テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年2月28日(火)は、今井通子&三石由起子。1年半前に職場の異動があり、新しい職場で人間関係がぎくしゃくして上手くいかず、眠れなくなったり、動悸など体調不良で2ヶ月ちょっと前から休職中。医師とも相談し、2週間後に職場に復職するのだが、前の状況を整理しようとしたら、また、上手くいかないんじゃないかと気持ちの整理がつかなくなった。心の持ちようや、気持ちの切り替え方を教えてほしい。

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:44歳女性 夫44歳 子供2人 中学2年生14歳の男の子 小学4年生9歳の女の子

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

※クリックすると、本ページ内の指定した場所へ移動します。
※「目次に戻る」をクリックすると、ここに移動します。

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

44歳の女性から、えっと、今・・職場を休職中で、で、2週間後に復職するんですけれども・・今、ちょっと、気持ちの整理が、つかない状態で・・

はい、あなたは、おいくつ?(今井通子)
はい。44歳です。(相談者)
44歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

ご結婚されてますか?(今井通子)
はい。(相談者)
ご・・ご主人は、おいくつ?(今井通子)
44歳です。(相談者)
44歳・・(今井通子)
はい。(相談者)
お子さん、いらっしゃる?(今井通子)
はい、えっと、中学2年生・・14歳・・の男の子と・・(相談者)
はい。(今井通子)
えーっと、小学校4年生の女の子、9歳です。(相談者)

で、ご主人はこれ、自営ですか、会社員?(今井通子)
あ、会社員です。(今井通子)
会社員・・(今井通子)
はい。(相談者)

で、あなたも、会社員?(今井通子)
はい。(相談者)

復職に不安

でぇ・・現在、休職・・は、いつから休職?(今井通子)
2ヶ月・・ちょっと前です。(相談者)

理由は?(今井通子)

1年半前に・・(相談者)
はい。(今井通子)
職場の中で、異動したんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

そこの、異動先で・・(相談者)

なんだか、人間関係が、ぎくしゃくしてしまって・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・上手く行かないなぁ・・と、思っているうちに・・眠れなくなったり・・(相談者)
はい。(今井通子)

体調・・なんか動悸がしたりして・・(相談者)
はい。(今井通子)
調子が悪くなってしまって・・(相談者)
はい。(今井通子)

お休みしました。(相談者)

これ、病院・・には、行って、診断書とかもらってる?(今井通子)
はい、もらってます。(相談者)
もらってんのよね?(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、2週間後に・・復し・・あの、えーっと、職場に戻らなくちゃいけないっていうのは・・(今井通子)

はい。(相談者)
決められたのが、だいたい・・えーっと、3ヶ月・・(今井通子)

ぐらいっていうふうに、決められたわけ?・・それとも、もうそろそろ、いいでしょうって・・あなた自身が、思ったの?(今井通子)

えっと・・病院の先生と相談して・・(相談者)
うん。(今井通子)

そいで・・(相談者)

・・・

あの、じゃあ、復職しましょうか・・っていう話しになって・・(相談者)

はい。(今井通子)
はい。(相談者)

で、2週間後・・から・・っていうこと?(今井通子)
はい・・はい。(相談者)

それを・・に対して、今・・(今井通子)

なにが・・(今井通子)

足を引っ張てるんでしょう?(今井通子)

あの・・復職して・・(相談者)

前のようにまた・・(相談者)

不安な気持ちになったり、この・・(相談者)

・・・

また・・(相談者)

同じような症状が・・(相談者)

出てきたらどうしようっていう気持ちが・・あって・・(相談者)

うん、それに対してはでも、病院に、通ってんだから、病院の先生と、話しあった結果・・(今井通子)

はい。(相談者)
大丈夫だからっていうことで・・(今井通子)
はい。(相談者)
2週間後にしたんじゃないの?(今井通子)

・・・

それ・・あのぅ・・まだ不安があるんだったら・・(今井通子)

先生に対して、それ無理って・・おっしゃっていいはずなんだけど・・(今井通子)
あぁ・・そうなん・・ですね?(相談者)

気持ちを切り替えたい

先生の方が、「もう、大丈夫でしょう」って言われたの?(今井通子)
そうですね、はい。(相談者)

近づいてきた・・っていうので、急に不安になってきて・・(今井通子)

その時は、あんまり、気に・・なんなかった?(今井通子)

その・・「そろそろに、しましょうか」って言われた時は。(今井通子)

えっと・・はい、そん時は、あんまり、気に・・ならなかったです。(相談者)

で、今頃になって・・あと2週間だ・・って思ったら、急に不安になっちゃった?(今井通子)

っていうことですか?(今井通子)

えっと、前の、状況・・を・・整理してから、復職しないと・・また、同じことになるかなぁと、思って・・(相談者)

うん。(今井通子)
自分で、こう、考え始めて・・(相談者)
うん。(今井通子)
いろいろ、ま、その前から少しずつは、考えてたつもりだったんですけれども・・(相談者)

うん。(今井通子)
なんか、考え始めると・・やっぱりちょっと、不安な気持ちが・・あって・・(相談者)

うん。(今井通子)

これは、人間関係なの?(今井通子)

そうです。(相談者)
うん。(今井通子)

・・・

それで、え・・(今井通子)

病院の方に相談しないで、こっちに相談してきた理由は・・なん・・でしょう?(今井通子)

自分の・・(相談者)
うん。(今井通子)
気持ちを・・(相談者)
うん。(今井通子)

切り替えて・・(相談者)
はい。(今井通子)

職場に戻って・・(相談者)
うん。(今井通子)

あのぅ・・(相談者)

やっていきたいっていう気持ちがあって・・(相談者)
はい。(相談者)

でぇ・・戻りたい気持ちが、わたしもあるので・・(相談者)
はい。(今井通子)

自分の心の持ちようどう・・切り替えていったらいいのかなぁっていう・・(相談者)

なるほど。(今井通子)
はぁい。(相談者)

今日はですね、三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

目次に戻る

三石由起子アドバイス

はい・・こんにちは。(三石由起子)
こんにちは、よろしくお願いします。(相談者)
はーい。(三石由起子)

先の事は考えても無駄

あのね・・(三石由起子)
はい。(相談者)
あんまり自分を、思いつめない方が、いいと思うんですけども・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
あのね・・真面目な人ってさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
先を、先を・・(三石由起子)

心配してしまうんだけど・・(三石由起子)
はい。(相談者)
あたしそれを、あんまり真面目だと思ってないんだけどね。(三石由起子)

はぁ・・(相談者)
あの、自分でなんか・・真面目な人は、悩まなきゃいけないみたいなこと・・思い込んじゃう人、多いのよ。(三石由起子)

はぁ・・はい。(相談者)
うん、だけどね・・よく考えてみて、あなたには、夫がいます。(三石由起子)

はい。(相談者)
ねえ、それと、子供も2人います。(三石由起子)

はい。(相談者)
ねぇ・・あなたが、万が一・・(三石由起子)

働かないとするじゃない。(三石由起子)

はい。(相談者)
それで、家に居るとするじゃない。(三石由起子)

はい。(相談者)
その時に・・夫はあなたを、離婚しませんし・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ねぇ、子供達は・・あなたから、去ってはいきませんし・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ねぇ、そこ一番、大事な・・ところでさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
そこをあなたね・・もっとちゃんと、確信を持った方が、いいと思うんだけど・・(三石由起子)

はい。(相談者)
それとね・・えっとね・・先のことってさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
こうなったらどうしよう、ああなったらどうしようって、心配・・す、するんだけど・・(三石由起子)

はい。(相談者)
その、心配ってね、当たらないんだよ。(三石由起子)

ん・・(相談者)

当たらないっていうのは・・(三石由起子)
はい。(相談者)
どういうことかっていうとね。(三石由起子)

はい。(相談者)
もっと悪いこと、起きるんだよ。(三石由起子)

・・・

うん・・(相談者)
そんなに、甘くないの。(三石由起子)

自分が、こうだったらどうしよう、ああだったらどうしようって、最大限、考えてるつもりだけど・・(三石由起子)

はい。(相談者)
実際に、起きることって、もっと悪い事なんだよね。(三石由起子)

はあ・・(相談者)
だからね、考えてもしょうがないの。(三石由起子)

ん・・(相談者)
思いもよらないことで、やられるんだよね。(三石由起子)

ん・・(相談者)
たいていね。(三石由起子)

はい。(相談者)
だから、起きてもいない時に・・先取りして心配してもさ・・(三石由起子)

まったく、はずれるんで・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
それ、無駄なんですよ。(三石由起子)

いざとなったら居直ればいい

だからね・・(三石由起子)
ん・・(相談者)
えーっと・・また・・眠れなくなったらどうしよう?って、あなた、言ったじゃない。(三石由起子)

はい。(相談者)
ねえ・・眠れなくなったら、眠らなきゃいいんですよ。(三石由起子)

ねえ。(三石由起子)
んん・・(相談者)

で、眠らないで・・(三石由起子)

病気になったり、苦しくなったりするじゃない。(三石由起子)

はい。(相談者)
そうしたら、どうするかって言ったら、最終的に、辞めるっていう決断あるわけですよ。(三石由起子)

うん・・(相談者)
ねえ、辞めたってさ・・(三石由起子)

辞めたって死なないんですよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
ねえ。(三石由起子)

よ・・本当に辛い事なら、辞めればいいの。(三石由起子)

うん・・(相談者)
あのなぁ、あなた一人じゃないんだよ・・結婚してるんだよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
しかも、子供が2人、いるんだよ。(三石由起子)
はい。(相談者)
こ・・怖い物なしだから。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん、あの・・収入は減るかもしれないけどさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
そんなの、なんとでもなるんですよ。(三石由起子)

うん・・(相談者)
生きていくっちゅうことはね。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん・・だから・・あなたはね、なんか、凄く狭い・・世界を見てね、こうしなきゃいかん、ああしなきゃいかんって・・思っちゃう人なんだろうけど・・(三石由起子)

はい。(相談者)
別に・・しなくていいわけですよ。(三石由起子)

2週間経って・・職場に行ってみて、なんでもないってことだって、あるわけじゃん。(三石由起子)

はい。(相談者)
ねえ・・なんでもあったら、心配すればいいんで・・先に心配するの、まず辞める・・ふうに思わないと。(三石由起子)

はい。(相談者)
それと、先のことを考えて心配するんだったらさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
先の、楽しみみたいなことを想像した方が、ましだよ。(三石由起子)

うん・・(相談者)
うん、今度、復帰したら、こんなことができるかもしれない、あんなことができるかもしれないとかさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
だから、あの、想像力が・・あるんだから、その心配の方を、掘り起こさないでさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
楽しい事、一生懸命、考えてみたらいいの・・それでね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
いざいざになったらね・・(三石由起子)
はい。(相談者)
居直ればいいんですよ。(三石由起子)

いつでも、辞められるんだって。(三石由起子)

自分の土台を確認せよ

はい。(相談者)
もし、あなたがこれで、独身でさ・・(三石由起子)

行かなければ・・暮らせないっていう・・それだったら、大変じゃん。(三石由起子)

はい。(相談者)
そういう人と比べたら・・なんでもないでしょう?(三石由起子)

・・・

はい。(相談者)
うん、だから、そういう幸せみたいなことは・・やっぱり、ベースでね・・自分の生活のベースっていうのが・・夫がいて、子供がいて、なんでもないんだっていうことを・・(三石由起子)

ちゃんと、自分でね、こう・・毎日毎日確認した方がいいよ。(三石由起子)

あああ・・(相談者)
うん。(三石由起子)
はい・・はい・・はい。(相談者)
うん・・出かけるときにさ、例えば、会社出かけるときにさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
何があっても帰ってくる家があると。(三石由起子)

はい。(相談者)
ねえ。(三石由起子)

何があっても帰ってくれば、子供達が元気でいると。(三石由起子)

はい。(相談者)
何があっても帰ってくれば、旦那もいると。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん・・何の不自由があるっていうことをね・・(三石由起子)
はい。(相談者)
自分でまず、言い聞かせて出たら・・どうですか?(三石由起子)

はい。(相談者)
うん・・あの、ちょっと、靴穿くときにさ・・(三石由起子)
はい。(相談者)
あ、ここの家に帰ってくるんだと、今日も帰ってくるんだと。(三石由起子)

はい。(相談者)
帰ってくれば大丈夫なんだっていうことをさ・・(三石由起子)
はい。(相談者)
ちょっと、自己暗示みたいに・・(三石由起子)

はい。(相談者)
こう・・自分の幸せとか・・(三石由起子)
はい。(相談者)
自分の土台を確認する必要があると思うんだよね。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん・・(三石由起子)
はい。(相談者)
で、子供の顔見てさ・・(三石由起子)
はい。(相談者)
やっぱり子供の顔見て、ただいまって返ってきた時に・・(三石由起子)
はい。(相談者)
やっぱり母親としてね・・(三石由起子)
はい。(相談者)
笑えないとダメなんだよ。(三石由起子)

うん・・(相談者)
9歳と14歳でしょう?(三石由起子)
はい。(相談者)
だからさ・・母親って・・どのくらいの笑い顔を・・(三石由起子)

見せてやれるかっていうのが勝負じゃないか・・この、思春期の頃に。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん。(三石由起子)

これ母親が不安だと・・子供が不安になっちゃうの・・(三石由起子)

はい。(相談者)
うん、でも、あなた、一番大事なのは、今、家庭ですよ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
うん・・家庭の母親として、やらなきゃいけないっていうことが何かっていうことを・・(三石由起子)

考えながら悩まないと。(三石由起子)

はあ・・(相談者)
この、お悩みは、無駄ですわ。(三石由起子)

はい。(相談者)
で、間違いないのはね・・(三石由起子)
はい。(相談者)
先の事を心配して、悩んでも、その悩みは全部ハズレますから。(三石由起子)

はぁい。(相談者)
ね、無駄だから。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん、目の前の子供を見て、暮らそうよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
目に見えない、先の会社の事を・・考えなくていいから。(三石由起子)
はい。(相談者)
目の前にいる子供を見て・・生活しましょう。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん。(三石由起子)
うふふふ・・(今井通子)
笑ってね。(三石由起子)

はい。(相談者)
はい。(三石由起子)
ありがとうございます。(相談者)
はい。(三石由起子)
はい。(相談者)

目次に戻る

今井通子まとめ

おわかりいただけましたか?(今井通子)
あ、はい。(相談者)
うん。(今井通子)

普通に勇気がいる

ただね・・(今井通子)
はい。(相談者)
えーと、一応、3ヶ月って、決めてらしたでしょうが・・(今井通子)
はぁい。(相談者)
えー、一応・・今・・(今井通子)

え、せ、だんだん、日にちが迫ってきたら、不安になっちゃったっていう・・(今井通子)

はい。(相談者)
ことは・・先生に一回、伝えた方がいい。(今井通子)

はい。(相談者)

・・・

でぇ、それによって先生が、どうしましょうか?・・って言うのか・・(今井通子)
はい。(相談者)
いや、ここで・・区切りをつか・・つけないと、いつまでも、ずるずるしちゃうから・・(今井通子)

はい。(相談者)
そのまま、い・・行くようにしましょうって・・おっしゃるか・・(今井通子)
はい。(相談者)
そこは、先生に任せた方がいい。(今井通子)

ああ、はい。(相談者)
うん。(今井通子)

で、確かに・・ここで、えーっと・・(今井通子)

あと2週間で・・で、3ヶ月ちょっと?(今井通子)

はい。(相談者)
休んじゃったら・・(今井通子)

これは・・あのぅ・・職場で、上手くいかなくならなかった人でもよ・・(今井通子)

はい。(相談者)
うん・・普通に・・3ヶ月、休んだら・・(今井通子)

はい。(相談者)
えー、職場に出るのは、もの凄い、勇気がいるほど、かったるい。(今井通子)

はい。(相談者)

もう、行くの嫌だなっと、思いますよ。(今井通子)

んん・・(相談者)
うん。(今井通子)

だって・・そのぅ、職場に、行かない時の方が、ストレスは、絶対ないんだから。(今井通子)

はい。(相談者)
家庭に居る時の方が・・(今井通子)

はい。(相談者)
でしょう?(今井通子)

はい。(相談者)
家からも、あんまり出なくていいし・・(今井通子)
はい。(相談者)
時間も、しか・・あの、決めなくていいし・・(今井通子)
はい。(相談者)

だから、そしたら・・普通に、3ヶ月休んだ後だって・・(今井通子)
はい。(相談者)
もう、絶対、行くの嫌だから。(今井通子)

だからここは・・えー、勇気を持って、行かざるを得ない。(今井通子)

腹をくくれ

はい。(相談者)
あの・・出るというふうに、なったらね。(今井通子)
はい。(相談者)
うん。(今井通子)

で・・その先は・・(今井通子)

はい。(相談者)

えー、職場で、大切なことは、仕事することなんです。(今井通子)

はい。(相談者)

人間関係は、どうでもいいんです。(今井通子)

はい。(相談者)
うん。(今井通子)

そこは、腹をくくって、そう思った方がいい。(今井通子)

はい。(相談者)
うん。(今井通子)

・・・

ということと・・(今井通子)

うん。(相談者)

・・・

それから、さっきはね・・あの、三石先生もおっしゃってましたが・・(今井通子)
はい。(相談者)

先のことって考えても、どうしようもない。(今井通子)
どうでもいいことに、なっているはずなので・・(今井通子)

ええ。(相談者)
それは、わかるでしょう?(今井通子)

はい・・わかります。(相談者)
考えたって、しょうがないことだもんね。(今井通子)
わかります。(相談者)
うん。(今井通子)

それと・・いざっていう時に、解決法は、発展的な、解決法、考えた方がいいんですよ。(今井通子)

んん・・(相談者)
逆に・・ああ、また、駄目だ・・って、思って、じゃあ、また病欠で休もうかなってなっちゃうと・・本当に、ぶり返す。(今井通子)

んん・・んん・・(相談者)

それを、いろいろ考える方が・・(今井通子)
うん。(相談者)

うん。(今井通子)

先行きに、その・・もう1回、また、駄目になって・・休職しなきゃなんなくは、ならない。(今井通子)

うん・・(相談者)
わかります?(今井通子)

はい。(相談者)
うん。(今井通子)

わかりました。(相談者)
ということです・・はい。(今井通子)
はい。(相談者)

ありがとうございました。(相談者)
気楽に、行ってみよう!(今井通子)

はい、ふふふ・・(相談者)
ふふふ・・(三石由起子)
はぁい。(今井通子)




YouTube

管理人のちょっとひと言

えっと・・・ほとんど、喋ってない
この相談者さん
「うん」「はい」「ん~」除いてね

三石先生、怒ってたのか?
ちょいちょい、乱暴・・・いつものは、乱暴とは言わない
べらんめぇ口調を、ちょいオーバーしてる箇所がいくつか

心の病に、踏み込んだのか
ギリギリで、とどまったのか
微妙な感じで、わかんない

今井先生のアドバイスが
なんと言うか、ベターな感じかな
今の不安が、長期の休みのせいなのか、心の病のせいなのか

はっきり言って
お医者さんで、相談してみよう!
って、パターンだな

ま、大丈夫なら、三石先生のアドバイスで間違いないんだろうけど
三石先生的には、長期の休みで
会社へ行くのが、ちょっと不安って方だと、思って「喝」って感じだったのかも

人生相談のスタッフ的には
高橋先生までは、必要ない
気合いを入れる、三石先生判断だったんだろうね

気持ちを切り替えるって
相談だったから
そこは、間違ってないんだよな

今井先生は、3ヶ月も休めば
会社へ行くのも勇気がいる
そう言ってた

自分としては、ちょいちょい
休むと、1~2週間(普通の人よりは長いね)ぐらいは珍しくなかったので
治癒明けの・・・ま、学校だけど、結構、行くのに勇気がいったから、わかる

なので、それと同じなら
暗示をかけるっていう
三石先生のアドバイスは、いいと思うけど

あんまり、お医者さんと、意思疎通ができてないみたいだから
違うとこへ行ってみるとか
してもいいかもしれない

お医者さんの、今井先生からすれば
なんで、こっちに電話する?
そう思うのも、当然だもんな

まずは、病院へ相談に行こう
目次に戻る

スポンサーリンク