テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018月6月6日(水)は、ドリアン助川&大迫恵美子。子供の頃から三男と不仲の長男、56歳男性から。事業に失敗して実家に戻り父と暮らす三男、その父が余命いくばくもないと周りから聞かされる。見舞いに行きたいのだが、不安障害を抱える長男は、弟に上から威圧されパニックになった過去有り。その為、病院へ見舞いに行く事ができない。兄弟仲の悪い弟と、どう関わればいいのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:56歳男性(独身・既婚歴なし・不安障害) もうすぐ54歳になる次男(結婚し甥姪あり) 三男52歳(独身・実家で父親と二人暮らし・事業失敗し無職) 余命いくばくもない父(年齢不明) 母は既に他界

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

あっ、もしもし、よろしくお願い致します。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

今日どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

えーとですね、あのぅ・・小さい時からちょっと弟との仲が、よくないんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それ・・でぇ・・特に今・・あのちょっと、父・・の方が・・病気で、もう・・(相談者)

先が短いという事を、聞いてるのでぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

で、このまま仲が悪いと、ちょっと・・(相談者)

問題になるなと思いまして、それで、どうやって接したらいいか?というので・・(相談者)
はっ、はっ、はっ、はっ・・(ドリアン助川)
え・・連絡、差し上げたんですが。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・あなた様、今おいくつですか?(ドリアン助川)

56です。(相談者)
56歳・・弟さんは?(ドリアン助川)

52ですね。(相談者)
52歳・・(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)

そうだあのぅ、三人兄弟なんですけども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・今言ってるのは三男でぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
次男は、二つまた離れて、50・・もうすぐ4になりますけど・・(相談者)
54歳・・はい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

三男の弟さんと、特に・・あんまりうまくいってないと?(ドリアン助川)

そうですね、はい。(相談者)
はぁい・・(ドリアン助川)

子供の頃からあまり仲が良くなかった・・んですか?(ドリアン助川)

あの、「お兄ちゃん」とは、呼ばれたことがなかったですね、一度も。(相談者)

なにか・・(ドリアン助川)

思い当たる節というか・・(ドリアン助川)

特に・・思い当たる節、ないんですよね、まったく。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

どのぐらい・・の、なんかこう・・仲の・・あんまりしっくりこないという・・(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)
感じなんですかねぇ?(ドリアン助川)
はっい・・(相談者)

小さい・・頃でしたら、あのぅ・・(相談者)

こちらがなんか言っても・・「早く生まれたから・・偉そうにするな」とか・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

あ・・とは・・「お前は勉強が・・出来ん」だとか・・「運動神経鈍い」とか、そういった言い方されてまして・・(相談者)
ええ、ええ・・(ドリアン助川)

年取って来てから・・あのぅ・・例えばなんか・・「今、仕事どうだ?」とかいうふうに聞いたら・・「お前には関係ない!」って言って、怒り始めるんですね。(相談者)
はっ、はっ、はっ、はっ・・(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)

ふぅーん・・(ドリアン助川)

だもんで、三・・はい?(相談者)
次男は・・ど、どうなんですか?(ドリアン助川)

えーっとねぇ、以前はちょっと、本当に、仲良くなかったんですけども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

次男が結婚して、でぇ・・あの、甥とか姪とかが・・出来たので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
でぇ、今は・・(相談者)

なんとか付き合うように、和解ができました、最近、はい。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

だから、次男と三男とも、仲があんまり良くないんですね、今。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
じゃあ、兄弟全員、あんま仲良くないわけですね。(ドリアン助川)

そうです、はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・あなた様、今・・独身ですか?家族は?(ドリアン助川)

あっ、わたくし・・独身です。(相談者)
独身?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ずっと独身ですか?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
はっはっはっはっ。(ドリアン助川)

あのぅ・・三男の方は?(ドリアン助川)

は(わ)・・も、独身ですね、はぁい。(相談者)
あっ、独身なんですか?(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)

もう少しエピソードを教えてほしいんですけども。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

あの、あなた方が、10代の頃ね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・ご家庭で食事・・一緒に取られたり・・したと思うんですけども。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
え・・そういう時にも会話はなかったですか?(ドリアン助川)

・・

ないですねぇ・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

ただ黙々と目の前のご飯を食べてる・・(ドリアン助川)

三兄弟?(ドリアン助川)

そうですね、もうテレビ観ながら食べてる・・っていうような・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)
感じですね、あんまり干渉すると・・なりますので、ゴタゴタに・・ふっ(自虐的な笑い)・・(相談者)
ええ、ええ・・(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
じゃあ、兄弟喧嘩というとこまで、発展するわけですか?とっくみあったりとか?(ドリアン助川)

・・

うーん・・なりますねぇ・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
最後には・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

ぇぇ・・(相談者)
でぇ、そういう時、お父さんとか、お母さん、どうしてました?(ドリアン助川)

わたしから見たら、なんにも注意もしてないのでぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

その辺・・(相談者)

もうちょっと、アレんなと思うんですね(?)、なもんで、今、わたしも・・(相談者)

精神、ちょっと疾患にかかって、病院に行ってるぐらいなのでぇ・・(相談者)
ほぅぅ・・(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)

お母さんは今?(ドリアン助川)

もう、だいぶ前に、亡くなってます。(相談者)
あっ・・そうなんですか。(ドリアン助川)

お父さん、あのぅ・・一緒には暮らしてらっしゃらない?(ドリアン助川)

父・・の、家に、三男が・・戻ってきた形になってるのでぇ・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

三男・・とだけ・・(相談者)

一緒に・・(相談者)

暮らしてます、はい。(相談者)
あっ・・(ドリアン助川)

じゃあ、ご実家の・・ところに三男が、居るということですね?(ドリアン助川)

あ、そうです、はい。(相談者)
でぇ、お父さんもそこに居るということですね。(ドリアン助川)
・・
はい、そうです。(相談者)
でぇ、お父さんは、入院してらっしゃらないの?(ドリアン助川)

入院してる・・そうです。(相談者)
でぇ、三男は・・今、じゃあ、お父さんの面倒看てるわけですか?(ドリアン助川)

そう思うんですけど、よくそこら辺、わからないんです、事情が、まったく。(相談者)

え、でも・・(ドリアン助川)

電話をしたり・・(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
なんなりはしないんですか?(ドリアン助川)

ないですねぇ。(相談者)

ない?(ドリアン助川)
今回の件も全然・・あたし、直接には・・情報、入ってきませんのでぇ。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

巡り巡って入ってきてる状況なので。(相談者)

どれぐらいじゃあ、連絡、とってないんですか?三男の方とは?(相談者)

いや、一度も取った事ないですね。(相談者)

一度も取ったことない?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

いつから一度も?(ドリアン助川)

生まれてから。(相談者)

生まれてから?(ドリアン助川)
・・
はぁい。(相談者)

・・

あなたは、いくつまでご実家にいらしたんですか?(ドリアン助川)

18まで・・(相談者)
10・・(ドリアン助川)

18まで・・(ドリアン助川)
居ましたね、はい。(相談者)

連絡とってないっていうのは、この18歳で、家を出てからということですね?(ドリアン助川)

そうですね、はぁい。(相談者)

お父さんとも、ずっと連絡とってないんですか?(ドリアン助川)

父とは・・あのぅ、とってました。(相談者)
・・
あの、こっち戻ってきてからは、あのぅ・・(相談者)

会ったりもしてたんですけど、実家に居ると、今、行けないのでぇ・・(相談者)
はぁ・・(ドリアン助川)
弟がいるから・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
それちょっと、苦労はしてるんですね、こちらも。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

ウン・・(相談者)
そこまであなたを、その、はねつける理由って・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
なんなんですかねぇ?弟さんが。(ドリアン助川)

・・

わ・・からないんですね、それがまったく。(相談者)
・・
でも、そこまでもう・・あのぅ・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
拒まれちゃった・・んであれば・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
なにも、あなたも、精神的な病まで抱えて・・(ドリアン助川)

それで、もう一回、仲良くしようなんて思う必要・・ないような気もするんですけど?・・ど、どうです?(ドリアン助川)

今問題・・に、なりそうなのが、父が、亡くなった時に、じゃあ・・こっちへ連絡は・・すぐ、来てくれるかどうか?・・ということなんですね。(相談者)
・・
今は、まったくないので。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
ぁ、ただそれ、次男にはきますよねぇ?(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
・・
ということは、次男経由で来ますよねぇ?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

ええ、でぇ・・僕が行くと、なんで来たんだと、もし言われたら・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

こっちも、ちょっとパニック起きるのでぇ・・(相談者)

はあぁぁ・・(ドリアン助川)
上から・・言われると・・うん・・(相談者)

でも、あなた・・(ドリアン助川)
それが、怖いんですね。(相談者)

長男なのにねぇ。(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

三男の方は、普通・・の、暮らしをしてらっしゃるんですか?仕事も、普通の仕事、してらっしゃるんですか?(ドリアン助川)
いや、仕事は・・してない・・らしいです。(相談者)

なんかが・・事業に失敗して、もど・・って(戻って)きたみたいなので、こちらの方に。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
ぁ、そうなんですか・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

・・

なにか、方法があるか?ということですね?(ドリアン助川)

そうです、どう接したらいいか・・というのが・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
もう、歳も歳ですし・・お互いが。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
わかりました。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・今日の回答者・・紹介致します。(ドリアン助川)
・・
弁護士の・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
大迫恵美子先生です。(相談者)

あっ、はぁい・・(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

もしも・・(大迫恵美子)
よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 一番下の弟とは4歳の年の差があるんですよね。
    子供の頃の4歳の差って、越えがたい腕力の差があるんですよ。
    喧嘩したら絶対お兄ちゃんには弟は敵わない。

    この相談者さんは子供のころから弟に負かされてたっぽいのが不思議。
    親の強力な介入が無ければ、そんなことはあり得ないですよ。

    どういう親だったんでしょうかねえ?

    父親が死んでも自分だけがそれを知らずにいることが不安なんですかね?
    そんなことどうだっていいでしょうに。
    もしかして遺産相続で損するのが嫌なのかな?最低でも遺留分は確保できるでしょう。
    自分が遺産分割協議書に判を押さなきゃ、他の兄弟だって困るんでしょうに。