テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年2月8日(木)は、柴田理恵&三石由起子。45歳と42歳のバツイチ同士のカップル。難しくない話しもこじれていき、口論になり話が結論に向かって収束しない。順番が替わったりテーマが変わったり。お互いの記念日に、プレゼント交換するも、事前に分かっていたにも関わらず、相談者は指環とホテルでの食事の予約、彼女は食器スポンジにDVD。どうすれば上手くいくだろうか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者: 三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:45歳男性 付き合って3年になる彼女42歳 お互いにバツイチ

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

あっ・・もしもし?(相談者)
はぁい、け・・(柴田理恵)
どうも、お世話になります。(相談者)
はぁい・・(柴田理恵)

今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)

彼女との事なんですけども。(相談者)
はい。(柴田理恵)

はい・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

ちょっと喧嘩になったりとか・・口論になったりする時がありますよね・・(相談者)
うん・・うん・・(柴田理恵)

でぇ・・その時に・・(相談者)

すごくこう・・話が・・(相談者)

こじれていくんです。(相談者)

ほう・・(柴田理恵)

はぁい・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
その・・(相談者)

話がこう・・(相談者)

入れ替わったりとか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

話の順番が・・こう、替わったりとか・・(相談者)
ふんふん・・(柴田理恵)

そのぅ・・急にこのぅ・・(相談者)

話してるテーマが変わったりとか・・(相談者)
うん、ふんふん、うん、うん・・(柴田理恵)
っていうことで・・(相談者)

そのぅ・・(相談者)

話し合いをしてるんだけ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

こう、結論に向かって・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
話が収束していかない・・(相談者)
うーん、うん・・(柴田理恵)
っていうのがあって・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

でぇ、僕はいつもそのぅ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

今、何について・・語られてるのかっていうの・・ずっと・・(相談者)

記憶しながら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ズレた場合は、「ま、それ、ちょっと、話がズレてると思うんだけど」っていうことで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

軌道修正しながらやるんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

結局は、うまくいかない・・っていうところがあって・・(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)

うーん・・えっと、今・・あなた、おいくつですか?(柴田理恵)

えーっと、45です。(相談者)
45歳・・彼女は?(柴田理恵)

えーっと・・40・・2です。(相談者)

42・・えっと・・ぉ、お付き合いなさって・・結構長いんですか?(柴田理恵)

えーっと、3年ぐらいですね。(相談者)

3年ぐらい・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
じゃあ・・結婚前提・・で、お付き合いなさってるってことですかね?(柴田理恵)
あぁ・・(相談者)

そうです。(相談者)

ほほほふぅーん・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

・・

えーっと・・半年ぐらい前、あったんですけども・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

ま、とある記念日がありまして・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

でぇ、それでぇ・・いわゆるそのぅ・・お付き合いしてる関係の・・こう、華々しい・・ふっ・・というか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
そういう・・(相談者)

お祝をして欲しい・・(柴田理恵)

っていうような雰囲気が・・感じとれたので・・(相談者)
うん・・うん・・(柴田理恵)
そのぅ・・(相談者)

指環とですね・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
それからそのぅ・・ホテルをちょっと、よ・・予約をして・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
食事を・・っていう形で・・(相談者)
うんうん。(柴田理恵)

うん・・(柴田理恵)
まぁ、ちょっと・・ちゃんとした、形でと思って・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
やったんですけども・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)

でぇ、まぁ・・そのぅ、お互いの記念日でしたので・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そのイベントが終わってから、家に帰って・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ま、一緒に・・話してる時に・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
ま・・(相談者)

僕に対する・・ま、プレゼントも・・あったんです。(相談者)
うん、うん、うん・・うん・・(柴田理恵)
でぇ・・それがそのぅ・・(相談者)

結構、ちょっと・・(相談者)

えっ?・・っと思うような内容の物で・・(相談者)

うん?(柴田理恵)
なんか・・(相談者)

食器を洗う時のスポンジ・・(相談者)

ほう。(柴田理恵)

はぁい・・と・・(相談者)
ほう、ほう・・うん・・(柴田理恵)

DVD・・だったんです。(相談者)

ほうほうほう・・(柴田理恵)
別に僕はそれを・・(相談者)

なんて言うんですか?・・所望したわけじゃなくて・・(相談者)
うん・・ふふふ・・(柴田理恵)

はぁい・・ふふっ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あのぅ・・別の物を・・(相談者)

希望してたんですけども・・(相談者)
はぁぁぁ・・(柴田理恵)

でぇ・・(相談者)

えっ?・・っと思って、ちょっと・・なんか・・(相談者)

ショックで・・(相談者)

ああ・・ふふっ・・(柴田理恵)

ま、自分はすごい・・(相談者)

何か月・・(相談者)

な・・なん・・1ヶ月前ぐらいかな?(相談者)
うん・・(柴田理恵)
準備して・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
やってきたんだけど・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

なんか・・そういうものが、ポンと来ちゃって・・(相談者)

なんで食器スポンジ・・っていうのは・・(柴田理恵)

気になりますよね、別にその・・(柴田理恵)
だ・・それは・・(相談者)

ぅ・・その、今・・(相談者)
普通の食器スポンジ?(柴田理恵)

ぅ・・じゃなくって・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まぁ、あのぅ・・(相談者)

僕の家は・・黒と白の物で・・だいたい構成されていて・・(相談者)
あっ、モノトーンで・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
な・・の・・(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)
だからその、インテリアに合わした・・(柴田理恵)
はぁい・・(相談者)

色の・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
選んでくれたわけですか?(柴田理恵)
そうです、はい。(相談者)

じゃ、そのぅ・・(柴田理恵)

彼女としては・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
あの、あなたの家にも遊びに行くわけでしょう?(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
・・
その・・(柴田理恵)

白黒の中で・・(柴田理恵)

はい。(相談者)

モノトーンの中で、統一されてないのが・・(柴田理恵)

食器スポンジだわ・・って思ったのかもしれないですね。(柴田理恵)
あ、そうですねぇ、はぁい。(相談者)

だからそれ・・あげたわけでしょう?(柴田理恵)
そうですねぇ。(相談者)

うん・・別に・・(柴田理恵)

ぉ、おかしなくない?・・ふふふっ・・(柴田理恵)

だって彼女、気・・使ってるじゃないですか、そこ。(柴田理恵)

ああ・・(相談者)

なるほど・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)

違うかなぁ・・(柴田理恵)

・・

それがちょっと、なんでぇ?・・と思って、嫌だったんですか?(柴田理恵)

・・

っと、思・・ってしまった・・っていう・・(相談者)
うん、ふんふんふんふんふんふん・・(柴田理恵)

・・

そっか・・・その・・ことは、お互いに、お話しなさらなかったんですか?(柴田理恵)

あっ、しました。(相談者)
うん。(柴田理恵)
なので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
結局・・まぁ、そのぅ・・(相談者)

時間がなかったからゴメン・・っていう話に、なったんですけども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

・・

僕もだからその・・あ・・気・・使ってくれたんだな・・って、その、受け取れたら・・良かったんですけども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ま、言ってもその、記念日は・・(相談者)

前からわかってることで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

当日、バタバタして、そういう用意をするもんではない・・っていう・・(相談者)
はあぁぁ・・(柴田理恵)
頭があったから・・(相談者)
ぁぁ・・(柴田理恵)

逆に・・ええ、なんでそれで、そんなことになるの?・・っていう、結構、強く、追及してしまったんですよ。(相談者)
ああ・・はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・(柴田理恵)

でぇ・・いつもの通り、こう・・話がこじれるパターンになってしまって・・(相談者)
あ、ぁぁぁ・・(柴田理恵)
それでもう・・(相談者)

なんか、追い詰めちゃって・・「もう、嫌!」ってことになったんです。(相談者)

ほうほうほう。(柴田理恵)
彼女がもう。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

「あーっ!」ってなって・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
でぇ・・「あ・・ごめん、ちょっと、言い過ぎて追い詰めちゃった、ごめんね」ってことで、僕が謝って・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

その時間は、終わったっていう・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
感じなんです。(相談者)

・・

そういうことが、頻繁にある・・っていうことですか?(柴田理恵)

・・

ま、そのぅ・・(相談者)

話がこじれるっていう・・(相談者)
はぁ、ふぅーん・・(柴田理恵)
っていう感じですねぇ・・(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)

あのぅ・・(柴田理恵)

彼女のこと、好きですか?(柴田理恵)

・・

まあ・・(相談者)

好きですけども・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
やっぱ、そういう・・こう、自分の・・(相談者)

別にその、難しい話をしてるわけじゃ・・ない・・んです。(相談者)
ふぅーん・・うーん・・(柴田理恵)

それがこう・・(相談者)

理解・・(柴田理恵)

・・

してもらえないっていうことに対して、すごく・・(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)
ストレスを感じて・・ます・・(相談者)

まぁ、なんか人間ねぇ・・(柴田理恵)

あの・・もちろんあのぅ・・(柴田理恵)

・・

あの、はじ・・あの、ご結婚は・・ん・・なさったことは・・(柴田理恵)

あります?(柴田理恵)
あります。(相談者)

ありま・・あっ・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

いち・・いち・・いちど・・バツイチの・・方なんですか?(柴田理恵)
はいはいはい。(相談者)
はぁはぁ、向こう・・は、どうなんですか?(柴田理恵)

も・・一応、そうですねぇ。(相談者)
彼女も・・そうなんですか?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

そうすると、でも、こう・・(柴田理恵)

どっちかが・・(柴田理恵)

折れないと・・というか・・(柴田理恵)

そうなんです、もうだから・・(相談者)
しないとやっぱり、うまくいかないですよねぇ?(柴田理恵)

そうなんです、もう・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
あんまりに、話して・・そのぅ・・(相談者)

やっちゃっても・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
結局もう、追い詰めちゃうことになるし・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

とは言うものの・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なんか・・もう別にその、難しい話をしてるわけじゃ・・ないんです。(相談者)
うーん・・うん、うん、うん・・(柴田理恵)

そ、それがこう、理解してもらえないっていう・・(相談者)

この・・(相談者)

・・

こう、進むも・・(相談者)

戻るもみたい・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

どっちも行けない・・(相談者)
でも・・ぇ・・(柴田理恵)
っていう・・(相談者)

ぃ、一番厄介じゃないですか?・・難しい話してないのに、こじれる・・っつのは・・(柴田理恵)

そうなんです・・(相談者)
ねぇ・・(柴田理恵)
なので、ご相談している・・っていう・・(相談者)

ことなんです。(相談者)

うん・・ほう・・なるほど・・(柴田理恵)

じゃあ、ちょっと、先生に聞いてみましょうかねぇ。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
このぅ・・(柴田理恵)

どうやったら彼女と上手くいくようになるか?(柴田理恵)

はい。(相談者)
ねえ・・(柴田理恵)

はい・・(柴田理恵)

では、ぇ・・今日の回答者の先生は・・三石メソッド主宰・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
作家で翻訳家の三石・・由起子先生です。(柴田理恵)
・・
先生、お願いします。(柴田理恵)
はぁい。(三石由起子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク