テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井眞)

よろしくお願いします。(相談者)

最後に・・ぃ・・成年後見人に・・(坂井眞)

え・・1ヶ月ぐらい前ですかね、連絡をしたと。(坂井眞)

はい。(相談者)
そしたらまだ・・報酬付与の審判が下りていないと。(坂井眞)

ええ。(相談者)
もう数日で、おりるでしょう・・と言って、それから1ヶ月ぐらい経っちゃったのに・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
まだ、何も連絡がないので・・(坂井眞)

ええ。(相談者)

ちょっと不信感・・を抱かざるをえませんと・・いうのが・・ご相談のスタートみたいですよね。(坂井眞)

はい。(相談者)

でぇ・・(坂井眞)

ま、数日でおりるでしょうというのは・・(坂井眞)

その成年・・これ成年後見人っていうのは、弁護士ですか?(坂井眞)

あの、社会福祉士です。(相談者)
社会福祉士さん・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ウン・・(坂井眞)

だからまぁ、あのぅ・・他の件も、審判がおりたからとおっしゃってるようだから・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
まぁ、ある程度・・(坂井眞)

そういう仕事は、されている方ですよねぇ。(坂井眞)

ええ、ええ。(相談者)
それでぇ・・(坂井眞)

ぇ、おりるはずだったというのも、そのぅ・・成年後見人さんの予測なので・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
裁判所が、同じような日にちで、おろすとは限らないわけですよね。(坂井眞)

ええ。(相談者)
だから・・(坂井眞)

まぁ、ひと月程度のズレということが・・なくはないと、わたしは思います。(坂井眞)

・・

ああぁぁ・・はい。(相談者)
い・・一点。(坂井眞)

それで・・(坂井眞)

もう一つは・・(坂井眞)

その後・・不信感はあるんだけど、どうなりましたか?っていう問い合わせはされてないんですよね?(坂井眞)

・・

スゥ・・そうですねぇ・・(相談者)
それは、な、なぜ?(坂井眞)
・・
やってもよさそうな気がするんだけど?(坂井眞)

いやぁ・・ただ・・(相談者)
なんか、ぃ、言い辛い?・・うん?(坂井眞)

あのぅ・・(相談者)

まぁ、言い辛いというのと・・(相談者)
うん。(坂井眞)

ま、ないと思うんですが、もし・・(相談者)

邪な・・(相談者)

ことを考えていたりすると・・(相談者)

・・

自分から・・そうやって・・電話かけると・・墓穴を掘る結果になると・・(相談者)

いやだなーと思って・・(相談者)

その墓穴ってのは、具体的に何を心配してるんですか?(坂井眞)
ゥゥゥ・・(相談者)

何を心配してるっていうか・・(相談者)

ぅ・・まぁ・・(相談者)

まぁ、率直に言えば・・あれでしょうね、横領ですよね。(相談者)

いやだけど、あなたが電話・・(坂井眞)
まぁ・・さっぱり・・ですね・・(相談者)
あなたが電話すると、どういう墓穴を掘っちゃうんですか?(坂井眞)

スゥ・・イヤ・・(相談者)

どう・・ふふっ・・(相談者)
だって・・(坂井眞)
どうって言われてもねぇ。(相談者)
いやだから、あなたが心配してるって言うから・・あなたが墓穴を掘るって言ったから、それ、なに考えてるんだろうと思って、聞いてるんだけど。(坂井眞)

・・

うーーん・・いや・・(相談者)

・・

具体的・・なもの・・ものはないんですけど、わたし結構、人に騙される質なんで・・(相談者)
あ、そうなんだ。(坂井眞)

あの・・(坂井眞)

なぜこんなことを聞くかと言うと・・(坂井眞)

特に心配してる具体的な内容が無いのなら、聞くのが1番早いんじゃないですか?ってことが言いたいから。(坂井眞)

ああ・・(相談者)

・・

ええ。(相談者)
それでぇ・・(坂井眞)

えーっと、もともと・・(坂井眞)

ぅ・・その・・成年後見人っていうのは、家庭裁判所の監督を受けるわけだから、裁判官の。(坂井眞)

ええ・・(相談者)
ま、審判官っていうのが、正しいんだけど・・(坂井眞)

ぉ・・審判官の監督を受けるわけだから・・(坂井眞)

こういう財産が、こういうふうにあって・・それを、こういうふうに管理をしましたと、本人に代わってと。(坂井眞)

でぇ、亡くなったことによって、遺産はこれだけ・・ありますと。(坂井眞)

それについては、こういうふうに・・ぃ・・相続人である誰々に・・(坂井眞)

あなた・・っていうこと・・なのかもしれないけれども・・(坂井眞)

ぉ・・渡しましたっていう、報告をしなくちゃいけないんですよ。(坂井眞)

ええ。(相談者)
わたしもそういう報告したことあるけれども・・(坂井眞)

はい。(相談者)
で、それは全部、家庭裁判所の監督下にあるので・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
で、その結果・・そのもらった内容・・もらった財産と、その内容についてあなたが・・不信感があれば・・(坂井眞)

疑問があれば・・(坂井眞)

また・・その家庭裁判所に、こういう疑問があるんですけどって・・(坂井眞)

言える・・関係にあるわけですよ。(坂井眞)

ええ・・(相談者)
だから、あのぅ、今は・・(坂井眞)

もうすぐ来ると思ったのに、来ないからおかしいって、言ってるだけだから・・(坂井眞)

それだったら・・(坂井眞)

まだですか?って。(坂井眞)

で、それでもあのぅ・・(坂井眞)

まぁ、ひと月だけじゃなくて、半年も一年も遅れちゃうようなことがあったら・・家庭裁判所に言えばいいじゃないですか。(坂井眞)

・・

・・

ああ・・(相談者)

だって、家庭裁判所が選任した・・(坂井眞)

成年後見人なんだから・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
その成年後見人が、あなたの言うように、しかるべき・・期間の間に・・(坂井眞)

やるべきことやらないんだったら・・(坂井眞)

わたしは、もう成年後見人・・ぃ・・ぃ・・付されたお父さんが亡くなったと。(坂井眞)

で、それで遺産をくれるという・・渡してくれると言ってるのに、まだくれませんけど、どうなってるんですか?と、家庭裁判所は、どういう監督してるんですか?・・って、あなたが聞いても当然でしょう。(坂井眞)

ああ、ああ・・(相談者)
だから・・(坂井眞)
はい。(相談者)
そういう道は、いくらでもあるわけで・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
今、とりあえず数日で終わるって言ってたのが、ひと月経っちゃって、おかしくないかって言ってるだけだから・・(坂井眞)

それだったらまず・・(坂井眞)

そういった、成年後見人に、ぁ、あれは・・(坂井眞)

数日で決定、おりるとおっしゃってたけど・・(坂井眞)

ぉ、まだでしょうか?・・って、聞くのはすごく普通のことだし。(坂井眞)

それが、何か月も続くようだったら、家庭裁判所・・家庭裁判所、どこの家庭裁判所かもう、わかってますよねぇ?(坂井眞)

わかってます、はい。(相談者)

それが、あまり延びるようだったら、家庭裁判所に・・聞いてみればいいじゃないですか。(坂井眞)

・・

・・

そういうことで・・(坂井眞)
はあ・・(相談者)
そんなに勝手に、なんでもできるような・・ことではないので・・(坂井眞)

ええ。(相談者)

もちろん、なんの隙もない・・ってことは、もちろんないわけだけど・・(坂井眞)

でも、家庭裁判所に・・言うって道はあるわけだから・・(坂井眞)

今はとりあえず、ひと月経っちゃったっていうだけの話しだから・・(坂井眞)

はい。(相談者)

で、なによりも・・繰り返しになるけれども・・(坂井眞)

今ここで・・あの、ご相談・・されていることについては・・(坂井眞)

もう単純ですよ。(坂井眞)

1ヶ月前に連絡をしたら・・(坂井眞)

まだ審判がおりてないけど、数日でおりるでしょうと。(坂井眞)

で、その後で・・引き渡す物は、引き渡しますと・・おっしゃっていたのは・・(坂井眞)

成年後見人がね。(坂井眞)

ええ。(相談者)
もう、ひと月経っちゃっいましたっていうんだから、成年後見人に、もう一回、電話をして・・(坂井眞)

はい。(相談者)
直接、前、話しているあなたが・・「あれはもう、ひと月経ったんだけど、どうなったんでしょうか?」って・・聞いてみるのが、話しの始まりのような気がするけど。(坂井眞)

・・

ああ・・はい。(相談者)
うん。(坂井眞)
はい。(相談者)

で、なにも・・特に、どういう審判されてるのって言ったら、そう言われても、思いつかないって言うんだから・・僕も特にないと思うんで、それを問い合わせることの不都合って。(坂井眞)

・・

はい。(相談者)
それで、具体的になにか、話しのおかしなところがあったら、ぁ、それこそ家庭裁判所に、こんなおかしなことがありましたって・・(坂井眞)

相談に行くと・・なりね。(坂井眞)

連絡するなりって方法があるわけだから・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

まず、そこらから始められるべきだと思いますよ。(坂井眞)

はい。(相談者)

あのぅ・・不信感があるとか、よからぬ動きがあるんだじゃ、ないだろうか・・って・・(坂井眞)

あるのかないのかわからないのに、心配だけしててもしょうがないから。(坂井眞)

ええ。(相談者)

・・

わかりました。(相談者)
はい。(坂井眞)

はい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク