テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

はい、こんにちは。(大迫恵美子)

こんにちは・・(相談者)
ウウン(咳払い)・・お父さんの・・(大迫恵美子)

お見舞い・・(大迫恵美子)

とかっていうことを・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
会いに行きました?(大迫恵美子)

い・・くに(行くに)、行けないんですよね、弟がいると怖いんで。(相談者)

弟さんがずーっとついて・・面倒看てるかもしれないってことですか?(大迫恵美子)

その辺が全く・・わからないのでぇ・・(相談者)

ふぅーん・・(大迫恵美子)

次男の方は、お見舞いに行ったって言ってました?(大迫恵美子)

行ってないです。まだ。(相談者)

次男の・・方の・・奥さんとかが行ったとかっていうことはないんですか?(大迫恵美子)

うん・・まだ・・そういった情報は、入ってきてないですねぇ。(相談者)
・・
ふぅーん・・(大迫恵美子)

とても病気が重いのか・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
それとも大したことがないのか、その辺は分かっているんですか?(大迫恵美子)
はい、もうあのぅ・・(相談者)

余命わずかというふうに・・(相談者)

聞いてます。(相談者)

ふぅーん・・(大迫恵美子)

あの、それなのに・・(大迫恵美子)

行ってないんですかねぇ?・・ど、どなたか?(大迫恵美子)

うーーん・・(相談者)

みたいですねぇ・・(相談者)

ホントは、わたしなんかは、すぐに行きたいんですけど、なかなか・・(相談者)

まぁ、そこに・・あのぅ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
弟さんが居たとしても・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)

ま、病院でぇ・・人前でなにかそのぅ・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
直接ね、あなたに危害を加えるって事は・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
ないんじゃないですか?(大迫恵美子)

・・

それが、実は一度あったんですね、揉めたこと、病院で・・ふふっ・・(相談者)
はあ・・(大迫恵美子)

何年か前に。(相談者)

あ、それ、どんな場面でですか?(大迫恵美子)

ちょっと、詳しい場面まではちょっと・・こっちもパニックになったんで、よく覚えてはないんですけど。(相談者)

なんかお前は人生の落伍者みたいな感じで・・急にしてきたりして・・(相談者)

ああ・・(大迫恵美子)
でぇ・・(相談者)

んっとその、パニックっていうのは・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
なにかパニック障害のようなものが、出るっていうことなんですか?(大迫恵美子)

えーっと、不安障害、持ってますんでぇ・・(相談者)
ええ。(大迫恵美子)
あんまり・・(相談者)

高圧的にされると・・(相談者)

もう感情のコントロール効かなくなるんですよね。(相談者)

ああ・・(大迫恵美子)

それが怖いので、ちょっと今、行けない状況というのが・・(相談者)

ふぅーん・・(大迫恵美子)
ある・・はぁい。(相談者)

まぁ、お話がね。(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)
とてもあのぅ・・まぁ、あなたお一人の・・お話しかないですし・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
それからそのぅ・・あなた自身も・・他の人からあまり情報を、集めていないのでね。(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
いったい、なにが起きているのか・・(大迫恵美子)
・・
はぁい。(相談者)
推測するのがとても難しいんですけど。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

あのぅ・・男の子、三人がね。(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
そんなに仲が悪くて・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
お母さんはなんとかしようと・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
いうふうに・・介入ってしなかったんですか?(大迫恵美子)

記憶の中に全くない・・(相談者)

んですよねぇ・・そういうのは。(相談者)

あのぅ・・あなたのお話で、伺ってると、とても・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
あのぅ・・ねぇ、かわ・・ってるなぁ・・って、思うのは・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
あの、よくある話はねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あのぅ、お母さんが・・(大迫恵美子)

三人の内、誰かだけを・・(大迫恵美子)

すごく、可愛がっていてね。(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
でぇ、他の兄弟が・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
それを、そのことを、とてもその妬んでいて・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
まぁ・・あの、いろいろ悪く言うとかね。(大迫恵美子)

それを一番嫌がってましたね、母は。(相談者)

っていうのは?(大迫恵美子)
みんな平等だということを・・(相談者)
ああ・・(大迫恵美子)
常に、言ってた人なので。(相談者)
ああ・・(大迫恵美子)

まぁ、親はだいたい、平等だって言うんですけど・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
子供はね・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)
みんな敏感にね。(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
平等だって言ってるけど嘘で・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あの子だけが、好きなんだ・・とかってね。(大迫恵美子)
うん・・はぁい。(相談者)
あの、思ったりするもんなんですけど。(大迫恵美子)
うーん・・特にない・・(相談者)

ですねぇ・・その辺りは。(相談者)
ああ、そういうことを、怒ってるわけでもないんですか?(大迫恵美子)

ええ。(相談者)

うーん、不思議ですねぇ。(大迫恵美子)
・・
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
お父さん・・は、あのぅ、どうですか?お子さん達に、厳しい親だったんですか?(大迫恵美子)

というか、父親の存在はないですね、小さい頃は、あんまり・・ふふっ・・(相談者)

あんまりその子供に、関わってない感じ?(大迫恵美子)

し・・いろいろと・・(相談者)

遊びに行って・・なかなか帰ってこないという印象とか、ありましたんで、小さい頃。(相談者)

ああぁぁ・・そうなんですね?(大迫恵美子)
ええ・・(相談者).

はぁい。(相談者)
そうするとねぇ、あなたの・・なんか、お話の中に・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
大人って・・いないんですね。(大迫恵美子)

ああぁぁ・・(相談者)

・・

そうねぇ・・(相談者)

・・

お家は、結構・・(大迫恵美子)

バラバラですよね。(大迫恵美子)

ああ・・はぁはぁ・・(相談者)

お子さん・・達だけの世界があって・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
え・・親御さんは、あまり、お子さんに・・ぁ・・かまってないですね。(大迫恵美子)

ああ、そうです。(相談者)

そういう中で、そのぅ・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

三人の・・争いっていうのは、どういうふうになるんでしょうね?(大迫恵美子)

そうなんですねぇ・・(相談者)

ぅ、ぅ・・ホントに、少ない親の愛を、奪い合ってるんでしょうか?(大迫恵美子)

・・

かもしれませんねぇ・・(相談者)

ウーーン・・(大迫恵美子)

まぁ、わたしもね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
三人兄弟の、一番上なのでぇ・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
あのぅ、一番上の人には、やっぱりどうしても、あのぅ・・(大迫恵美子)

まぁ、親和性を、感じるんですけど。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あたしはね、あなたとお話して、あんまり、あなたがそのぅ・・お兄さんらしいという感じでは、思わないんですよ。(大迫恵美子)

ええ。(相談者)

ちょっと・・(大迫恵美子)

ふざけた本なんかもたくさん出てますけど。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ、一番上の子は・・ねっ。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
まぁ、極端な言い方ですよ。(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)
誤解されたら困りますけど・・(大迫恵美子)
あっ、はぁい。(相談者)
あのぅ・・下の妹とか弟をね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
人間だと思ってないっていう・・ふふふ・・そういう・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
言葉が、あるんですけど。(大迫恵美子)

ははっ、そうなんですか、ええ。(相談者)
わたしはそれ、ある程度、当たってるなと思うんですね。(大迫恵美子)

ええ、ええ、ええ・・(相談者)
どうしてもその、自分が記憶がありますのでぇ・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
あなたも、一番下の、お子さん・・が、産まれた時ぐらいから、記憶あるでしょう?(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
なんなら・・あのぅ、オムツを換えるの、手伝ったりなんかしてるもんですから。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
大きくなって何か言ってきてもね。(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
何を言うか?人間みたいな事、言って・・って思っちゃうっていうね・・ふふふ・・(大迫恵美子)
ええ・・はい。(相談者)
そういうような、あのぅ・・感覚っていうのは、どうしても・・ぁ、一番上は、ずっと持ってることが多いんですけど。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
なんか、あなたのお話に、そういうの、ないですよね?(大迫恵美子)

ああ、はぁはぁはぁ・・(相談者)
一番下はね、やっぱり、あのぅ、お兄さんのこと、すごく批判すること、多いんですけど。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
まぁ、それはわたしの周りでも、わたしの実の兄弟でもそうですけど。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
要するに、威張りん坊・・ってね。(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
言うんですよ、一番上の事をね。(大迫恵美子)

ええ、ええ。(相談者)

でぇまぁ、わたしとしては、威張って当然でしょう、わたしが、あのぅ・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
わたしの方が、わかってるんだから・・みたいなね。(大迫恵美子)

はあ・・(相談者)
あのぅ、そういう感覚で、いますけど。(大迫恵美子)
・・
なんか、あなた、やっぱそういう上下関係感じない・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
ですよ。(大迫恵美子)

でぇ、そう言いながら・・そのぅ、余命いくばくもないという噂のね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
お父さんのところに駆けつけても、行ってないということにもね。(大迫恵美子)

あたしは何だか、すごく不思議な感じがするんですけど。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
お父さんとこ、駆けつけてね。(大迫恵美子)

こう、最期の時をね。(大迫恵美子)

まぁ、みてあげたいと。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
いうようなことは・・(大迫恵美子)

優先しないんですか?(大迫恵美子)

・・

優先したい・・本音は。(相談者)

でもそのぅ・・弟が怖いというだけでねぇ・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
あのぅ、行かないっていうのは、ちょっと理解できないんですけどね。(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)

次男の方と、誘い合って行くとかね。(大迫恵美子)
・・
ええ。(相談者)

もう、考えてもいいように、思うんですけど。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)

あんまり、そんなふうでもないじゃないですか?(大迫恵美子)

義理の妹からは、言われてるんでぇ、まだ、ちょっとそれでぇ・・うん、今回のアドバイスも含めて、ちょっとまた・・(相談者)

聞いてみようかと思いますけども。(大迫恵美子)

でもねぇ・・(大迫恵美子)
ああ、はぁい。(相談者)
あの、こんなことは、アレなんだけど・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

余命いくばくもない・・って、言われてるんですからね。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)

もう、今日とか、明日とか、もう、一日一日が、とても大切だと思うのでね。(大迫恵美子)
ええ。(相談者)

あのぅ・・すぐ駆けつける方法を、考えた方がいいんじゃないですか?(大迫恵美子)

あっ、はい、わかりました。(相談者)

ぅ・・弟さんと、そりゃ、仲がいい方が、いいと思いますけどね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

だけど・・(大迫恵美子)

あのぅ・・どうしたって、話が出来ない人と・・仲良くなるために、一生懸命・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あのぅ・・努力しても・・まぁ無駄ですよね。(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・そんなことよりは・・(大迫恵美子)

まぁ、今は・・お父さんのことを、優先しなきゃいけないでしょうし。(大迫恵美子)
ええ。(相談者)

あのぅ・・弟さんと、どうやったら仲良くできるか・・ね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あのぅ、考えるっていうのは、もうちょっと、ずっと後でいいんじゃないですか?(大迫恵美子)

あっ、はい・・わかりました。(相談者)

もしもし?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

ま、幸運にも、次男の方と・・(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
え・・コミュニケーションとれて、お酒飲んだりされてるっておっしゃってましたよねぇ?(ドリアン助川)

あっ、そうです、はい。(相談者)
ええ、ですから、もう・・二人・・でぇ、動かれた方が、いいと思いますよ。(ドリアン助川)

あっ、わかりました。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

じゃあ、その方向でぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
動いてみます。(相談者)
・・
どうも、ありがとうございました。(相談者)
はいはい、どうも失礼しまーす。(ドリアン助川)
はい、失礼致します。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

※後ほど更新

テレフォン人生相談2018月6月7日(木)予告

明日のテレフォン人生相談は、叔父の成年後見人に不信感を持っている54歳の女性からの相談。

パーソナリティが柴田理恵さん、弁護士の坂井眞さんが回答者です。

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 一番下の弟とは4歳の年の差があるんですよね。
    子供の頃の4歳の差って、越えがたい腕力の差があるんですよ。
    喧嘩したら絶対お兄ちゃんには弟は敵わない。

    この相談者さんは子供のころから弟に負かされてたっぽいのが不思議。
    親の強力な介入が無ければ、そんなことはあり得ないですよ。

    どういう親だったんでしょうかねえ?

    父親が死んでも自分だけがそれを知らずにいることが不安なんですかね?
    そんなことどうだっていいでしょうに。
    もしかして遺産相続で損するのが嫌なのかな?最低でも遺留分は確保できるでしょう。
    自分が遺産分割協議書に判を押さなきゃ、他の兄弟だって困るんでしょうに。