双極性障害の父 子供と連絡とりたい

テレフォン人生相談
心の病気

テレフォン人生相談2016年8月20日は、加藤諦三&坂井眞。双極性障害(躁うつ病)という相談者。21年前に離婚、毎月15万ずつ養育費を払うも、妻が離婚して3年後に再婚、それから4年間は毎月9万ずつ養育費を支払うも、先輩から、子供が新しい父親を立てなくなるから止めた方がいいというアドバイスを聞いて中止する。最近、知人から、長男に孫ができたことを聞かされる。結婚したことさえ知らされていなかった。双極性障害の自分が、連絡をとってもいいものかどうか、相談したい。

テレフォン人生相談2016年8月20日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:59歳男性(双極性障害) 21年前に離婚し独り暮らし 妻が引き取った子供、27歳の長男、26歳の長女、21歳の次男

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

59歳の男性から、21年前に離婚し独り暮らし。
妻が引き取った子供、27歳の長男、26歳の長女、21歳の次男。

元妻の再婚後4年間送り続けた養育費

私はあの・・別れた嫁さんが・・3年後には再婚したんですね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
ある男性と・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

でまあ、その、結婚後もね、ちょっとまあ、仕送りしとったんですけど・・(相談者)
その仕送りはアレですね、養育費と慰謝料とかなんか・・全部含む・・(加藤諦三)

あ、慰謝料というか、養育費は15万しとったんですけど・・(相談者)
15万ずつ、毎月養育費払っていたの?(加藤諦三)

はい、で、あの、結婚後は・・あの・・(相談者)
はい・・結婚後っていうのは、その、元奥さんが結婚してからですね?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

自分で決めて9万・・4年間しましたね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
で、ある人に言われて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

そういうふうな事をするとね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
子供さんの為にと思って、やっているんでしょうが・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

そういうことをすると・・今のお父さんに対して、子供達は・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
親を立てることができなくなりますよって言われたんですよ。(相談者)

なるほどね、この1番下の・・子が今、21歳っていうと・・その離婚した時は・・もう、あの、ゼロ歳ですね?(加藤諦三)
あ、1歳になってましたね。(相談者)
もう、1歳になってました?(加藤諦三)
なってました。(相談者)

で、長男が・・7歳ぐらいですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
それから、えーっと、4年間は、ずっと続けていたってことですね?(加藤諦三)

私の真意で続けてたんですね、要するに・・仕送りについては、どういうふうに考えてるんやって、嫁さんに言ったんだけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

してくれるんだったら助かるけど・・っていう、曖昧な返事で・・(相談者)
あ、それじゃあ・・(加藤諦三)
話し合いじゃ、なかったんです。(相談者)
離婚の時に・・毎月、いくら払うというような事が、決まってたわけではないんですね。(加藤諦三)

決まったわけではないけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
私が9万と・・3万ずつの9万と決めて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

4年間は、そのまま、継続しました。(相談者)
4年間ね・・結婚する時に、養育費いくら・・っというような・・取り決めは、お互いの約束は、何もなかったと。(加藤諦三)
なかったね、はい。(相談者)

だけど、あなたの気持ちとして・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
一人、3万・・9万を・・まあ、4年間、送り続けたと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
いうことですね。(加藤諦三)
そうです。(相談者)

双極性障害で休職

で、この離婚原因は、何だったんですか?(加藤諦三)
私が・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
バブルの時で、もの凄い忙しくて・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

自分の体調が、おかしいなと思いながらも、ずっと走り続けて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
ついに、ゼンマイが切れてしまったんです、そんで双・・双極性障害っていうことで・・精神科で診断を受けて・・しばらくは、休職してましたね。(相談者)

で、それ以後は、どうなったんですか?4年間以後、4年・・(加藤諦三)
先輩か・・先輩から・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

今の新しいお父さんのことを・・(相談者)
うんうん・・(加藤諦三)
子供達が・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

父親として、立てれなくなりますよって言われたんですよ。(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

で・・で、親を立てれない・・ような、人間は・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
人から立ててもらえるような人には、なれませんって言われたの。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、それはイカンな思って・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
もう、何にも言わんともう、ぷっつり打ち切ったんです。旦那さん来てから、4年経っとるからね。(相談者)

うんうん、4年間・・経って、それで・・(加藤諦三)
打ち切ったの・・(相談者)
打ち切った。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で、それ、それからずーっと今まで、あなた59歳になるまで・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
養育費は、払わなかったんですね?(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)

そうすると、奥さんの側からの養育費の請求もなかった?(加藤諦三)
な、あの・・最初の1、2ヶ月だけ、ありましたけど・・(相談者)

1、2ヶ月ってことは、まあ・・非常に短い期間ですよね、もう1回・・(加藤諦三)
まあ・・(相談者)
という、送ってくれという・・(加藤諦三)
あの・・そう・・やいやい言わなくなりましたね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

双極性障害の自分が子供と連絡をとっていいのか

で、あなたは、今日の・・相談・・と内容っていうのはどう・・いうことですか?(加藤諦三)
むしろ・・その、14年前に(17年の間違い?)・・あ・・仕送りなんかすると、子供にかえって悪いよと・・言ったこと・・に対する疑も・・疑問?・・それどう考えたら・・(加藤諦三)

いえ・・そうじゃなくて・・(相談者)

あの、実は・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
つい最近・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ある人から・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

私の長男に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

孫ができてるんだよってことを・・聞いて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

結婚してることも、そういったことも・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

一切、こっちに、言ってきてないからね。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
だから、もうあまり・・お呼びじゃないんだろうなぁとか、思いつつも・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

でも、どういう感覚で・・私のことを・・思ってるのか、わかんないから・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの・・例えば、れ、連絡とか、とろうと思えばとれるんですけど・・(相談者)
あ、奥さんとは、連絡はとれるんですか?(加藤諦三)
いや、子供らと・・(相談者)

あ、奥さんじゃなくて、直接、この3人の子供と連絡がとれるということですね?(加藤諦三)
まあ、すべてとろうと思えばとれますけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

子供以外とは、とる気ないんで・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、あの・・今頃になってね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
よ、様子見るようなふ・・ふりじゃないけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

顔出すのがいいのかどうかということと・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
自分自身が、こういう・・双極性障害の中で・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

元気な時は、きちっと話ができるけど・・(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
そうでない時には、まったくそういうことできないから・・(相談者)

もう・・(加藤諦三)
そんなんだったら、最初っから、しない方がいいのかなぁとか・・(相談者)

改善に向かっていない

で・・病院の先生は・・改善に向かってるとか・・あの、改善に向かってないとか、なんかそういう・・アドバイスっていうか・・それはあるんですか?(加藤諦三)

まあ、あの・・改善に向かってるとか、向かってないは・・ない・・ですし・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
実際、改善に向かってるとは、自分で思えてないですね。(相談者)

だから・・もうこのままなんにも・・連絡もとらずに・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
ずっと、行った方がいいのかなぁとか・・(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

そうじゃないかなぁとか、そこ判断がちょっと・・(相談者)
ああ、なるほどね・・はい、そうすると今日のあなたの相談っていうのは・・まあ、自分としては・・孫について・・その、自分の側からが・・連絡をとっ・・た方がいいんだろうか?ってことね。(加藤諦三)

そういうことですね。(相談者)
ね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
あの、大変・・非常にデリケートで、難しい、相談だと思いますけど、今日はスタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、お願い致します。(相談者)

【おすすめ記事】



坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井眞)
よろしくお願いします。(相談者)

躁鬱の自分が悪い影響を与えてしまわないか

あの・・ご質問の内容は、よく分かったんですが・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
最初にあの・・養育費の話しをしておられましたでしょ。(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、えー、結局その、養育費は最初、ちょっと減額して、別れた奥さんが結婚した後、減額して、4年間払ったけれども・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

その後・・まあちょっと、体調も悪くなって、止めてしまっているので・・という話しと・・今度、ご長男・・ご長男の方・・に、連絡していいもんだろうか、どうだろうか?ってのは、やっぱり、心の中で、ちょっと繋がりがあるというか、引っかかりになってるわけですか?(坂井眞)

あまり・・要するに、それまでに、これ、今日、今日までにね・・(相談者)
はい・・(坂井眞)
ほとんどいうか、連絡とってないから・・(相談者)
うん・・(坂井眞)

連絡するのは、どうかな?っとか・・思ったりもしますし・・ましてや、躁鬱やから、どうかな?とか・・いい影響与えない、悪い影響与えてしまうかな?とか・・(相談者)
なるほどね・・(坂井眞)
思いますね。(相談者)

再婚したから子供になるわけではない

そうするとあんまりその、養育費のことは・・出だしでお話になったけど、そんなに気にはなってないのかな?(坂井眞)
私は、負い目は感じてないですね。(相談者)
うん・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

あの・・ご参考までに養育・・養育費の話しを、しておきますとね。(坂井眞)
はい。(相談者)
あの・・一つその、先輩のアドバイスがあって・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

お父さん・・養育費払うのはいいけども・・向こうが再婚した後も、払い続けてると・・先方にまあ、新しく事実上のお父さん役になった人に対してね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

子供が親を、立てなくなっちゃうようなことになるから・・まずいんじゃないかって、こういう話しだったみたいですよね?(坂井眞)

まあ、最後に言われたのはその・・親を立てれない子供はね・・(相談者)
うん・・(坂井眞)
人様から立てれるよう・・ような、あの・・人格に、ならないよっていうふうに言われました。(相談者)

うん、あのまあ、それも一つの考え方かも、しれないけれど・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
弁護士からすると・・お母さんが再婚したからと言って、法律的には、その、お子さん達の父親が、その方になるとは限らないわけですよ。(坂井眞)
はい・・(相談者)

これは、わかりますかね?(坂井眞)
要するに、お子さんを・・離婚してお子さんを、まあ、シングルマザーで育ててる人が・・今度・・次の結婚をして・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

夫ができたとしても・・前の結婚のお子さん達の親に、その新しい・・夫が、父親になるというわけではないんです、法律的には。(坂井眞)
はい・・(相談者)

それは、結婚をして、夫にはなったけど、別にまあ、血の繋がりはないわけですし・・養子縁組をしない限り、法律的には、父親という立場にならないわけなんですね。(坂井眞)

養育費を気にしなくてもいい

養子縁組っていうのは、私、確認してないので、よくわかりません。(相談者)
うん、だから、あの・・その先輩の話しは、親を立てなくなると言うんだけれども・・そのお父さんは別に、親でもなんでもないわけ、養子縁組しない限り。(坂井眞)
はい・・(相談者)

だから、あの、別に、払ったから親を立てなくなるという話しは、必ずしも、一つの考え方かもしれないけど、そういうい理屈になるわけではないですよってことが、説明したかっただけです。(坂井眞)
ああ、わかります・・はい。(相談者)

だけど、実際はあの・・まあ、同じ家に、お母さんが再婚して・・たとえ前の旦那さんの子と、養子縁組をしなくても、傍から見たら・・一家・・家族に見えますよね。(坂井眞)
まあ、そうですね。(相談者)

で、そういう時に事実上、法律的には、父親の立場じゃなくても、事実上、父親として振舞うって事は、あるので・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

そういう意味ではね、他の人からお金もらってってこと、あるかもしれないけど、だけど考えてみてくださいよ、21年前・・で、それから4年後、17年前か、そうするとまだ皆さん、小学生とか・・もっと小さい人だから・・(坂井眞)

あの・・実のお父さんが、送金してるって話しは、お母さんが言わなかったら、わかんないんだよね。(坂井眞)
そうですね・・(相談者)
お子さん達は・・(坂井眞)

だから・・(坂井眞)
いや・・(相談者)
あなたが送金してるから・・あの・・事実上のお父さんのことを尊敬しなくなるとか言うのも・・ま、そういうこともあるかもしれないっていうレベルだから・・(坂井眞)

あんまり気にしなくても、良かった話かもしれないですね。(坂井眞)
で、それが一つね、申し上げたいことは。(坂井眞)
はい・・(相談者)

生活に困ってたとは思えない

で、あの・・ただ、実際その、4年間は、それでもちゃんと払われて・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
先方が結婚して・・それは、立派なことだと思うんで、でもまあ、そういうアドバイスもあったから止めました。(坂井眞)

で、1、2ヶ月、奥さんから、どうしたの?と、元の奥さんからんね。(坂井眞)
はい・・(相談者)
で、言われてその後、何も言わなくなったということであれば・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

先方・・のまあ、事実上の家族というのかな・・お子さんも含めて・・は、その、生活に困ってたってことでは、ないと思うんですよ。(坂井眞)

まあ、あの・・嫁さんもその頃、働いてました。以前は、そうでなかったんでね。(相談者)
うん、で、なので、そこで4年間で、9万円ずつ払ってたけど、それで体調悪くなって、やめちゃったっていうことを・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

そんなに今、気にする必要もないと思います。(坂井眞)
それを、そのように気にしてるっていうことでもない・・(相談者)
ないって、話しですよね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

だから、まああの、念の為に申しあげたってこと・・ですね。(坂井眞)
はい・・(相談者)
で、そういう前提で、だからその子とは切り離して考えられていいと思うんです。(坂井眞)
はい・・(相談者)

養子縁組してもあなたが父親

前提、前置きとして申し上げたんだけど・・で、じゃあ今は、どうなんだろうかっていうことなんだけれども・・(坂井眞)

最初に申し上げたことと関係あるのは、えー、その3人のお子さん達にとって、あなたはもうずーっと父親なんですよ。(坂井眞)
はい・・(相談者)

切っても切れない関係なんです。(坂井眞)
はい・・(相談者)
だから、あの、あなた今、ご病気のこと、いろいろと心配されているけれども、それも含めて、あの、か、彼らのお父さんはあなたしかいないんですよ。(坂井眞)
はい・・(相談者)

養子縁組してたって、それは、それで新しい養子の中での親なんだけど、だからと言って、あなたが父親じゃなくなるわけではないんです。(坂井眞)
はい・・(相談者)

両方親なんですよ、仮に養子縁組してたとしても。(坂井眞)
はい・・(相談者)
だから、あなたが父親であることは変わらないと。(坂井眞)
はい、はい・・(相談者)

で、あなたは・・あの・・病気であることも含めて、あなたなわけだから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
それをね、だから・・父親であるにもかかわらず・・会いたいと思うのを、どうしても抑えなきゃいけないと、私は思わない。(坂井眞)

わかりました。(相談者)
うん、あなたが、本当に会いたいと思って、そういうことが言える時ならば・・それはあの、父親として連絡とってみても、いいんじゃないかなと思うし・・その結果は、それはわからないし・・(坂井眞)

だけど、先方のお子さん達だって・・実の親はあなたしかいないわけ、父親はね、あなたしかいないわけだから、またいつか会いたいと思うかもしれないじゃないですか・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

通常、そういう気持ちが出てくるんじゃないかなと、ぼくは想像しているんだけれども・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

だとしたら、その時あの・・父と子ということでね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
なんか連絡を取り合えるような形であるのが自然だし・・今あなたが連絡を取りたいと思うんだったら・・(坂井眞)

それ、素直にそれに従ってみてもいいのかなぁと思います。(坂井眞)

ただそれがまあ、期待通りの展開にならなかったり・・なんかなんて言うかな、あの、感情の行き違いがあったりすると・・それはまたちょっと、あなたのご病気のことがあるから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

ちょっと、そこは、配慮しなきゃいけないのかもしれないと思いますが・・まあ、そこはちょっと、私は専門外なので、あんまり、深いアドバイスはできないんだけれども・・(坂井眞)

いえ、はい、ありがとうございました。(相談者)
でも、あなたが父親なんだってことは、変わらないってことを頭に入れておくといいと思います。(坂井眞)
はい・・わかりました。(相談者)

加藤諦三まとめ

よろしいですか?(加藤諦三)
はい、ありがとうございます。(相談者)
はい、失礼します。(加藤諦三)
はい、失礼致します。(相談者)

管理人のちょっとひと言

※後ほど更新

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.