テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年4月19日(水)は、加藤諦三&大迫恵美子。1ヶ月前、職場の上司と体の関係を持つ。夫に対し、ときめきがなく、愛情が冷め、心が満たされなく病んでいる時、心弱っている隙を突かれた形で不倫関係になる。それが携帯を見た夫にばれてしまい、やり直すか、離婚の理由を両親や皆にばらすのかの選択を迫られる。
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:30歳女性 夫41歳 子供いない 婚姻期間約2年半 不倫相手の職場の上司43歳(既婚)

加藤諦三氏の〆の言葉『自分の心の問題を、他人を巻き込んで解決しようとしないこと』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

30歳の女性から、夫は41歳で、子供はいない。結婚してから約2年半。

はい、わかりました、んで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

職場の上司と不倫関係

ぇ・・わたしの、あの不倫が、夫にバレてしまいまして・・(相談者)
はい・・その不倫の相手っていうのは・・(加藤諦三)
はい?(相談者)
何歳ですか?(加藤諦三)

不倫の相手は、43歳です。(相談者)
43歳・・いつ頃からですか?(加藤諦三)

約1ヶ月ほど前から・・(相談者)
1ヶ月前・・(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

それで、それが・・夫に、バレたっていうのは、どうしてバレたんですか?(加藤諦三)

夫が、わたしの携帯を見たようです。(相談者)
んん・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい・・んで・・あなたの・・(加藤諦三)

ま、これはその、いい、悪いは別にしてね・・あなたの気持ちとして・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そのぅ・・43歳の・・男性の方に・・惹かれていったのは・・どういう出会いで、ど、どういう気持ちの・・プロセスがあったんですか?(加藤諦三)

えっと、同じ職場の・・(相談者)
ぁ、職場の話し・・(加藤諦三)
まぁ、上司・・(相談者)
はぁ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

あるんですけれども・・(相談者)
これ、結婚してるわけですね?この上司は?(加藤諦三)

ぁ、はい、あのぅ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
奥さんが、いらっしゃいます・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

同じ職場?(加藤諦三)

はい。(相談者)
だけどこれ、1ヶ月前ということですから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
前から、職場は一緒だったんですけれ・・ども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
1ヶ月前から、と・・こういう関係になったということですね?(加藤諦三)

あっ・・はい、そうです。(相談者)

あのぅ、わたしが・・ちょっと、精神的に・・病んで・・まして。(相談者)

はい。(加藤諦三)
で、その時に、上司が・・ま、心配してちょっと・・連絡をくれ・・たのが・・ま、きっかけで、ちょっと飲むように・・なりまして。(相談者)

ぁ、その、あな・・あなたはその、自分で、わたしは・・病んでいてっていうのは、どういうことですか?(加藤諦三)

えっと、わたしは、あのぅ、夫に対する愛情が、だいぶ前から、冷めて・・(相談者)

ぁ、はい。(加藤諦三)
おりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、まぁ、そのことで・・自分の中でこう・・ま、満たされない部分・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
と言いますか・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
まあ・・わたしは一生、こんな感じ・・か、っていう・・(相談者)

思う事があって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、悲し・・く、なっていたというか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの毎日、あの、会社・・の、往復で・・あのぅ、ま、趣味とかはあるんですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、ちょっと、男性に対しては・・夫に対して、ときめきっていうのも・・ないですし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、一生そういうのは・・ないのか?・・と、思って・・(相談者)
んで、1ヶ月前に・・(加藤諦三)

会社の・・(加藤諦三)

上司と・・(加藤諦三)

不倫が始まったという・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

やり直すか、バラして離婚か

ほいで、そのことが・・(加藤諦三)

夫の知るところとなって・・(加藤諦三)

でぇ、今、どうなってるんですか?(加藤諦三)

離婚って話しに、なってるの?(加藤諦三)
・・でぇ・・(相談者)

あの、そういう話しになってたんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

夫としては・・まぁ、わたしが・・裏切っても・・(相談者)

やり直したいみたいで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

わたしに、やり直・・・す、気が・・あるのか?っていうのを・・ま、聞かれてまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あるのであれば、今回のことは、目をつむって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、わたしも、今の生活を失うこともないし・・っていうふうには・・言われてるんですけども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

もし離婚するとなったら、まあ、わたしに、慰謝料請求して・・(相談者)
ん、うん・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

わたしの・・両親とか、相手の両親に、わたしの浮気の原因で、別れる・・っということを・・ま、報告させてもらうっていうふうに・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
言われてます。(相談者)

それで・・その不倫相手の・・43歳の上司・・あのぅ、上司とは今、どうなってるんですか?(加藤諦三)

今は、ま、職場で、会・・会ってるんですけども・・(相談者)
ふぁい。(加藤諦三)

バレた、ということは・・(相談者)

はな・・しました。(相談者)
うん、話したら?(加藤諦三)

・・・

ただ、ちょっと・・(相談者)

ぁ・・(相談者)

専門家に、相談・・しないとね、っていうような感じで・・(相談者)

あの、正直に、あの、その人の・・ことが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

バレたっていうふうには、言ってなくて、わたしの浮気が、バレたっていうふうに・・言ったので・・(相談者)

・・・

ああ・・(加藤諦三)

だけど・・あなたのご主人は・・この、43歳の上司との関係っていうことを、わかってるわけですよね?(加藤諦三)
わかっています・・はい。(相談者)

だけど、あなたは、この上司とっていう・・あなたとの関係が、バレたというふうに、上司には、言っていないんですよね?(加藤諦三)

あ、はい、言っていませんけども・・ま、たぶん、浮気してた・・のが、バレたというのは、自分しかいないと思ってるので・・(相談者)

薄々、気付いてはいるかな・・とは、思いますけど。(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

・・・

はい。(相談者)
それで・・今日の、あなたの相談は・・(加藤諦三)

そういう中で・・(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

わたし、どう・・しましょう?ということ・・ですか?(加藤諦三)

・・・

はい、ここで、わたしが、旦・・那と・・心入れ替えて・・やり直すと言えば・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

バレることもなく・・(相談者)

上司にも・・ま、慰謝料請求ですとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

いかなくて・・なんとか、表面上、とりつくろって、傷は・・浅く済む・・・と、思う一方で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、こんなに愛情が、冷めきった、ぉ、夫に・・と・・また、やり直すって言っても・・(相談者)

そ・・自信がないんで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

どうしたら(ちょっと笑いながら?)・・いいのか?上司にも、迷惑かけたくないしっていう・・(相談者)

ところで、悩んでいます。(相談者)

うん。(加藤諦三)

はい、わかりました。(加藤諦三)
まあ・・離婚しようか、離婚しまいかっていうより、逡巡・・心の迷いの問題ですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)
わかりました、今日は、スタジオに、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(相談者)

はい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.