テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月31日(金)は、加藤諦三&大原敬子。下の子供を妊娠した頃から、母親の腕を毎日噛むようになった2歳の息子。周りの人は赤ちゃん返りだと言うが、腕を噛むというのは聞いたことがない。噛まれて痛いので、突き放してしまう形になってしまう。口唇欲求は子供との感情を共有してあげると加藤諦三。大原敬子が、2歳の子供はまだ赤ちゃんなので赤ちゃん返りではないと、子育てアドバイス。
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:44歳女性 夫49歳 長男7歳 次男2歳 長女6ヶ月

加藤諦三氏の〆の言葉『子供は母親を独占したい。自分だけのものにしたいと欲しています』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

44歳の女性から、夫は49歳、長男7歳、次男2歳、長女6ヶ月になったばかり。

はい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

赤ちゃん返り

はい・・赤ちゃん返りのような・・行動が・・あの、次男・・なんですけれども・・みられまして・・(相談者)
この、2・・2歳の子供ですね?(加藤諦三)

あ、はい。(相談者)

赤ちゃん返りしてるっていうの、具体的に言うと・・いつからですか?(加藤諦三)

あのぅ、長女の妊娠が、わかってすぐの頃から・・(相談者)
はい、はい、はい。(加藤諦三)
です。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
具体的に言うと、どういう・・行動・・が、目立ったんですか?(加藤諦三)

あの、わたしの腕を・・あのぅ、噛んでくるんです。(相談者)
そして、あの、長女が生まれてからも・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

おっぱいとか、ミルクを飲ませたりする時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

横に・・あの、そばにきて・・腕を・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
噛んだり、噛み始めるんです。(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

あとは、寝かしつける時も・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
同じような行動をして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしが・・嫌がって腕を・・あのぅ、払いのけようとすると・・(相談者)
また・・自分の腕に戻して、噛み始めるんです。(相談者)

そのような・・(相談者)
で、それが・・はい?(加藤諦三)
はい、行動を止めさせ・・あの、止めさせるべきか・・まぁ、できれば、止めさせたいなぁ・・と・・はい、自分もちょっと、精神的に、まいっていますので・・(相談者)

ま、今は、その手・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あのぅ・・そういう行動で、まいってきてるということですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
そのぅ、腕を噛むっていうのは・・どのぐらいですか?・・しょ・・しょっちゅうですか?・・それとも・・たまにそういうことが、あるっていうこと?(加藤諦三)

どっちです?(加藤諦三)
もう、毎日あります。(相談者)
もう、いつもということですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ですので、首と腕は、痣ができたり・・します。(相談者)

ぁぁ、ま、要するに、あなたを噛んでくるということですね?(加藤諦三)
あ、はい、そうです。(相談者)

それが、たまにというんじゃなくて、もう、毎日、毎日ということですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ、そのことは・・このぅ・・今、6か月の・・お嬢ちゃんを・・妊娠する前・・は、なかったということですね?(加藤諦三)

はい、ありませんでした。(相談者)

で、今・・赤ちゃん返りという・・ことで・・あのぅ、いう言葉つかったわけですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

これはアレですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
このぅ・・2歳の男の子の・・気持ちは・・理解できないってことではない・・ですよね?(加藤諦三)

理解できるけれども、ちょっと行動が、ちょっと酷すぎるっていうことですよね?(加藤諦三)

そうですね・・はい。(相談者)

赤ちゃん返りと言ってる以上・・やっぱり、こういう行動は、するだろうなぁ・・というのを・・どっかで、あなたとしては、理解できていると。(加藤諦三)

はい、周りの人に相談しても・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そう、赤ちゃん返りではないかという・・はい、あの、答えをいただくので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
あぁ、わたしも・・そうかもなぁ・・と思っています。(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)

口唇欲求

そいで、この・・2歳の・・(加藤諦三)

お子さん・・を・・(加藤諦三)

成長さ・・あのぅ、する時にですね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

授乳の時と、おっぱいあげる時なんか・・十分に与えていなかったということは、あるんですか?(加藤諦三)

あ、いえ、そんなことはありません。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

そうすると、あなたの側からすると、なんで赤ちゃん返りすんだか・・理解できないっていうことですか?(加藤諦三)

この、腕・・は、そうというよりかは・・腕を・・噛むという・・あの、赤ちゃん返りの行為を・・周り・・でも、あの、聞かないんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
それで・・(相談者)

こういう行動が、稀なので・・あの、やっぱり専門家の先生に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

一度・・(相談者)
聞きたい・・(加藤諦三)
ご相談・・(相談者)
聞きたいと。(加藤諦三)
はい。(相談者)
あ、つまりその・・(加藤諦三)

赤ちゃん返りするのは・・他の子・・子供でもあ・・あることで・・けれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

この子の場合に、腕を噛むということが・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
なかなか、あなたとしては、理解できないということですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
で、あなたは・・この2歳の・・子が、ずっと成長してくるプロセスで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
十分、さっき、授乳の話しをしましたけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そういう・・欲求・・ま、口唇欲求って言いますけども、そういうような欲求は・・十分、満たしてあげているというふうには、思っている?(加藤諦三)

どう・・でしょうねぇ・・(相談者)

まあ・・下の子が・・に・・あの、かかりっきりという・・場合も、多いので・・(相談者)

やはり、そう考えると・・(相談者)
うん、ぃぃし・・下の子にかかりっきりっていうのは、今・・今の段階ですよね?(加藤諦三)

あ、はい。(相談者)

2歳の子が・・下の子、妊娠する前の・・成長の・・中ではですね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなたとすると、十分な、愛情を与えていたというふうに、思ってるということですよね?(加藤諦三)

あ、はい。(相談者)

だけども、こういう、赤ちゃん返りがおきてる・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
で、どうしたらいいか?・・ってことですね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

あ、はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク