テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年7月1日(土)は、今井通子&三石由起子。3人目の孫を自宅出産する娘の所へ、上の男の孫二人を預かりに行くと、急に来ないでと娘から言われる。それ以降、嫌いと言われ、無視されることに。これまで、仲良くやっていたので、娘に嫌われる原因がわからないという母親。育児ノイローゼではないか?娘婿が、運動会とか誘ってくれるが娘は無視。母娘問題を放っておくのか、何か方法があるのか、教えて欲しい。

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:68歳女性(パート) 夫は16年前に他界 次女32歳独身と二人暮らし 近くに住む長女33歳 婿32歳 小学4年と2年の男の子 2歳半の女の子

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

今日は、どういった、ご相談ですか?(今井通子)
え・・ぇ、ぇ、えーっとねぇ、ちょっと娘とのことなんですけども・・(相談者)
はぁい。(今井通子)

あなた、おいくつ?(今井通子)
はい、68歳です。(相談者)
はい・・お嬢さんは?(今井通子)
娘は、32歳と33歳がおりまして・・(相談者)
はい。(今井通子)
33歳の、上の子の・・ちょっと、仲の事で・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

お子さんは・・あの、お嬢さん、お二人だけ?(今井通子)
・・
そうです。(相談者)
はい。(今井通子)

上のお嬢さんは、結婚されてる?(今井通子)
はい。(相談者)

・・・

ご主人は、いくつぐらいの方?(今井通子)
・・
ぇ・・32歳です。(相談者)
はい。(相談者)

お子さん、いらっしゃる?(今井通子)
えーっと、四年生と、二年生の男の子と・・(相談者)
はい。(今井通子)
・・
お・・(今井通子)
二歳半の、女の子です。(相談者)

はい。(相談者)

お嬢・・あなたの下のお嬢さん、32歳のお嬢さんは?(今井通子)
はい、今、一緒に・・住んでます。(相談者)

あ、じゃあ、結婚はされて・・ない?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

・・・

でぇ・・(相談者)

主人はもう、16年前、他界いたしまして・・(相談者)

10・・6年前?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

そうすると・・(今井通子)

あなたは・・(今井通子)

その、下のお嬢さんと、お二人で、住んでらっしゃる?(今井通子)
あ、そうです、はい。(相談者)
・・
でぇ・・上のお嬢さんは、別に・・(今井通子)

もう・・生活・・(今井通子)
ええ、近くに・・はい。(相談者)

あ、お近くに、いらっしゃるのね?・・はい。(今井通子)
はい・・はい。(相談者)

・・・

今日・・(今井通子)

今日・・(相談者)
問題になるのは、上のお子さんなの?(今井通子)
そうなんです・・それがね、ちょっと・・(相談者)
・・
どうしちゃったの?(今井通子)
ん・・一番下の子が産まれてからですねぇ。(相談者)
うん。(今井通子)

拒否されまして・・(相談者)

ええ。(相談者)
育児ノイローゼだ・・ないかなぁとは・・思うんですけれども・・(相談者)
ええ。(今井通子)

うーーん・・(相談者)
・・
ん・・お母さん、嫌いというか、行っても、無視されちゃうというか・・(相談者)

今まで、そんなことなかったんですけども・・(相談者)
・・
仲良くしてたんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

なんか・・その、原因が、よくわからないんですね。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

・・・

それでこれから、無視した方がいいか・・(相談者)
・・
でも、今まで・・仲良くやってきたのに・・(相談者)

・・

どういうふうに・・(相談者)
なに?あなたにだけなの?(今井通子)

そうです。(相談者)

・・・

例えば、下のお嬢さん・・が、行っても・・大丈夫なの?(今井通子)
・・
いや、下の子とも、あんまり仲良くないんですね、もう昔から・・ははは・・(相談者)
あ、それ、昔からなの?(今井通子)
はぁい。(相談者)
あ・・(今井通子)

っていうことは、対比する人がいないな。(今井通子)

じゃあ・・ご主人の方の、お父さん、お母さんは、ご存命?(今井通子)
・・
はい。(相談者)

娘から言うと、お舅さんですよね?(今井通子)
そうそうそうそう。(今井通子)
ええ、ええ、仲良いです。(相談者)

あん・・そうそう、あなただけに対してなのね?(今井通子)
そうなんです。(相談者)

ああ・・(今井通子)
わたしのことが、なんか性格的に嫌みたいで、わたしが・・ズケズケ物を言うし・・(相談者)
うん。(今井通子)
・・
それがなんか、気に障るみたいなんですね、ある時から・・はははは・・(相談者)

そのある時っていうのが、なに?・・(今井通子)
下の子が生まれてから。(相談者)
あの、下の、一番下の・・(今井通子)
はい。(相談者)
今、二歳・・二歳半のお子さんが・・(今井通子)
ええ、ええ。(相談者)
産まれた時から・・(今井通子)
はい。(相談者)
そうなっちゃったっていうこと?(今井通子)
ええ、そうですね。(相談者)

ふーん・・(今井通子)

あなたが、何をしに・・(今井通子)

その、お嬢さんの所へ、行こうと思うと・・(今井通子)

来ちゃ・・来ないでくれって、言われちゃうの?(今井通子)

いや、最初はね・・(相談者)
うん。(今井通子)
産まれた時・・一番・・最初は、その子が、一番下の子が、産まれた時に・・(相談者)
うん。(今井通子)

あの、上の子、二人を預かりに行った時に・・(相談者)
うん。(今井通子)

「もう、来なくていいから」って、言われたのね。(相談者)

え・・それは、何回目ぐらいで?(今井通子)

最初の日です、産まれた最初の日。(相談者)

自宅出産で・・(相談者)
・・
ええ。(相談者)
・・
自宅で、産んだんですね。(今井通子)
はい。(相談者)
・・
それで、上の子、大変だろうと思うから、迎えに行って、「お母さんが、預かるよ」って、迎えに行った時に・・(相談者)
ええ。(相談者)

あのぅ・・なんか、ヒステリー起こしちゃって・・(相談者)
ええ。(今井通子)

「ここ、入って来ないで」って・・な、なんだか、わかんないんですけど・・ふふふ・・(相談者)
ええ、ええ。(今井通子)

「来なくて、いいから」って。(相談者)

はい。(今井通子)
でも、大変だから、連れてくって言ったら、「いい、来ないで」って、言われたんですねぇ・・ふふふ・・(相談者)

あ、で、もう、その日に、言われちゃったのね。(今井通子)
そうなんです。(相談者)

で、その前までは、大丈夫だったの?何でもなかったの?(今井通子)
何でもなかったんです。(相談者)
うん。(今井通子)

じゃあ、前までは、どういうお付き合いをしてらした?(今井通子)

あの、子供を、孫二人を預かって・・(相談者)
ええ。(今井通子)

あのぅ・・幼稚園に、迎えに行ったりとか、うちでご飯食べて、帰したりとか・・(相談者)
はい。(今井通子)

あの、ご飯まで、持たせてあげたりとか・・(相談者)
はい。(今井通子)

もうそれは・・もう、普通以上に・・(相談者)

ああ・・(今井通子)
良かったんですねぇ。(相談者)
はぁい。(今井通子)

でぇ、上のふ・・二人の坊ちゃん・・(今井通子)

はい。(相談者)

坊ちゃんは、どうなんですか?・・今でも・・(今井通子)
・・
お婆ちゃんに、なついてるの?(今井通子)

お婆ちゃん・・の所に、遊びに行きたいって、言ってる・・(相談者)

と、思います。(相談者)
・・
いつか・・(相談者)
その・・(今井通子)
あの・・娘婿さんが、連れてきてくれて・・(相談者)
うん。(今井通子)

あの、母の日に・・(相談者)

ええ。(今井通子)
手紙、書いて・・(相談者)
ええ。(今井通子)
「お婆ちゃん、母の日、おめでとう」みたいな・・(相談者)
はい。(今井通子)
・・
で、そん時に、下の子も・・(相談者)

連れてきてくれたんです、一番下の子、初めて見たんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

そん時に、「お婆ちゃん家に、来たい」って・・ひひひ・・あの、その、婿さんが言ったんですけど・・なんか、娘が、どうもダメみたいで・・(相談者)

ええ。(今井通子)

もう、それからもう・・(相談者)

言ってはいるんですけど、娘が、来させないみたいですね。(相談者)

ああ・・(今井通子)

・・・

じゃあ・・(今井通子)

・・・

あなたに対しては、直接・・「もう来なくていい」って言ったのは、でも一回でしょう?(今井通子)

・・・

そうですね。(相談者)

それ以来・・試しに行ってみたりは、してないの?(今井通子)

あのぅ・・運動会とか、なんかん時に・・(相談者)

呼ばれるんですけど、婿殿から。(相談者)
はい。(今井通子)
・・
行くんですけど、無視されるんですよ、顔を見ても・・(相談者)

お弁当、作ってっても・・(相談者)

まず、わたしの顔は、見ないし・・(相談者)

うん。(今井通子)

あのぅ・・下の子の、お雛様、買ってくれとは言うんだけど、買ってあげても・・(相談者)

あのぅ・・見に来いとは言わないし・・(相談者)

うん・・(今井通子)
無視されちゃうんですね、全て。(相談者)

・・・

で、わたしも、辛くなっちゃうんですよ。(相談者)

うん。(今井通子)
呼ばれるから、行くんだけど、辛くなっちゃって・・(相談者)
うん。(今井通子)
もう・・なんか・・(相談者)

喋ったら、子供達に、孫達に、なんか・・あのぅ・・変な影響が、あるんじゃないかと思って。(相談者)
・・
怖くてもう、行けなくなっちゃってるんですね。(相談者)

・・・

ふーん・・(今井通子)
ヒステリー起こしちゃったり、するんじゃないかと思って・・(相談者)
・・
ふーん・・(今井通子)

・・

なるほど・・(今井通子)

はい。(相談者)

で、これから、どういうふうに・・あの、突っ込んで、それでも行った方がいいか、それとも・・向こうの出かた待って、黙ってた方がいいのか?と思って・・(相談者)
うーん・・(今井通子)

・・・

・・・

そうですか。(今井通子)
・・
ええ。(相談者)
でぇ、今日の、ご質問は、そうすると・・そのぅ・・お嬢さんが・・(今井通子)
はい。(相談者)
あなたに、来ないでっていうか、あなたを、嫌ってる?(今井通子)
はい。(相談者)

らしいだよね、でも。(今井通子)
はいはい。(相談者)
本人に、聞いてないんでしょう?(今井通子)
いや、あの、「嫌い」って、ぃ、言われました。(相談者)
あ、言われた?(今井通子)
ええ。(相談者)
・・
うん。(今井通子)

でも、その理由は?(今井通子)

・・

言われてないんでしょう?(今井通子)
言われてないですね。(相談者)

うん。(今井通子)

なぜか、わかんないのね?(今井通子)
うふっ・・そうですねえ・・(相談者)

で、それに対して、放っとい・・(今井通子)

あまり、付き合わないようにした方がいいのか?(今井通子)
ええ。(相談者)
それとも、その、なんか・・(今井通子)

手だてはあるのか?っていうことですかね?(今井通子)
そうですねぇ。(相談者)

・・・

わかりました、今日はですね。(今井通子)
はい。(相談者)

ぇ・・三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の、三石由起子先生がいらしてますので・・(今井通子)
はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい、ありがとうございます。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

はい。(三石由起子)
お願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク