テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

中川潤アドバイス

こんにち、中川です。(中川潤)

あ、よろしくお願いします。(相談者)

放り出される覚悟

奥様ね・・(中川潤)

はい。(相談者)
・・
あのぅ・・今、お仕事は、なすってないのね?(中川潤)

す・・(中川潤)

仕事は、してないですね、たまに・・(相談者)
うん。(中川潤)
ぇ・・アルバイトとかは、し、してるんですが・・(相談者)

で、生活・・自体は、ご主人の稼ぎで、成り立ってるんですね?(中川潤)

はい。(相談者)

だから、いわゆる言うところの、専業主婦・・(中川潤)

はい。(相談者)
という・・ふうな・・(中川潤)

ことで・・(中川潤)

よろしいんでしょうかね?(中川潤)
あ、そうですね、はい。(相談者)
うん・・(中川潤)

・・

奥様ねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
今日、どうして電話しようとおも・・思われたの?(中川潤)

・・・

(約3秒の沈黙)・・・

・・・

悩んでるからです。(相談者)
・・
うん、何に悩んでるの?(中川潤)

・・・

(約4秒の沈黙)・・・

・・・

ぇ・・(相談者)

その悩みが、いっぱいあり過ぎて・・(相談者)
あり過・・(中川潤)
なにから相談したらいいのか・・(相談者)

うん?(中川潤)
わからないんです。(相談者)
なにからって・・どういうこと?(中川潤)
なにからって言うのは・・(相談者)

・・・

どうしたら・・うん・・(相談者)

別れ・・たいんだけど、別れたくないとか・・(相談者)

・・・

とか・・(相談者)
あのね、はっきりしたこと言うとね。(中川潤)

これ、早晩・・(中川潤)

あの、もう・・ご主人、薄々わかってると思うし・・(中川潤)

はい。(相談者)
で・・(中川潤)

耐えておられるんだろうと思うし・・(中川潤)

はい。(相談者)

でぇ・・(中川潤)

その状態・・(中川潤)

っていうのは・・もう、4年も5年も前から・・(中川潤)

関係自体はある・・(中川潤)

わけだから・・(中川潤)

はい。(相談者)
ご主人が・・あの、さっき・・おっしゃったような、3日も帰らねぇとか・・(中川潤)

子供にまでね・・(中川潤)

はい。(相談者)
あの、共犯にしちゃってね。(中川潤)

うん。(相談者)
やってるくらいだから・・(中川潤)

とっくにバレてますよ。(中川潤)

ねえ。(中川潤)

ええ。(相談者)
その状況でもう、既に、いるわけだから・・(中川潤)

はい。(相談者)
早晩、荒波は、押す・・押し寄せてきます。(中川潤)

はい。(相談者)
で、その時にね・・(中川潤)

はい。(相談者)
あなたは、放り出されることは、全然、覚悟してるんですね?(中川潤)

・・・

・・・

叩き出されますよ(強い語調で)。(中川潤)

・・・

・・・

家から。(中川潤)

・・・

ぇぇ(小さく)・・(相談者)

・・・

落とし前はつけなきゃいけない

あのね・・惚れた腫れた、人を好きになるっていうのは、これは法律の了解するとこじゃないんです。(中川潤)

はい。(相談者)
勝手なんです・・そりゃ、人生ですもん、自分が決めりゃいいことです。(中川潤)

ぇぇ・・(相談者)
・・
だけどね、落とし前はつけなきゃいけないっていうのが、法律なんです。(中川潤)

ええ・・(相談者)
・・
うん。(中川潤)

それと、もう一つ言うけど・・(中川潤)

はい。(相談者)
お嬢さん、あんたの事、軽蔑してるよ!(中川潤)

・・・

(約3秒半の沈黙)・・・

・・・

わかります?(中川潤)

はい。(相談者)

・・・

だから、なにやってんのって話しですよ。(中川潤)

あなたねぇ・・(中川潤)

はい(かすかに)・・(相談者)

あの・・(中川潤)

言っちゃ悪いけど・・(中川潤)

お歳、47でしょう?(中川潤)

はい。(相談者)

うん・・(中川潤)
・・
まだむろん、若いですよ、お若いんですよ。(中川潤)

だけど、47年、生きてきたんですよ。(中川潤)

はい(かすかに)・・(相談者)

もうちょっと、しっかりしてよ・・(中川潤)

・・・

わかりました・・(相談者)
・・
いやぁ、わかりましたじゃなくて・・(中川潤)

・・・

ごめんねぇ・・あのぅ、随分・・あの、生意気な・・(中川潤)

わたし、口のききかたしてるんだけども・・(中川潤)

ああ、いえ、あの、その通りだと思います。(相談者)
ねえ・・(中川潤)

思うでしょう?(中川潤)
・・
はい。(相談者)

・・・

これやっぱり・・僕は思うんですけどもね・・(中川潤)

はい。(相談者)

まず・・今の・・(中川潤)

お相手の方とは・・(中川潤)

そっちはそっちでねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
・・
早晩、駄目になりますから。(中川潤)

ぇぇ・・(相談者)
・・
これは、向こうも家庭、あることですから・・(中川潤)
グチャグチャグチャ(メモ用紙を握り潰した?)
・・
ん・・ん・・なんの音かな?大丈夫ですか?(中川潤)

はい。(相談者)

はい。(中川潤)

・・・

ねえ。(中川潤)

はい・・(相談者)
・・
でぇ・・その時に・・ぃ、今のご主人のとこに、戻ろうと思っても遅いし、その前に、あのぅ・・(中川潤)

事態は動きます。(中川潤)

はい。(相談者)

それからもう一つ。(中川潤)

今度は、今のご主人との関係も・・(中川潤)

はい。(相談者)

あのぅ・・あなたの方で、やり直そうと思って、その、打算でも何でもいいですけどもね。(中川潤)

・・

ねえ・・(中川潤)
プツ・・

もしもし?(中川潤)

プツ・・
もし・・(中川潤)

PU・・・PU・・・PU・・・PU・・・

・・・

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 今回は凄いね、審議拒否(違
    初めてじゃないの、前に有ったかなあこんな事・・・それにしても失礼な相談者ですねぇ(呆)
    潤ちゃんも言ってたけど、旦那離婚準備してるよね。判ってて泳がしてるよ。
    報告者は旦那舐めてるみたいですが、キッつい制裁されると良いですね。
    それにしても娘さんが可哀想だ。旦那は成人するまで待って上げてるのかもしれません・・・

  2. 旦那さんの方に特に何か落ち度があるようには思えませんね。
    相談者さんの身勝手でしょう。
    いずれツケが回ってくるでしょう。
    その時になって事の重大さに気付き、慌てるパターンだと思いました。

  3. 47歳になるまで甘やかされた人生を送ってきたような人ですね。途中で電話を切ると云うのはプライドが高い人でもある。
    正直むかつくんですけど。何てアドバイスしてほしかったんだろう。
    同じ女として好きになれないタイプのひとですね。
    甘く生きてきたツケは必ず廻って来ます・

  4. 聴いていてとても相談者は失礼な方だと思いました。
    そんな人だからあんな結果になったのだろうと
    これはもう自業自得ですね。
    中川先生のおっしゃる通り、旦那さんや娘さんは
    気が付いてるだろうし、それなりに考えていると思います。
    それにしても、アドバイスをもらうために電話したのに
    話を聞くことができないのは、反省していない証拠ですね。

  5. ja6whm(ジェイエイ シックス ダブリュウ エイチ エム)

     高校生の時からこの番組聞き始め 四十年以上になりますが ガチャンと 電話を切るなんて 言語道断! 失礼極まりない  これは 例の レジェンド オバサン級ですね、語り草になること請け合い!
     こんな身勝手な女 落ちるとこまで落ちてしまえ。
     大体 5W1Hの基本を押さえて話すことが出来ないので 加藤先生
     聞き取りにご苦労なさってましたねぇ。
     不倫相手とも うまく行かなくなること も 請け合います。
     ご主人は高収入で 暮らしには恵まれておられるようですが それを一瞬のうちに 無くしますよ 慰謝料請求されても 払えないでしょうね。


      Warning: preg_replace(): Compilation failed: missing ) at offset 81 in /home/kashiwaya/tel-soudan.com/public_html/wp-content/themes/msx-03-180417/functions.php on line 697
  6. 一歩バックステップ

    閉会中審査を聴いてて聴き逃した。
    時々ある神回だったのに。

  7. 時々出てくるモンスターですね。
    とはいえ、彼女の中の寂しさは本人にはひどく苦しいものなのでしょう。
    そこをなんとかしてほしかったのに、彼女的には違う方向に行ったと感じたのでしょうね。
    寂しさを乗り越えるには、状況の認知が一番であるという回答だったと思うけれど、ナルシストには通用しないとなると、どうしたらよいのでしょう?
    どなたか教えてください!

  8. じゃりんこ

    相談をお願いしながら聞き苦しくなるとガチャ切りするという無責任さが今の状況を招いている気がします。
    色惚けババアってまさにこういう女性なのでしょう。
    私の周りも時間とお金に余裕のある人に限って(特に専業主婦)寂しいとか具合が悪いと言ってるような??
    おっと、余り言うと貧乏人の僻みですね。

    追伸:初コメントしました。主さま、いつも書き起こしありがとうございます!

    • コメントありがとうございます。
      旦那41歳、娘を寮に入れながらも専業主婦。
      この立場、捨てられるんですかね?
      これからも、よろしくお願いします。

  9. 久々のヒット作じゃないですか?
    最初の方に、結婚してるかしてないかの問いに、加藤先生が聞き間違えて、してない。と言った時
    「してます。結婚し、て、ま、す」と強く強調してきたところが
    いつだったか
    噂の猫院生の相談の回を思い出しました。なんとなく声の出し方も似ているような気がします。

  10. 最低だなぁ・・。専業主婦で路頭に迷おうが旦那さん放り出したれ!って思いますわ。とにかくコツコツと不貞の証拠集めしてて欲しい。自分の母親がこんなだったら、軽蔑通り越して侮蔑だわ。
    こういう周りを傷つけてもなんとも思わない人間に情けは無用。自分が傷ついて分かることもあるだろう。

  11. 1日遅れてしまいましたが、今回もありがとうございました。しかも「ダンベル」回もリンクしてくれて、本当に感謝の極みです。「ダンベル」は実際に聞いていたかな?記憶があるような、ないような、、

    今回は生で聞いていませんでした。ラジオをつけたとき、加藤先生が「ひとり語り」になっていて、変だなーと思いました。

    字の間違いは、「(娘のところへ)言って」となっている箇所があります。
    いつも細かくてすみません。