テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井眞)

あっ、よろしくお願いします。(相談者)

あのぅ・・その女性って、おいくつなんですか?(坂井眞)

あ、一つ上です。(相談者)

えーっと、そうすると、57か、今は。(坂井眞)
50・・7です、はい。(相談者)

でぇ、そのぅ・・えっと、4年前に亡くなった旦那さんっていうのは・・(坂井眞)

やっぱり同じくらいの歳の方だったんですか?(坂井眞)

そうです。(相談者)
・・
ああ・・そう・・ですね・・うん、同じ・・ぐらいですねぇ・・(相談者)
同じぐらいの・・だいたい、年齢・・(坂井眞)
一つ上か・・はいはい。(相談者)

でぇ、仕事は?(坂井眞)
真面目な方・・(相談者)
会社員?(坂井眞)
あっ・・(相談者)

その方も・・まぁ、自営・・(相談者)
自営の方?(坂井眞)
ですねぇ・・まぁ、夫婦で・・自営やってて・・(相談者)
ああ、なるほど。(坂井眞)

あの、時々・・彼女のほうは、あのぅ・・外に働きに出た時期も・・(相談者)
ああ・・(坂井眞)
あったりして・・(相談者)
・・
はい。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

それからあのぅ、もう一つお聞きしたいのは・・(坂井眞)

アパート一年前に借りて、どっちかの家に行くっていうふうにしなかったのは、何か理由があるんですか?(坂井眞)
あっ・・(相談者)

最初はこちらに出入りしてたんですけど・・(相談者)
はい。(坂井眞)
自分の方に・・やはり・・(相談者)

自分の子どもが近くにいて・・(相談者)
ああ、ああ・・(坂井眞)
おんなじ仕事してるもんでぇ・・(相談者)
はぁい。(坂井眞)
自営・・で。(相談者)
はぁ、あの・・(坂井眞)
やっぱり、顔・・を、挨拶もしない、子供は・・その方に対して。(相談者)
・・
もう、嫌っ・・(相談者)
・・
ねぇ、やっぱり、お父さんは・・そんな、早過ぎる・・っていうふうで・・(相談者)
ふぅーん・・(坂井眞)

彼女の家は・・彼女の家で・・(相談者)
うん。(坂井眞)
ちょっと、いろいろあのぅ・・仕事の関係で。(相談者)
うん。(坂井眞)
世間体が・・女性の・・(相談者)

まぁ・・(相談者)

未亡人の人が、他の男性を・・(相談者)

っていうのは、ちょっとまだ・・(相談者)
・・
早すぎる?(相談者)

わかりました。(坂井眞)

でぇ、じゃあまぁ、どっか間(あいだ)に、アパート借りて・・(坂井眞)
そうです。(相談者)
付き合ってるん・・だったら・・(坂井眞)
そうです。(相談者)

会う場所があってもいいんじゃないかと、こういう話・・なんですね?(坂井眞)
そうです、はい。(相談者)

それで・・ちょっとあのぅ・・(坂井眞)

・・

何て言うのかなぁ・・(坂井眞)

・・

はっきり言って、両方それぞれの・・あのぅ・・立場ってゆうか・・(坂井眞)

考え方があって・・(坂井眞)

ぇ、いい大人なんだけど、どっちも決められない者同士がいて・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
要するに・・(坂井眞)

くっついちゃうか、別れるか、どっちかしかないのに・・(坂井眞)

そうです。(相談者)

なんか、結論から言うと・・(坂井眞)

妄想が出てきちゃって・・(坂井眞)
・・
あなたに文句を言うと。(坂井眞)

はい。(相談者)
いうことを繰り返すわけでしょう?(坂井眞)

そうです。(相談者)
まぁ、調子の特別良い時を除けばってことだと思うんだけども。(坂井眞)
はいはい、はい、はいはい。(相談者)

なんかお話し聞いてると、もうそれ自体が彼女、目的化しちゃってる感じがするんですよ。(坂井眞)

はいはい。(相談者)

それでぇ・・そうは言ってももう3年も、付き合ってるわけじゃないですか。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
一年前からアパートを借りていて・・(坂井眞)

で、最初はそのぅ・・風俗の話は、当然話さないから・・(坂井眞)

あのぅ・・(坂井眞)

こう、揉める理由はなかったんですけど。(坂井眞)

そういう話が出る前に・・彼女があなたを責めるようなことはなかったんですか?(坂井眞)

あっ、最初は・・亡くなった妻のことで・・(相談者)

の、嫉妬で・・(相談者)

妻のものがあると、全部捨てられちゃうし・・(相談者)
・・
ま、捨ててよと。(相談者)

そうですよねぇ、だからその・・(坂井眞)
最初は、そちら側の・・(相談者)
うん。(坂井眞)
衝突でした。(相談者)

だから風俗だけの話なんじゃないだろうと思って、お聞きしてるんでね。(坂井眞)

はい、そうです。(相談者)
たまたま分かりやすい話・・なのでぇ・・(坂井眞)

おそらく彼女のあり方って、そこの話だけじゃないと思うんですよ。(坂井眞)

そうです。もう・・常にそのぅ・・自分以外の・・(相談者)

女性に対する・・(相談者)
うん。(坂井眞)
攻撃?(相談者)

が・・すごいです。(相談者)

うん、でぇ、おそらくきっと、その女性の話だけじゃなくって、そう、きっと出てくるんだろうと思うんだけれども・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

でぇ、こっから先・・は、わたしというよりも、むしろ加藤先生のお話になると思うんですけれども。(坂井眞)

はい。(相談者)
彼女自身が・・(坂井眞)

何かその心理学的な・・ないしは、その・・(坂井眞)

精神的なね。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
問題を抱えているような気がするんですよ。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
でぇ、そういう部分・・の、ある意味、あのぅ・・(坂井眞)

はけ口って言ったら言葉悪いけど、そういう部分を・・解消するために、あなた・・が、その、こう、ターゲットになっているような気がするし・・(坂井眞)

はい。(相談者)
本当に・・あのぅ・・(坂井眞)

ぉ・・一緒に・・居ようとして、あなたとやっていこうっていう話は、どうも彼女に関する話・・には、出てこないんだよね、あなたの話からは。(坂井眞)
・・
はいはい。(相談者)

出だしの時に、なんとなく寂しい同士でくっついちゃった話は出るんだけど・・(坂井眞)

うーん・・(相談者)

その後は・・さっきお聞きしたら、最初から奥さんのことを、ぐ・・いろいろ言われたと。(坂井眞)

うん・・(相談者)
その後、風俗の話が出たら、ずーっと言われると。(坂井眞)

ぅ、うん・・(相談者)
だけど、言われても、あなたとしては過去の事って、どうしようもないですよね?(坂井眞)

そうです・・そうです・・(相談者)
言える事は、今はもう違うって言うことしかなくて・・(坂井眞)
うん、そうです。(相談者)
それ信じてもらえるんだったら、もう、一緒にいられないじゃないかと。(坂井眞)

これはあのぅ・・(坂井眞)

弁護士的な理屈の話なんですけれども。(坂井眞)

はい。(相談者)
でも・・(坂井眞)

実際、もうそれを繰り返しているわけだから・・(坂井眞)
・・
はぁい。(相談者)

彼女のその心の問題については・・(坂井眞)

もっと専門家のところに一緒に行くべきだと思うよ、もしそこを解決しようとするんだったら。(坂井眞)

はぁい・・(相談者)
だってあなたの解決・・できる・・ことじゃないでしょ。(坂井眞)

過去を・・過去を変えろって言われても、出来ないんだから。(坂井眞)

そう・・できないです・・(相談者)
それはもっと・・心理学的ないし医学的な問題として、ちゃんと・・専門家のところへ行って、解決しない限り、そこは変わらないから・・(坂井眞)

それができないんだったら、続けていくのは難しいんじゃないのかなぁ・・というのが、率直なわたしの・・感想。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

うん・・あのぅ・・(相談者)
で、ちょっとこっから先はねぇ・・(坂井眞)

加藤先生に、お話伺いたいと思うんですけど。(坂井眞)
はい、はぁい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. そうでしょうかねえ?
    加藤先生は相談者に変われと言ってるんですけど、どのように変われとは言ってませんよね。
    アドヴァイスに具体性が欠けてますから、相談者さんは何をどうしたらいいかわからないと思いますよ。
    それに加え、彼女を変えることはもちろんできませんから、結局のところ関係を清算するしかないのでは?

  2.  揚げ足鶏さんに 同感!
     言い方は悪いですが こんな女とは きっぱり 別れなさい!
     相談者のお子様たちも この事実を お知りになったら 同意見でしょう(・・?