自閉症と診断された孫 アスペルガーの父の遺伝か

テレフォン人生相談
子育て

テレフォン人生相談2016年10月5日は、ドリアン助川&三石由起子。4ヶ月前に、4歳の孫が自閉症と診断される。遺伝なのか、父親はアスペルガー症候群でクリニックに通院中。近くに住む娘からの告白で、孫を虐待していると聞かされる。情緒不安定な娘に対し、少しでも負担にならないよう、可能な限り手助けをするも、本当に娘家族にとっていいのか悩む相談者。

テレフォン人生相談2016年10月5日(水)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:相談者57歳 夫60歳 近くに住む娘31歳 婿41歳(アスペルガー症候群?) 孫2人男4歳(自閉症) 女1歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

57歳の女性から、近くに住む娘家族との、これからの付き合い方っていうことで、すごく悩んでおります。

はい、えー、娘家族と仰いましたけど、お嬢さんと、旦那さんと?・・あとは・・(ドリアン助川)
はい、孫・・が、4歳と1歳の子がおります。(相談者)

4歳、1歳・・え、男の子、女の子?(ドリアン助川)
え、上の4歳が男の子で、1歳が女の子です。(相談者)

はい。えーと、あなた様は、おいくつですか?(ドリアン助川)
57歳です。(相談者)
57歳・・お嬢さんは?(ドリアン助川)
31歳です。(相談者)
31歳・・(ドリアン助川)

自閉症と診断された孫

さて、どんな事・・で、悩まれてるんでしょうか?(ドリアン助川)
あ、えー、その孫の4歳の男の子が・・ま、自閉症ということの、診断を受けまして・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

あの、幼稚園に通っているんですけれども・・問題行動があるらしくて・・いろいろ・・調べてみたらいかがでしょうか?というアドバイスを受けながら・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

娘自身が、もうその、二人の子育てに・・なんか、ノイローゼに、近い状況になりまして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

虐待に近い事をしていたということを、最近、知りまして・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

で、私・・と、主人と二人で、出来る限り協力はしてきたんですけれども・・今後どのように・・娘・・家族と・・付き合っていったらいいのかっていうのが、すごく悩んでいる状況なんです。(相談者)

はい、えっと・・旦那さんは、おいくつですか?・・あなた様・・(ドリアン助川)
60です。(相談者)
60歳・・で、えー、お嬢さんの、旦那さまは、おいくつでしょう?(ドリアン助川)
41です。(相談者)
41歳、あ、10歳も・・離れてる?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
初婚でしょうかね?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

父親のアスペルガー症候群の遺伝か

この・・4歳の男の子、自閉症って、今、おっしゃいましたけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
あなた様から見ていて、お孫さん、どんな・・感じなんでしょうかね?(ドリアン助川)

あの・・(ドリアン助川)
はい、あの・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
前にですね・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

あの、婿さん自身が、そういう傾向が、ある人だということを、認識してまして・・(相談者)
傾向というのは?(ドリアン助川)

まあ・・一般的に言う、アスペルガー症候群・・(相談者)
はあ、はあ、はあ・・(ドリアン助川)

ということで、娘にも思い切って・・伝えたところ、娘はもう・・完璧に、彼はそうだと・・すぐに、認めて・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

ま、その後で、いろいろ調べていくなかで、遺伝的なものがあるといった時に、その孫に、そういうものがあるんじゃないかという、心配は、していたんですね。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

どんな面でしょう?・・それどういうこと・・具体的には、どういうことでしょう?・・例えば・・(ドリアン助川)

そうですね、やはり、コミュニケーションっていうか、同じ同年代の子達と、上手に遊べない・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

暴力的な行為をする・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

場の雰囲気を・・感じ取って・・行動するということが、できていないっていうのを・・何度か一緒に、旅行に行ったり、お出かけしたりする時に、感じてましたので・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
で、3ヶ月ぐらい前に、診断されたということでした。(相談者)

それはあの・・精神科?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
ええ・・っていうとこで、自閉症という言葉、出たんですね?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

手助けが子育て支援なのか疑問

あ、そうなんですか・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
で、えー、プラスその・・お嬢さんが、子育てで、ご苦労なさっててというのは・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

その・・旦那さんの、事も含めてですかね?(ドリアン助川)
はい、まあ、あの・・旦那さんとは、結構いろいろ・・話し合える、状況には、もっていけるようになりまして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

彼自身も、自分がそうであるのではないかということに、気付き始めて・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

まあ、自分もクリニックなどに、行き始めてる状況なんですけれども・・(相談者)
あ、そうなんですか、はい。(ドリアン助川)

現実、まあ、普段の生活の中では、あの・・一緒にいろいろ、行動する時間は、限られてまして・・(相談者)

かなり娘一人で・・二人の子供を・・の、ことでもう、パニック状態になってることが・・(相談者)

多々あったらしい・・っていうことで、私達は、出来る限りまあ・・子供だけを連れだしたり・・一人の時間を作らせてあげたり、または、夫婦でゆっくり話ができる時間を作らせてあげたりってことは、いろいろ今まで、してきたんですけども・・(相談者)

その時だけは、まあ、あの、子供と離れて、少し自由になれたっていう・・ふうには、言ってくれてるんですけど、それが・・(相談者)

リフレッシュをして、また新たに、次の子育てに対して、頑張ろうという意欲に結びついていってないような・・感じがしたので、このままだと、私達が・・(相談者)

世話をやいてあげることが、本当に、彼女と、彼女を含めた家族にとって、いいことなんだろうか?っていうことに、ちょっと、疑問を持ち出したんですね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

虐待を告白した娘

先ほど、虐待という言葉が出ましたけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
えー、それはお嬢さんの、口から出た・・ことですか?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

偶然、ゆっくり話す時間を持てまして・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
その時に、娘の方から実は、こういうことをしてしまっていたと・・(相談者)
うん、どういう事ですか?(ドリアン助川)

あの、お風呂で、裸になった、孫のお尻を・・は、腫れあがるほど、ぶったり・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あとは・・逆さ吊りして、耳から血が出るほどぶったとか・・(相談者)

あとは、下の子のいる前で・・思いっきり・・頭をぶったとか、蹴ったとか・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
お腹の、胃の辺りを、押し、押しやったとか・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あの、その主に、対象となってるのは、その4歳の男の子の方に対してなんですね?(ドリアン助川)
今までは・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

上の子のことで、凄くあの・・悩んでいるように思えたんですけど、下の子に対しても、やはり、情緒不安定な、対応をしてることが・・目につくようになってきたんですね。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

娘の躾は一般的だった

お嬢さんはその・・子供を持ってからの、そういう、情緒不安定ですか?(ドリアン助川)
そうですね・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

基本的には・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
人付き合いが上手で・・あの、笑顔で活発・・な、タイプの・・子でした。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

じゃあその・・あれですかね・・4歳の男の子・・に、対応しきれなくなって・・パニックになってしまって・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

えー・・あなた・・さまは、お子さんを、そういうふうに躾けたことはありますか?・・その子は、ちょ・・あの、お嬢ちゃんが小っちゃい時に・・逆さ吊りしたりとか・・(ドリアン助川)

いえ、やはり、一般的に、あの、頭をこ・・こづいたり・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
大声で、怒鳴ったりっていうことはありましたけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

ま、私は、あの、主人が結構、早くに帰ってきて、一緒にもう、子育てをしてくれるタイプだったので・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

そこまで、至ることはなかったです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

手助けは本当に彼女の為なのか

でぇ・・その、そういうことをしてしまってるんだ、というふうに、お嬢さんが・・あなたに話した時に・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

どんな言葉を、かけたんですか?(ドリアン助川)
はい、私と、主人と同時に、その場にいたんですけれども・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

私達は、これからも・・あなたの・・手助けを、していくつもりであるっていうことを・・きちんと伝えまして。(相談者)

暴力は、これからは・・必ず辞めてほしいと・・どうしても、自分の中でいっぱいになった時には、すぐに電話をして・・駆けつけてあげることはできるからっていうことで・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

一生懸命、伝えました。(相談者)
そうですか、で・・どうなんでしょう、あの、今、電話をかけてきて下さったということは、まだ、悩みが消えてないということですよね?(ドリアン助川)

そうですね、あの・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

やはり、今まで流れの中で、いろいろ結婚してからも、多々、こういう相談を娘から受けてきて・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

その都度、私と、主人とで、一生懸命、いろいろ・・考え・・出来る限りの手助けをしてきたんですけれども・・(相談者)

それが、本当に、彼女にとって、良かったことなのか・・どうかっていうのが・・ちょっと疑問に思えてきて・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

結局、彼女が考える前に・・わたくし・・や、主人が・・こういうふうにしたらどうかとか・・こういう本が、いい本があったから、読まないか、とか・・(相談者)

こういうふうに、生活環境、変えて見たらどうかとか・・先走って・・提案をしてきてしまったな、っていうことが、あるんですね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

しかし、虐待をしてしまうほど、パニックになってる、お嬢さん前にして・・手を差し伸べないというのも、なんか違うような気がしますしね。(ドリアン助川)

そうですね、やはり・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
孫を見ていると、可愛いので・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

そういうことを聞いた時には、もう、心が潰れるぐらいに、悲しかったです。(相談者)
ねえ、当然だと思いますよ。(ドリアン助川)

でぇ、えー、今後どういうふうに、していけばいいのかというのが、今日の・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
相談内容ですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

わかりました、えー、今日の回答者の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)
三石メソッド主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

【おすすめ記事】



三石由起子アドバイス

はい、こんにちは。(三石由起子)
こんにちは。(相談者)

あのですね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

間違いなくイイ事

あの、今までの対処の仕方とか・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
お母さんが、やって来られた事なんですけれども・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

これ、間違いなくいい事でしたよ。(三石由起子)

間違いなく、いい事です。(三石由起子)

それで・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
今後もね、やっぱり、同じように、して、あげて欲しいと、思うんですけれども・・(三石由起子)

理想の子供とのギャップ

まず、母親だから子供が無条件で可愛いってことも、なかなかなくってね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

そういう人もいますけど・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
やっぱり、自分の、あの・・理想の子供みたいなのが・・あの、多かれ少なかれ、あるんですよね。(三石由起子)
はい・・(相談者)
あの、母親って・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

そことあまりにも、あの・・ギャップがある時っていうのは・・やっぱり、自分の心を抑えきれなかったりするのは、私は無理ないと思うんですね。(三石由起子)
はい・・(相談者)

そういう時に・・やっぱりあの・・お母様の場合は、なんか、夫が早く帰って・・来てくれたのでって・・(三石由起子)
ええ・・(相談者)
おっしゃったじゃないですか。(三石由起子)
はい・・(相談者)

それ・・の、そういう条件もないわけですよね、このお嬢さんの・・(三石由起子)
そうです。(相談者)
う、うん、だから、それを・・補足する意味で、お母さんが、手を出してたっていうことなんで・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

これはホントに、必要だったと思うし・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
よく、やってくだすったと思うし・・(三石由起子)

今からも、やってもらいたいと、思うんですけれども・・(三石由起子)

娘には余裕がない

あなたの方には少し、余裕があるので、本も読めるし・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

ね、あの、こうやった方がいいっていうことも、客観的に、わかるんですけれども・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

実際に、四六時中、目の前にいる、母親にとってはね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
本読めって言われてもね、余裕ないんですよね。(三石由起子)
はい、そうですね。(相談者)

そうなんですよ、だからね、この本読めってアドバイスだけは、駄目ですね。(三石由起子)
ああ、はい。(相談者)

うん、だから、あなたが読んで、黙って、実行するっていうか・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

ああ、こういう事がいいのかって思ったら、そういうことを、黙ってしてやるとか。(三石由起子)
はい・・(相談者)

そうすると、だんだんほら、お嬢さんが、余裕がでてきた時にですね・・あの、これ、どういうこと?とか・・あ、こんなのがいいの?っていうふうに・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

質問してくるわけだから・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
それにやっぱり、あの、答えてやるっていうことで・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

これはやっぱり、あの、お手伝いしてもらわないと、困ると思うんだけど・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

パニックは当たり前

あの、自閉症だって、わかったのが、3ヶ月、よん、4年育ててきた子なのに・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

3ヶ月前に、そうだってことがわかって・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
はてそれはあの、逆上したり、パニック起こしたりするのは、当たり前だと思うんですよ(三石由起子)

はい・・(相談者)
そういう時にやっぱり・・幸いなことにね・・近い所に居て・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

そして、あの・・助けてあげられる、時間も余裕もあって・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

これは、本当にありがたいことなのでね。(三石由起子)
はい・・(相談者)
これ、是非、あの、助けてやってあげて欲しいと、思いますよ。(三石由起子)

支援は続けて下さい

はい・・(相談者)
でね、あの、もう少し後になればね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

自閉症・・ならではの、子供を持った・・(三石由起子)
なんて言うのかな・・メリットみたいな、もの、ものをね・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

認識して、楽しめるような、余裕も出てくるんですけど、今、そんなこと言っても、全然、聞く耳もないでしょうし・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

だから、そういうものをね・・お母様が、先回りして読んで・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
ストックしておくっていうの、大事だと思いますよ。(三石由起子)
はああ・・(相談者)
うん・・(三石由起子)

あの・・本人はちょっと・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
今、無理なんですよ。(三石由起子)

ね、お母様が、一歩引いた分、先取りできるわけですから・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

うん、そうして、もう、黙って、パニック・・だなと思ったら・・えー、ちょっと、みててやるとか・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

そういう後見しか、ないと思いますね。(三石由起子)
ああ・・(相談者)
うん、ホント、大変だけども・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

このまま、やっていいでしょうか?っていうのは、もちろんいいし、今までも、いい事してきたと思うし・・(三石由起子)

もうちょっと、あの、お嬢さんに・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
心の余裕が、できるまでね、なかなか、できないと思うんですよ。(三石由起子)
はい・・(相談者)

これ、何年もかかると思うんですけども・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

それまでは、あの、本当に・・いいお婆ちゃまが、そばにいてね・・幸せな子だと思います、この4歳の男の子。(三石由起子)

手助けにやり過ぎはない

はい(泣いた)・・(相談者)
で、それは、本当に大変だと思いますけれども・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

え、もう、やれることはもう、なんでもやるっていう・・くらいにもう、覚悟決めてね。(三石由起子)
はい。(相談者)

やり過ぎはないです、こういう子は。(三石由起子)

そうですか?(相談者)
ええ、やり過ぎはないし・・お譲さんに、だって、どんなふうに甘やかして、やってもいいと思いますよ。(三石由起子)
お嬢さんとして、娘として。(三石由起子)

そうですか?(相談者)
うん、ママが半分手伝ってあげる、くらいの事を言えば・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
安心しますから。(三石由起子)

はい・・(相談者)
今も、心がもう・・本当に揺れてる状態だと思うんですよ。(三石由起子)

そうでなければ、子供に手をあげるみたいな事には、なかなかならないんですね。(三石由起子)
はい・・(相談者)

だから、それがやっぱり、どのくらい辛い事かっていうの、あの、母親ならわかるじゃないですか。(三石由起子)
はい・・(相談者)

これはやっぱり、あのもう・・も、出しゃばって、しゃしゃり出ていって・・(三石由起子)
はい・・(相談者)
手伝うのが、正解と思います。(三石由起子)

ありがとうございます(泣きながら)。(相談者)
うん、本当にあの、幸せな子だと、わたし思いました、今。(三石由起子)

(鼻をすすり)じゃあ、自信もって・・(相談者)
ええ!(三石由起子)
あの・・(相談者)
良かったです、あなたがいて。(三石由起子)
私と主人とで・・(相談者)
ええ!(三石由起子)
一生懸命、フォローしてって・・いいですね。(相談者)
ええ、そうしてやってください。(三石由起子)
わかりました。(相談者)
ホントに、どんなに幸せかと思います。(三石由起子)

はい。(相談者)
ええ。(三石由起子)
はい。(相談者)

ドリアン助川まとめ

もしもし。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

しかもこの4歳の、男の子が20歳になった時・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
まだ、あなた様、71歳(ん?73歳じゃない?)。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
若い!(三石由起子)

お嬢さん、47歳。(ドリアン助川)
ああ、若い、若い。(三石由起子)
はい。(相談者)

人生まだ、これからって感じですよ。(ドリアン助川)
うん。(三石由起子)
そうですね。(相談者)

ええ、ホントにあの、いいお母さんですね。(ドリアン助川)
ええ、ホントに、ホントに・・良かった。(三石由起子)
はい。(ドリアン助川)

ありがとうございます。(相談者)
は、失礼します。(ドリアン助川)
頑張ってください!(三石由起子)
ありがとうございました・・はい、ありがとうございました。(相談者)

管理人のちょっとひと言

三石先生、最高のアドバイスですね。素晴らしい!
手助けするのに「やり過ぎはない」まさに、って感じです。

今でこそ、認知されてきた自閉症ですが、まだまだ勘違いしている人は多い。
躾が悪いんだとか。
甘やかし過ぎだとか。
無理解で、無神経な言葉を投げかけられる事も多いです。

そういう人が、身内に居る場合も、けして珍しくもない。
旦那や、舅姑から、産んだ嫁が悪いと言われるケースなど星の数ほどある。

そうでなくても、どんな障害にしろ、産んだ母親の多くは・・・

「どうして普通に産んであげられなかったんだろう?」

そういう、責めなくてもいい、自分を責める気持ちでいっぱい。

なかには、そういう状況を、簡単に乗り越える(そう見える)人もいますが。
時には、不幸な事態になることすらあります。
その核にあるのが、『自分が』悪いと思い込む、孤独感。

もうそれは、男の自分には理解できない、母親だけの感情です。
だから、本来、それを支えるべく、主にならねばならないのが、夫。
そして、身内である、親であり兄弟姉妹って順番になりますかね。

でも、その責任を放棄する旦那・・・いるんですよね。
目の当たりにしたことあるだけに、思い出しても怒り心頭ってやつ。
輪をかけて、舅姑まで、絶対に認めようとしない。

そうなると、母親の選択って、限られてきます。
逃げるか、追い込むか。
現象としては、まあ、いろんな形がありますけどね。

なかには、頑張れちゃう人もいますよ、もちろん。
でもね、人間ってそんなに強くはない。

この相談者のように、認めて、支えてあげられるって素晴らしいです。
いやいや、ホント、もっと褒めてあげてって感じ。
できれば同居して、もっと近くで見守ってあげた方がいいかな。

このケースの虐待って、ほぼ無意識でしょ。
虐待しそうだからって、連絡できる状態にはないと思うな。
だから、いつも近くにいてあげて欲しい。

本当は、父親がメインで頑張らないといけないんだけど。
自身がアスペルガーでは・・・ちょっと頼りないな・・・いや、かなりかな。
そういうのが、余計に母親の負担になったりしてね。

周りから、きちんとサポートを受けで育った自閉症の子供って・・・
化けますよ、とんでもなくね。
そんな子、たくさーん、います。

三石先生も言ってますけど、そういう子供達に会う楽しみって、確かにありますから、頑張ってね。

スポンサーリンク

コメント

  1. 管理人さんありがとう。
    そのとおりです、
    化けるように、自身も子どものことで
    日々奮闘しています。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.