テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年7月13日(木)は、加藤諦三&中川潤。結婚して2年目に中国人妻が癌になり、これ以上の治療は無理と宣告。亡くなる半年ほど前に、両親の元へ帰りたいとのことで中国へ。二度ほど様子を見に行くも、両親に亡くなったら連絡をもらう事になっていたがなく、中国の知人に頼んで調べてもらい亡くなっている事、両親が行方不明と知る。亡くなって4年、日本人と再婚したいのだが、中国人妻の席が抜けず、重婚になってしまう。どうしたら籍を抜くことができるだろうか?

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:58歳男性 中国人妻38歳(中国に帰国し他界)

加藤諦三氏の〆の言葉のなし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

58歳の男性から、妻は38歳、子供はいない。

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっと、その、奥さんとの事なんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えー、奥さんと、結婚をして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

二年目ぐらいに、奥さんが癌になってしまって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

亡くなったんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ほいで、その、奥さんが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ぇ・・日本じゃなくて、中国の方で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

亡くなる・・(相談者)

半年ぐらい前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぇ・・日本ではなくて・・えっと、中国の実家の方に帰って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

「死にたい」って言っては、いけないんですけど、「死にたい」ってことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、帰国をしたんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

で、その、帰国・・して、えーっと・・死ぬまでに、ぇ・・二回ほど、わたしも中国の方へ・・見に行ったんですけども、その後、亡くなった・・(相談者)

っていうのが、ちょっと、わからなくて、親・・あの、向こうの親の方から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
こちらへ、連絡をくれるという約束だったんですけども、全然、約束・・あのぅ・・(相談者)

連絡が来なくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わからなかったんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)
で、そうしてるうちに・・(相談者)
・・
ぇ・・わたしの方で、ぇ・・もう・・(相談者)

亡くなってから、4年ほど経ってますので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぇ・・新しい・・ぇ・・彼女っていうか、結婚した人が・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
見つかったんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぇ・・どうしてもその・・前の奥さんとの、戸籍・・が・・(相談者)

まだ、奥さんと、結婚してるってことに、なってますので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その、籍をどういうふうに・・して、抜いたらいいのかが・・(相談者)

ああ、なるほどね・・(加藤諦三)
ど・・どうしても・・はい。(相談者)
そうすると、先ほど言った、38歳の方というのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そのぅ・・前の奥さんが、癌で亡くなられて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
だけど、その中国で、亡くなられてるので・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
その、今・・のところ、戸籍が抜けないで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
いて。(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ・・今、38歳の人と、結婚したいけど、結婚できないようになってる・・(加藤諦三)
あ!あの・・(相談者)

今度は・・結婚したい・・人は・・日本人の方なんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、歳は違うんです。(相談者)

あの、30・・(相談者)

38は、前の奥さんの歳。(相談者)
あ、38っていうのは、前の奥さん・・はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
で、今度、結婚したいっていうのは?(加藤諦三)

・・

えーっと、40・・歳・・ぐらいの、日本人の方・・(相談者)
はい、よ・・40歳ぐらいの方・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)

大変、あのぅ・・(相談者)

癌で亡くなられて、そのぅ・・日本で癌に・・(加藤諦三)

・・・

癌っていうのは、日本で、わかったわけですよね?(加藤諦三)

はい、そうです、はい、(相談者)

それで・・(相談者)

日本で、治療は・・受・・け・・(加藤諦三)
ずーっと、治療を、1年・・くらい、したんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・どうしても、もう・・(相談者)
・・
どうしようもないってことで・・(相談者)

あ、どうしようもないっていうのは、日本の病院が、もう、どうしようもないってことですね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
もう・・(相談者)

あの、待つ・・死を待つだけっていうことに、なってしまったので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

なら・・あの・・うちの・・ま、奥さんですね、奥さんが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
どうしてもあのぅ・・日本で・・死ぬよりは、まだ、生きてるうちに、中国の方へ帰って、向こうの両親と一緒に・・(相談者)

・・

暮らしたいということ・・(相談者)
まあね、それま、そういうこと・・気持ちっていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

あ、あるでしょうねぇ・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
で、それは・・あの・・(加藤諦三)

立ち入ったこと、伺うけど・・(加藤諦三)

要するに、癌・・の治療っていうのは、今、大変、その日本では、あの、進んでるようですけど・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
もう、要するにもう・・こりゃ駄目・・(加藤諦三)

だと、あと・・何年しかもたないとか、そういうことを、はっきり、病院で、言われたわけですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

・・・

そいで、中国に帰ったと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
で、あなたも、中国に、二回行ったと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
で、その時には、親・・とは、会ってるわけですね?(加藤諦三)
ええ、会ってます、はい。(相談者)

で、その後・・(加藤諦三)

連絡が、とれなくなっちゃったっていうのは、どういうことですか?(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

ずっと、連絡・・は、電話とか、あの、パソコンで、とっていたんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

亡くなったっていうこと・・を、ま、ちょっと・・わたしの方、わからなくて・・(相談者)

でぇ、え・・(相談者)
あれ?要するに、連絡が取れなくなったということであって、亡くなったという知らせは、受けてないということですね。(加藤諦三)

そうですね、直接あのぅ・・親の方からは、受けてないです・・はい。(相談者)

で、あのぅ・・向こうに友人がいますので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

中国に友人がいますので、その人に、あのぅ・・(相談者)

安否を、確認していただいたら・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

え・・亡くなってるって言うことになりまして・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

でぇ、あのぅ・・(相談者)

両親・・が・・(相談者)

まぁ、あのぅ・・どこかへ行ってしまったっていうか・・(相談者)

その、元、今、あの・・(相談者)

わたしの、にょ・・奥さんが居た・・所に、もう、住んでいなくて、どっか行ってしまったということで・・(相談者)
はぁ・・ん、なる・・(加藤諦三)

ちょっと・・(相談者)

わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
要するに今日は、そうするとそのぅ・・戸籍をどう、抜い・・あのぅ・・新しい結婚するための環境をどう・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
整えたらいいかということですね?(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
今日はあの、スタジオに弁護士の、中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク