テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年1月9日は、加藤諦三&大原敬子。大学進学が決まるも、希望の大学でないという17歳の女の子。自分の努力が足らなかったと後悔している。このままでは幸せになれないのではないか、目標がなく不安。古風な父親は、母親や姉を殴るような、家族仲の悪い家庭環境で育ち、小学生の時にはイジメにあい、家の中では、自分の部屋だけが自分の居場所という感じだった。この先、どうすればいいのか?

テレフォン人生相談2017年1月9日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:17歳女性 父65歳 母60歳 姉6歳上23歳

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

17歳女性から、両親と一緒に暮らしており、父が65、母が60歳、6歳上の姉がいる。

幸せになれないんじゃないかという不安

はい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)
大学進学が、こう、決まりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

こう・・希望の大学じゃ・・なかったんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
それは自分の努力が足りなかったっていうふうに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
自覚しております。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと、そうなんですけど・・この、どうしても、すごい後悔が残っていて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
今まで・・自分が努力してこなかった分・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そうしたら、幸せになれないんじゃないかっていう・・不安がありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、今から、勉強が・・こう、資格とか取るために、がんばりたいなぁと思っているんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

目標とかがなくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
どうやって動いてたらいいのかが分からなくて・・(相談者)
はい、はい、はい。(加藤諦三)

こう毎日・・どうしも不安で・・(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

それでちょっと・・家族の仲も、あまり良くないんです。(相談者)
あのぅ・・あんまり良くないっていうのは?(加藤諦三)

世の中の雰囲気が、どういうこと?(加藤諦三)

まあ、もともと、家族仲が、良くないので・・(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)
家に居ると、ずっと不安になってしまって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

自分は、どうやって、生きたらいんだろうかとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そういうふうに、なってしまって・・(相談者)
う、うん。(加藤諦三)
どうしようもなくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
お電話しました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

どうもありがとう。(加藤諦三)
あの・・で、電話かけて、良かったね。(加藤諦三)

あのぅ、今日は、後からね・・素晴らしい先生に、お話聞くけども・・最初にちょっと、いろんなこと話し、教えてね。(加藤諦三)

(しゃくりあげて泣いてます)はい。(相談者)

母や姉を殴り見せつける父親

で、あの・・家族仲が、あんまり仲良くなかったって、お父さんと、お母さん、仲良くな・・いんですか?(加藤諦三)

結構、父の考えが、古い人で・・(相談者)

父は、やっぱり・・一番で、あとは、こう、従うみたいな感じ・・(相談者)
ほぅ・・ほぅ・・(加藤諦三)
の、考え方がありまして。(相談者)

それで、こう、ずっと、騒いでるっていうふうな・・言い方は、ちょっと、今は、わからないんですけど・・(相談者)

気に入らないことがあったら、騒ぐとか・・殴るとか・・(相談者)
騒ぐっていうのは、誰が騒ぐんで・・あの、お父さんが、騒ぐの?あなたの方が、騒ぐの?(加藤諦三)

えっと、父が、騒いだり・・(相談者)
お父さんが、騒ぐのね?(加藤諦三)

気に入らないことがあったら・・(相談者)
あ、気に入らないと・・はい?(加藤諦三)
殴ったり・・とか・・(相談者)
はい、あっ・・(加藤諦三)
が、小さい頃にありまして・・(相談者)

お父さんが、気に入らないことが・・殴るっていうのは、実際に、あなた・・は、何回ぐらい?(加藤諦三)

実際に、殴られたとかっていう記憶は、あまり・・なくって・・(相談者)
ああ、はい、はい。(相談者)
この、母が殴られたりとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

姉が、殴られて、顔が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
腫れてたりとか・・(相談者)

それを見せられて、こう、「お前は、こういうふうになるな」とか・・(相談者)
その、お母さんの・・(相談者)
ん・・それは、辛いよねぇ・・(加藤諦三)
こう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

躾が悪いとか、そういうふうに、言われまして・・(相談者)

で、お父さん・・お母さんが、お父さんに、殴られるのを見るのは、辛いよね。(加藤諦三)

ほんと・・なんか(泣きながら)・・(相談者)

姉が6歳上なので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
(しゃくりあげながら)わたしが、小学1年生の時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
受験をしまして・・(相談者)

中学の受験を、姉がしまして・・(相談者)

で・・(加藤諦三)
その時に、第一志望に、落ちてしまったみたいで・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

こう、父と母が、すごい期待をかけていたのに・・(相談者)

「どうして、そういうふうになるんだ!」っていうふうに・・(相談者)

もう、記憶が曖昧なので、こう、違ってしまってるかも、しれないんですけど・・(相談者)

そう言って殴られ・・お姉ちゃんが殴られたりして・・(相談者)

それで・・はい・・(相談者)
で・・はい・・(加藤諦三)

わたしを・・その場に連れてきて・・(相談者)
うん。(相談者)
わたしは、こういうふうになるなって言われて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こう、家族の中で・・姉は孤立して・・母とわたしと、父みたいな形になってしまって・・(相談者)
んん・・(加藤諦三)

それは、申し訳ないっていう気持ちがあって・・(相談者)
そうねぇ・・(加藤諦三)
それでもう、姉とはもう・・姉はもう、たぶん、父親、母親を・・その時ぐらいから、信頼してなかったと思うので・・(相談者)

わたしとも、話さなくて、もう・・ここ10年ぐらい、話してなくて・・(相談者)

ああ、そうですか・・まあ・・あのぅ、お姉さんを、仲間外れにして、みんなしてイジメるっていう、か、形になったんでしょうね。(加藤諦三)

(泣いてます)(相談者)

自分の部屋だけが居場所

で、あなたは・・家の中で・・敵陣の中にいる、スパイのような、感じだったんですか?(加藤諦三)

もう、まったく・・居場所がないという・・感じ・・(相談者)
居場所がない・・うん・・(加藤諦三)

でぇ、なんか・・部屋に籠ってるっていうような・・(相談者)

家の中だと、部屋だけが・・(相談者)
うん・・うん。(加藤諦三)
居場所っていう・・ふうに・・感じてました。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

でぇ・・あの、もう・・物心ついた時から、居場所はない?(加藤諦三)

小学生の時に・・(相談者)

小学校の頃、イジメが・・ありまして・・(相談者)
あ・・(加藤諦三)
そこら辺からですと・・(相談者)
小学校の、いつ頃ですか?イジメられたの?(加藤諦三)

小学校、5年生、6年生と、イジメられまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう、中学校は、違う所に行ったので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

大丈夫だったんですが・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
こう・・(相談者)
で、小学校のイジメっていうのは、どういうようなイジメだったの?(加藤諦三)

服装を、馬鹿にされたりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あとは、こう、「何々菌だ」とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あとは、孤立してしまったりだとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こう・・(相談者)

わたしだけを置いて・・(相談者)

他の教室に行くとか、そういうことが・・(相談者)

ありまして・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

こう・・少し、学校に行くのが、辛くなりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

玄関に行くと、こう・・吐いてしまったりして・・(相談者)

学校・・お休みすることが、多くなりまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういうのを、母が見て・・(相談者)

こう・・さぼってるとか・・(相談者)

そういうふうに・・(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
そうするとまあ、そういうような環境の中で、育って・・(加藤諦三)

今もう、どういうふうに、やって、生きていっていいか、わからないと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

いうことですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.