ADHDの特徴

テレフォン人生相談
発達障害

テレフォン人生相談2016年7月22日は、ドリアン助川&高橋龍太郎。何度注意されても、上司に報告することなく自分の勝手な判断で処理してしまうことで職場を解雇された相談者。介護職を20年続けていて、半年位前から勤務が忙しくなってから上司に報告しなくなる。介護職を天職と言う相談者は、教える方に転職したいと学校に通い始めるも、新しい職場に転職する前のつなぎとして入った今の会社でも同じことを繰り返し、大事になり、社長から、仕事に対する考え方が甘いと叱れれて、次にやれば解雇だと告げられる。高橋龍太郎は大人になってから分かる発達障害を疑う。注意欠陥多動性障害ではないか、大人のADHDは増えおり、その特徴があると指摘する。

テレフォン人生相談2016年7月22日(金)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:48歳男性(介護職) 妻(年齢不明) 二人暮らし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

妻と二人暮らしの48歳の男性からの相談。

介護の仕事

えっと・・ちょっと長く・・仕事を今までやってはいるんですけれども・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
えっと、仕事に対して、詰めが甘いというか、考え方が甘いっていうのを先日、あの、言われまして・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
はい、それで、ちょっとあの・・悩んではおるんですけれども・・(相談者)

はい、仕事はあの・・差し障りない程度でいいんですけど、どんな関係のお仕事なんですか?(ドリアン助川)
えっと、介護の仕事をしております。(相談者)
介護の仕事?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

えー、長くと仰いましたけど、どれぐらいやられているんですか?(ドリアン助川)
えっと・・約20年近くは、やっているんですけれども・・(相談者)
20年近く・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
は、は、は、・・(ドリアン助川)

割に20年間、介護って大変ですね。(ドリアン助川)
なんか、自分の天職ではあるなと思ってずっとここまで頑張っては来れたんですけれども・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

はい、ちょっとなんか、先だってそういことを、ちょっと、あの・・言われたもので・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

えっと、次、介護の方面で、新しく転職を考えているのに、大丈夫なのかなっていう、ちょっと不安が正直でてきてしまいまして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

はい、ちょっと性格を直して、ちょっと、一旦、リセットさせてもらえたらみたいな形では、あったんですけれども・・(相談者)
なるほど・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

次やったら解雇

あの・・今、おいくつですか?(ドリアン助川)
えっと、48です。(相談者)
48歳・・それで、20年やられてきたってことは、20代後半から?・・この仕事に・・(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)

で、えっと今、ご家族もあるんですか?(ドリアン助川)
妻が1人おります。(相談者)
奥さんと・・えー、2人の家庭?(ドリアン助川)
そうです、二人だけです・・はい。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

奥さんも働いてらっしゃる?(ドリアン助川)
はい、働いております。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

ま、そんな中であなたが20年、やられてきて・・えー、今、自信をね、少し失われ・・かかっているっていうのは、何か具体的なことがあったんですか、それともじわじわときたんですか?(ドリアン助川)

もともとのその、伏線みたいなのは・・けしてその、なんかそこう、物事が起きてしまっても、私が結局、その上司に相談しなかったりってというようなことがとっても多くありまして・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

勝手に自分の中で、あ、これはもう、相談しなくてもいい内容なんだろうみたいな、解釈を勝手にしてですね・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

で、相談しなかったりして、ずーっとそれが、ええっと・・後になって、事が大事になるっていうようなことは、ちょくちょく、今まで私自身の中であって・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

それはあの・・必ず何かあったら言いなさいってことを、注意はされてたんですけれども・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

えっと、実は先日・・えっと、今ちょっと、あの・・勤めている会社の方で・・仕事に対する姿勢が非常に甘いと、何も考えて仕事してないんじゃないかっていうことを、ちょっと、社長の方から言われまして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

はい、で、えっと、まあ正直、次、同じようなことがあったら、えーっと、解雇するっていうようなこと言われまして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

言われたことができない

なんか解雇という言葉出てくると、よっぽどの何かなんだと思うんですが・・(ドリアン助川)
結局その・・(相談者)
何が起きちゃったんですか?(ドリアン助川)

例えばあの、えーっと・・掃除の仕方とかですね・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
はい、要するにそう言っても、言っても、あの、私、メモには書いて、えっと、見てはいるんですけれども、結局、言ってもその・・言われたこと、忘れてしまってるっていうか・・そういうことがちょっと、何回も続いていて・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

大丈夫なのかっていうこと言われていたんですけれども・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)

これはあの、20年前からね、お勤めされた頃からある、症状なのか?(ドリアン助川)
いや・・ここ最近になって、出てきたんだと・・半年ぐらい前からだと思います。(相談者)

ここ最近なんですか?・・半年ぐらい前から?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
えー、その、半年ぐらい前から・・そういうことが起きるようになって、そんで上司の皆さんが、大丈夫なのか?という言い方をしているわけで・・(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)

精神的にまいってたせいだと思っていたが

あの、例えばね、えー、何かこの仕事以外でも・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
えー、あれちょっと自分今、何をやろ、やろうとしてたんだろうかとか・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

そういうことで・・アレ、大丈夫かなって思うような一瞬ってのは、ここ最近、ありますか?(ドリアン助川)
それはないです。(相談者)
それはないですか?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

へぇ・・あの・・じゃあ、これ、仕事に関してだけ、起きてるこ・・ことなんですね?(ドリアン助川)
そう・・ですね、はい。(相談者)

うん・・ずっと、こう、そう、そうだったって言うんだったら、まあ・・なんかわかるような気もするんですけど・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

半年ぐらい前から頻繁になっているっていうことですよね?(ドリアン助川)
で、えーっと、ちょうどその半年ぐらい前から・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

やっぱり私・・の勤務が急にきつくなりまして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
はい、ええっと、ちょっとそのカラダ・・精神的に・・まいってた部分もあったんですけれども・・(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)

それが私、影響しているのかなと思ってですね・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
それでまあ、新しい仕事、転職するのはもう、ずっと、その転職の仕事は、前から考えていたもので・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

はい、ええっと、今回は、ま、非常にいい状態で、ま、会社とも、えっと・・おい・・辞めることができた、新しいその・・所の、勉強をしつつ、今のところに、お世話になってたもんですから・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

自分の精神状態も、ものすごい、良い状態で、今のところにも働いていたにも関わらず、ちょっとそういうことが、起きてしまったんで・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

教える立場の仕事

で、今はその・・解雇を受け入れたって、さっき、仰ってましたよね?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

今、辞められたわけですね?(ドリアン助川)
そうです、そして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

ちょっと新しい、ええっと・・今度その、介護の方の・・えっと、教える立場の仕事したいなと思いまして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

そちらの学校には、行ってるんですけれども・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
それと・・それだとちょっと、お給料が入ってこないもんで・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

アルバイトで今、ま、新しいとこでお世話になってるっていうような、形なんですよね。(相談者)
はい・・その・・(ドリアン助川)

でこの、新しくお世話になってる所の、社長さんに、先日、言われたっていうことなんですよね。(相談者)
あ・・(ドリアン助川)

そんなような事ですね、はっきりと・・(相談者)
はい、はい、はい、はい。(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)

問題を誰にも相談しない

ええっと、じゃあ、もう一回話整理しますね。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

えー、これまでずっと、介護の仕事をなさってきたけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
半年ぐらい前から、勤務がきつくなって・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

えー、それでまあ、あの・・ちぐはぐなことを、やりだすようになって・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
結局、迷惑をかけて、そこは解雇を受け入れたと・・(ドリアン助川)

で、今、新しいところでも・・うまくいってないってことですね?(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)

そ、それで今の新しいところでも、うん、だい、大丈夫なのかというふうに、い、言われちゃったっていうことですね。(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)

で、今回も解雇って言葉、出たんですか?(ドリアン助川)
そうです、今回も出て・・実際は出てきてるんですけども・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

あの、もう一度うかがいますけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
こういうことが、顕著な例になってきたのって、最近のことですね?(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

それちょっと今、本当に、ご自身もびっくりされてるでしょうね。(ドリアン助川)
そうですね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

で、まあ、一番いけないのは、その・・自分で全て問題を、解決して、誰にも相談しないことがいけないって・・いうような形では、よく言われるんで・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

うん、そこらへんもだからその、起こった事・・そういうことも含めて、なんか全部・・で、自分ではこう・・このままじゃ絶対にこう・・新しい仕事に踏み出せないのかなって、ちょっと、不安が生じたところあってですね・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

報告しないから大事になる

あの、なんか一つでいいんで、ひとつ、具体的に・・その、自分で勝手な判断して、なにが起きたのかって、教えてもらっていいですか?(ドリアン助川)

あ、えっと・・実はせ・・えっと、先だってですね・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
ま、えっと、施設の方で、備品を、あの・・入ってる入居者さんが、壊してしまいまして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

はい、その、ええっと、備品を壊した・・のをですね、まあ、私はその、入居者さんが、その、病気の為に起こしてしまったことなんでってことで、そのまま放置しておいたんですよね。(相談者)
はい・・(相談者)

はい、そうしたら結局、その、ええっと・・壊してしまった業者さんの方から、そういうのは本当は壊していけないのに、何で黙ってたんですか?みたいな形で、それは弁償してもらういますよって話になって・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

会社の方もそれなりに、私がそういうふうに、この身を、ちゃんと入居者さんが、こういうこと、壊してしまいましたこと、報告すれば、こんなに、事が大きくならなくてすんだのにっていうことで・・(相談者)
ふーん・・(ドリアン助川)

結局その、勝手に自分で判断しちゃって、物事を・・動いているっていう・・事をよく言われるんですね・・それによって・・はい・・(相談者)
はあ・・(ドリアン助川)

ま、本来であれば、会社組織としては、そこ伝達しなきゃいけないことが・・(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)

あなたのとこで、途切れてしまったってことですね。(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)

そしてそのような類の事が、多々あるということですね。(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)
なるほど・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

えー、ま、これはあの・・本当にあの・・先生、これからあの、紹介する先生に、いろいろ相談されてみるといいと思うんですけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

ええ、えー、それではご紹介します。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
精神科医の高橋龍太郎先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

高橋龍太郎アドバイス

はじめまして、高橋です。(高橋龍太郎)
あ、はじめまして、よろしくお願いします。(相談者)

問診

えーっと、その、辞められた前の仕事は、どれぐらい続いたんですか?(高橋龍太郎)
まるまる20年ぐらいです。(相談者)
20年ぐらい?(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

で、その会社では、そんなに大きな問題にはならなかったの?(高橋龍太郎)
あ・・(相談者)
今まで、この半年・・除けば・・(高橋龍太郎)

あ、えっと、やっぱりその上司・・自分の判断で、その、勝手に解釈をして、伝達をしなかったからっていうことでの、損害はちょこちょこは、あったんですけれども・・(相談者)
うん・・(高橋龍太郎)

はい、それは、そんなにも、大きな・・トラブルとかにはなか・・ならないで、それは前からは、言われてはいたんですけれども・・(相談者)
前からは言われてはいるんだ。(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

ふーん・・(高橋龍太郎)
何かあったら相談しなさいっていうことですね・・自分の判断では動いたらだめですよっていうことですね。(相談者)

で・・その、失敗をするっていうときは・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
いくつか仕事が並列的に・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

行われてきて、1個抜けちゃったとか、そういうようなことですか?(高橋龍太郎)
そうですね。(相談者)
ねぇ。(高橋龍太郎)
はい、はい、そうです。(相談者)

こっから先、この仕事だけやってくださいっていうのは、丁寧にやれるんだ。(高橋龍太郎)
・・えっと・・時間をかけ・・れば、じっくり・・(相談者)
時間をかけて。(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
時間をかければ。(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

ふーん・・小学校の時は、忘れ物やなんかはどうでした?(高橋龍太郎)
あ、でも、頻繁にはあったかもしれないです・・そう言われればですね・・(相談者)
忘れ物はね、だだ自分で覚えてないよね、現実に忘れ物って、小学生の時に・・(高橋龍太郎)
そうです、はい。(相談者)

本当は、お母さんに聞かないとわかんないところだよね。(高橋龍太郎)
そうですね、はい。(相談者)
うーん・・(高橋龍太郎)

運動は得意でした?
えっと、走るのは好きでしたね。(相談者)
逆上がりやなんかは?(高橋龍太郎)
も、普通にはできていました。(相談者)
ふーん・・(高橋龍太郎)

最近、例えば、最近っていうか、元々わりとよく、人に比べると転ぶとかそういうのあります?(高橋龍太郎)
あ・・ないです。(相談者)

転ぶっていうのはあんまりない?(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
それから、どっかの感覚が、すごく過敏になっちゃうっていうようなことはありますか?(高橋龍太郎)
えっと・・(相談者)

例えば、音だとか、はかくがすごく、あるとき凄く、こう自分にとって、きつく、自分にあたってくるような・・感じるとか、そういうようなことはありますか?(高橋龍太郎)
あ、そういう・・のもないです。(相談者)
そういうのもないですか?(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

注意欠陥多動症

ま、あの、本当は、そういう小っちゃい時からの・・成育歴やなんかを、ずーっと・・へたすると半日ぐらいかかって、お母さんを呼んで、聞いたりして、で、診断をくだす、病気の可能性が少しあって・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

それが、えー、最近ちょっと、病名が変わって・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
注意欠如多動症っていう病名があるんですけれど・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

ま、どっちにしてもそういう、傾向っていうのは今の、あの・・若い世代って言ったら変ですけど、一般的に、みんな割とでてきていて・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

あの・・昔に比べると、そういう・・発達の障害があるのじゃないかっていう人がまあ・・昔の診断からすると、ここ5年ぐらいに、ホントに5倍、10倍の数、増えてるんですね。(高橋龍太郎)
はあ・・はい・・(相談者)

で、ま、逆に言うと、僕ら精神科医も、10年前は、そういう診断は、頭になしに・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

まあまあ、目先の、えー、対応の能力に、少し問題がある人として、場面、場面の、対応するアドバイスしかしてこなかったんですけれど・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

少し長い目で見てみると、そういう共通の・・もしかすると病気があったのかもしれないって言って、最近は割と、その発達の問題について、フォーカスをあてるようになってるんです。(高橋龍太郎)

思い当たる節

それで・・えー、例えば、同じ職場にいながらも・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
過去10年間は、問題じゃないんだけれど・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

少し役職が、上になってくると・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
例えば、えー、今までは、自分は下の方にいたので、言われたこと、1つ2つを、ただ丁寧にやればよかったんですけれど・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

少し、マネジメントの仕事が増えてくると・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
2つ、3つ、あるいは4つの仕事を、同時並行的にやりながら自分の仕事もやってっていうように、立場が変わってくると・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

とたんに、今まであんまり問題じゃなかった事が、表面化してきて・・(高橋龍太郎)
ああ・・はい、はい。(相談者)
えー、そんなんじゃ、仕事なんないよって言われて、病院に来る人が、凄く多いの・・(高橋龍太郎)
ああ・・思い当たる節があります。(相談者)

たぶん、今、お話を聞いてると・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
あなたはそういう、傾向がどうもありそうなので・・(高橋龍太郎)
はい、はい・・(相談者)

ちょっと専門家に・・お話を伺いに・・あるいは診断を受けに行った方がいいかもしれませんね。(高橋龍太郎)
あ、わかりました。(相談者)

うん・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
なんか、可能性はあるように思いました・・印象として、あくまで・・はい・・(高橋龍太郎)

疾患と認めたくない自分

あ、そうですね、なんか、自分の中で、疾患と認めたくないものがあったもんで・・(相談者)
うーん。(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
ですよね。(高橋龍太郎)
は、はい・・(相談者)

うーん・・あの・・(高橋龍太郎)
けども、そういうんであれば、受け入れるアレはでは・・自分の中で、あるもんで・・(相談者)

そうなんです、あの、介護の人で、さっき、生きがいを感じてたってお話がありました。(高橋龍太郎)

だから、1対1で向き合う時は、すごく丁寧に、いい仕事をなさるんだと思うんですけれども・・(高橋龍太郎)
あ、はい、はい。(相談者)

年齢がいって、いくつか、責任だとか、その同時並行的に、いろんな仕事しなく・・しなきゃなんない、特に事務方の書類も、一緒にやんなきゃなんない、中間管理職以上になると、すごく、問題が表面化する人が多いんですね。(高橋龍太郎)

ああ、実際にそうですね、この半年間は、やっぱりその・・事務方の仕事もしながら現場もしながらって形で、ずっと仕事は進めてきたもんで・・(相談者)
うん・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

そうですね。(高橋龍太郎)
はぁい。(相談者)
だから、是非、専門医をお尋ねください。(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
はい。(高橋龍太郎)
わかりました、ありがとうございました。(相談者)

ドリアン助川まとめ

もしもし。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

えっと・・落ち着いて、あの、あなた、本当に度量が広い方だなっていうふうに、今、聞いてて思いましたので・・(ドリアン助川)
あ、ありがとうございます。(相談者)

ええ、あの・・可能性があること、何でも試されてください。(ドリアン助川)
そうですね、はい。(相談者)

ええ、どうも、どうも。(ドリアン助川)
少しすっきりしました。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
はい。(高橋龍太郎)

はい、失礼します。(ドリアン助川)
ありがとうございました。(相談者)
ありがとうございます、お大事に。(高橋龍太郎)
はい・・ありがとうございました。(相談者)
はい・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

管理人のちょっとひと言

すべてはこの言葉が物語っています。
「なんか、自分の中で、疾患と認めたくないものがあったもんで」
薄々というか、気付いていたけど・・・そういうことです。

外から見て、明らかに思えても、本人が認めたがらないケースって、たくさんあります。
どうしても、時間を守れないとか。
この相談者のように、自分で解決しようとして、どうしようもならなくなってしまうとか。

ただ、最初は、ドリアンさんのように、若年性の認知症か、もしかしたら鬱だったのか。
そう思ったんですがね、こんな悟った感のある人は、知らないんで・・・そもそも、そんなに多くは知りませんけどw
どこかもっと、説明しにくい、空気が流れることが多いですもん。

まずは、自分を知るとこから始めないとね。
そうでないと解決しないし、手っ取り早いのなら、理解力のある周りの人に認知してもらうとか。
こういう事が、苦手ですって。

いい機会ですから、専門医のところへ、躊躇せず、行っちゃってください。
なんなら、奥さんにも、言ってね、一緒についていってもらってさ。
案外、配偶者とか、抱え込んでいたりしますからね。

なかなか、踏ん切りつかないと思いますけど。
背中押してくれる人がいると、楽ちんですよ。
あ、親だと、逆上しちゃう人もいたりするので、そこ注意かも・・・自分の子は違うって、認めたがらない人もいますし。

まあ、自分はこうなんだって、理解できると、どちらかと言えば、プラス方向へブレると思のでね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.