テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年6月14日(水)は、ドリアン助川&塩谷崇之。離婚調停前に、交際中の男性のアパートの階段で後頭部を強打して植物状態になった45歳の妹。小学2年生の息子は両親の元に預けられ学校に通っている。別居中の旦那との離婚が成立していないので、今後、どうなるのか不透明。両親と金銭で揉めて折り合いの悪い相談者が、出て行く事になるのだろうが、何をどうすればいいのかわからない。

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:49歳女性 夫あり(年齢不明) 長男26歳(社会人) 次男24歳(学生) 父75歳 母73歳 弟41歳 妹45歳(妹の息子小2)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

えー、今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)
実家と・・の、今後の関わり方について、ご相談したいのですが。(相談者)

実家との関わり方?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あなた様の、ご実家ですか?(ドリアン助川)
はい、そうです。(相談者)
ということは、あなた様の・・・ご両親?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)

はい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
今、何か問題が、起きてるんですか?(ドリアン助川)
あ、はい、そうです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

植物状態

わたくしの、妹がですね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えー、一か月ほど前に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えー、不慮・・の事故に遭いまして・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
と、後頭部を強打しまして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

植物状態、いわゆる・・(相談者)

そういった状態に・・なってしまってまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)

で、ちょっとあのぅ・・実家と・・(相談者)

・・
妹とわたし・・(相談者)

折り合いが悪くてですね。(相談者)

・・

これ・・まで・・もですか?(ドリアン助川)
はい、そうです、はい。(相談者)
はい・・はい。(ドリアン助川)
・・
でぇ、えーっと・・(相談者)

今後・・(相談者)

どのように・・(相談者)

えっと、父と母を・・(相談者)

・・
えー、フォローしていけばいいのか?っていうのを・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・
ちょっと、ご相談したくて・・(相談者)

お電話したんですが。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

・・

では、あの、詳しく教えてください。(ドリアン助川)
ぁ、はい。(相談者)
ぇ、あなた様は、おいくつですか?(ドリアン助川)

ぁ、はい、49歳です。(相談者)
49歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ご家族は、お有りになるんですか?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
・・
おります。(相談者)
・・
お子さんも、いらっしゃる?(ドリアン助川)
はい・・おります。(相談者)

えー、どの位の、年齢のお子さんでしょう?(ドリアン助川)
・・
長男が・・(相談者)

・・
26歳・・(相談者)
26歳?・・はい。(ドリアン助川)
はい、社会人をしております。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、ぇ、次男は、24歳で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
学生です。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・それで・・(ドリアン助川)

えー、妹さん・・ちょっと、ほんとに、あのぅ・・ねぇ、可哀想ですけど・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

これは、交通事故ですか?(ドリアン助川)

あっ、えーっと、階段から・・(相談者)

落ちまして・・(相談者)
階段から、落ちた?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

どこの階段から、落ちたんでしょう?(ドリアン助川)

今、あの・・(相談者)
・・
交際・・していた・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
男性の・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
アパートの・・(相談者)

階段なんですが・・(相談者)
アパートの階段?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
・・
交際していた男性ということは、妹さん、独身だったんですか?(ドリアン助川)
・・
いえ、あのぅ・・(相談者)

・・
結婚・・してまして、子供も、いたんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えーっと、離婚・・の・・ぉ・・の調停を、しようかどうかっていう・・(相談者)
・・
あの、時期でぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
別居中でした。(相談者)
あああ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

妹さんの、お子さんっていうのは?(ドリアン助川)
・・
はい、えーっと、小学校2年生です。(相談者)
小学校2年生?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

男の子ですか?女の子ですか?(ドリアン助川)
男の子です。(相談者)
男の子?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

・・

折り合いの悪い両親

うーん・・(ドリアン助川)
・・
妹さん、おいくつですか?(ドリアン助川)

はい、ぇ、45歳です。(相談者)
45歳?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

それで、お父様と、お母様は・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
おいくつでしょう?(ドリアン助川)

はい、父が、75歳で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

母が、73歳です。(相談者)
・・
はぁい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

他に、ご兄弟、いらっしゃるんですか?(ドリアン助川)
はぁい、えー、弟がおります。(相談者)

弟さん?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
おいくつの、弟さんでしょう?(ドリアン助川)

えーっと・・41です。(相談者)
41歳?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

でぇ、えー・・.3人兄弟の・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
えー、長女ということですね?(ドリアン助川)
そうですね、はい。(相談者)

ご両親とも、ちょっと、折り合いが悪くて、妹さんとも、あまりよく・・(相談者)

上手く関係が、いってなかったんですか?(ドリアン助川)
えっと、兄弟は・・(相談者)
・・
いいんですけど・・(相談者)
あ、兄弟は、良かった?(ドリアン助川)
ま、連絡は、取り合えるんですが・・(相談者)
はいはい。(相談者)

ま、そのぅ、両親と・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
まぁ、その、子供・・わたし達の間・・が・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ま、ちょっと、数年前に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
えー、金銭手金なことで・・ぇ・・何回か、問題がありまして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えー、まぁ、ちょっと・・(相談者)
・・
疎遠な形・・に、なってたんですね。(相談者)
ん・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ということは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
それは、具体的に、どういうことですか?(ドリアン助川)

はい、えっと・・わたしが出た後に、購入した・・家・・が、ですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ま、ローンが払えない状態になりまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・
何度か・・(相談者)

・・
援助はしたんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・
ま、最終的に、そのぅ・・(相談者)

3年ぐらい前に・・(相談者)

また・・あのぅ・・3度目だったんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えーっと、言ってきましたので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
・・
まぁ、あのぅ・・(相談者)

両親の年齢的なことですとか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
・・
今後の、その・・(相談者)

あのぅ、生活環境などを考えて・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

まぁ、売ってもらった方が、いいんじゃないかって・・(相談者)
・・
あの、思いましたので・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

まぁ、そのぅ・・いろんなところ、調べまして・・(相談者)

任売の、あの、手続きを進めたんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でも、なかなか、ちょっと、決心、つかなかったようなんですが・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
ま、それで、ま、ちょっ・・あのぅ、家を手放した・・(相談者)

形で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ま、少しは、あのぅ・・お金が残った・・(相談者)

ような、形では・・(相談者)
・・
あの、その時は・・あのぅ・・終わったんですけれども。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

で、その時に・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
縁を切ったんですか?(ドリアン助川)
・・
あっ、えっと・・もう、あのぅ、「お前なんか、子供じゃない」みたいな・・あの、感じの事を、言われまして・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あの、わたしも、ちょっと、そのことに・・ついて・・あのぅ・・まぁ・・あの・・(相談者)
・・
関わってしまったのがね・・(相談者)

あのぅ、ず、あのぅ・・そういう提案をしてしまったのが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

悪かったのかな?っていうのは、今になって思うんですけれども。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)
でも、決・・最終的な、決断をしたのは、両親ですし・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
まぁ、その部分で、ちょっと・・(相談者)

ま、それが、良かったかどうかってのは・・わからないところが、あるんですけれども。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

まあ、わたしの事を、まあ、そういうふうに、あのぅ、そういう、売らせて・・あの、家を・・(相談者)

売らせた・・張本人だって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
思ってるみたいで・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

・・

関わり方

まぁ、しかし・・(ドリアン助川)
・・
今、妹さんが、そういう状況になったことによって・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えー、これ、お金がかかりますね、今度ね。(ドリアン助川)
・・
ああ、そうですねぇ、はぁい。(相談者)
そういった・・ことも・・(ドリアン助川)

つまり・・離婚調停中だったということは・・(ドリアン助川)
・・
ええ。(相談者)
・・
え・・・旦那さん・・(ドリアン助川)
・・
うん・・(相談者)

・・

これから、どうなるんですかね?その妹さんの?(ドリアン助川)
そうなんです、そこがまだ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
あのぅ・・はっきりしていなくってですね。(相談者)
はい。(相談者)
・・
妹の夫と・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えーっと、実家の・・(相談者)

あの、相談・・(相談者)

を、あの、するところじゃないかって思うんですけれども・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
・・
で、その、その後で、わたしが・・(相談者)

どのように・・(相談者)
・・
関われば、いいかっていうことに、なってくるんだと思うんですが・・(相談者)
ちょっと前が、見えてないですよね?(ドリアン助川)

そうなんです・・(相談者)
で・・(ドリアン助川)
まだまだ、前が見えてないので・・(相談者)
ましてやこの・・一番今、ちょっと考えてあげなきゃいけないのは、この・・(ドリアン助川)
・・
しょ・・小学校2年生の男の子・・(ドリアン助川)
そうなんです・・そこなんですねぇ。(相談者)
ですねぇ・・ええ。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

いろんな問題が、今、その・・今後、どう動くか、わからない状況・・ですけども・・(ドリアン助川)
そうですね、はい。(相談者)
とりあえず、でも、あなたの気持ちとしては・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ぃ、いろいろ、あなたの中に、葛藤があるかと思うんですけれども・・(ドリアン助川)
ああ、はいはい。(相談者)
理想としては、どうされたいんですか?(ドリアン助川)

・・

それが、わからないんです。(相談者)
それが、わからないんですか?(ドリアン助川)
それが、わからないんです、はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
すみません、ほんとに。(相談者)
いえいえ。(ドリアン助川)

・・
わからないんです、はい。(相談者)
ああ、そうですか・・(ドリアン助川)
・・
じゃあ、あのぅ・・今日の先生、紹介しますので・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
一緒に考えましょう。(ドリアン助川)
・・
あ、ありがとうございます。(相談者)
はい・・はい、えー、今日の先生、弁護士の塩谷崇之先生です。(ドリアン助川)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)
あ、はい・・よろしくお願い致します。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(塩谷崇之)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.