テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

加藤諦三・中川潤まとめ

もしもし?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

ふっ・・(中川潤)

あのぅ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ずるく考えている

お兄さんにしても、お姉さんにしても、けっこう親切だよねぇ。(加藤諦三)
(中川潤のゲップの音)

ふふふっ・・えっ?(相談者)
(もう一つ、中川先生のゲップ音)

思わない?(加藤諦三)

うん、そうですよね。(相談者)

その時・・出していただいたんだから・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
ま、そういう気持ちはあります。(相談者)
・・
うん、だから、法律は、法律ですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

その法律の・・権利を行使するかは・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
どうかは・・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
あなたの・・(加藤諦三)
ま、そうなんですけど、ただ、どのくらい払ったらいいのかも、ちょっと、わからないんで・・(相談者)
だってこれ、それ・・借りた額は・・わかってるんだから・・(加藤諦三)

はあ・・(相談者)
その言い方は、ないでしょう?(加藤諦三)
どれぐらい払ったらいいかも・・(加藤諦三)
はああ・・(相談者)
だって・・(加藤諦三)

借りた額、わかってるんだから・・(加藤諦三)
うん、うん・・(相談者)
150万だった、たんとはぁ(?)・・(加藤諦三)
利息としても、払った方が、いいんですかね?(相談者)

うんいや、だから、そ、そこは・・さっきの・・(加藤諦三)
そこは・・そこ・・そこだけ・・(相談者)
中川先生が、おっしゃった通りで・・(加藤諦三)
うん、ふふふっ・・(相談者)

なんか、あなた、都合よく逃げようとしてるよね?(相談者)
あははは・・(相談者)

はははは・・ちょっと、いろいろ考えて・・(相談者)

いろいろ考えてじゃない・・(加藤諦三)
おか・・(相談者)
ずるく考えてる・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

そうですかね?・・はい。(相談者)

助ける番

あ、ちょっとだけ先生、いいですか?(中川潤)
はい。(加藤諦三)
ええ・・ええ。(相談者)

あのぅ・・奥さんねぇ。(中川潤)
・・
なにかちょっと、勘違いされるといけないから・・念の為に、法律的なことを、もうちょっとだけ説明しておきますね。(中川潤)
はい。(相談者)

あのぅ・・あなた、いくらぐらい払ったらいいんだろうか?とかね・・(中川潤)
はい。(相談者)
利息ぐらいとかって・・(中川潤)
ふふっ・・(相談者)
おっしゃったから・・(中川潤)
はい。
気になるんで・・(中川潤)
はい、気に・・(相談者)
言っときますけどね。(中川潤)

はい。(相談者)
あのぅ、時効・・っていうものは・・(中川潤)

はい。(相談者)
あの、今、申し上げたように・・それを援用する、しないは、自由ですから・・(中川潤)
はい。(相談者)

ねえ、時効を主張するのを、潔しとしない人は・・(中川潤)

ね、主張しないんです。(中川潤)
・・
うん。(相談者)
ほんでぇ・・(中川潤)

いやぁ、そんなもんは・・法律で、時効・・だってこと、決められてるんだから・・(中川潤)

でぇ・・それ、それ主張するんやって人は、それでかまわないんです。(中川潤)
はい、はい。(相談者)

それはもう、その人の、考え方です。(中川潤)

はい。(相談者)
ただね、わたし今、言おうとしたのは・・(中川潤)

はい。(相談者)
あなた・・じゃあ、利息ぐらいは、払うっていうんで・・一部、払ったとしますね。(中川潤)

はい。(相談者)
はい。(中川潤)

でぇ・・(中川潤)

その、相対が、わかってるわけですから、その利息だ・・ぐらいだ、分だっていって、払ったら、それ全体について、承認したことになりますから・・(中川潤)
はい。(相談者)

ん・・それで、あの、時効の中断というのと、ちょっと違って、時効完成後の承認っと言うんで・・(中川潤)
・・
援用権の喪失・・って言うんだけど・・(中川潤)

もう、援用権を失うと。(中川潤)
・・
一ぺん、一部でも払ったら・・(中川潤)

はい。(相談者)
全体について・・援用できなくなります。(中川潤)
これは、法的に・・(中川潤)

なりますから。(中川潤)

そこは、忘れんでくださいよ。(中川潤)

えーっとじゃあ、払わないなら、払わない。払うんだったら、払う・・ですかね?(相談者)
うん、い・・や・・いやいや・・それまぁ・・だから、そう、そういうことなんですよ。(中川潤)

はい。(相談者)

ただね。(中川潤)
・・
加藤先生が、おっしゃったように。(中川潤)

奥さんが、本当に今ね・・困っておられて、そのぅ・・(中川潤)

ぉ・・100万だか、150万だか・・(中川潤)

うん。(相談者)
これが・・もう・・こんなものを・・あのぅ、今、返せって言われた・・(中川潤)
・・
あのぅ、生活が、成り立たんのよと。(中川潤)

いう・・ぅ、ことで・・(中川潤)

あるのであれば。(中川潤)
・・
また、違うのでありますが・・(中川潤)

向こうさんは、向こうさんで・・(中川潤)

あのぅ・・奥さんが、さっき・・(中川潤)
・・
認知症と、おっしゃったっけ?(中川潤)

お兄さん・・(中川潤)

の、奥さん。(中川潤)

そうです、はい(ちょっと、怒ってますね)。(相談者)

あの、困っておられて、そのぅ・・(中川潤)

違う?(中川潤)

困ってる・・って・・言ってます。(相談者)
うん・・(中川潤)

そうするとね。(中川潤)

うん。(相談者)
あのぅ・・今の・・あの、貸した金を、返す、返さないというのと、ちょっと、離れて・・(中川潤)

あん時、助けてもらったんやから・・(中川潤)

今回は、わたしが・・もし、ゆ・・ゆとりがあるんであれば・・(中川潤)

助ける番やなと・・(中川潤)

いうことは、親族間であっても、ええんやないかなぁ・・と。(中川潤)

うん。(相談者)
いう気も・・するので・・ありますが・・いかがなもんでありましょうか?(中川潤)
はい。(相談者)
・・
はい。(相談者)

よろしいでしょうか?(加藤諦三)

はぁい(不機嫌です)。(相談者)

ありがとうございました。(相談者)
はい、失礼します。(加藤諦三)
はい・・失礼しまーす。(相談者)




YouTube

管理人のちょっとひと言

別に、相談者さんを擁護したいわけじゃないですが
加藤先生の決めつけ発言は、いただけませんねぇ
人の話しに被せて、喋らせないのも、どうかと思う

この相談、そもそも、請求されたのが
平成15年に振込んだ900万について
身に覚えがないけれど・・・って話しだよね?

で、もしかしたら、40年前の
兄弟たちに、300万肩代りしてもらったお金の勘違いじゃないか?
ということから、話しが進んでるよう

で、その恩は感じてるけど
じゃあ、お金は、どのくらい、どうしよう?
ってことみたいだね

で、その300万(もしかしたら250万)、相談者本人は
『男だから・・そのぐらいのお金は・・出していいだろうと』
くれたという、認識なんだな

そこにだけ、焦点をあてると
なんだ?!・・って話しだ

話しなんだけど、そういうこともあってという
イコールじゃないんだよな

だから、一緒くたにして
決めつけて、感情的に、物を言うのは
ちょっと、違うと思うな

情緒に訴えるのは、耳障りの良い話しなんですけど

あの、物をはっきり言う、中川先生ですら
ゆとりがあったら、助けてあげたら?
という物言いをしてることからも明白だよね

困っている妹を見かねて
兄、姉たちが、肩代りしてくれた借金
兄弟だからこその、絆っていうのが

あったのかもしれない
貰えるのが、当然と思えるほどにね

だとすると、自分の生活も
『ちょっと、いろいろ考えて・・』
となっても、不思議じゃない

・・・

・・・

40年前

時は、バブルが、始まる10年ほど前だ
その時、この300万というお金があったら

いくらに化けていたか、わからない
普通預金ですら、2.5%から1.5%ぐらいで推移してる

もちろん、はじけたかもしれないけど
投資せず、預貯金だけだったら
かなりの金額になってますよ

その良い時でさえ
請求されず、流れた40年の歳月

ある意味それは
困っている時は、助けるのが当然という
兄弟の絆の上に成り立っていたこと

消滅時効とか、関係ない

困っている時に、お金をくれたのが
当たり前なら
金額は、関係ない

今、困っているお兄さんを
自分のやれる範囲で
助けるのが、当たり前というふうには

考えるの、やめちゃった?

テレフォン人生相談2017年8月14日(月)予告

夫婦喧嘩の度に、外に飲みに行ったり、仕事をさぼったりしていたら、突然妻から、離婚してくれと言われた。
どうすればいいでしょうか?という相談。

パーソナリティが加藤諦三さん、弁護士の坂井眞さんが回答者です。

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク