テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

三石由起子アドバイス

はーい。(三石由起子)

お願いします。(相談者)
難しいねぇ・・ねえ。(三石由起子)
そーうですね。(相談者)
こ・・まっちゃった(困っちゃった)ね、これね。(三石由起子)
はい。(相談者)
あのねぇ・・(三石由起子)

仲良しごっこじゃない

あなた取締役になって。(三石由起子)

はい。
何が一番大事かっていう事を考えた時にさぁ。(三石由起子)

はい。(相談者)
それはさぁ、あのぅ、仲良しごっごじゃないんだから。(三石由起子)

はい。(相談者)
会社なんだよねぇ。(三石由起子)

そうですね。(相談者)
だからねぇ・・(三石由起子)

それが例えば、父親の、兄貴であろうがさぁ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
そんなこと言ってちゃ、遠慮してちゃダメだと思うの。(三石由起子)

そうですねぇ・・(相談者)
でぇ・・その、そう・・(三石由起子)

あのぅ・・(三石由起子)

社長の父親は、兄だから言えないかもしれないけど。(三石由起子)

はい。(相談者)

それに比べたら、あなたはもうワンステップあるわけよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
ねぇ、それでぇ、あたし、あなた、怒ってもいいと思う。(三石由起子)

はい。(相談者)
ただねぇ・・(三石由起子)

怒るのに・・凄くねぇ、あのぅ・・(三石由起子)

社員が不愉快な思いさ・・(三石由起子)

するのは嫌なのよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
つまりねぇ・・(三石由起子)

あなたがその60歳の・・(三石由起子)
はい。(相談者)
伯父さんを・・怒ってるのを見た時にねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
社員が嫌な、嫌だなぁ・・っていう感じ・・するとさぁ・・やっぱりこう、労働意欲を・・(三石由起子)

そうですね。(相談者)
損なうわけだから、それはダメなんだよね。(三石由起子)

はい。(相談者)
だからねぇ・・(三石由起子)

みんなの前でねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
敬語を崩さずにねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
笑いながら怒るの。(三石由起子)

ああぁぁ・・(相談者)
難しいと思うでしょう?(三石由起子)

一回やってみぃ。(三石由起子)

はい。(相談者)
どんどん上手くなって行くから。(三石由起子)

はい。(相談者)
これ発想なんですよ・・まずねぇ、あなたねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
一番大事なのが・・(三石由起子)

家族の仲良しごっごじゃなくて、会社だっていう事を・・(三石由起子)

はい。(相談者)
あなたがもう・・心の中にねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ビシっと一つ、持ってればね。(三石由起子)

はい。(相談者)

これはねぇ・・父親の兄貴でも怒れます・・あなたは。(三石由起子)

はい。(相談者)
あっ、それは・・あなたはその・・取締役・・として怒ってるわけだから。(三石由起子)

はい。(相談者)
それはしていい事なのね。(三石由起子)

はい。(相談者)
で、それをさぁ・・もうネチネチ・・言ったり・・(三石由起子)

はい。(相談者)
嫌味を言ったり・・そういう事をせずに。(三石由起子)

はい。(相談者)
怒る事って非常に事務的なんですよ・・きっと端的なんだよね。(三石由起子)

手の平の上

はい。(相談者)
それとねぇ、60歳でねぇ・・今までずっと働いて来てさぁ・・(三石由起子)

はい。(相談者)

んでねぇ・・あのぅ・・いきなりほら・・こう、放り出されても・・(三石由起子)

はい。(相談者)
何もする事がないわけですよ、こういう人。(三石由起子)

はい。(相談者)
例えばこういう人がねぇ・・(三石由起子)

違う遊びにハマってさぁ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
でぇ、あなたに小遣いを・・(三石由起子)

せびりに来たらうんと迷惑なんだよ。(三石由起子)

そうですねぇ・・(相談者)

だからぁ(苦笑)・・うん。(三石由起子)
はい。(相談者)

だから・・(三石由起子)

その小遣いをねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
あの、ちょくちょく、ちょくちょくねぇ、せびりに・・(三石由起子)

来る・・ねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
それと、天秤にかけたらねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
フラフラねぇ、会社に来てねぇ、ちょこちょこ邪魔するくらいがねぇ・・(三石由起子)
はい。(相談者)
ちょうどいいんだよ。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
っていうふうに思うの、あなたは。(三石由起子)

なるほど。(相談者)
思わなくちゃ・・そう、そう、ねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
あのぅ・・(三石由起子)

訳の分からん金を、ちょろちょろ引き出されたら困るじゃん。(三石由起子)

そうですねぇ・・(相談者)
あっちのお金、こっちのお金、これだ、このくらいなら分からないくらいの事、出来るはずだよ・・やろうと思えばね。(三石由起子)

はい。(相談者)
そうじゃなくてぇ・・毎日顔を見せてくれてさぁ・・(三石由起子)
はい。(相談者)
何やってるかなんていう事は、あなたの手のひらの上で分かるわけだから。(三石由起子)

はい。(相談者)
これ有り難いと思わなくちゃダメなんだよ。(三石由起子)

的確に

ああぁぁ・・(相談者)
それと、あなたは・・(三石由起子)

取締役なんだから・・(三石由起子)

はい。(相談者)
その立場では怒れるわけだから。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん、そこはねぇ、あなた混同しない方がいい。(三石由起子)

ああぁぁ・・(相談者)
父親は、混同したかもしれないし・・(三石由起子)

はい。(相談者)
父親は、あのほらぁ・・近いから・・直接の兄だから。(三石由起子)

はい。(相談者)
でもあなたは、もうそうじゃないの。(三石由起子)

そうですねぇ・・(相談者)
うん、ワンステップあるんだから・・父親は出来なかったにしても、あなたは出来ます。(三石由起子)

はい。(相談者)
そしてあなたが見なきゃいけないのは・・(三石由起子)

その・・伯父さんのご機嫌じゃなくて・・会社の、今後なんだよね。(三石由起子)

はい。(相談者)
だからそのためになら・・(三石由起子)

凄く短くおこ・・怒れるんだよ、だからねぇ・・例えば、これを・・こういうふうにして欲しいな・・って、思った時にねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)

ちょっと紙に書き出して・・(三石由起子)

はい。(相談者)
どうやったら・・(三石由起子)

さい・・ていげん(最低限)の単語でぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
一番短く、怒れるか・・ねぇ。(三石由起子)

はい。(相談者)
セリフを考えてみるの。(三石由起子)

はい。(相談者)
そしてぇ・・人がいる時ね、社員がいる時に・・(三石由起子)

はい。(相談者)
「これこれこうして下さいませんか」(三石由起子)

「これこれこうだったんで困ります」(三石由起子)

それだけですよ。(三石由起子)

はあぁぁ・・(相談者)
他の事、言わないの。(三石由起子)

はい。(相談者)
で、あのぅ・・もしなんか言い訳したらさぁ、あなたが聞いてなきゃいいの。(三石由起子)

ああ、ぁぁ・・(相談者)
うん、だから、伯父さんが、へそ曲げてどっかへ・・ぃ、行くんだったらそれはオッケーだし。(三石由起子)

はい。(相談者)

ねぇ、なんかグズグズ言い出したら、あんたがどっか行きゃいいのよ。(三石由起子)

ああぁぁ・・(相談者)
だからつまり言いたい事は言ってるわけでぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
それ的確に、伝わってるわけでぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
そのぅ・・(三石由起子)

社員・・の不愉快・・もう、最低限に抑えてるわけだから。(三石由起子)

はい。(相談者)
だからねぇ、いろんな事をねぇ・・(三石由起子)

あなた混同してるからさぁ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
頭グジュグジュになっちゃう・・てるん・・であってねぇ。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
伯父さんは伯父さんなんだよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
でも会社にいる時は従業員なんですよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
あなたは取締役なの。(三石由起子)

嫌われてもいい

はい。(相談者)
うん。(三石由起子)

そうですねぇ・・(相談者)
うーん・・(三石由起子)
はい。(相談者)
うん・・(三石由起子)
そう・・考えるようにします。(相談者)

うん、そうそう、あなたの心の余裕が大事です、一つはね。(三石由起子)
はい。(相談者)
うん。(三石由起子)

心の余裕が大事・・でぇ、あとは社員を不愉快にしない事ね。(三石由起子)

はい。(相談者)
出来ますよ。(三石由起子)

大丈夫だよ。(三石由起子)
はい。(相談者)
うん。(三石由起子)
やります。(相談者)
はい。(三石由起子)

ふふふ・・(今井通子)
ありがとうございます。

はい、おわかりいただけましたか(笑)?(今井通子)

はい、わかりました。(相談者)
はい。(今井通子)

なんかもっとなんか、上手く・・やんなさいよ・・(三石由起子)

そうですねぇ。(相談者)
エへへへ・・そう、だから・・(三石由起子)
すいません、なんか・・ふふふ・・(相談者)
何が、一番大事か・・考えれば・・(三石由起子)
ふふふ・・(今井通子)
はい。(相談者)
憎まれ役も出来ると思うのね。(三石由起子)
ふふっ・・(今井通子)

はい。(相談者)
あのさ、優柔不断の人って大体ねぇ、みんなねぇ・・イイ人に思われたいのね。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
あの人にもイイ人に思われたいし・・(三石由起子)
はい。(相談者)
この人にもイイ人に思われたいのよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
だから身動きが付かなくなんのよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
でもさぁ・・それじゃダメなんだよね。(三石由起子)

はい。(相談者)
だからあなたが・・取締役として動こうとするんだったら・・(三石由起子)

はい。(相談者)
あの人には嫌われてもいいとかさぁ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
そこビシっとしないと。(三石由起子)

はい。(相談者)
社員には嫌われちゃいけないけど・・(三石由起子)

はい。(相談者)
伯父さんには嫌われてもいいんだっていう事をさぁ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ふふふ・・(今井通子)
やっぱり・・(三石由起子)

思わないとダメじゃない?(三石由起子)

あと・・ホントにねぇ・・ちょろちょろ小遣い取られるよりはいいよ。(三石由起子)
うふふふ・・(今井通子)
フラフラ邪魔に・・(三石由起子)
そうですねぇ・・(相談者)
うん、来てもらう方が・・(三石由起子)
なんか考え方・・次第ですね。(相談者)
そうでしょう?(三石由起子)
はい。(相談者)
うーーん・・だと思う、思いますよ・・(三石由起子)
今そう思いました。(相談者)
うん・・(三石由起子)
うん。(今井通子)

はい。(相談者)
頑張ってねぇ・・(三石由起子)

ありがとうございました。(相談者)
はーい・・(三石由起子)
じゃあ、そういう事でぇ。(今井通子)

はーい。(相談者)
はい、失礼しまーす。(三石由起子)
失礼します。(相談者)





放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

プライドと嫉妬と保身
これですね
改革しようとすればするほど

相談者さんと、真逆にベクトルは働きます

自分より優秀であっちゃ困るし
成果を出して欲しくない
前任者との比較になりますからね

そりゃ、言う事を聞くわけがない

だから、仕事の窓口は譲れないところでしょう
それを、取り上げられたら
自分の存在意義が、まったく無くなるという恐怖

いい大人が面倒臭い・・って言ったら
それまでなのかな?
何もして来なかった、自分が悪いんですけどね

なんですが、本人は、そんなこと思ってないか?
自分本位なのは、間違いないところでしょうが
くだらないプライドが、余計に邪魔をする

弟が社長で、それでも取締役だった
それだけが救いだったのに
それも取り上げられて(本人、そう思ってない?)

なんか、やり始めた

結局、長兄なのに会社を任されなかった
理由は、そんなところにもあるんでしょうね
三男を選んだオジさん、恨まれてるだろうなぁ

こういうところが、親族の面倒臭さ

会社の改革も含め
実力を試されてる

三石先生も言ってますが
優柔不断だけは、ダメですね

テレフォン人生相談2018年7月2日(月)予告

父の介護のため仕事を辞めたが、父は妹の方へ行ってしまった。生きがいがなくなってしまって、という女性からの相談。

パーソナリティが加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 三石先生のアドバイス、的確です。

    部下を持つ立場になると、嫌われるとわかっていても職務上どうしてもやらなくてはならないことって出てきます。
    嫌われることを恐れて、なすべきことをしないのではリーダー失格です。

    ですが自信満々で部下の痛みに無頓着でな人よりも、悩み苦しみながらリーダーシップを発揮する人の方が、むしろリーダーとしては優れています。
    そういう人になら、部下もブツブツ文句を言ったとしても結局はついてゆくものです。
    最後にものを言うのは、その人の人間性や生き様でしょうね。