小姑の余計なお世話・お節介

テレフォン人生相談
親族問題

テレフォン人生相談2016年7月27日は、加藤諦三&マドモアゼル愛。弟夫婦との問題を相談。1年前にバツイチで5歳年上の女性と結婚した弟、結婚前は、性格が悪いと言っていたので、いずれ別れると思っていた。母親が、嫁の誕生日に一緒に夕飯を食べようと誘うと断わりの電話、両親や兄弟と仲の悪い嫁を、仲の良い家族はいいということを伝えたいと言い、弟夫婦は幼いと表現する相談者に、マドモアゼル愛は、小姑の余計なお世話、お節介と優しく苦言を呈す。加藤諦三は回避依存症=アボイダンスアディクトだと解説。

テレフォン人生相談2016年7月27日(水)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:41歳女性 夫40歳 長女14歳 長男11歳  実弟37歳 弟嫁42歳バツイチ子供なし

加藤諦三氏の〆の言葉『小さい頃、近い関係で嫌な体験をした人は、大人になっても近い人を避けようとします。回避依存症、アボイダンスアディクトと言います』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

41歳の女性から、夫は40歳、長女が14歳で長男が11歳。

幼過ぎる弟夫婦の嫁はバツイチ

弟夫婦との問題なんですけれども、えっと、弟・・(相談者)
弟さん、なん、な、何歳?(加藤諦三)
37歳です。(相談者)
37歳・・はい・・(加藤諦三)

お嫁さんが42歳で、バツイチだったみたいなんですけれども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
私の母がですね、あの、弟夫婦のこと、まあ、去年結婚したんですけれども、 1年ぐらい前に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

可愛いがろう・・っていう気で、この間も、お嫁さんの誕生日があって・・夕飯でも食べに行かない?っていう、電話をしたらしいんですが・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

弟・・しかおらず、で、あの・・それはいいね、って言って、お嫁さんが帰ってきたら、じゃあ、折り返すっていうことで、1回、電話を切ったんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、かかってきた電話に、「嫁行かないって」って、いうひと言で・・(相談者)
は、はい・・(加藤諦三)
ちょっとあの、母の方もびっくりしてしまって・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ああ、わかったわということで、電話を切ったらしんですね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
で、その話しを、ま、後日、私にちょっと、愚痴という話・・ような形で・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、母の方が、言ってきたんですけど・・(相談者)
はい、はい・・(加藤諦三)
ま、結局・・幼すぎる弟夫婦の態度に、ま、どんなふうに伝えたら分かってくれるのかなっていうのが、ちょっとご質問なんですけど・・(相談者)

家族の集まりが気持ち悪い

なるほどね、で、結婚・・あ、弟さんが、結婚したのは1年前って言ってましたね?(加藤諦三)
1年前です・・はい・・(相談者)

で、まあ1年間だから、まだよくわかんないでしょうけど・・弟さん・・夫婦とっていうより、この・・嫁、姑が、もともと上手くいってなかったの?(加藤諦三)

あ、いえ・・そこまで回数は・・会ってないので・・(相談者)
会ってない・・(加藤諦三)
そういうことはないと思うんですけれども・・(相談者)

あの、弟の話から推測すると・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
私の家族は、とてもお正月に、毎年集まったりしているので・・(相談者)
はい、はい・・(加藤諦三)

仲が良いんですが・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
お嫁さんの方が、あの、ご両親とも仲が悪いみたいなんですよね・・ご兄弟とも・・(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

それで、そういう関係が、気持ち悪いっていうようなことを、弟に言ったことを覚えてて・・(相談者)
まあ、お嫁さん・・は、その、小さい頃からの環境として、要するに親族というか、家族というか・・ま、そういうのが、アレなんでしょうね。(加藤諦三)

束縛を感じるっていうのかな・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
だから、関わることが・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

悦びではなくて・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)
関わると、嫌なことがあると・・(加藤諦三)
うーーん、なるほど・・(相談者)

家族っていいものだって伝えたい

そ、それでこの・・1年前で、まだ、お子さんはいないんですね?(加藤諦三)
はい、いないです。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、二人は、上手くやってるの?(加藤諦三)
そうですね・・ど、どうなんですかね、上手く・・やってるんじゃないですかね・・結婚する前には、何度も、弟からは、お正月に集まった時には、相談は受けたんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

性格が、あんまりよくないとか、愚痴は漏らしてました・・(相談者)
いや、性格があんまり良くないで、な、なんで結婚・・ふふ・・(加藤諦三)

そうなんですよ、もう、弟もちょっと幼いので、もう、尻に敷かれてるんですかね?(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、ま、いつか別れるだろうと思ってたけど、こうやって結婚してしまって・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
ま、上手く付き合わなければいけないなって思ってるんですけど・・(相談者)

で、今・・そうすると、1年経って、子供が欲しいなぁとかっていうことは、ないんですか?(加藤諦三)
いや、お正月に・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

子供が欲しいっていうふうには、言ってたんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
なんかそこで、お嫁さんが・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

できるわけがない、そういうことをしてないからです。とか、忙しくって全然・・ないからっていうような、なんか、そういったことを言ったから・・みんなで、えっ?ってなっちゃって・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ちょっと、悲しくなるんですよね、そのお正月・・とか、会うのも・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ただ、あなたからすると・・親族みんな、仲良く、お父さん・・家族みんな、仲良くというふうに感じて・・(加藤諦三)
あ、そうです・・はい・・(相談者)

家族っていうのは、いいもんだぁと思ってるわけでしょう?(加藤諦三)
はい・・そうです・・で、それを伝えたいんです。(相談者)

それを、伝え・・たいわけね。(加藤諦三)
そうです。
家族っていいもんだよねって・・それには、どうしたらいいでしょうか?ってことですよね?(加藤諦三)

それは、大変難しい相談だと、思いますけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

今日はですね、心についてのエッセイストとしておなじみの、マドモアゼル愛先生がいらしているので・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

マドモアゼル愛アドバイス

はい、こんにちは。(マドモアゼル愛)
こんにちは、よろしくお願い致します。(相談者)
はい、よろしくお願い致します。(マドモアゼル愛)

温かい目で放っておく

はい、加藤先生とのね、お話伺っていて・・内容はよく分かるんですけれども・・(マドモアゼル愛)
ええ・・(相談者)
あの・・よくさ、例えば、朝のラジオ体操とかね・・(マドモアゼル愛)
ええ・・(相談者)

そいで・・もう先生たちは子供が元気いっぱいで・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
その・・声を、大きい声を上げて、子供たちが元気に体操している姿、これは見てて気持ちいいよね確かにね。(マドモアゼル愛)
そうですね、はい。(相談者)

そいで・・そうなんだけど、中にはさ・・ふふふ・・やっぱ元気でない子もいるのよ。(マドモアゼル愛)
ああ・・(相談者)

ね、その・・そういうときに・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
なぜ君は、もっとこう、みんなが元気でやっているのに、楽しくしないのか?とか・・(マドモアゼル愛)

言うのは、簡単だけれども・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

昨日、なにか家のことが心配で・・お父さんとお母さんが、なんか争ってったりして・・夜寝てないのかな、とか・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
っていう背景が・・あったとして・・(マドモアゼル愛)
ええ・・(相談者)

そいで、元気がないっていうのは、自然な反応じゃない。(マドモアゼル愛)
そうですね、はい。(相談者)
その時に、子供は元気でなくちゃいけないから、もっとって言えば、その子供はすごい追い込まれるよね、気持ちの上で・・(マドモアゼル愛)
つらいですね、はい。(相談者)

僕はね、子供を育てるのも、人を育てるのも・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
暖かい目で、放っておくっていう姿勢がない限り・・不可能だと思うよ。(マドモアゼル愛)

ラジオ体操で元気ない子に、もっとホラ、みんなと同じようになんて言うのは・・孤独感を深めるだけじゃない。(マドモアゼル愛)

だってその子には、元気でない理由があるんだもん。(マドモアゼル愛)
それがわからないで元気になれって・・無茶苦茶な話だと思わない?(マドモアゼル愛)
そうです、はい。(相談者)

自分が正しいと思う理想で相手を責めない

だから、自分が正しい、これが理想であると思って・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
人を責めるっていう態度は・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

とても気をつけなくちゃいけないんですよ、基本・・(マドモアゼル愛)
そうですね、はい。(相談者)
あなたがそうだとは言わないけれども・・やはり匂いを感じる。(マドモアゼル愛)

だからね・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
おそらく・・この結婚に対して皆さんが反対だったっていう思いが、ここにまで伝わってくるわけよ。(マドモアゼル愛)
そうなんですよね・・私も・・(相談者)
まして・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

まして相手に、伝わらないわけないじゃないの。(マドモアゼル愛)
ああ・・(相談者)
その上で、元気で仲良くやれって、どういう意味なのってことなの。(マドモアゼル愛)
そうですよね・・(相談者)

だから、やっぱりこの問題・・話しの悩みの構造自体に・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
未熟性があるような気がしてしょうがないんですよ僕には・・(マドモアゼル愛)
未熟性・・(相談者)

僕は、人間っていうのは・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
あなたが考えるように、家族が、みんなで大事で、なんとかって・・それは、確かに理想としけばあるし・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

また、そういう家庭で生まれた人は、それはそれでありがたいし、素晴らしいことだと思うものの・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

すべてが、それが正しいっていう観点から見て行って・・(マドモアゼル愛)
うん・・(相談者)
もう、教育も、国家も、まとめられない時代に入っていると思うよ。(マドモアゼル愛)
ふーん・・(相談者)

やっぱり・・優しさが必要なんじゃないの、そういう時こそ・・(マドモアゼル愛)
うーーん・・(相談者)

人生に満足してますか

いや、だから、私から・・弟に、やっぱり、なにか伝えようとしても、たぶん、棘があるんじゃないかなって思ったら、なかなか、電話もできなくって・・(相談者)

たぶん、そう受け取られても、仕方がないような発言も・・してしまうのかな?と思った時に、もう一度、冷静になって・・(相談者)
と思うよね。(マドモアゼル愛)

どうしたらいいのかな?って、思ってるんです・・(相談者)
じゃあ、なんで、放っておけないのか?(マドモアゼル愛)

いや、それは親が傷つくのを見たくないからです・・母親と父親が・・同じようなこう・・これから、付き合っていくにあたって・・(相談者)
そう・・自分・・(マドモアゼル愛)

ご飯を食べに行こうとか、言った時に・・(相談者)
ちょっと待って。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

自分の人生に満足していたら・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
そんなことで傷つくかしら?(マドモアゼル愛)
ああ、なるほど・・(相談者)

僕、傷つかないと思うよ。(マドモアゼル愛)

だか・・もしかしたら、大変に・・怒るかもしれないけれども・・あなたの家の絆は・・本当は、そんなに強いのかしら?(マドモアゼル愛)
ああ・・(相談者)

あなたと、お母さんとの関係の絆は・・本当に、強いのかしら?(マドモアゼル愛)
うーーん・・・(相談者)
強ければ、もっと自然な対応になるよ。(マドモアゼル愛)

弟さぁ、困っちゃうわ・・こうなってるけど、でもまあ、しょうがないよね。っていうことが、家族に対する一つの・・問題や弱みが・・それほど重要な意味をもたないで・・割と気楽に話し合える環境になっていくと思うよ。(マドモアゼル愛)

決めるのはあなたじゃない

ああ、なるほど・・(相談者)
だから僕には・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
大変・・反対・・失礼な言い方だけれども、理想の家に見えないよ、あまり・・(マドモアゼル愛)
うーーん・・(相談者)
あなたが言うほど・・(マドモアゼル愛)

あの・・相手が・・年上で、バツイチで・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
そいで、弟も、まあ、愚痴をなんか言ったと・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

いうようなことで・・この結婚は良くない、弟は被害者であると・・いうような想定の中の、コンセンサスが、みんなでできちゃってるんじゃないの?(マドモアゼル愛)
ああ・・なるほど・・(相談者)

そっか、そうですよね・・(相談者)
そいで、ここへきて、楽しんでくださいって言ったって、それは無理だよね・・(マドモアゼル愛)

うーん・・じゃ、結婚したからには切り替えてっていうのは、やっぱ、そういうことですか・・(相談者)
それはだから、誰が決めるかっていう問題なんです。(マドモアゼル愛)
ああ・・そうですかね・・(相談者)
それは、こちらが決める問題じゃないのよ。(マドモアゼル愛)
はい・・そうですね・・(相談者)

だからそれは、なんとか君、もっと子供は元気にラジオ体操やらなくちゃいけないよっていう・・(マドモアゼル愛)
ああ・・(相談者)
冷たさなのよ。(マドモアゼル愛)

いや、気持ちは分かるよ、もちろん。(マドモアゼル愛)
やっぱりそこはでも・・やっぱり、抑えてやる問題だよね、これは。(マドモアゼル愛)
ああ、そうですね・・(相談者)

変わらぬ姿勢

うん、それでこちらは、変わらない姿勢を・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
常に見せ続けることが、大事であって・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

来なくてもいいから、あ、おいでって言って・・事を、永遠に続けるっていう覚悟、これは必要かもしれないよね。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

うん・・(相談者)

それで、相手が、なんだ、そんなに姉さん達、悪く思ってないんだ・・結構、苦々しく思うものの、なんか、やっぱり、本当に来てもらいたいんだ、とかって言うのを・・(マドモアゼル愛)
うーん・・(相談者)

待つ以外にこれは、ないんじゃないの?(マドモアゼル愛)
そうですよね・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

それが、基本的なお嫁・・弟に対する愛情じゃない、まず?・・スタートとしての・・(マドモアゼル愛)
うん・・(相談者)

そうですね。(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

やっぱ、その順番、狂わしちゃいけないような気がする。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
はい、その視点から考えれば、弟はなんとしても、来て欲しとかと言うのとは、ちょっと違ってくるような気がする・・これ加藤先生に、もうちょっと、もう1回、ね、伺ってみたい。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

加藤諦三まとめ

ええ、あの・・放っておくっていうことなんですよね。(加藤諦三)
そうですね・・(相談者)

放っておくこと

あの、放っておくことの大切さっていうのがあ・・あるんですけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
放っておけない人って、どういう人だと思う?(加藤諦三)

え・・・(相談者)

じゃあ、放っておける人っていうのは、どういう人だと思う?(加藤諦三)

・・・(相談者)

放っておける人っていうのは・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
積極的な・・人なんですよ。(加藤諦三)
積極的?(相談者)
はい・・(加藤諦三)

放っておく・・おけない人ってのは、受け身な人なんです。(加藤諦三)
え?そうなんですか?(相談者)

ええ、だって・・あの、今、マドモアゼル愛先生が言われたように・・自分が受け身で、愛されたい、人と関わりたい、というふうだったら、放っておけないでしょ、この、弟夫婦。(加藤諦三)
うん、はい・・(相談者)

で、積極的で、自分の生きる姿勢があったら・・いや、弟は・・こういうことになってるのか・・嫌がってるんだったら、じゃあ、放っとくかと・・(加藤諦三)
うーん・・なるほど・・(相談者)

自分の世界があって・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
自分の生き方があれば・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そういう積極性があれば・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
放っておけるんです。(加藤諦三)
はあ、なるほど・・(相談者)

放っておけない人

ところが・・放っておけない人っているんですよ・・(加藤諦三)

で、放っておけない場合は大抵、受け身の願望が強いんですけれども、愛情というようなことで・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

それを合理化するんだけどね。(加藤諦三)
なるほど。(相談者)

いい時に、電話くれましたね。(加藤諦三)
ああ、はい、本当にありがとうございます。(相談者)
っていうのはね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

これ・・どんどん、関わろうとする方に行ったとしますね、あなたが・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
・・が・・どんどん、悪くなります。(加藤諦三)
悪く・・そうですよね・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

ところが、ちょうど今、うまく・・まだ、悪くなってないわけですから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
だからね、ちょっとその、お嫁さんを・・ちょっと理解してください。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ここの理解を、今、あなたがすれば・・マドモアゼル愛先生が言われたように、放っておくことによって・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

うまくいく、可能性ありますよね。(加藤諦三)
はい、わかりました。(相談者)

はい、いろいろ、ありがとうございました。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、失礼しまーす。(相談者)

『小さい頃、近い関係で嫌な体験をした人は、大人になっても近い人を避けようとします。回避依存症、アボイダンスアディクトと言います』

管理人のちょっとひと言

弟夫婦は、幼すぎる・・・うん?なに目線?
身内と仲良くできないと、人間として成熟してないとでも?
これ、愛先生、もっと強く言ってもいいと思うぞ、優し過ぎる。

仰るアドバイスは、ご尤も。
家族みんな仲良く・・・なんの反論もないけど、自分ら、もう、確執生まれ始めてますがな。
そんな、もんですよ。

ダメだとは言わないけれど、明日の放送になる、子供に暴力をふるう親の元で育ったら、そんなのない。
大きくなって、仲良くできるとも思えないけどね。
それに、正月から群れて、自分のしたくないことを、我慢して来てる人、絶対にいる。

そこに思いを馳せれない、お前こそが未熟だな・・・幼すぎるぜ。

他人の家族・・・特に夫婦関係には、首を突っ込まないこと。
こんなん、常識。
価値観が違う者同士が夫婦として一緒になって、お互いにすり合わすために、傍から見れば、喧嘩だったり、言い合いだったりをするわけだ。

そこに、また異なる価値観を持った者が、首を突っ込んだらどうなるか。
頼まれもしないのに、することじゃないな。

あ、それと、弟が結婚する前に嫁のこと、性格悪いって相談にのってたって言うけど、弟からすれば、愚痴を聞いてもらってただけじゃない?
あんた、結構、空気読めん奴って言われてないか?
ま、自分じゃ気付かないだろうけどね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.