テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

塩谷崇之アドバイス

はい、よろしくお願いいたします。(塩谷崇之)
はい・・ お願いします 。(相談者)
はい 。(塩谷崇之)

ま、この・・アパートに関してはね・・(塩谷崇之)

はい 。(相談者)
えーっと・・これは・・そのぅ・・ご主人の ・・(塩谷崇之)

はい 。(相談者)
ぇ・・親御さんから ・・(塩谷崇之)

相続で受け継いだものだということですね。(塩谷崇之)
父親・・ですね。(相談者)
ですね。(塩谷崇之)
はい 。(相談者)

ぇ・・ただ、その時に ・・長男の所に ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
行ってしまいそう・・だったのを・・(塩谷崇之)

食い止めたのは・・あなたなんでぇ・・(塩谷崇之)
あっ、そうです。(相談者)
はい、そこの貢献度は、大きいんだから・・なんかそのぅ・・そこは、なにか主張ができないだろうか・・というような話ですよねぇ。(塩谷崇之)
ああ、そうです、はい。(相談者)

夫婦の共有財産

あのぅ、まぁ、相続で得た財産というのはねぇ、これ残念ながら・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

あの、夫婦の・・ぉ・・共有財産ではなくて・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ま、今回の件で言えば・・あなたのご主人の固有の財産だということになってしまうんですよ。(塩谷崇之)

あぁぁ・・はい。(相談者)
うん・・その・・(塩谷崇之)

受け継ぐにあたってあなたが尽力したというのはね・・(塩谷崇之)

ええ。(相談者)
それはまぁ・・あの、そのあなたのまぁ、努力っていうのは・・(塩谷崇之)

それなりに評価・・(塩谷崇之)

されるべきではあるんですけれども・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
その家の権利・・関係に、影響を及ぼすようなものではないんですね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

なので・・(塩谷崇之)

その家は、ご主人の物であるということを・・まぁ、残念ながら認めざるを得ない。(塩谷崇之)

ぁぁ・・はぁ・・はい。(相談者)
と思います。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
でぇ・・そのぅ・・(塩谷崇之)

まぁ、実際にそのアパートを受け継いでから・・(塩谷崇之)
はい 。(相談者)
ぁ、これは、受け継いだ時から、最初からアパートだったんですか?(塩谷崇之)

・・

そ・・そうですね、二箇所とも・・(相談者)
アパートの状態で受け継いだ?(塩谷崇之)
はい・・はい。(相談者)
うん。(塩谷崇之)

ただ・・ボロボロで・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)
老朽化していて・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

人が入ってない状況・・(相談者)

で、渡されたので。(相談者)
はぁい 。(塩谷崇之)
その後、わたくしが・・(相談者)

働いたお金とか・・(相談者)

うん・・(塩谷崇之)
そういうので、メンテナンスしたり・・それから・・(相談者)

今はもう・・2箇所とも、新・・新築同様に綺麗に・・(相談者)

して、リフォームかけたり、何度も何度もメンテナンスして・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

貸せるような状況で、今は・・(相談者)

満室・・状態ですね。(相談者)
・・
昔・・(相談者)
なるほど・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ほぅーん・・(塩谷崇之)

あの、いろいろ、じゃあ、費用をかけて・・(塩谷崇之)

あっ、そうです、もう何千万・・(相談者)
なんとか・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
経営に適するような形にしたということですね。(塩谷崇之)
はい、はい 。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

でぇ、通帳もと・・ってる・・だいたい3千万以上・・(相談者)

ですか・・(相談者)
うん?何が三千万?(塩谷崇之)
メンテナンスとか、そういうリフォーム とか、いろんな・・お金が・・(相談者)
ああ、そういう費用をかけたということねぇ・・あーん・・(塩谷崇之)
はい、かけた・・はい。(相談者)
あーん、あん・・(塩谷崇之)

そうするとねぇ・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)
まぁ、あのぅ・・ アパート・・その建物を・・ぅ・・相続によって・・譲り受けて・・(塩谷崇之)

はい 。(相談者)
でぇ・・そこにまぁ・・(塩谷崇之)

あーん、合計して三千万ぐらいの・・(塩谷崇之)

はい 。(相談者)
費用を投下して・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
なんとか経営できるような・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
形にして、まぁ・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
そ、そういう意味じゃあ、建物の価値をあげたわけですよね。(塩谷崇之)
はい。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

でぇ、建物の価値を上げたということも、これも・・それなりにこう・・やっぱり評価はされなくちゃいけないんだけれど・・も・・(塩谷崇之)
ああ・・(塩谷崇之)

ぇ・・その建物の価値、まぁ、おそらく・・今のお話だと・・(塩谷崇之)

ぇ、建物自体の価値よりも・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
かけた費用・・の方が、上回ってる状況・・なんでしょうかねぇ?(今井通子)

・・

そうですね、あのぅ・・評価額よりも・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

はい、かけたお金の方が・・(相談者)

上回ってます。(相談者)
ねえ・・そうなんですよねぇ・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
うん、でもそういう事情があったとしても・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
不動産というのは・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
いくら、お金をたくさん・・後から・・そのぅ・・(塩谷崇之)

かけてね・・ま、これ、有益費っていうふうに、言ったりするんですけれども・・(塩谷崇之)
ぁ・・はぁい。(相談者)
そういう費用をかけたからと言って・・(塩谷崇之)

お金をかけた人の物になるわけじゃないんですよね。(塩谷崇之)

・・

ぁぁ・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)
はい・・はい。(相談者)
だからあくまでも・・建物は・・(塩谷崇之)

ご主人の物なんですよ 。(相談者)

・・

ぁぁ・・(相談者)
でぇ、費用をかけた側・・じゃあ、費用をかけた側は、なにも・・言う権利がないかって言うと・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
そうではなくて・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
そのかけた費用はね・・(塩谷崇之)

ぇ、ご主人がね・・ご主人が・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

ぇ、不在にしていた間に・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
わたしが代わりに・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ、その建物を管理してあげていたんだと・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
でぇ、その管理するにあたってこれだけの費用をかけたんだということで・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)

ぇ、そういう、不在にしていた・・人の・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
財産を・・管理するために・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
必要な費用を ・・(塩谷崇之)

かけたんだから ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
それは・・費用をかけてもらった・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
建物の持ち主・・つまり、あなたのご主人・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
に対して ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
それは・・あのぅ・・返してくれと。(塩谷崇之)

あぁ・・はぁい。(相談者)
うん、費用を返してくれって言う・・(塩谷崇之)

ま、そういうね・・請求権は、あなたにはあるんだと思います。(塩谷崇之)

あぁ・・わかりまし・・た。(相談者)
だから・・(塩谷崇之)
あぅ・・はぁい。(相談者)
建物自体は・・ご主人のもの・・(塩谷崇之)

はぃあ。(相談者)
だけど、建物に費やした費用については・・(塩谷崇之)
費用・・(相談者)

はぁい。(相談者)
それが・・あのぅ・・全部・・とは限らない・・(塩谷崇之)
全部じゃないかもしれないけれども・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

少なくとも、例えば、3千万ぐらいの費用をかけてね・・(相談者)

はい 。(相談者)
でぇ、今・・建物の価値がね ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ・・じゃあ、1千万ぐらいは・・上がってたとしよう。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
上がってたとすると・・(塩谷崇之)

その1千万分ぐらいは・・(塩谷崇之)

ぁ・・返してください・・よ、つまり、今・・現存している ・・(塩谷崇之)

な・・か・・(相談者)
価値の増加分?(塩谷崇之)
はい・・はい・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)
わかりました。(相談者)

そこは、あのぅ・・(相談者)

返して下さいという権利を持っている・・(塩谷崇之)

あぁ・・はぁ・・わかりました。(相談者)
一応、そういう状態にあるん・・だと思います。(塩谷崇之)

わかりました。(相談者)
はい。(塩谷崇之)

弁護士と話し合い

はい。(相談者)
ただまぁ、これはねぇ、まぁ・・あのぅ・・(塩谷崇之)

夫婦の・・(塩谷崇之)

家庭の中の問題なんで・・(塩谷崇之)
・・
今の・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
申し上げたのは他人同士であっても・・(塩谷崇之)

そういう考え方をするわけですけれども・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

ぇ・・まぁ、家庭内のねぇ、夫婦の・・間での問題なので・・(相談者)

はい。(相談者)
ぇ・・そこまでこう、杓子定規的にね・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ・・いくらかけて・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
ぇ・・いくら費用が上がったんだから、いくら返せっていうことが、言えるか・・っていうと・・(塩谷崇之)

そこはどう・・どうか、わかんないというのが・・あります。(相談者)

はい。(相談者)
それともう一つは・・(塩谷崇之)

その・・ぉ・・ご主人が不在の間に・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
あなたはその家から家賃を・・(塩谷崇之)

受け取ってたわけですよね。(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)

そうすると・・あなたは費用もかけたかもしれないけれども・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)

それ・・に、見合うと言うか、おそ、おそらくそれ以上の・・(塩谷崇之)

そのぅ・・収入を・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
そのアパートから得て・・いたわけなんで・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
でぇ、その・・ぇ・・得た収入は・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

誰に帰属するのか。(塩谷崇之)

ああ・・はぁ、はぁ・・(相談者)
でぇ・・それを、どうやって清算するのかっていう問題も、出て来るわけですよ。(塩谷崇之)

あぁ・・はぁ、はぁ・・(相談者)

ねぇ。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
はい。(塩谷崇之)

せっかくだからね・・まぁ、あの・・相手側に弁護士がついたんですから ・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)
まずはその弁護士と・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

きちんと話をしてみる。(塩谷崇之)
そうです・・(相談者)
まぁ、あなた・・今ねぇ、あのぅ・・ぅ・・お電話、伺ってると・・あなた自身もすごく・・まぁ、聡明な方でねぇ・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
きちんと、こう理路整然と話ができる方だと思うので・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
おそらく、あなたと弁護士さんできちんと話を・・相手方の弁護士さんときちんと話をすればねぇ・・(塩谷崇之)

少し先が見えてくると思います。(塩谷崇之)

わかりました。(相談者)
うん、その弁護士さんに・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
あなたが今までどれくらい費用をかけたのか・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
生活費でどれだけかかったのか・・(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)
でぇ・・ぇ・・家賃を・・ぉ・・(塩谷崇之)

ぇ・・どれぐらい収入を得ていたのか・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
で、それによって・・どれぐらいの・・ま、蓄財ができたのか・・(塩谷崇之)

あぁ・・はい。(相談者)
うん、そういうようなことをねぇ・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
ぇ・・あなたなり・・ま、あなたにしかわかんないことって、たくさんあるわけで・・(塩谷崇之)
あっ、はぁい。(相談者)
向こうの弁護士さんはずっと・・(塩谷崇之)

あの、ご主人の方からしか話し聞いてないからわかんないわけですから・・(塩谷崇之)
あっ、はぁい。(相談者)
そういう情報をきちんと相手に伝えて・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
こういうことを総合的に考慮して・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
どうするかっていうことについて・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
ぇ・・話し合わせてくださいと。(塩谷崇之)

あっ・・はぁい。(相談者)
はい。(塩谷崇之)

・・

どうもありがとうございました。(相談者)

はい、おわかりいただけましたか?(今井通子)

はぁい・・(相談者)
はい。(今井通子)
本当によく分かりました、ありがとうございます。(相談者)

はい。(相談者)
それじゃあ・・(今井通子)
どうも・・(相談者)
失礼しまーす 。(今井通子)
はぁい、ありがとうございました。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

この方も、勘違いしていたようですが
相続した財産は、財産分与に含まれない
ここ、肝ですね

勘違いしてる人、多いです

しかし、アパート2棟?で、月10万?
部屋数とか、わかりませんから
なんとも言えませんけど

リフォーム、メンテナンス繰り返しても
家賃設定は、そのくらいなんですね

ならば、なおさら
アパートだけでも、名義変更しておくべきだった
ボロボロだった頃、むしろそうすべきでしたね

理由付けは、なんとでもできたのに
そこが、とっても残念

財産分与で、もらえると思っていたっぽいので
思い至らなかったかな・・

※ご連絡
自分自身には、直接関わりないのですが
毎週のように、出かけねばならない用事が増しており
おそらく年内は、続くと思われます

明日も出かけねばならないので
更新が遅くなりそうです
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します

テレフォン人生相談2018年3月14日(水)予告

同居の姑は、ご飯を作っても目の前で捨てるなと意地悪をする。姑とはもう仲良くやっていけないので、どんな気持ちで同居を続けるべきなのか?という相談。

パーソナリティは柴田理恵さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 何だかよく判らない話ですねぇ・・・
    相談者一番の失敗は、旦那がくれるって言った時に自分名義にしなかった事ですね。
    ここまでだと普通は離婚すると思うけど、しない理由でも有ったんでしょうか?
    何か気が知れませんねぇ、私から見ると。
    今から出来る事は、子供の養育費と生活費、相手が婚姻生活を放棄した慰謝料を取るぐらいじゃ無いですか?塩ちゃんが言う通り家賃収入が有ったので、それが旦那からの生活費って名目になるかもしれませんが。どっちにしても大変ですなあ。
    子供は相談に乗ってくれないんですかね?

  2. 月10万の家賃収入のアパートに価値があるの?

    2年間家賃収入なしで過ごしちゃってるのは以前の遺産相続勝ち取るエネルギーはでないってことかな。

  3. >遺産相続勝ち取るエネルギー
    まさにコレ。ここまでやれる人が何で詰め甘いのかなあ・・・凄く不思議。
    まあ年齢的に年金生活でしょうから、この金額でも十分なんじゃないですか?
    この金額が本当じゃ無いと思いますし(2軒分だしね)

  4. いつも楽しみにしています。ありがとうごさいます。

  5. 管理人さん、いつもありがとうございます。
    ついつい聴き逃すことが多く、いつも助かっています。
    どうか、ご無理なさらないでくださいね。

    • ありがとうございます。
      簡単に言えば、使いっぱしりが、自分しかいない、そういう状況になっているのです。
      期間は様々ですが、それほど長くはないだろうと言われてますので、余計に外せない。
      そういう状態です。
      ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。