者)
ええ、まぁ、離婚はされなかったんですよね?(ドリアン助川)

ええ、そん時は・・しません・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
でした、わたしが・・(相談者)

折れる形で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
家に・・(相談者)

入れてもらった・・っていう・・(相談者)
んん・・(ドリアン助川)
感じ・・なんですけど・・(相談者)

子供への接し方

えー、ちょっと待って下さいね。(ドリアン助川)
あ、すいません。(相談者)
体調を崩されて・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

この、体調を崩されたというのは・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

夫婦間の事が理由・・っていうのは、あるんですか?(ドリアン助川)

いや、ちょっと、子育て・・で、一番・・忙しい時期だったので・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ええ・・ちょっと・・(相談者)

・・・

子供といるのが・・疲れてたんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

だから、わたしも・・ごめんなさい、子供が・・今もそうなんですけど・・子供が本当に好きなのか・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

苦手なのか・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

・・・

うん・・(相談者)
なるほど。(ドリアン助川)

子供達と・・(相談者)

別の部屋・・に居ればいいのか?・・(相談者)

無理して・・同じ部屋に・・いればいいのか・・(相談者)

わたしが・・どうしても、寂しくて辛い時に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
そういう顔を・・子供達の前で・・(相談者)

・・・

見せていいのかどうか・・(相談者)
お母さん、なんか、あのぅ・・(ドリアン助川)
はい(泣いた?)(相談者)
こう・・すがる物がないような状態に、聞こえるんだけど?(ドリアン助川)

あっそう・・そんな感じ・・(相談者)
たとえば、ちょっともう、なんか本・・本、買って来て・・あんた達、勝手にしなさいと、わたしも読書するから・・みたいな・・(ドリアン助川)

毅然とした姿、見せることないんですか?(ドリアン助川)

ちょっと、最近は、ない・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
かもしれないですね・・ええ・・(相談者)

その辺も、あるかもしれませんね、こう・・なんかこう・・人ってこう・・迫られれば、迫られるほど、ちょっと嫌になっちゃうっていうような・・(ドリアン助川)

ぁ・・ああ、ああ、ああ・・(相談者)
毅然とされちゃうと、アレ?・・って部分があって・・(ドリアン助川)

ああ、そうですか・・うん・・(相談者)
んん・・ま、その辺のことも含めて・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
それでは、相談してみましょう。(ドリアン助川)

あ、はい・・よろしくおねがいします。(相談者)
今日の先生、紹介します。(ドリアン助川)
幼児教育研究の大原敬子先生です。(ドリアン助川)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

目次に戻る

大原敬子アドバイス

よろしくお願いします。(相談者)
こんにちは。(大原敬子)
こんにちは、よろしくお願いします(泣いた)。(相談者)

はあ・・(相談者)

大丈夫ですか?(大原敬子)
あっ、はい、大丈夫です(泣きながら)。(相談者)
怖くないから、優しくしますから・・(大原敬子)
あ、いえいえ・・(相談者)
泣かないでね?(大原敬子)
はい。(相談者)

大丈夫・・ふふふふふ・・(大原敬子)

ふふっ・・はい。(相談者)
ドリアン先生の時は、あなた・・ふふふ・・わたしが変わったら、泣き出すって、なんか・・優しい、ドリアン先生と同じように、優しくしますからね。(大原敬子)

感情の起伏が激しい

はい、いえいえ。(相談者)
まずですね、今日は、お話を聞いててね・・(大原敬子)
はい。(相談者)
矛盾があるんです。(大原敬子)

はい(また、泣き声)。(相談者)
あのね・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
子供の悩みって言ってはね・・中身が、まったくないんですよ。(大原敬子)

だから、お嬢さんが、どんな性格か、何もわからない。(大原敬子)

ただ、わたしにかまってくれないのよねぇ・・ってことは喋ってるんです。(大原敬子)

ねぇ?・・次にですね・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
これは、あなたに・・が、自身が、うん、自分に言ってること・・言いましたけども・・(大原敬子)

子供には、関心がないので・・今日の、最初の相談内容・・子供に対する・・ね、どのように、えー、対してらいいですか?態度は?っていうのは・・これは・・一応・・とっかかりとして相談の・・(大原敬子)

あなたが使った、知恵と、わたしは捉えています。(大原敬子)

ズッ(鼻をすする)・・はい。(相談者)
いい?(大原敬子)

はい。(相談者)

で、次に、夫との関係です。(大原敬子)

はい。(相談者)

夫に対する、この依存は・・(大原敬子)

あなたの幼児期の親子関係から・・(大原敬子)
はい。(相談者)
夫に、あなたはすがって・・自分の出したい感情を、出したんですね、きっと。(大原敬子)

おびえながら。(大原敬子)
好きで。(大原敬子)

・・・

うん(小さな声で)。(相談者)
あなた、夫が大好きですよ。(大原敬子)

・・・

んん・・(相談者)
ところが・・そうして夫が好きなので・・あなたは一見、いい人に演じちゃうんですね。(大原敬子)

ところが・・(大原敬子)
うん。(相談者)
いい人に演じても・・幼児期からの、不満とか我慢があるから・・(大原敬子)

うん・・(相談者)
もう、我慢ができなくなると・・(大原敬子)
はい。(相談者)
あなたは、もの凄いヒステリー状態になるんです。(大原敬子)

だから、一旦、この大人しい、あなたがですよ、今の電話で聞いてる。(大原敬子)
はい。(相談者)

喧嘩が始まったら、夫も負けるぐらいの・・(大原敬子)
はい。(相談者)
凄い状況になると思うんです。(大原敬子)

泣いて、騒いで、ま、とにかく・・(大原敬子)
はい。(相談者)

収拾がつかないほどに・・なるのが、あなただと、わたしは今日、思ったんですけども・・(大原敬子)
はい。(相談者)
いかがですか?(大原敬子)

あ・・そうだと思います、もの凄い・・感情の起伏が激しい・・(相談者)

なんか、凄く素直ですね?(大原敬子)

夫に愛されていれば

そうするとね・・(大原敬子)
はい。(相談者)
今日の相談は・・(大原敬子)

はい。(相談者)
あなたは、女として・・(大原敬子)

はい(急に明瞭になる)。(相談者)

自分はこれから先・・不安になってきたんじゃないの?(大原敬子)

つまりですね・・あの、ドリアン先生が、おっしゃったように・・よく、「成長」「成長」って言いますね・・って、「成長」って言葉、使ってましたよね?(大原敬子)

はい。(相談者)
その・・「成長」の言葉の裏には・・「ああ、わたしは・・だんだん、だんだん・・女ではなくなってきた」って気持ちが、あったんだと思うんですね。(大原敬子)

ああ、はい、そうです・・はい。(相談者)
なぜかって言うと、「成長」って言葉を使いながら・・お子さんの話しの中身が、まったくないあなたが・・(大原敬子)

なぜ、こうなるか?ですよね。(大原敬子)

そうすると・・(大原敬子)

「あああ、子供が大きくなって・・わたしはどんどん年取ってくし」って・・あなたの価値観は、若さがあって・・(大原敬子)

はぁい・・(相談者)
女性で・・(大原敬子)
はぁい・・(相談者)
夫に愛されていれば・・(大原敬子)
はい。(相談者)
そして、わたしの我儘を、なんでも汲んでくれれば・・(大原敬子)

はい。(相談者)
これで、一番の幸せだっていうのは、あなただと思うんですけれども・・(大原敬子)
はい。(相談者)
ここまでは、どうですか?(大原敬子)

ズズッ(鼻をすする)・・(相談者)

そうだと思います(泣き始める)・・(相談者)

好きと言えない将来への不安

で、今・・泣き出したのは、なぁに?(大原敬子)

・・・

わたし、強いこと、言ってませんよね?(大原敬子)

やさーしく言ってるんですけども・・どっかこう、突いてるとこ、あるんですか?・・涙してるのは、どうして?(大原敬子)

・・・

しょうらい・・に、対する・・不安と・・(相談者)

あと・・(相談者)

はぁぁぁ・・(相談者)

わたし・・一方的に、やっぱなん・・主人のことを・・(相談者)

ズッ(鼻をすする)・・(相談者)

5年前の事が原因で・・「嫌い」って・・思い込んでて・・ズズッ・・好きなのに・・「好き」って言ってない・・(相談者)
言えない辛さですよね。(大原敬子)

ごめんなさい・・(相談者)
つまり、将来の思いでじゃなくって・・(大原敬子)

はい。(相談者)
このまま行ってしまったら・・この大好きな夫が・・(大原敬子)

わたしは、年取ってきますよね?(大原敬子)

はぁい。(相談者)
で、更年期が来ますよね?(大原敬子)

はぁい。(相談者)
で、夫は、わたしを嫌うんじゃないかっていう怖さじゃないですか?(大原敬子)

ズッ・・(相談者)

はぁぁ・・あるかも・・ん、そうですね、うん。(相談者)
今日の相談は・・(大原敬子)

ぇぇ・・(相談者)

娘さんが、自分に相手にしてくれない・・この・・自分が・・(大原敬子)

育てた娘さえも・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
わたしをかまってくれないならば・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
きっと、あの時の、凄い喧嘩の時の・・覚えてるだろうと・・(大原敬子)

ズッ・・(相談者)
きっと、わたしは・・1年、2年経っていくうちに、娘達は、それぞれ成長していく・・(大原敬子)

ズッ・・うん・・(相談者)
夫との会話がない。(大原敬子)

うん・・(相談者)
わたしは、どうしたらいいの?・・でしょう?(大原敬子)

・・・

頭の切り替え

そうです・・はい。(相談者)
でも、その、わたしはどうしたらいいって、あなたは、自分で自立はできないんです。(大原敬子)

夫が欲しいんです。(大原敬子)

もっと言うと・・女性で生きたいってことでしょう?(大原敬子)

・・・

ズズッ・・ああ・・わかりました・・(相談者)
なに、わかったの?・・ふふふ・・(大原敬子)
はぁ・・(相談者)
どうして、急に、わかったって言うの?(大原敬子)

いや・・うん(泣いてます)・・(相談者)
え?(大原敬子)
そうなのかも、うん・・(相談者)

もう、お母さん・・卒業(絞り出すように)・・(相談者)
いや・・ね、もう、お母さん、辞めて・・辞めて、辞めたいのよね?(大原敬子)

うん(泣きながら)。(相談者)
うん(優しく)。(大原敬子)

ズズズッ・・(相談者)
で、夫と・・仲良くしたいのよね?(大原敬子)

・・・

はい、わかります。(相談者)
わかります(笑いながら)?(大原敬子)

・・・

今日の相談は・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
あなたは・・(大原敬子)

夫との関係で・・(大原敬子)

うん・・(相談者)
わたしは今、寂しいし、この先、万が一・・今のこの、年代で、夫の関係がこうだったら・・もう、60、70は、どうなっちゃうんだろう?(大原敬子)

うん・・(相談者)
娘達、日頃こうで・・一生懸命育ててあげたのに・・わたしになんかそぅむい・・振り向いてもくれない。(大原敬子)

んん・・(相談者)
ああ、夫はもう、若い人が好きなんだわ、とかね・・(大原敬子)

んん・・(相談者)
わたしを、女として見てないと思わないで・・(大原敬子)

はい。(相談者)
今日・・今日の相談はですよ・・わたしは・・夫と・・(大原敬子)

男と女の関係で・・(大原敬子)

老後生きたいんですと、思ったならば・・(大原敬子)

はい。(相談者)
頭、切り替えないとね。(大原敬子)

ズッ・・はい。(相談者)
その時に・・娘さん達の、楽しい話しをしてあげることは、夫、喜びます。(大原敬子)

あ、はい、わかりました。(相談者)
あなたは今、中途半端に、母親の顔をして・・顔をしてっておかしいけどね(笑いながら)。(大原敬子)
ええ・・(相談者)
そして・・(大原敬子)

もし・・(大原敬子)

今日からですね・・(大原敬子)
はい。(相談者)
幸せになるには・・自分がいったい、なにを求めてるのか?(大原敬子)

はい。(相談者)
しっかり、一番、自分が大事な物はなにか?(大原敬子)

はい。(相談者)

それをもったら・・(大原敬子)
はい。(相談者)

コミュニケーションは、言葉ではなくって・・あなたの小さな、細やかなものだと・・思いますけども・・(大原敬子)
はい。(相談者)

まあ、ここに・・素敵なドリアン先生、いますから・・男の心理、聞いてみましょうね?(大原敬子)

あ、はい。(相談者)
先生、お願いします。(大原敬子)

目次に戻る

ドリアン助川まとめ

もしもし?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あのぅ・・ま・・(ドリアン助川)

えー、そうですね・・ふっ(苦笑)・・(ドリアン助川)
ふふふ・・(大原敬子)
あのぅ、黙っていろいろ出て来ると、確かに・・えー・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
言葉がない分だけ、こちらの言葉も・・(ドリアン助川)

あの、出て来る・・心の中で、ですけどね。(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
あるんですけど・・あの・・(ドリアン助川)

母親の成長

一つですね・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
今、話し聞いてて思ったことは・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あの、「子供が成長して」「子供が成長して」っていうふうに、おっしゃいましたけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
えー、確かに、子供は成長していきますよ。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
も、もう、あの、極端なこと言っちゃうと、あなたがいなくても。(ドリアン助川)

ああ・・はい。(相談者)
ふっ・・うん。(大原敬子)
でぇ、あなたにとっての世界って、この、やっぱり、ご家庭なんですよね。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
でぇ・・お子さん、可愛かったところに、まぁ、あ、立脚点があるとして・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
でも、その・・世界である家庭も、どんどん、どんどん、前に向かって、進んで行っちゃってるわけです。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
で、随分、離れたところから、あなたは・・(ドリアン助川)

あの、見てるような気がするんですね。(ドリアン助川)
でぇ・・(ドリアン助川)

子供は成長していきます。(ドリアン助川)
放っといても。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
で、その、成長していく子供の方から見て・・(ドリアン助川)

お母さんも、成長してると、嬉しいんですよ。(ドリアン助川)

ズズッ・・ああ、はい。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
わかりました。(相談者)
なにかその・・お母さんが、学ぶこと。(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
ええ・・えー、なんでもいいです。(ドリアン助川)
これ、語学でも、なんでもいいんですけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
本を読むっていうこと、なんでもいいです。(ドリアン助川)
「あ、お母さんも成長してる」って・・(ドリアン助川)

なにか、感じられることを、一つ、二つ、やってらっしゃいますか?(ドリアン助川)

いやぁ・・なかったですねぇ。(相談者)
そうですね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

そうすると、家庭が全世界であっても、いいんですけども・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
一歩、なにか・・そこから・・あのぅ・・社会との繋がりとか・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
お母さんも、こういうことで、成長してんだなってことが・・(ドリアン助川)

わかると子供は・・うれしいと思います。(ドリアン助川)
あ・・(相談者)
「流石、わたし達のママ」って思うと思います。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

ええ。(相談者)
そんなこと、考えました。(ドリアン助川)
はい、わかりました、ありがとうございました。(相談者)
はい・・はいはい、どうも。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
失礼いたしまーす。(ドリアン助川)
はい、ありがとうございました。(相談者)




YouTube

管理人のちょっとひと言

大原先生にしろ、加藤先生にしろ
どっからともなく、答えを引っ張ってくるので
リスナーとしては、理解するのが大変だ(笑)

相談者さんは、大原先生のファンの方なのかな?
急に泣き始めたり、「わかりました」って、素直というより、大原先生のアドバイスを自分はそうなんだって捉え方?
大好きなんですな、きっと

『家の中で、わたしいつも、ちょっと、一人ぼっちみたいな・・同じ家に居るのに・・』

そっか、これは、2人の娘達からだけでなく、旦那からも孤立しちゃってるってことなのか
旦那との関係が冷え切っていたら
子供達が、離れていってしまうと、確かに一人、ポツンってことになる

そうなると、不安だよな
旦那とは、離婚問題で揉めて・・・自分の方が折れて、家に入れてもらったんだから
関係が、修復してるわけじゃない

そう、だから大原先生の指摘通りなんだな
旦那に依存してるっていうのは

『あなたは、自分で自立はできないんです』

そうそう、5年前、離婚問題に発展した時、気付いてしまったんだ
自分は、旦那と別れて生きていく自信がないってことに

旦那との関係修復しか
将来の不安を解消する道はないか

5年の冷え切った関係か・・・

旦那、49歳
まだ、大丈夫か?

ずっと目を向けてなかったみたいだけどさ
目次に戻る

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.