テレフォン人生相談

ドリアン助川&塩谷崇之のテレフォン人生相談2016年10月8日(土)。1年3ヶ月前に夫に先立たれた妻から、寂しくて仕方ないという相談。寂しさを紛らわす方法はないものか。夫が他界する1年前、脳梗塞で倒れた夫、自宅で訪問介護の手を借りて介護、しかし腸を患い入院し亡くなる。娘二人は他家に嫁ぎ、600坪の敷地に大きな家に自分一人。何百年も続いてきた家を離れる事は、親戚の手前できない。どうやって寂しさを埋めたらいいだろうか。

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:75歳女性 1年3ヶ月前に他界した夫(享年78歳) 婚姻生活51年 嫁いだ娘 47歳と45歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

75歳の女性からの相談。

夫が亡くなり、寂しくて耐えられない

あの、お父さんが、あの主人が・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
1年3ヶ月前に亡くなって・・家、あの大きな家なんですけど・・あのぅ、全部、む、娘は二人いるんですけど・・みんな嫁いでしまって、姓を変えたんで・・(相談者)

養子をとるいうことがなかったんで・・あのぅ、私とお父さんだけで、もうちょっと、長生きしてくれると思ったんですけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

あの、その死ぬ1年前に、脳梗塞を患って・・1年間、私が看病して・・そえからまた、腸が悪かって、訪問介護で、自宅で・・あのぅ、お父さんを介護して・・(相談者)

ほんで、最期は病院で亡くなったような状態なんです。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

そして、寂しさがね、仕方がないとは、わかってるんですけど・・なにしろ、大きな家で、屋敷も、もう600ほどあって・・あの、家も大きいんですけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

こらぁ、もともと、私が来た時からあるもんやから、急に増えたもんじゃないから・・仕方はないんですけど・・(相談者)

もう、そこで一人いるのが・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
もう初めからもう、寂しいて、寂しいて(泣き始める)、もう・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

ちょっと、耐えられへんことです・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

寂しいて、寂しいてね(泣きながら)、いつももう・・なんか、その、あの、なにをするのも(鼻をすすり)、今までは、全部してきたんですけど・・(相談者)

何をするのも、もう・・なんか、意欲がつかへんっちゅうか・・(相談者)

百か日までは泣いて暮らした

もしもし・・もしもし・・(ドリアン助川)
はい(我に返る)?(相談者)

はい・・(相談者)
ちょっと、落ち着いてくださいね(優しいトーンで)。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
あの・・ま、寂しさのあまり、そうやって、毎日、泣かれてるんだと思うんですけれども。(ドリアン助川)

はい、あの・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
この頃は、ちょっと、ましになりました。(相談者)
ましになってきたんですか?(ドリアン助川)
はい、はい・・(相談者)

はい、あの・・(相談者)
ええ、えー(ドリアン助川)
いち・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
百か日、お父さんの、百か日までは・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
ほとんど泣いてました。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの・・ちょっと、基本的なこと、教えてくださいね。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

えー、まず、あなた様、おいくつですか?(ドリアン助川)
わたしは、七十・・五歳。(相談者)
七十五歳。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

お父さん、おいくつで亡くなったんですか?(ドリアン助川)
七十、八歳。(相談者)
七十八歳で・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

何年、連れ添ってきたんでしょう?(ドリアン助川)
五十年。(相談者)
五十年?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えっと、二十五歳の時に・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ご結婚なさって・・(ドリアン助川)
二十四やから・・(相談者)
二十・・はい・・(ドリアン助川)
五十一年ですね。(相談者)
五十一年・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
経つんですね、ご結婚なさってから。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

敷地600坪で何百年経つ家に一人きり

そして、ええっと・・そこそこ、そこの、その600っていうの、600坪ですか?(ドリアン助川)
敷地は、600坪あるんです。(相談者)
600坪・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
すごい、お屋敷ですね・・(ドリアン助川)

これあの・・もともと、ご主人の・・お家だったんですか?(ドリアン助川)
はい、そうです、はい、そうです。(相談者)

ああ、じゃあもう、あの、歴史ある、お家なんですかね?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
何百年の家です。(相談者)
何百年経ってるお家?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
で、そこ・・に、今・・ご主人が、1年3ヶ月前に亡くなられて・・(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
今、お一人でいらっしゃるということですね。(ドリアン助川)
そうです・・はい・・はい・・(相談者)

はい。(相談者)
そして、お嬢さんは、あの、おいくつぐらいの、お嬢さんお二人なんですか?(ドリアン助川)
四十七歳と、四十五歳。(相談者)
四十七歳と、四十五歳のお嬢さん。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

で、えー、お二人共、もう、ご家庭があって・・(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
えー、そこには住んでらっしゃらなくて・・(ドリアン助川)
そうです。(相談者)

そして今、その・・600坪のお屋敷に・・あなた様、お一人で・・(ドリアン助川)

はい、そうです。(相談者)

趣味のパッチワークと掃除に野菜作り

で、毎日その、寂しさが、こみ上げてきて・・あの・・(ドリアン助川)
はい、あの・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

だけど・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
もう一人で・・誰も来てくれないと思うんで、わたしパッチワークし・・ま、あの以前から、あの、仕事しながら、趣味も、たくさんもって、わ、持ってたんで・・(相談者)

パッチワークをしてらっしゃっる?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
はい、毎日やってらっしゃるんですか?(ドリアン助川)

もう、この頃・・ちょっとまた・・したり、しなかったり・・(相談者)
ああ・・ま、これ・・お、お母さん・・本当にご主人のこと、愛してらっしゃったと思うんですけども・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
えー、やはり先にね、逝かれてしまうと・・あの、この、お屋敷が有る無しに関わらず・・皆さん、心に穴が開いたようになると思うんですよ。(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
で・・その辛さと、それから、このやたら大きな、お家、空間に一人ということで・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
あの・・ホントに、大変だと思うんですけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

その、パッチワーク以外に、毎日やられてることっていうのは、どんなことがあるんですか?(ドリアン助川)

あのまあ、わたし、家やら、掃除するのが好きなんで・・家の周りの庭、庭先があって、家の周りの掃除と・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

家の道隔てた向こうにまた、ものすごぅ田んぼの、大きいのがあるから・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
そこで野菜を作ってます。(相談者)
ああ、なるほ・・600坪のお家、掃除するっていったら・・お城一個、相手にするようなもんですもんね。(ドリアン助川)

す、す、すごいですね・・(ドリアン助川)
あの、とにかく大き・・大きい・・です。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

義姉と従兄弟の嫁の顔を毎日見ていた

そいで・・ということは、あの・・人と接する機会が、あまりないんですかね?・・今。(ドリアン助川)
そうですね・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
田舎・・ですし・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
えー、で、あの・・今日のお悩みというのは・・その、寂しさの中から、今後、どうやって生きていこうかという、お話ですか?(ドリアン助川)

そうそう・・そうですね・・(相談者)
そういうことですか?(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
もう、わかってはいるんですけどね、私が嫁いだ時から、こんだけの家が、降って湧いたんでもないので・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

あるとこへ来たんで・・承知はしてるんですけど・・(相談者)

例えば、毎日、どなたか友達とか・・えー、誰か近所の人が、訪ねてくるということになると、少し気持ちが和らぐんでしょうか?(ドリアン助川)

はい・・はい、ほんであの、近くにお義姉さんが、その、死んだお父さんの、お姉さんが、八十八でおりますので(笑いながら)・・(相談者)
はい・・(相談者)

近くにおりますので、その人とは、毎日会うようにしてます。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
ほんで、もう一人、2~3軒向こうに、また大きい家のとこに、お父さんの、従兄弟の嫁・・従兄弟は死なはったんやけど、お嫁さんが、おられますので・・(相談者)

その人とも・・もう、百か日ぐらいまでは、毎日、会うてました二人に、会わんと寝られへんかったし・・なんか、隙間が空いたみたいな感じで、なんなと顔見て・・(相談者)

顔見いひんかったら、寝られへんから、ゴメンって言うて、顔見に行ってました。(相談者)

ただ、一人でいるのが寂しいだけ

うん、あの・・お母さんね・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えっと・・その、600坪のお屋敷というのは、少し特別なお話だと思うんですけども・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
その・・ある程度、お歳いってから、一人になった時のね・・(ドリアン助川)
うん・・(相談者)
寂しさと、どう、こう、向かい合っていくかというのは・・もう本当にあの・・これ不変的な、たくさんの人が、悩んでることだと思うんですよ。(ドリアン助川)

はい、はい。(相談者)
ですからその辺の話しになってくるかと思うんですけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

今、直接なにか、こういうことで、具体的に困っているという、そういう問題は、ないわけですね?(ドリアン助川)

何にも無いです、ただ、一人でいるのが・・なんか時間が長いような気がするし・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

気・・自分の気持ちぃ、一つやと思うんですけどね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そうですね・・(ドリアン助川)
そう思って、暮らしてる日もあるし・・ものすごい寂しくなる日もあるし・・(相談者)

あるいはこの・・ろ、600坪の、お、お屋敷は、せっかくあるわけですから・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

なにかそれを利用できるかどうかという事も含めてですね・・(ドリアン助川)
はいはい。(相談者)
えー、今日の先生と一緒に、考えてみたいと思います。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい、弁護士の、塩谷崇之先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.