テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

え、もしもし?(大迫恵美子)

もしもし・・あっ・・よろしくお願い致します。(相談者)
はぁい。(大迫恵美子)

あのぅ・・まぁ、このお電話で、あなたがおっしゃったことだけから・・ン、判断するのは、乱暴かもしれませんけれどもね。(大迫恵美子)

はい・・(相談者)

あなたのご主人になってる方は・・(大迫恵美子)

あのぅ・・20歳ぐらいの時に、アルバイトに行ってね。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
アルバイトの職場で・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
年上の、綺麗な女の人に・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
ま、のぼせてね・・(大迫恵美子)

ズッ・・はい。(相談者)
結婚してね・・(大迫恵美子)

ズッ・・はい。(相談者)

で、まぁ、4年もすると、また・・職場の・・女の人にのぼせてね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そちらを離婚させて、子供は引き取って、しっかり育てることが、自分にはできるんだというふうに思い込んで・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)

今度また・・職場のね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ・・身近な女性にのぼせ上がって・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
え・・そ・・不倫を重ねたということですよね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

この人は、まぁ、職場に・・身近にね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あの、魅力的な女性が、現れると・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ほとんどまぁ・・抑えがきかない人なんだな・・っていうね。(大迫恵美子)

あぁ・・はぁ、はい・・(相談者)
ま、そういうふうに、見える・・んですけど・・(大迫恵美子)

はぁい・・(相談者)

しかもですね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
さっきのお電話で、とても気になったのは・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
職場の人が、その、彼を庇ってね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あなたに不倫が・・知られないように、みんな・・で、手を貸したっていう話ですけど・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

まぁ・・その、わかりませんけど、それがもし、本当だとしたらね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

おそらく職場では・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
彼は・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

ま、非常に自分は、可哀相な人間だと・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ものすごく年上の奥さんがね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
嫉妬深くて・・もう・・縛り付けていてね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
もう、結婚生活は全然苦しいのに・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
え・・まぁ、あの、自分はいじめられていると・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
被害者だと・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
いうようなこと、盛んに言っていて・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
で、周りの人たちは、ま、それに同情しているのでね・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
本来は、まぁ、不倫なんですから・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ・・(大迫恵美子)

・・

それを積極的に支援するっていうのは、ちょっと、どうかと思う・・話だと思うんですけどねぇ。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
それもまぁ・・支援するのもやむを得ないことだと、職場の人が、信じちゃうような話をね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
職場でしてるのかな・・っていう・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
印象もありますよね。(大迫恵美子)

あぁ・・そうですねぇ、そう言われて・・てみれば・・そうなのかなぁ・・って・・(相談者)

はい。(相談者)
わたしはねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あなたのご主人は、結構、悪い人じゃないかなと思いますよ。(大迫恵美子)

・・

あぁ・・そうですかぁ・・(相談者)

・・

あの、傍から見ているとね・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
あなた、あなたのご主人が・・この結婚生活を続けていく事は・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

多分あなたにとってはとんでもなく、酷い、辛いことだろうなぁと思いますけどね。(大迫恵美子)

・・

ああ、ぁぁ・・(相談者)

はぁい。(相談者)

ス・・スゥ・・・(相談者)

うん・・(相談者)

彼のやってることは、要するに、陰湿ないじめですよ。(大迫恵美子)

・・

あぁ・・そうですかぁ・・(相談者)

あなたが早く音を上げて・・出て行くことを待っているんだと思いますよ。(大迫恵美子)

あぁぁ・・(相談者)

・・

そう・・(相談者)
あのね、テレビをねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
イヤホンで聴いて・・っていうのはね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あのぅ、すごい感じ悪いですよね。(大迫恵美子)

は、は、はい・・(相談者)

そりゃ自分の見たい・・テレビ番組、見る人、いますよ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
奥さんが見てる・・ところへ帰ってきて、いきなり勝手に自分のね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
好きな野球中継に変えちゃうような・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
男の人なんて、世の中に・・(大迫恵美子)

まぁ・・50%ぐらい居るんじゃないかと(笑いながら)・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)
思いますけど・・(大迫恵美子)
はい・・はい・・(相談者)
でも・・(大迫恵美子)

それで、音をねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
自分でイヤホンで聴くのはね・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・いかにも・・自分の・・番組だから、自分で聴いて・・迷惑かけてないみたいに、見・・見えるかもしれませんけど・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
要するにあなたと・・あのぅ・・その世界を共有することを拒んでるんですよね。(大迫恵美子)

あっ・・(相談者)
要するに、入ってくるな!・・っていうことでしょう?(大迫恵美子)

はい、そうですぅ・・ね。(相談者)

自分の家に、1台しかないテレビなのに・・(大迫恵美子)

ぅ、うん・・ウン・・ズッ・・(相談者)

目の前で、それつけて、ご飯食べながら・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
お前は入ってくるな!・・っていうことですよねぇ。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)

・・

それ、イジメですよ。(大迫恵美子)

ぅ、はい。(相談者)

・・・

・・・

そんな人とね・・(大迫恵美子)

ウン・・はい。(相談者)
きちんとした・・(大迫恵美子)

夫婦生活を・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
やり直していく・・っていうことをね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

あの、期待するのはもう・・(大迫恵美子)

ほぼ絶望的じゃないですか?(大迫恵美子)

・・・

・・・

ああ・・そうですか?・・ぅぅ・・はい。(相談者)
いやもう、わかってますよね、あなたもね。(大迫恵美子)

うふっ・・(相談者)

ふふっ・・(相談者)

じゃあ、どっかで・・ふふっ・・わたしも・・(相談者)

踏ん切りつけて・・(相談者)

・・・

・・・

あのねぇ・・(大迫恵美子)
ハイ・・(相談者)
惜しいと思う気持ちがあるからね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ、辛いんだと思いますよ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

あのぅ・・ちょっとねぇ、目を離してご覧なさいよ、その人から。(大迫恵美子)

は・・はぁい。(相談者)

そうすると・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あ、なんて自分はねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あの、変なものに、変に執着してたんだろうと思えると思いますよ。(大迫恵美子)

・・

はぁい・・(相談者)

・・

もったいないでしょ、自分の人生。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)

あのぅ・・まぁ、あなた、ちょっとね・・あのぅ・・(大迫恵美子)

うーん、ぁ、なんて言うか、自分の人生・・が、だいぶ過ぎてしまったと思ってるかもしれませんけど・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
まだまだ全然40代、若いです。(大迫恵美子)

はぁい・・(相談者)

あのぅ・・いくらでもやり直している人はいますしね。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・(大迫恵美子)

人生もう一回・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
作り直してる人もいっぱいいます、まだ、そういう・・年齢です。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)

それなのにね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
こんなところに執着しているのは、本当に愚かなことだ思いますよ。(大迫恵美子)

・・

うーーん・・(相談者)

・・

今ね、この人見てご覧なさい、このご主人を冷静にきちんと。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)

あの、冷静な目で見るとね、だんだんとねぇ・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あの、全然綺麗な石じゃないっていうことがわかりますよ。(大迫恵美子)

・・

はぁい。(相談者)
裏を返して見るとね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そこには何か、気味の悪い虫が住んでますよ、その石の下には。(大迫恵美子)

はぁい・・(相談者)

そこをちゃんと見てご覧なさいよ。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)

・・

そしたら・・(大迫恵美子)

・・

あなた、自分の・・ね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あの・・人生は・・(大迫恵美子)

・・

歩いていけると思いますよ。(大迫恵美子)

・・

はぁい。(相談者)

目を逸らすんじゃなくて・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
今のこの人を見なくちゃ。(大迫恵美子)

・・

はぁい。(相談者)

・・

そして・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
自分はこんなことのためにね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
自分の人生を無駄にしてるっていう・・ことに気づきますよ。(大迫恵美子)

・・

はい。(相談者)

・・

スゥゥ・・(相談者)

・・・

・・・

あの、本当にね・・(大迫恵美子)
よく考えてみます・・はい?(相談者)
ええ・・つまらないことにとらわれてると・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

自分の人生なのに、どんどん浪費してしまいますよ。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)

・・・

はい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク