テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年6月8日(木)は、柴田理恵&マドモアゼル愛。1年ほど前、突然、家を出て行った娘。居場所は一切教えてくれない。何回か帰ってきたので、緊急連絡先として携帯電話は繋がるようにしていたが、実家にクレジットカードの告知書と、携帯電話代の未払い督促状が届いた件で連絡すると、払うと言って以降、音信不通になる。男友達から送られてきた仙台の牛タンの送り主の住所の居るのではないか?と思っているが、探し出して病院へ連れて行った方がいいのか?未払いのお金とか、親に責任があるのか?
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:55歳女性(金融機関パ―ト) 夫57歳 一人娘25歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

あのぅ、娘のことで・・ご相談したいと思います。(相談者)
あ、娘さんのことで・・はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

えっと、あなたは、おいくつですか?(柴田理恵)
・・
はい、わたしは55歳・・(相談者)
55歳・・(柴田理恵)
えーっと、夫は、57歳です。(相談者)
・・
娘さん、おいくつですか?(柴田理恵)
・・
25歳で・・す、はい。(相談者)

はぁ、25歳、ど・・娘さん、どうなさったんですか?(柴田理恵)

はい、あのぅ、一人娘なんですけども・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
・・
ま、1年・・ぐらい前に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
家出同然に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
急に、出て行きまして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、あのぅ・・(相談者)
・・
1年間の間に、3回ぐらいは、家にちょっと戻ってきたりして・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
普通に・・まぁ、会話して、「じゃあ、また帰るね」っていうふうに、帰ってたんですが・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

あの、先日・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
クレジットカードの未払いの・・(相談者)

告知書っていうのが、届いたんですね。(相談者)
告知書・・はい。(柴田理恵)
あのぅ、わたしの方に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

それと・・続けざまに、携帯の未納の・・督促状が届きまして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

で、あのぅ、住所は・・未だに、教えてくれなかったんですね。(相談者)

はい。(柴田理恵)
でぇ、あのぅ、なん度か・・「教えて?」って言うと・・「そのうちね」って言うんで、終わってたので・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
「じゃあ、あの、連絡が、つかないと困るから・・携帯だけは、必ず連絡・・いつでも、つくようにしてね」って言ったら・・(相談者)
・・
「うん」って言う事で、連絡は、とっていたんですが・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

今回、この件があったので・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
ちょっと、すぐ・・電話してみたんですね。(相談者)
うん。(柴田理恵)
そしたら、1回目は・・あの、出て・・あの、「仕事してて、自分で払うから、いいんだよ」って、切ったきり・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
次はもう、繋がんなくなっちゃって・・(相談者)

はあぁ・・(柴田理恵)
今は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
連絡は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
つかない状態に、なってます。(相談者)

はああ・・(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)

そのぅ・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
家出なさって・・(柴田理恵)

あの、住所を・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
「そのうちね」っていうまま、「ああ、そうなの?」っていう、そのままにしてたんですか?(柴田理恵)

ちゃんと、つ・・きちんと・・(柴田理恵)
そうなんです、あの・・(相談者)
・・
聞いても、あんまり言うと、「じゃあ、いいよ」って言うかな?と思って、やっぱり、親元が・・(相談者)
ど、どうして、そうやって、その・・(柴田理恵)
はい?(相談者)
遠慮、なさるんですかね?(柴田理恵)

なにかこう・・(柴田理恵)

言えない・・事情みたいな事は、あったりするんですか?(柴田理恵)

・・

いや、特に・・あの、ないんですけども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あの、やっぱり・・(相談者)
あの・・あなたは・・(柴田理恵)
はい?(相談者)
お仕事を、なさってらっしゃるんですか?専・・(柴田理恵)
あ、してます。(相談者)

お仕事・・(柴田理恵)
わたしは・・(相談者)
うん?(柴田理恵)

今は、パートですけども、一応、金融機関・・の仕事を、していますので・・(相談者)
あぁ、はぁ、はぁ、はぁ。(柴田理恵)
あのぅ・・主人も、ちゃんと・・した、仕事に・・就いてますから・・(相談者)
・・
なんで、こういうふうになっちゃったのかなぁ?って、やっぱし・・わがまま・・(相談者)
お仕事、お忙し過ぎたとかって、ないんですか?(柴田理恵)

・・

わたしは今、一回、辞めてるので・・(相談者)
ふん・・(柴田理恵)
パートになってるんですね。(相談者)
うーん・・(相談者)
・・
結婚して、辞めてるので・・(相談者)
ふーん・・(柴田理恵)
だけど・・(相談者)
・・
なんか、ちょっと・・(相談者)

なんか、その、つめて・・聞いて・・っていうのが、で、ほんとにできてないなぁ・・っていうのは・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
・・
自分でも、感じてますけど・・(相談者)

お友達は、いらっしゃいますか?(柴田理恵)

友達も、少ない・・と、思うんですねぇ。(相談者)
ん、ん・・(柴田理恵)
あのぅ、学生時代も、二人ぐらい・・って、いうか、あんまり、特定の人としか・・(相談者)

話さない・・感じで・・(相談者)
で、そういう・・(柴田理恵)
はい・・(相談者)
お友達はよく、遊びにきたり・・(柴田理恵)

し・・してました?(柴田理恵)
あ、ないですね。(相談者)
あんまり、遊びに来ない?(柴田理恵)
自分で・・ええ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
自分で、出かけて・・あのぅ、友達と、会ってきたよ・・っていう、ぐらいで・・(相談者)

あの・・(柴田理恵)
はい?(相談者)
そうやって、こう・・(柴田理恵)
はい?(相談者)
娘さんは・・子供の頃から、自分の行動を・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
お母さんに、いろいろ・・連絡したりっていうか・・(柴田理恵)
ああ・・はい。(相談者)
「今日ね、こんなことがあってねぇ」とかっていう、お話する、お子さんでした?(柴田理恵)

あんまり・・女の子にしては、あんまり、そういう・・べちゃべちゃっていうか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
おしゃべりじゃないですけど・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あの、でき・・た事を、いちい・・報告するっていうタイプじゃ・・(相談者)

ないんですよねぇ。(相談者)
ないんですか。(柴田理恵)

ふーん・・(柴田理恵)
でも、なんか、やっぱり・・娘と、わたし・・の、会話の中に、やっぱり、娘から、本当の気持ちとか・・(相談者)

あんまり言う・・(相談者)
・・
言わない?(相談者)

ふーん・・(柴田理恵)
わたしが、こうだよね、ああだよねって言うと・・(相談者)
・・
「うん」って言うぐらいで、あんまり、わたしの事が・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
好きじゃないのかな?って、今・・思います(声が震えて、泣きそうな感じ)。(相談者)

・・

ああ・・(柴田理恵)

男の人・・の、影は、ないですか?(柴田理恵)

・・

だって、1年間・・(柴田理恵)
それ・・それなんですけどねぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

1ヶ月前に、家に帰って来た時に・・(相談者)
はい。(相談者)
「お母さん、友達がね、贈り物をしたいんだって」って・・「牛タン、仙台の牛タンを、贈るよって言うんで、送るね」って言ったら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
それが、届いた時に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ま、住所が、書いてあったんですね。(相談者)
うん。(柴田理恵)

だけど、それは友達が、送ってきた住所なんですよ。(相談者)

それで、本人は、絶対に教えないから・・(相談者)

もしかしたら、この人と、一緒に住んでいるのかな?っていう・・(相談者)
・・
感じは・・(相談者)

すごく今、考えてて、思うんですよね。(相談者)

その・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
娘さんの名前で・・(柴田理恵)

住所・・(柴田理恵)
じゃなくって、お友達の、男の名前なんですけど・・(相談者)
男の名前で・・(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)
男の住所から・・(柴田理恵)

はい・・(相談者)
届いてるわけですか?(柴田理恵)
うん、牛タンを、あのぅ、両親に贈るっていうんだけど、友達、送ってくれるんだってって言うから・・ああ、そん・・はい?(相談者)
そこには、連絡しました?(柴田理恵)

あのね、電話番号が、書いてないんですよね?(相談者)

手紙、書きました?(柴田理恵)

・・

いえ・・(相談者)

何も、書いてないです。(相談者)

もう、電話なかったら、もう、手紙でも書かな・・なんで、書かないの?・・ふふっ(苦笑気味で)・・(柴田理恵)

はい・・はい。(相談者)
あのぅ、知りませんか?っていうことを・・聞・・(柴田理恵)

あ、そうですか?(相談者)
かないと、そこだけしか、だって・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
手がかりないですね。、(柴田理恵)

・・

じゃ・・(柴田理恵)
・・
とにかく、その、むす・・(柴田理恵)

今日の・・(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)
ご相談内容としては・・(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)
その、娘さんを・・(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)

の、居場所を、探し・・(柴田理恵)

出すには、どうしたらいいのか?・・なんですかね?(柴田理恵)
・・
それとも、その・・(柴田理恵)
それ・・それもあり・・(相談者)
ありますよね?(柴田理恵)
そ、ま、ええ・・それもありますし・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ、今後また、こういうことが、あっちゃあ、いつも、なんか、お金の心配してる・・のも・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

アレ・・なんで、親に、そういう責任・・が、あるのか、それとも・・(相談者)

あのぅ、本人を、探し・・出して・・(相談者)

あの、なんか、精神的な・・病院とかで、診てもらった方が、いいのかなぁ・・なんて、そこまで思っちゃたんですけど・・(相談者)
はあ・・・(柴田理恵)

このぅ・・なんて言うんですか?(相談者)
仕事・・を、しないで、なんて言うん・・買い物したりとか・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
そういう、精神状態・・(相談者)

うん、ど、どういうんで、こういうふうに、なっちゃったのかなぁ?って・・(相談者)
あの・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
む、娘さんが・・だからと言って・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
その、そういうこう・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
ご病気だとかっていう、わけでは、わたしは、どうも、ないような気がします。(柴田理恵)

あ、はい・・はい。(相談者)
うん、そこに・・(柴田理恵)

考えを至ってしまうと・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
ちょっと、こう・・(柴田理恵)

・・

はい。(相談者)
あのぅ・・(柴田理恵)
そうです・・(相談者)
核心がぼやけるっていう感じが、しますね。(柴田理恵)

・・

ああ、そうですね。(相談者)

はい。(相談者)

うん・・(柴田理恵)

わかりました。(相談者)
あの・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
お金の心配を、してらっしゃるんですかね?(柴田理恵)
・・
それとも、ご・・お嬢さんの心配・・してらっしゃるんですか?(柴田理恵)
娘の心配・・も、ありますし・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

お金の心配もあります。(相談者)
うん、ふん。(柴田理恵)
今後また、こういうふうに・・来たとしても・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
親はもう・・(相談者)

なんかいか、そういうので・・(相談者)
・・
もう・・(相談者)

あの、払・・(相談者)

って、いましたので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なるほど・・(柴田理恵)

とにかく・・(相談者)

会って、話し・・を、して・・(相談者)

今、持ってる、宅急便・・の、用紙に書いてある住所・・に・・(相談者)

主人と、行ってみたら、どうなのかな?って思うけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
それ、止めた方が、いいんでしょうかねぇ?(相談者)

いや・・(柴田理恵)

その前にまず・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
きっと・・(柴田理恵)
・・
はい?(相談者)
・・
お嬢さんが、何を考えているかを・・知りたいんじゃないんですか?(柴田理恵)

・・

あっ、そうです、はい。(相談者)
そうですね?(柴田理恵)
そうです。(相談者)

それをまず・・(柴田理恵)
そうです。(相談者)

ほんとの・・はい?(相談者)
これ、どういうふうに・・あの、こう・・(柴田理恵)

はい?(相談者)

会話・・が、成立するかっていうか・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
その、心と心でね、対話できるか・・(柴田理恵)
・・
あ、はい。(相談者)
っていう・・その方法みたいなの、ちょっと先生に、聞いてみましょうかね?(柴田理恵)

あ、はい。(相談者)
・・
よろしくお願い致します。(相談者)
はい、じゃあ、え・・本日の回答者の先生は・・(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みの・・(柴田理恵)
あ・・(相談者)
マドモアゼル愛先生です。(柴田理恵)
あ、はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. 娘の心配よりも、お金や世間体の心配の方が大事な相談者さん。
    自分の価値観を一方的に押し付けてきた子育て。(だって娘はこの母親には本音をぶつけられない状態ですもん)

    この相談者さんは自分の考えが唯一絶対的な正義だと思い込んでるんでしょうね。
    回答者のアドヴァイスも、この相談者さんの心には届いてないように感じました。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.