テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

中川潤アドバイス

こんにち、中川です。(中川潤)

あ、よろしくお願いします。(相談者)

放り出される覚悟

奥様ね・・(中川潤)

はい。(相談者)
・・
あのぅ・・今、お仕事は、なすってないのね?(中川潤)

す・・(中川潤)

仕事は、してないですね、たまに・・(相談者)
うん。(中川潤)
ぇ・・アルバイトとかは、し、してるんですが・・(相談者)

で、生活・・自体は、ご主人の稼ぎで、成り立ってるんですね?(中川潤)

はい。(相談者)

だから、いわゆる言うところの、専業主婦・・(中川潤)

はい。(相談者)
という・・ふうな・・(中川潤)

ことで・・(中川潤)

よろしいんでしょうかね?(中川潤)
あ、そうですね、はい。(相談者)
うん・・(中川潤)

・・

奥様ねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
今日、どうして電話しようとおも・・思われたの?(中川潤)

・・・

(約3秒の沈黙)・・・

・・・

悩んでるからです。(相談者)
・・
うん、何に悩んでるの?(中川潤)

・・・

(約4秒の沈黙)・・・

・・・

ぇ・・(相談者)

その悩みが、いっぱいあり過ぎて・・(相談者)
あり過・・(中川潤)
なにから相談したらいいのか・・(相談者)

うん?(中川潤)
わからないんです。(相談者)
なにからって・・どういうこと?(中川潤)
なにからって言うのは・・(相談者)

・・・

どうしたら・・うん・・(相談者)

別れ・・たいんだけど、別れたくないとか・・(相談者)

・・・

とか・・(相談者)
あのね、はっきりしたこと言うとね。(中川潤)

これ、早晩・・(中川潤)

あの、もう・・ご主人、薄々わかってると思うし・・(中川潤)

はい。(相談者)
で・・(中川潤)

耐えておられるんだろうと思うし・・(中川潤)

はい。(相談者)

でぇ・・(中川潤)

その状態・・(中川潤)

っていうのは・・もう、4年も5年も前から・・(中川潤)

関係自体はある・・(中川潤)

わけだから・・(中川潤)

はい。(相談者)
ご主人が・・あの、さっき・・おっしゃったような、3日も帰らねぇとか・・(中川潤)

子供にまでね・・(中川潤)

はい。(相談者)
あの、共犯にしちゃってね。(中川潤)

うん。(相談者)
やってるくらいだから・・(中川潤)

とっくにバレてますよ。(中川潤)

ねえ。(中川潤)

ええ。(相談者)
その状況でもう、既に、いるわけだから・・(中川潤)

はい。(相談者)
早晩、荒波は、押す・・押し寄せてきます。(中川潤)

はい。(相談者)
で、その時にね・・(中川潤)

はい。(相談者)
あなたは、放り出されることは、全然、覚悟してるんですね?(中川潤)

・・・

・・・

叩き出されますよ(強い語調で)。(中川潤)

・・・

・・・

家から。(中川潤)

・・・

ぇぇ(小さく)・・(相談者)

・・・

落とし前はつけなきゃいけない

あのね・・惚れた腫れた、人を好きになるっていうのは、これは法律の了解するとこじゃないんです。(中川潤)

はい。(相談者)
勝手なんです・・そりゃ、人生ですもん、自分が決めりゃいいことです。(中川潤)

ぇぇ・・(相談者)
・・
だけどね、落とし前はつけなきゃいけないっていうのが、法律なんです。(中川潤)

ええ・・(相談者)
・・
うん。(中川潤)

それと、もう一つ言うけど・・(中川潤)

はい。(相談者)
お嬢さん、あんたの事、軽蔑してるよ!(中川潤)

・・・

(約3秒半の沈黙)・・・

・・・

わかります?(中川潤)

はい。(相談者)

・・・

だから、なにやってんのって話しですよ。(中川潤)

あなたねぇ・・(中川潤)

はい(かすかに)・・(相談者)

あの・・(中川潤)

言っちゃ悪いけど・・(中川潤)

お歳、47でしょう?(中川潤)

はい。(相談者)

うん・・(中川潤)
・・
まだむろん、若いですよ、お若いんですよ。(中川潤)

だけど、47年、生きてきたんですよ。(中川潤)

はい(かすかに)・・(相談者)

もうちょっと、しっかりしてよ・・(中川潤)

・・・

わかりました・・(相談者)
・・
いやぁ、わかりましたじゃなくて・・(中川潤)

・・・

ごめんねぇ・・あのぅ、随分・・あの、生意気な・・(中川潤)

わたし、口のききかたしてるんだけども・・(中川潤)

ああ、いえ、あの、その通りだと思います。(相談者)
ねえ・・(中川潤)

思うでしょう?(中川潤)
・・
はい。(相談者)

・・・

これやっぱり・・僕は思うんですけどもね・・(中川潤)

はい。(相談者)

まず・・今の・・(中川潤)

お相手の方とは・・(中川潤)

そっちはそっちでねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
・・
早晩、駄目になりますから。(中川潤)

ぇぇ・・(相談者)
・・
これは、向こうも家庭、あることですから・・(中川潤)
グチャグチャグチャ(メモ用紙を握り潰した?)
・・
ん・・ん・・なんの音かな?大丈夫ですか?(中川潤)

はい。(相談者)

はい。(中川潤)

・・・

ねえ。(中川潤)

はい・・(相談者)
・・
でぇ・・その時に・・ぃ、今のご主人のとこに、戻ろうと思っても遅いし、その前に、あのぅ・・(中川潤)

事態は動きます。(中川潤)

はい。(相談者)

それからもう一つ。(中川潤)

今度は、今のご主人との関係も・・(中川潤)

はい。(相談者)

あのぅ・・あなたの方で、やり直そうと思って、その、打算でも何でもいいですけどもね。(中川潤)

・・

ねえ・・(中川潤)
プツ・・

もしもし?(中川潤)

プツ・・
もし・・(中川潤)

PU・・・PU・・・PU・・・PU・・・

・・・

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク