テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年12月20日(水)は、加藤諦三&大迫恵美子。夫が他界して1年、納骨をどうするか悩んでいる相談者。真剣ではないが、夫の生前、子供達に迷惑をかけたくないので合同墓地に入ろうと話していた。実家で一人暮らしの義兄は無縁仏にならないよう、こちらで入ればと誘われる。義兄には子供がおらず、ゆくゆくは息子と考えているのかも。娘は賛成、息子はどちらでもいいと言うが・・・
加藤諦三氏の〆の言葉『お墓のあり方も、時代によって大きく変わっているようです』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:62歳女性 夫は1年前に他界し一人暮らし 子供は二人 娘と息子 車を使って高速で4~5時間の所に夫の兄が一人で住んでいる

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ、よろしくお願いいたします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

62歳です。(相談者)
62歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

・・

えーっと・・(相談者)

してましたけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ、1年前に、夫が亡くなりました。(相談者)
あ、そうですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすると・・(加藤諦三)

今、お一人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
はい、わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
で、どんなことですか?(加藤諦三)

主人の納骨のことなんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

主人が生きてた・・時に、まぁ・・(相談者)

話し合ったというか、真剣に話し合ったわけじゃないですけど、こう・・こうしようかねぇ・・っていう話しでは・・(相談者)
はい・・ええ。(加藤諦三)

なんて言うんですか・・こう、みんな・・(相談者)

・・

こう、入る・・合同の・・(相談者)

はいはい。(加藤諦三)
お墓みたいな・・お墓っていうか、そういうところがありますよね?(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ、そこに、入ろうかって・・そうしたら子供達にも、迷惑かからないじゃないかってことで、話しをしてたんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

主人の・・(相談者)

兄・・がですね、やっぱり、そういうとこに入れるのは・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ、ちょっと・・(相談者)

っていうか・・(相談者)

・・

・・

無縁仏っていうか、そういうような言い方、そういうとこに入れるのは、ちょっとなぁ・・って。(相談者)

いうこと言われまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・あのぅ・・まぁ・・(相談者)

・・

・・

兄が、実家・・なもんですからね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

本家っていうか・・(相談者)

なもんですから、そこに墓があるから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ええ。(相談者)

入れてはどうだ?・・ということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

・・

で、ちょっと・・迷ってるというか・・どうしたものかなぁ・・と思いまして。(相談者)
あぁ・・(加藤諦三)

・・

そうすると・・あなたとしては・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そのぅ・・実家の・・にある、ご主人の実家・・(加藤諦三)

あのぅ、夫の・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
家ですよね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

そこ・・の・・(加藤諦三)

お墓に・・はい・・(加藤諦三)

あのぅ、あなたの・・(加藤諦三)

ご主人が・・(加藤諦三)

入るのが・・(加藤諦三)

嫌なん・・ですか?(加藤諦三)

・・

いや・・(相談者)

嫌・・ではないですけど、なんか・・あの、子供・・その後・・わたしの子ど・・息子・・(相談者)

が、いるんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

息子のこと・・(相談者)
あの、お子さん、何人いるの?(加藤諦三)

え・・二人・・(相談者)
二人?(加藤諦三)
娘と息子・・はい。(相談者)

娘と・・(加藤諦三)

息子さん、両方?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

おりまして・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
で、そのぅ・・お二人の・・(加藤諦三)

・・

ご意見は、どうなんですか?(加藤諦三)

・・

いや・・(相談者)

あのぅ・・娘は・・あの、お墓に入れたらいいんじゃない?・・って、言ってるんです。(相談者)

息子は任せる・・(相談者)
その、実家の方の?(加藤諦三)
あ、そうですよねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、息子は、まぁ・・ぅ、うーん、どっちでもいいよ・・っていう・・言い方なんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お・・っとの・・兄ですよねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
兄は、あのぅ・・(相談者)

子供もいませんし・・(相談者)

・・

連れ合いも亡くなって・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
今、一人暮らししてるんですよねぇ。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

わたしなんか、考えにゃ、ゆくゆくは、じゃあ、うちの・・(相談者)

・・

長男・・に、な・・息子になりますよね?(相談者)
はい。(加藤諦三)

が、そのぅ・・(相談者)

お墓とかの、納骨堂とかがあるんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それをみることになってしまうのかなぁ・・(相談者)
あぁぁ・・(加藤諦三)

・・

と思って・・(相談者)
つまり、あなたは・・(加藤諦三)

じ・・(加藤諦三)

っか(実家)の・・(加藤諦三)

お墓に入るのが・・うん、ご主人が入るのが嫌だ・・というよりも・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

あなたの息子さんが・・(加藤諦三)

ええ、に、負担がかかるのかな・・(相談者)
負担がかかる・・(加藤諦三)

ええ、ええ・・(相談者)
が・・嫌だから・・(加藤諦三)

・・

ちょっと・・(加藤諦三)
どうしたものかなぁ・・(相談者)

っていう・・(相談者)
ということですねぇ。(加藤諦三)
あ、はい。(相談者)

で、先ほど、生きている時に・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
話し合ったっていう・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

ことですよねぇ。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

で、生きてる時に、話し合ったということは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ご、合同の・・中に入ろうね・・とか・・(加藤諦三)

子供・・そうしたら子供に迷惑かからないね・・っていうのは・・(加藤諦三)

そのぅ・・(加藤諦三)

今、あなたが言ってる・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

あなたの息子さんの方に、迷惑がかからないね・・と。(加藤諦三)

ええ。(相談者)

いうことですよねぇ?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

・・

で、そういう・・(加藤諦三)

・・

迷惑がかからない・・ためには・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

じゃあ、合同の・・(加藤諦三)

・・

・・

という・・(加藤諦三)

実家の方じゃない方に、しようというのは・・(加藤諦三)

・・

ご主人自身の意思だっ・・(加藤諦三)

たわけですか?(加藤諦三)

・・

意思というか、まぁ・・まぁ、二人で話し・・(相談者)

した・・してた・・んですけど・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

でも・・(相談者)

今、兄、一人でいますよねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そうすると、やっぱり・・(相談者)

・・

なんか、放っておけないっていうか、なんか・・(相談者)

そういう気持ちも、わたしにはあるんですよねぇ。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

あなたの方の、気持ちに・・(加藤諦三)

が、お・・(加藤諦三)

お兄さんの方・・気持ちを推測して・・(加藤諦三)

ええ、ええ。(相談者)
どうしようかな・・っていう・・(加藤諦三)
そう・・そう、なんて言うんですか・・(相談者)
こと、すると・・(加藤諦三)
そのぅ・・うん。(相談者)
お兄さんの方からの・・(加藤諦三)

一緒のお墓にという方の・・(加藤諦三)

お兄さんの方の、考え方に・・(加藤諦三)

こう・・(加藤諦三)

・・

違和感がある・・っていうんではなくて、あなたの気持ち・・(加藤諦三)

ソウデス・・(相談者)
が・・(加藤諦三)

そうなんですよねぇ。(相談者)
お兄さんのことを、考えてということ。(加藤諦三)
ええ・・考えて、むげ・・なんて言うんですかねぇ、今・・仲良く・・っていうか、義理の間ですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・つき・・付き合いをしてますよね、あのぅ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

スゥ・・(相談者)

でぇ・・(相談者)

これで・・あ、兄がその・・ねぇ、合同・・(相談者)

葬の方に、入れるのには・・は、反対というか、まぁ・・(相談者)

・・

よくは思っていないわけですよねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それを無下に・・あのぅ・・二人で話し合ったからって・・入れてしま・・(相談者)

って・・いいものなのかどうなのか、そのぅ・・(相談者)
ウンウンウン・・(加藤諦三)
関係が、ねぇ・・(相談者)

ええ、そう・・(加藤諦三)
今、このままの関係が・・(相談者)

・・

・・

なるほどねぇ・・(加藤諦三)
うん、つづ・・続くのかしら・・と、思ってしまって・・(相談者)

あ、そう・・(加藤諦三)

もう、自分と同じ墓に・・入るっていうことですよねぇ。(加藤諦三)
そうですねぇ・・そうすると・・(相談者)

要するに、ぅ・・うち・・わたしの息子か・・(相談者)

次・・(相談者)

みてくれるんじゃないか・・っていう・・(相談者)

ことですよね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
兄は、思いますよね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

・・

息子さんは、どっちでもいいという・・言ってると。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

・・

で、お嬢さんの方は・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

・・

・・

その、実家の墓に入った方がいいと言う・・(加藤諦三)

そう・・ですねぇ、やっぱり、あのぅ、今、あ、兄は一人暮らしなので・・(相談者)

何か月に1回は・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

様子を見に行ったり、してますので、息子は・・の方は、全然なんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

娘の方は、そうなんか、そういう付き合いをしてる・・ので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

尚更、そうだと思うんですよねぇ。(相談者)
うん、う、うん・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)

で、お墓で手を合わせるのも、そっちの方が・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)

・・

なんかほんとに・・(加藤諦三)

手を合わせてるような気持ちになると。(加藤諦三)
そうですよねぇ、おじいちゃん、おばあちゃんも、入ってるわけですからねぇ。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

娘にしたら・・(相談者)

・・

うん・・それもわかるんですよねぇ。(加藤諦三)
う、うん・・(相談者)
と・・(加藤諦三)

・・

で、ご主人・・と、あなたの中で・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

その、迷惑が・・(加藤諦三)

かかるというふうに、か・・はっ・・考えたのは、なん・・なんでなんですか?(加藤諦三)

・・

あ・・子供にですか?(相談者)
ええ。(加藤諦三)

・・

・・

いや、迷惑って・・(相談者)

今、よく言われるじゃないですか、お墓をたてたら・・(相談者)

たてたり・・どっか納骨堂を買ったりしたら、あとが大変だと・・(相談者)
う、うーん、それはもちろん、そうですよねぇ・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
お墓・・(加藤諦三)

・・

タダではないですからね。(加藤諦三)
ええ。(相談者)
か、管理するところもそう・・(加藤諦三)
そう、そうですよねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
だから、そ・・そういう、かた・・形のあるもの・・って言うんですか?(相談者)

そういうのは・・(相談者)

作らないで・・(相談者)

で、うん・・その、合同葬みたいな所に、入れたらいいね・・っていうような・・(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)
感じで、話ししたんですよねぇ。(相談者)

・・

・・

はい、わかりました、そのぅ・・あの大変難しい・・(加藤諦三)

微妙なね・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
問題だとは、思いますけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はその、スタジオに弁護士の大迫恵美子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク