寂しさを紛らわす方法

テレフォン人生相談
%e5%af%82%e3%81%97%e3%81%84

テレフォン人生相談2016年10月8日は、ドリアン助川&塩谷崇之。1年3ヶ月前に夫に先立たれた妻から、寂しくて仕方ないという相談。寂しさを紛らわす方法はないものか。夫が他界する1年前、脳梗塞で倒れた夫、自宅で訪問介護の手を借りて介護、しかし腸を患い入院し亡くなる。娘二人は他家に嫁ぎ、600坪の敷地に大きな家に自分一人。何百年も続いてきた家を離れる事は、親戚の手前できない。どうやって寂しさを埋めたらいいだろうか。

テレフォン人生相談2016年10月8日(土)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:75歳女性 1年3ヶ月前に他界した夫(享年78歳) 婚姻生活51年 嫁いだ娘 47歳と45歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

75歳の女性からの相談。

夫が亡くなり、寂しくて耐えられない

あの、お父さんが、あの主人が・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
1年3ヶ月前に亡くなって・・家、あの大きな家なんですけど・・あのぅ、全部、む、娘は二人いるんですけど・・みんな嫁いでしまって、姓を変えたんで・・(相談者)

養子をとるいうことがなかったんで・・あのぅ、私とお父さんだけで、もうちょっと、長生きしてくれると思ったんですけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

あの、その死ぬ1年前に、脳梗塞を患って・・1年間、私が看病して・・そえからまた、腸が悪かって、訪問介護で、自宅で・・あのぅ、お父さんを介護して・・(相談者)

ほんで、最期は病院で亡くなったような状態なんです。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

そして、寂しさがね、仕方がないとは、わかってるんですけど・・なにしろ、大きな家で、屋敷も、もう600ほどあって・・あの、家も大きいんですけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

こらぁ、もともと、私が来た時からあるもんやから、急に増えたもんじゃないから・・仕方はないんですけど・・(相談者)

もう、そこで一人いるのが・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
もう初めからもう、寂しいて、寂しいて(泣き始める)、もう・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

ちょっと、耐えられへんことです・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

寂しいて、寂しいてね(泣きながら)、いつももう・・なんか、その、あの、なにをするのも(鼻をすすり)、今までは、全部してきたんですけど・・(相談者)

何をするのも、もう・・なんか、意欲がつかへんっちゅうか・・(相談者)

百か日までは泣いて暮らした

もしもし・・もしもし・・(ドリアン助川)
はい(我に返る)?(相談者)

はい・・(相談者)
ちょっと、落ち着いてくださいね(優しいトーンで)。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
あの・・ま、寂しさのあまり、そうやって、毎日、泣かれてるんだと思うんですけれども。(ドリアン助川)

はい、あの・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
この頃は、ちょっと、ましになりました。(相談者)
ましになってきたんですか?(ドリアン助川)
はい、はい・・(相談者)

はい、あの・・(相談者)
ええ、えー(ドリアン助川)
いち・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
百か日、お父さんの、百か日までは・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
ほとんど泣いてました。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの・・ちょっと、基本的なこと、教えてくださいね。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

えー、まず、あなた様、おいくつですか?(ドリアン助川)
わたしは、七十・・五歳。(相談者)
七十五歳。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

お父さん、おいくつで亡くなったんですか?(ドリアン助川)
七十、八歳。(相談者)
七十八歳で・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

何年、連れ添ってきたんでしょう?(ドリアン助川)
五十年。(相談者)
五十年?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えっと、二十五歳の時に・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ご結婚なさって・・(ドリアン助川)
二十四やから・・(相談者)
二十・・はい・・(ドリアン助川)
五十一年ですね。(相談者)
五十一年・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
経つんですね、ご結婚なさってから。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

敷地600坪で何百年経つ家に一人きり

そして、ええっと・・そこそこ、そこの、その600っていうの、600坪ですか?(ドリアン助川)
敷地は、600坪あるんです。(相談者)
600坪・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
すごい、お屋敷ですね・・(ドリアン助川)

これあの・・もともと、ご主人の・・お家だったんですか?(ドリアン助川)
はい、そうです、はい、そうです。(相談者)

ああ、じゃあもう、あの、歴史ある、お家なんですかね?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
何百年の家です。(相談者)
何百年経ってるお家?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
で、そこ・・に、今・・ご主人が、1年3ヶ月前に亡くなられて・・(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
今、お一人でいらっしゃるということですね。(ドリアン助川)
そうです・・はい・・はい・・(相談者)

はい。(相談者)
そして、お嬢さんは、あの、おいくつぐらいの、お嬢さんお二人なんですか?(ドリアン助川)
四十七歳と、四十五歳。(相談者)
四十七歳と、四十五歳のお嬢さん。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

で、えー、お二人共、もう、ご家庭があって・・(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
えー、そこには住んでらっしゃらなくて・・(ドリアン助川)
そうです。(相談者)

そして今、その・・600坪のお屋敷に・・あなた様、お一人で・・(ドリアン助川)

はい、そうです。(相談者)

趣味のパッチワークと掃除に野菜作り

で、毎日その、寂しさが、こみ上げてきて・・あの・・(ドリアン助川)
はい、あの・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

だけど・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
もう一人で・・誰も来てくれないと思うんで、わたしパッチワークし・・ま、あの以前から、あの、仕事しながら、趣味も、たくさんもって、わ、持ってたんで・・(相談者)

パッチワークをしてらっしゃっる?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
はい、毎日やってらっしゃるんですか?(ドリアン助川)

もう、この頃・・ちょっとまた・・したり、しなかったり・・(相談者)
ああ・・ま、これ・・お、お母さん・・本当にご主人のこと、愛してらっしゃったと思うんですけども・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
えー、やはり先にね、逝かれてしまうと・・あの、この、お屋敷が有る無しに関わらず・・皆さん、心に穴が開いたようになると思うんですよ。(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
で・・その辛さと、それから、このやたら大きな、お家、空間に一人ということで・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
あの・・ホントに、大変だと思うんですけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

その、パッチワーク以外に、毎日やられてることっていうのは、どんなことがあるんですか?(ドリアン助川)

あのまあ、わたし、家やら、掃除するのが好きなんで・・家の周りの庭、庭先があって、家の周りの掃除と・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

家の道隔てた向こうにまた、ものすごぅ田んぼの、大きいのがあるから・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
そこで野菜を作ってます。(相談者)
ああ、なるほ・・600坪のお家、掃除するっていったら・・お城一個、相手にするようなもんですもんね。(ドリアン助川)

す、す、すごいですね・・(ドリアン助川)
あの、とにかく大き・・大きい・・です。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

義姉と従兄弟の嫁の顔を毎日見ていた

そいで・・ということは、あの・・人と接する機会が、あまりないんですかね?・・今。(ドリアン助川)
そうですね・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
田舎・・ですし・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
えー、で、あの・・今日のお悩みというのは・・その、寂しさの中から、今後、どうやって生きていこうかという、お話ですか?(ドリアン助川)

そうそう・・そうですね・・(相談者)
そういうことですか?(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
もう、わかってはいるんですけどね、私が嫁いだ時から、こんだけの家が、降って湧いたんでもないので・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

あるとこへ来たんで・・承知はしてるんですけど・・(相談者)

例えば、毎日、どなたか友達とか・・えー、誰か近所の人が、訪ねてくるということになると、少し気持ちが和らぐんでしょうか?(ドリアン助川)

はい・・はい、ほんであの、近くにお義姉さんが、その、死んだお父さんの、お姉さんが、八十八でおりますので(笑いながら)・・(相談者)
はい・・(相談者)

近くにおりますので、その人とは、毎日会うようにしてます。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
ほんで、もう一人、2~3軒向こうに、また大きい家のとこに、お父さんの、従兄弟の嫁・・従兄弟は死なはったんやけど、お嫁さんが、おられますので・・(相談者)

その人とも・・もう、百か日ぐらいまでは、毎日、会うてました二人に、会わんと寝られへんかったし・・なんか、隙間が空いたみたいな感じで、なんなと顔見て・・(相談者)

顔見いひんかったら、寝られへんから、ゴメンって言うて、顔見に行ってました。(相談者)

ただ、一人でいるのが寂しいだけ

うん、あの・・お母さんね・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えっと・・その、600坪のお屋敷というのは、少し特別なお話だと思うんですけども・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
その・・ある程度、お歳いってから、一人になった時のね・・(ドリアン助川)
うん・・(相談者)
寂しさと、どう、こう、向かい合っていくかというのは・・もう本当にあの・・これ不変的な、たくさんの人が、悩んでることだと思うんですよ。(ドリアン助川)

はい、はい。(相談者)
ですからその辺の話しになってくるかと思うんですけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

今、直接なにか、こういうことで、具体的に困っているという、そういう問題は、ないわけですね?(ドリアン助川)

何にも無いです、ただ、一人でいるのが・・なんか時間が長いような気がするし・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

気・・自分の気持ちぃ、一つやと思うんですけどね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そうですね・・(ドリアン助川)
そう思って、暮らしてる日もあるし・・ものすごい寂しくなる日もあるし・・(相談者)

あるいはこの・・ろ、600坪の、お、お屋敷は、せっかくあるわけですから・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

なにかそれを利用できるかどうかという事も含めてですね・・(ドリアン助川)
はいはい。(相談者)
えー、今日の先生と一緒に、考えてみたいと思います。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい、弁護士の、塩谷崇之先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

【おすすめ記事】



塩谷崇之アドバイス

はい、こんにちは。(塩谷崇之)
はい・・(相談者)

とにかく寂しい

はい・・えーっと、今、600坪の、大きな家に、一人で住んでおられるということなんですよね。(塩谷崇之)
はい・・(相談者)
はい・・(塩谷崇之)

あなたにとってね、今、えっと、一番大切な・・ことは、なんなのかなんですけど・・(塩谷崇之)

寂しい!寂しい!寂しいだけですねん。(相談者)
え、え、それはね、よくわかるですけども・・(塩谷崇之)
この寂しさを・・寂しさを、どうし・・埋めたらええのか・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

みんな、こんな人いはるから・・辛抱しな、仕方がないんですか?(相談者)
うん、あ、あのね、えっと・・(塩谷崇之)
寂しい(小さな声でつぶやく)・・(相談者)

寂しさを埋める方法って、いろいろあると思うんですけどね・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)

今、一番問題なのは、あなたがその、広い所に一人で住んでおられるということですよねぇ。(塩谷崇之)
はい・・(相談者)

親族の手前、家を移り住めない

で、えーっと、例えばじゃあ、この、家をね・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)
えー、一旦、出て・・えー、例えばまあ少し、こう・・もう少しね、手頃な所に・・移り住むってことは、まったく考えてないんですか?(塩谷崇之)

それ、それ言うたらもう・・親戚の人に、もう・・すぐ怒られた。(相談者)
えっと・・(塩谷崇之)

それまあ、仏さんが、何代も・・何百年の・・村長してはる人やら、お位牌がぎょうさんあるのに、そんなもん放っといて、行くなんてって、いうような意味やと思います。(相談者)

お父さんの兄弟さんが、ご健在なんで・・その人がもう、「好きなようにすればいい!」って言うて、怒らはったから、あっ、これはもう、言うたらアカンと思って・・(相談者)

ああ・・(塩谷崇之)
黙りました。(相談者)
なるほど。(塩谷崇之)

はい・・(相談者)
例えばね、ま、それだけ広い敷地があるわけですから・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)

えっと、敷地内にね、えー、まあ、敷地っていうか、しき・・土地の一部分を・・えー、どなたかに・・譲渡する、売るとか・・あるいは、誰かに貸して・・そこに家を建てて・・住んでもらうってことになれば、結構、ご近所さんが増えますよね?(塩谷崇之)

うん・・(相談者)

そういうことは、考えられないんですか?(塩谷崇之)

ん・・そんなことは、ちょっと、考えられへんなぁ・・(相談者)
うん、それは、どうして?・・やはりその・・ご主人の・・えー、親類に・・対する遠慮ですか?(塩谷崇之)
そうそうそうそう、そうそうそう。(相談者)
うーーん・・(塩谷崇之)
今現在は、できんな。(相談者)
うーーん・・(塩谷崇之)

家を移ることは問題外

あなた自身としては・・あの、どっかね、マンションにでも移り住んで・・えー、もう少し、こう、こじんまりとした生活で・・えー、人に囲まれて、生活をする方が、いいと、いう・・そういう・・(塩谷崇之)
いったん、そう思いましたね・・一瞬思いました。(相談者)

思いはあるけれども・・なかなかそれを、言い出せる雰囲気じゃないと・・(塩谷崇之)
ないないないない・・(相談者)
っていうことなんですね。(塩谷崇之)
ないない、ないです・・ないです・・(相談者)
ふん、ふーん・・なるほど・・うーん・・(塩谷崇之)

ま、あの・・まあ、そういう・・マンションとかね、あと、その、今、最近はやりの、高齢者向けの住宅みたいな所でね・・(塩谷崇之)
ふんふんふんふんふん・・(相談者)

みんなでこう・・集まって・・(塩谷崇之)
そうそう。(相談者)
いろいろ、おしゃべりとか、するような場所があって・・(塩谷崇之)
あって・・(相談者)

そういうような所にね・・(塩谷崇之)
さっき、言うてはりました。(相談者)
うん、入れば、まあ、寂しさはかなり、紛れると思うんですけれども・・(塩谷崇之)
そうですね。(相談者)

うん、ま、それがね、ちょっと・・今、考えられないと・・考えられないというか、そういう・・ことを、言い出すことも・・(塩谷崇之)
話しは、うん、お話は聞きますけど、できないね。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

まあ・・(塩谷崇之)
お話は聞きます。(相談者)
例えばね、例えばですよ。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

敷地の一部に高齢者住宅

発想を変えてね・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)
それだけの広い敷地があるんだから・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)

その敷地の中にね・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)
そういう・・高齢者住宅を、建ててるような、業者さんに・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)

えー、そういう建物を、作ってもらって・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)
そこに、あなたが・・えー、入っていくっていうことは、考えらえれないですか?(塩谷崇之)

うん・・だけど・・ここは、ちょっと、田舎やし・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)
あのね、いろいろね、あの・・要は、あなたがそっから、出てってしまうということが、親戚の手前、できないということであれば・・(塩谷崇之)

はい、できません。(相談者)
逆にね、そういう、他の人が住めるような場所、他の人が生活できるような場所を・・あなたの家の、敷地内に作ってね・・(塩谷崇之)

はい・・(相談者)
そういう人達と、あなたがコミュニケーションを、とってくって形にしていけば・・ね、ご近所付き合いっていうのも・・多分・・増えてくでしょうし・・(塩谷崇之)

うん・・(相談者)
親戚の人も、おそらく、あの・・それであれば、特に文句はないと思うんですよね。(塩谷崇之)

うん・・(相談者)
うん、で・・ま、今・・あなた自身は、一人で生活・・ま、寂しいけれども、自分のことは、まあ、なんとか自分でなんとかできる・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)

状態なんでしょうけれども・・(塩谷崇之)
そうです。(相談者)
今後、5年後、10年後ってなった時にね・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)

やはり、あの・・例えば体調が、体調を崩した時に・・(塩谷崇之)
そうそうそうそう。(相談者)
そういう介護の人が、必要になったりすることが、あるわけじゃないですか。(塩谷崇之)

そうそう、わたし、悪くなったら、もう、娘の病院の近くへ行くて、言ってます。(相談者)
うん、その時にね・・(塩谷崇之)
うふふ・・(相談者)

そういう、遠くに行くのではなくて・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)
そういう事をしてくれるような・・人達とか、そういう施設とかを・・あなたの・・せっかくね、ご先祖さまから、受け継いだ・・不動産が、まあ、土地があるわけですから・・(塩谷崇之)

うん・・(相談者)
そういうのを、あなたの周りにね・・作っていく・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

っていうような、発想の仕方っての、あるんじゃないかと思うんですよね。(塩谷崇之)
はい・・はい・・わかりました。(相談者)

事業用定期借地権の紹介

自分で作って、運営するとなると、大変ですけれども・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)

土地を、ま、貸して・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)
そこに、施設を建ててもらって・・えー、あなたの方は、あの・・その特に運営に、タッチするんではなくてね・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)

えー、ま、地代を・・少しずつこう、もらって・・それを生活費にあてるといういような・・ま、そんな生活のスタイルっていうのも、あると思うんですよ。(塩谷崇之)

そりゃ、それやったら、一番いいですけどね、ふふふ・・(相談者)
うん、ですから、その辺り・・(塩谷崇之)
なかなかそうは・・(相談者)
うん、その辺りのことをね・・将来に向かって、どうしてけばいいのかっていうこと、その辺りのことを・・お嬢さんと、具体的に相談してみるとね・・(塩谷崇之)

はい・・(相談者)
いいんじゃないかと、思うんですよね。(塩谷崇之)
はい、はい、わかりました。(相談者)
そういう・・はい・・そういうことを、するとなると・・(塩谷崇之)
はい・・はい・・(相談者)

たぶん、その・・その事業自体を、今度は、お譲さんなり、お婿さんなりが・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)

受け継いで、いくような形になりますんで・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)
あなたと、お嬢さんの、その二代に渡ってね・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)

そういう事業を・・やっていく・・その事業を・・一緒にやるということになればですね、そこでまた、新たな・・あの・・コミュニケーションというもの・・(塩谷崇之)

そりゃ、そう、そうなれば、一番嬉しいですけどね・・(相談者)

うん・・今ね、だからね・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)

法律上はね、その土地を処分してしまわなくても・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)
ある期限を決めてね・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)

30年だったら、30年という期限を決めて・・(塩谷崇之)
うん・・(相談者)
で、その間、その、ぅ、一定の事業の為にね、土地を貸すっていうことも・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)
できますので・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)

その辺りをね・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)
あの、お嬢さんやお婿さんと一緒に・・(塩谷崇之)
はい・・(相談者)

いろいろ、あの・・フリーな・・気持ちでね、考えてみたら、いかがでしょうかね?(塩谷崇之)
はい、わかりました。(相談者)
はい。(塩谷崇之)
ありがとうございました・・いろいろと・・(相談者)

ドリアン助川まとめ

もしもし・・もしもし・・(ドリアン助川)
はい・・はい・・(相談者)

学校に戻ろう

それとあの、もうひとつ、あの・・なんですけどね・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
今あの、将来という言葉が、塩谷先生から出ましたけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

あの、確かに、75歳という年齢であっても、将来はあると思うです。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

それで、寂しい時ってのは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あの・・アメリカには、学校戻ろうって言葉がありまして。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

週に1回でも、例えば、パッチワーク、もしご趣味であればね・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

あの、パッチワークの学校に、週に1回でも、行ってみるとか・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

あの、なんかこう、なにかを新しく学ぶっていうことが、寂しさをこう、忘れさせる・・大きな、あの・・働きをしてくれることが、あると思うんですよ。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
で、75歳という、ご年齢であっても、あの・・なにか学ぶっていうことは、とても素敵なことだと思いますので・・(ドリアン助川)

今の倍、行ってください

え・・(ドリアン助川)
はい、パッチワークと・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
今・・今、やってるのは、パッチワークと、ボランティア。(相談者)
ボランティア・・(ドリアン助川)

そし・・ええ・・(ドリアン助川)
ボランティア、年寄りのボランティアの・・ミシン踏んだり、雑巾縫ったり・・(相談者)
はいはい・・(ドリアン助川)

腕巻き塗ったり・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
それのボランティアに行って・・(相談者)
あ・・(ドリアン助川)

お料理教室に行って・・それから・・あの・・座ってする体操と・・ほんで、普通の体操と、5つ行ってますけど、まだ、寂しい・・あはは・・(相談者)
あっ、じゃあ・・5つ、倍、10個ぐらい、行ってください・・ええ。(ドリアン助川)

はは(笑いながら)、はい、わかりました。(相談者)
はいはい、どうもどうも、ありがとうございました。(ドリアン助川)
はい、ありがとうございました。(相談者)

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.