テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年4月10日(月)は、加藤諦三&大原敬子。離婚して4~5年の46歳女性、離婚原因は自分の不倫、離婚後、付き合う人も不倫関係。どうしていつも不倫関係になるのか、不倫でない恋愛がしたい。恋に陥るが関係を維持できないと指摘する加藤諦三。大原敬子はストレートに、手当たり次第、性の関係でないといられない、女として生きていくのが難しくなってきたのが本当の相談と指摘。
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:46歳女性 独身 離婚して4~5年 娘2人 15歳と13歳

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

※クリックすると、本ページ内の指定した場所へ移動します。
※「目次に戻る」をクリックすると、ここに移動します。

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

46歳の女性から、4~5年前に離婚し今は一人、子供は娘が二人、13歳と15歳、3人暮らし。

不倫ばかりの恋愛

それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)
離婚した原因っていうのが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたしの不倫だったんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、その後も、あのぅ・・お付き合いする人が、みんな不倫・・なんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)
なんか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

な、何人ぐらい・・不倫したんですか?(加藤諦三)

えーっと、その、離婚の後、2人です。(相談者)
離婚の後、2人?(加藤諦三)
ええ。(相談者)

っていうことは、離婚・・の、あの・・原因だった人と・・それと、それだけで、3人ですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

で・・それで?(加藤諦三)

んんん・・なんか・・恋をする人が、なんか・・いつも・・不倫・・っていう関係なので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか、自分としては・・(相談者)

・・・

やっぱり、ちゃんとして恋愛がしたいというか・・(相談者)

うん、うん。(加藤諦三)

・・・

・・・

そのぅ・・ちゃんとした恋愛というのは、もちろん・・独身の人で・・っていうことですよね?(相談者)
あっ・・(相談者)

そうですね、はい。(加藤諦三)

でぇ・・まぁ、おそらく、あなたとしては・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

もう、不倫を止めようと、あなたの・・(加藤諦三)

今の言葉を、借りれば、ちゃんとした人と恋愛しようと、その度毎に、思うんですか?(加藤諦三)

そうですね・・(相談者)
その度毎に、思うんだけれども・・(加藤諦三)

恋は、どうしても不倫になると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

恐怖という感情

で・・(加藤諦三)

結婚生活、どのくらい・・何年ぐらい続きました?(加藤諦三)

ぇっと、7年ぐらいです。(相談者)
7年続いた?(加藤諦三)
はい。(相談者)

ん、うん・・(加藤諦三)

・・・

と、この7年・・(加藤諦三)

は、結構、さ・・あのぅ・・後の方、後半は、辛かったですね?(加藤諦三)

・・・

そうですね、はい。(相談者)

・・・

だから・・こういうふうに・・理解していいですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
要するに、すぐ恋には陥るけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その、関係を維持することは、非常にあなたにとっては、難しい?(加藤諦三)

・・・

ああ・・そうなのかもしれない・・(相談者)

・・・

で、これはあの、結婚は、恋愛結婚・・ですよね?(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

だから・・(加藤諦三)

とにかく、恋には陥るんだけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

陥った関係を維持することが、ちょっと、難しいんですよねぇ。(加藤諦三)

はああ・・(相談者)

・・・

一人目の・・人は、何歳ですか?(加藤諦三)

一人目の不倫の?(加藤諦三)

・・・

えっと、52歳・・(相談者)

一人目の人は・・52歳?(加藤諦三)
はい。(相談者)
次の人は?(加藤諦三)

えっと、73歳とか、ですね・・(相談者)
73歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
3人目は?(加藤諦三)

46歳・・(相談者)

ん、うん・・ぁ・・この人は・・(加藤諦三)

ぉ、同い年のような人ですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
だけど前の2人は、まあ・・かなり、年上ですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ・・あなたの・・(加藤諦三)

成長の過程ですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなた自身と、その、あなたの御両親との関係はどう・・なんですか?(加藤諦三)

うーーん・・・あんまり良くなかったんじゃないかと・・(相談者)
あんまり良くなかった?(加藤諦三)
はい。(相談者)

あっ・・良くなかったんじゃないかと、思う?・・っていうのは・・(加藤諦三)

・・・

あまりはっきりと・・あなたの目の前で喧嘩していたとか、そういうことはないわけですね?(加藤諦三)

ま、普通の・・夫婦喧嘩みたいなのは、ありましたけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、なんか、どういうのが・・ええ、一つ分からないんですけど、そのぅ・・(相談者)

・・・

うん・・(加藤諦三)
家族っていうのが・・(相談者)

あなた、一人っ子?(加藤諦三)
えーっと、兄弟3人です。(相談者)

で、あなたは何番目ですか?(加藤諦三)

ぇ、真ん中です。(相談者)
真ん中?(加藤諦三)
はい。(相談者)
上は・・お兄さん、お姉さん、どっち?(加藤諦三)

姉です。(相談者)
ぁ、上がお姉さん?・・下は?(加藤諦三)

妹です。(加藤諦三)

と、女3人の姉妹だったわけ?(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、あなたの思いからすると・・(加藤諦三)

親は、お姉さんと・・妹の方に、注意が行っていて、真ん中の自分には・・注意を、積極的に・・愛情を注いでもらえなかったという・・そういう・・(加藤諦三)

いやぁ、それもあんまり、思ってないですけど・・(相談者)
それも、思ってない?(加藤諦三)
はい。(相談者)

あんまり、思い出がないって言うんですか・・小さい頃の。(相談者)

小さい頃の、思い出がない?(加藤諦三)
はい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

小さい頃の、思い出がないっていうことは・・(加藤諦三)

・・・

あなたの心の底には・・あなたの感情の底流っていうのかな・・そこを流れているものは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

恐怖感ですね?(加藤諦三)

ええっ?!(相談者)

怖い。(加藤諦三)

うーーん・・・(相談者)

・・・

ちゃんとした恋愛

それで・・(加藤諦三)

今日、あなたの相談っていうのは・・こういう状態の中で・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

さっき、ちゃんとした恋愛をしたいって言いましたね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

そういうこと・・今日のあなたの相談っていうのは、どういうことですか?(加藤諦三)

・・・

えー、なんか、これから・・ん、ちゃんとした恋愛をして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

いきたいっていうのと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あと、今・・子供もおりますので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

だから、子供が・・居るから、そういう恋愛とかを、しない方がいいんじゃないかと思ったり・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ある程度、大きくなるまで?(相談者)
うん。(加藤諦三)

うーん・・(相談者)

(約5秒の沈黙)・・・

よく・・(相談者)
まぁ、要するに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

今、なんか、人生が、行き詰ったって感じてるということ?(加藤諦三)

・・・

そうですねぇ・・(相談者)

(約4秒の沈黙)・・・

ちゃんとした恋愛をしたいけど、どうも・・(加藤諦三)

自分は・・(加藤諦三)

そういう恋愛が、今までの過去を考えると、みると、できないと・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)

・・・

だけど、子供は・・2人も・・13歳、15歳まで、成長してきてると。(加藤諦三)

はい。(相談者)

そいで、その経済的には?(加藤諦三)

経済的・・わたしは・・えっと・・働いておりますし・・(相談者)
ぁ、働いてる・・ん・・そうすると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

その、あなたの、しゅ・・あのぅ、働いた収入で・・生計は、たててるわけですね?(加藤諦三)

はい、で、学費とか、子供に関わることは、払っていただいてるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

わかりました、要するにその・・これがという具体的な相談と言うよりも・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
アレですね・・(加藤諦三)

なんとなく人生が・・(加藤諦三)

こう・・はっきりした、目標を見失って・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

どうしていいかなぁ・・という不安を、持ってるということでしょうね?(加藤諦三)

そうですね・・はい。(相談者)
はい、わかりました・・今日は、スタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生が、いらしてるので・・伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

sponsored links

目次に戻る

大原敬子アドバイス

こんにちは?(大原敬子)
こんにちは。(相談者)

ねぇ、あのぅ、わたしね、結構、そそっかしいものですから・・(大原敬子)
はい。(相談者)
年齢を聞き間違えてしまうんですけども・・(大原敬子)
はい。(相談者)

手当たり次第

結婚して・・7年で・・別れて4~5年で、12年ですね?(大原敬子)

はい。(相談者)
お子さんの年齢が、合わないんですけども・・(大原敬子)

はい。(相談者)
これは、どういうこと?(大原敬子)

・・・

あっ・・えっと、それは・・(相談者)
うん。(大原敬子)
一緒に、住んでたのが、7年ぐらいなんですけど・・(相談者)
うん。(大原敬子)

で、あとは・・別居してたんです、ずっと・・(相談者)

ねえ・・あのぅ、今、ちゃんと聞くとね、あなたは・・(大原敬子)
はい。(相談者)
こうして・・(大原敬子)

しっかりと、自分の位置づけ、教えるけれども。(大原敬子)
はい。(相談者)

そしたら、加藤先生には・・(大原敬子)

・・・

結婚生活と、別居も兼ねて・・何年ですと、言わなくちゃ。(大原敬子)
あっ、はい。(相談者)

わかります?(大原敬子)
はい。(相談者)

そう、そうしてあなたの姿、見えるんです。(大原敬子)

はい。(相談者)
もしかしたら、こういう会話が・・この・・ぃ、いろんな男性の中に、あったかもね。(大原敬子)

はい。(相談者)
それ、もう一点です。(大原敬子)

はい。(相談者)
この・・結婚するまでの、30歳以前は・・(大原敬子)
はい。(相談者)
恋愛は、全くなかったの?(大原敬子)

あ、ありました。(相談者)

・・・

それは、不倫ではなくて、恋愛?(大原敬子)
はい。(相談者)

なにやったの(と聞こえるけど、何人だったの・・でしょう)?(大原敬子)

2人ぐらいですかね。(相談者)

2人ぐらいってことは・・その中で、心に残った人、いますか?(大原敬子)

・・・

いないです。(相談者)

ってことは、恋愛ではなくって、遊び?(大原敬子)

・・・

いや・・(相談者)
憎しみになってる?・・今。(大原敬子)

なってないです。(相談者)

覚えてないです、もう。(相談者)

・・・

全く、覚えてない?(大原敬子)

はい。(相談者)

ということは、これ、加藤先生、ご専門になりますけども・・あなた自身が・・(大原敬子)

はい。(相談者)
男と女の関係でないと、生きていけないんじゃないの?(大原敬子)

・・・

ああ・・(相談者)

違います?(大原敬子)

不倫は嫌だって、もう、これは、恋愛・・恋愛も不倫もないんですよ、あなたは。(大原敬子)

はい。(相談者)
要するに、身近に・・言葉悪いですよ、いいですか?(大原敬子)
はい。(相談者)
あなたの、話しを、一般に、わたしみたいに・・(大原敬子)

ちょっと、過激な人間は、こういう言葉に捉えちゃうんです。(大原敬子)

手当たり次第ってことです。(大原敬子)

・・・

老いを迎えて

そうです。(相談者)

ということは・・今、自分が・・自分で生きてないでしょう?(大原敬子)

性の関係の中じゃないと、自分がわからないわけ?(大原敬子)

・・・

うーん・・(相談者)

・・・

うーん・・(相談者)
ところが、だんだん、あなたが今日、お電話なさった理由が、全くわかりませんけれども・・(大原敬子)

だんだん、だんだん、自分が女として焦ってきたときに・・(大原敬子)

わかりますか?(大原敬子)
う、うん・・(相談者)
男と女の関係が、非常に難しくなったと、あなたは判断してると思うんですね。(大原敬子)

あぁぁ・・(相談者)

それで、今後・・極端にですよ、これは。(大原敬子)
はい。(相談者)
極端に言えば・・(大原敬子)

「あのぅ、わたし・・誰でもいいんです」って。(大原敬子)

「自分の欲求を、満たしてくれれば、いいんですが・・今まではこれで済みましたが・・」(大原敬子)
はい。(相談者)

「これから、50の坂を登ります」(大原敬子)

・・・

うんうん。(相談者)
「どうしたら・・」(大原敬子)

・・・

「男性と」(大原敬子)

「いつまでも、関係が続けられますか?」っていうのが・・(大原敬子)

今日の、相談ではないですか?(大原敬子)

そうです。(相談者)

・・・

そうでしょう?(大原敬子)
はい。(相談者)

一番今、あなた、辛いですよね?(大原敬子)
きっとこれは。(大原敬子)

はい。(相談者)

ただ・・わたしが唯一救いだったのは・・結構わたし、辛辣に言いましたけれども・・(大原敬子)

はい。(相談者)

必死で生きたいんだなぁって感じしたのは・・(大原敬子)

あなたが・・わたしは、男性を求めていたんですってことですね、はっきり言えば。(大原敬子)

はい。(相談者)
自分が一番求めたものが・・わかった時には・・(大原敬子)

生活態度も・・(大原敬子)

はい。(相談者)
生き方も・・考え方も、変わるんです。(大原敬子)

それだけは、間違いないんです。(大原敬子)

・・・

はい。(相談者)

絶望って、よく言うでしょう?(大原敬子)

はい。(相談者)
絶望は、目的がわからないんです。(大原敬子)

・・はい。(相談者)

あなたの、性格から・・毎日の・・性・・活ですね。(大原敬子)

はい。(相談者)
の、スタイルが・・自ずと変わると、わたしは思いますけれども・・(大原敬子)

この一番微妙なデリケートな部分・・先生に、伺ってみますね?(大原敬子)

はい。(相談者)
先生、お願いします。(大原敬子)

sponsored links


目次に戻る

加藤諦三まとめ

あのぅ・・ひと口で言うと、今、衝動しかないんですよね。(加藤諦三)

・・・

はい。(相談者)

人との繋がりがない。(加藤諦三)

・・・

規範意識がない。(加藤諦三)

・・・

はい。(相談者)
社会的・・繋がりもあまりない。(加藤諦三)

・・・

はい。(相談者)

自分という存在が、確かでない。(加藤諦三)

・・・

はい。(相談者)

・・・

だけど、衝動は肥大化してる。(加藤諦三)

・・・

あなたの、意識された衝動は・・(加藤諦三)

・・・

性の衝動です。(加藤諦三)

はい。(相談者)
男と女です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

かなり、激しい衝動でしょう、これ?(加藤諦三)

・・・

んん・・(相談者)

そう・・だと思います。(相談者)

そうですよね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

だけども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
意識的に求めている、その衝動の底にある、本当の衝動は・・求めているものは・・人との心の触れ合いなんですよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

それが、ちゃんとした恋・・っていう言い方なんだと思う。(加藤諦三)

あああ・・(相談者)

怖かったんですよ。(加藤諦三)

え?なにに(泣いた?)?(相談者)
生きることが。(加藤諦三)

あぁぁぁ・・(相談者)

そぅ・・(相談者)

それはねぇ・・ずーっと、恐怖感で生きてきたらねぇ・・(加藤諦三)

思いではないよ。(加藤諦三)

・・・

はい(涙声?)。(相談者)

(約6秒間、静かに泣く)

ありがとうござい・・ぅ・・(相談者)

(約3秒半、静かに泣く)

だから・・もう、生きていかれるんじゃないかな。(加藤諦三)

・・・

ズズっ(鼻をすする)・・はい。(相談者)

ぅぅ(約4秒、静かに泣く)・・(相談者)

ねえ、だって・・もう、全部わかったから・・自分とはなにかって・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

これでもう、い、生きていかれるでしょ。(加藤諦三)

はい(泣き声で力強く)!(相談者)
ありがとうございました。(相談者)
はい、失礼します。(加藤諦三)
はい、ありがとうございまーす。(相談者)




YouTube

管理人のちょっとひと言

大原先生、図星だと思うわ
50歳を目前にしてっていうのも、あると思うけど
年上の男から見たら、若い女だもんね

先週、放送されたコレ
不倫し、子供を置いて出て行った妻
この奥さん、8歳も下の男と不倫ね

この相談者が普通に結婚して、すぐに子供ができたとしたら
不倫がバレたのが、上の子が6~7歳頃の8~9年前
30歳前後くらでの結婚になると思われ

ちょうど、この間の奥さんと同い年くらいだけど
不倫相手は、ほぼ、真逆ね
うん・・・まあ、何が言いたいかと言えば・・・アレだ・・・

出会いや、好みとかもあるから
一概には、言えないけど
次に、お付き合いした不倫相手は、なんと73歳

婚姻してる方にしか、恋愛関係にならないっていう
お金とか、関係なさそうだしね
まあ、そういうことも理由にあるんじゃない

だから、50歳も間近になってきて
併せて、焦りも出てきたんじゃないかと
そう思ったわけですが、どうなんでしょうねぇ

別に、大先生のお二人の言うことに逆らう
なんて、つもりはありませんが
本当に、気付いたら、生き方や、考え方って、改まるもんなんでしょうかね?

単純に、その様子が、想像できないだけなんですけど

気付かないうちに、徐々にってことなのかな?
自分は、女性ではないので、女性のことは余計にわからない
そう、女好きの男は、女好きのまんまなんだよなぁ
目次に戻る

スポンサーリンク