テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年8月22日(火)は、ドリアン助川&高橋龍太郎。霊に憑かれた娘、襲い掛かってくるとか、喘ぎ声が聞こえると言う。眠れないからと精神科に通うも、医者からは妄想ですと言われ、精神安定剤をもらう。ケアマネの資格取得の勉強の為、仕事には行っていないが、今回は不合格。こっそり、占い師に電話した娘、除霊と称した高額請求もあり何回か支払済み。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:71歳女性 夫は13年前に他界 娘36歳 二人暮らし

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)
あの、ちょっと子供が・・あの、霊に憑かれましてね。(相談者)

えっ!?(ドリアン助川)

あの・・霊が・・あのぅ・・自分に憑いてくるっていうふうでね。(相談者)

はぁ・・い。(ドリアン助川)

そいでぇ・・あのぅ、誰々さんの霊が・・あのぅ、わたしに、襲いかかって、く・・あの・・「殺してやる」・・あれ、あれいう・・どうだか・・言って、そういう、声がするとかいうふうで・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・(相談者)

まぁ、本人は、「怖い、怖い」とか、言っております。(相談者)

はい・・(ドリアン助川)

えーっと・・(ドリアン助川)

お子さんというのは・・おいくつですか?(ドリアン助川)
娘です。(相談者)

お嬢さん?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
おいくつですか?(ドリアン助川)
・・
あの、36歳。(相談者)
・・
36歳?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

あなた様は?(ドリアン助川)
わたしは、71歳。(相談者)
71歳・・(ドリアン助川)
そいで・・(相談者)
ええ?(ドリアン助川)
あのぅ・・なんかね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
喘ぎ声のようなふうでね。(相談者)
ええ。(相談者)

こう、「ううう~」「ううう~」・・ってこういうなようなふうでね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

本人は、あのぅ・・本人は、娘はね・・そういう喘ぎ声で、「やって来る」言って・・(相談者)
ふーん、あの、娘さんは・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ご結婚、なさってるんですか?(ドリアン助川)
うん、あの、独身です。(相談者)
独身?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
え、一緒に・・暮らしてるんですか?(ドリアン助川)
はい、そうです、同居です。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

で、娘さんは、仕事は?(ドリアン助川)

今、ちょっと、あの、休んでおります。(相談者)

それは・・そのことで?(ドリアン助川)

あのね、あの、たまたま、あの・・(相談者)

自分の資・・あのぅ、資格の・・ケアマネの勉強してまして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの、その資格を取るいうふうで、まあ・・(相談者)

一旦、ちょっと職を・・あのぅ・・(相談者)

しりぞいて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

勉強しようと・・(相談者)

いうのが、結局、人と、こう、話しするのがなくて、本人は・・あのぅ・・パニックというかね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

しっかり、わ・・親からは、しっかり勉強して、資格を取るんんだよ、それからそこの学校の先生にも・・絶対、資格を取って・・っていう、それが、すごく・・あのぅ・・(相談者)

プレッシャーになったとかいう・・(相談者)

ことも・・あ、あったんですけどねぇ・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

あのぅ・・36歳のお嬢さんが・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

精神科に、かかるような症状ってのは、なかったんですね?(ドリアン助川)

あのね、たまたまね、ちょっと・・たまに・・あのぅ・アレだからいうふうで・・(相談者)

あのぅ・・月に1回ぐらい、あのぅ・・軽い薬をもらったり・・とかね。(相談者)

はい、それ・・(ドリアン助川)
そういうことは、しておりました。(相談者)
それは、ど、どういうことで?(ドリアン助川)

なんかね、自分が、眠れなかったり、なにかだから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
・・
あのぅ・・(相談者)

ずーっと、精神科で・・たまに、く・・あの、薬をもらいに行くっていうふうで・・(相談者)
眠れないということで?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
うん、それは、いつ頃からですか?(ドリアン助川)

それはね、もう、ずーっとです。(相談者)
ずーっと?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

例えば、10代の頃から?(ドリアン助川)

うううん、あの、は、二十歳過ぎてからです。(相談者)
二十歳過ぎてから?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えーっと、二十歳までは、特に変わったことは、なかった?(ドリアン助川)
はい、なかったです。(相談者)
なかったんですか?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

で、二十歳を過ぎてから・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
眠れない・・とか、そういうことが、大きくなって・・(ドリアン助川)
なんか、自分でねぇ・・(相談者)
ええ?(ドリアン助川)
なんか・・(相談者)

あの、そういう所へ、あのぅ・・(相談者)

インターネットで調べたりして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
行っております。(相談者)

で、行って・・まあ・・(ドリアン助川)

あのぅ、精・・(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

精神安定剤のようなね・・(ドリアン助川)
うん、たま、あ・・ん・・(相談者)

ん、ん、飲んでたんですね。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

でぇ・・(ドリアン助川)

え・・それまで、仕事の上で、トラブル、起こしたこととかは?(ドリアン助川)
「&%$#&%$」「&%$#&%$」
トラブルいうんかね、なんか、まぁ・・人間関係で、わりと上手くいかないことがね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
あの、たまたま、あったみたいですね。(相談者)
「&%$#&%$」

あ、なんか、声が聴こえますけど。(ドリアン助川)
「&%$#&%$」
はい・・うん、なんか、本人がねぇ・・(相談者)

こう・・また、あの・・(相談者)
「&%$#&%$」 
ぅ・・ぅ・・そういう霊が・・来るとか言ってね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
「&%$#&%$」
うん・・(相談者)

ああ・・もう、そういう、今、こ・・(ドリアン助川)
「&%$#&%$」

ぅ・・聴こえてるような・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
事が起きてるわけですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

大丈夫ですか?今、しゃべってて?(ドリアン助川)
うん、大丈夫です。(相談者)
大丈夫ですか?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

今、どんな状況・・ですか?(ドリアン助川)
あのぅ・・お子さんは?(ドリアン助川)

まあねぇ・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
なんか・・(相談者)

こう・・あの・・(相談者)

・・

夜にですね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
はい、あのぅ・・寝てる時に、なんか、たまたま、そんなんね・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

・・・

そういう・・霊の・・喘ぎ声、いうか・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
したり何か・・が・・(相談者)

いっときよりは、あのぅ・・少なくな・・なった、とか言ってますけどね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・(ドリアン助川)

旦那さん・・は・・いらっしゃる?(ドリアン助川)

あの、もう・・(相談者)

ん、ん、13年前に、亡くなりました。(相談者)
「&%$#&%$」
あ、そうですか。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
そうすると、お嬢さんと、二人暮らし?(ドリアン助川)
「&%$#&%$」

はい、そうです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・そうするとね・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えーっと・・(ドリアン助川)

霊が憑りつくとか、そういうことが、始まってから・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

精神科・・の・・(ドリアン助川)

病院には・・(ドリアン助川)
いいえ、わ・・(相談者)
行かれました?(ドリアン助川)

あの、わたしねぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

2ヵ月ぐらい前にねぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
・・
あの、先生に、ただ、そ・・そう言ったr先生は、あのぅ・・「じゃあ、あの、薬をちょっと、強くするのをね」・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの・・(相談者)

たまたまそのね・・ちょっと、し・・あの、テストがあるから、それ・・それまで・・(相談者)

んん・・(相談者)

そのテストには、せっかくね、その・・(相談者)
・・
あの・・し、資格のテストを、受けたいから・・いうふうでねぇ・・(相談者)
はい・・ええ。(ドリアン助川)

あのぅ・先生にも、わたし・・言ったんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ほ・・ほうしたら、あの、強い、ちょっとアレですか、これから、ちょっと強い薬を、出しときます・・言うてね。(相談者)
ええ。(相談者)
言われて、ほんで・・(相談者)

あの、本人も・・(相談者)

強い薬を、あの、飲んでると・・(相談者)

結局、あのぅ・・胃を悪くしちゃうし・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
そんで・・(相談者)

いっときは、眠れ・・(相談者)

眠れたようだけれど・・(相談者)

また、あの、最近なんか・・ちょっと、そんなのが、あるって言うんですねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

でぇ・・(ドリアン助川)

先ほどちょっと、聴こえた声では・・ですねぇ・・(ドリアン助川)
はい・・はい。(相談者)
え・・・悲鳴のような・・(ドリアン助川)

声にも、聴こえたんですが・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
・・
い・・普通の生活をすることは、大丈夫なんですか?(ドリアン助川)
大丈夫です。(相談者)
大丈夫ですか?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

よく、あのぅ・・・まあ、いろいろ・・(ドリアン助川)

ぅぅぅ・・言葉が聴こえてくる。(ドリアン助川)

え・・あ、あるいは、そのぅ・・みんなに見られてる、監視されてるとかですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

さまざまな、症状があって・・(ドリアン助川)

でぇ・・行くと、まあ、あのぅ・・(ドリアン助川)

・・

精神科・・の、先生が・・あの、診断してくださるってことが、あると思うんですけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えーっと・・その先生は、なんと、おっしゃっています?(ドリアン助川)

暴走言うんかね、ぼう・・あの・・(相談者)

どう言ったら・・あのぅ・・(相談者)
ん?(ドリアン助川)
幻が出る言うんかね、ちょっと・・(相談者)

妄想?(ドリアン助川)
あっ、も、はん・・もうそう・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
もうそう・・(相談者)

妄想ですねぇ・・ってね。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

あのぅ・・おっしゃったんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・(ドリアン助川)

この、霊に憑りつかれてるっていうのは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

本人が、言い出して・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・から・・わりとこう・・(ドリアン助川)

毎晩のように、起きることなんですか?それとも、そのぅ・・(ドリアン助川)

え・・時々、こ・・これが、起きるのか?(ドリアン助川)

どうなんですか?(ドリアン助川)

あのね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
いっときはね・・(相談者)

もう、今は、ちょっと、怖いから、お母さん、あの、一緒に寝て・・っていう・・(相談者)

ことも、あ、あったんですねぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ほんで、今も、ま、あの、同じ部屋で、寝てるんですけど・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あのぅ・・いっときはねぇ・・そのぅ・・占い師の先生にね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
なんか、あのぅ・・(相談者)

どうしたらいいか?とか・・あのぅ・・除霊をしてまう・・(相談者)

ねえ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あの、除霊いって、あの・・(相談者)

その人が、来んようにしてください、来んようにしてくださいとか・・(相談者)
はいはいはい。(ドリアン助川)
なんか、そういうふうで・・自分で、電話して・・もう・・ちょっと、電話で、そいで・・わたしも・・まだ、あの、当時、仕事、行ってて・・(相談者)

あのぅ・・仕事してたもんでね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あんまり、そういうこと、わからなかったんです。(相談者)
ええ、ええ。(ドリアン助川)

ずーっと、そういう試験勉強ばっかで、自分・・もうちょっと、あのぅ・・(相談者)

すごい、あのぅ・・(相談者)

こう・・(相談者)

圧迫いうんかね?・・(相談者)
はい。(相談者)
そんなようなん・・なっちゃって・・なってる・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

で、そのぅ・・試験勉強っていうのは、続けてるんですか?(ドリアン助川)

うん、もうね、テストは、あのぅ・・済みました。(相談者)
済んで・・(ドリアン助川)

テスト・・には、行きましたけど・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

あの、合格しなかった?(ドリアン助川)
うんうんうん、もちろんなんか、できなかった・・(相談者)
そうです・・(ドリアン助川)

ま、そうすると、現状としては・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
え・・その、試験に向かって、勉強するということも、なくなり・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・仕事・・が、今、あるわけでもないようですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

はい・・(相談者)
そして・・(ドリアン助川)
だけど・・(相談者)
ええ?(ドリアン助川)
たまたまねぇ・・あの、他の所・・で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あの、採用になりまして・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
・・
あのぅ・・(相談者)

もう、2~3日、後に、ちょっと、あのぅ・・(相談者)

いろいろ・・行く予定して・・(相談者)

るんですけどね。(相談者)
という状況なんですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
しかし、今・・そのぅ・霊の声が聴こえるっていうの、まだ、続いてるわけですね?(ドリアン助川)
そうですね、ときたまね。(相談者)
で、精・・精神科の医者・・お医者さんにも、かかったわけですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・(ドリアン助川)

今日の・・(ドリアン助川)

回答者の先生なんですけど・・(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
え・・やはり、精神科医の先生です。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい、え・・紹介いたします。(ドリアン助川)

高橋龍太郎先生です。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク