テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月1日(水)は、加藤諦三&大原敬子。22歳と若い長男夫婦、経済的な理由から渋々一緒になり、2年半前から同居生活が始まり四世代同居に。半年ほど前から、妻と長男の嫁が顔も合わせないし話しもしなくなる。おそらく気を利かせて遠ざけていたのを、避けられていると嫁が誤解したことから生じたと思われる。嫁姑問題をどう解決すべきか、アドバイスが欲しいという相談。
加藤諦三氏の〆の言葉『集団は、誰か一人を犠牲にして集団を維持します、それが病んだ集団です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:56歳男性 妻54歳 長男22歳 長男の嫁22歳 男の孫2歳 父母 四世代同居 長女23歳は県外に出ている

もしもし?(加藤諦三)

・・

もしもし・・(加藤諦三)
あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ、お願いします。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

・・

え、56歳です。(相談者)
56歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

え、54歳・・(相談者)
54歳・・お子さんは?(加藤諦三)

うーん・・長男が・・22歳。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

あと、長女が23歳ですけど・・(相談者)
ハイ・・(加藤諦三)

今、県外に居ますけど・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

今・・そうすると、三人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)

いや・・あと・・長男の嫁・・(相談者)

と・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

長男の嫁が22歳と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぇ、その子供が・・(相談者)

・・

2歳・・(相談者)

男の子・・(相談者)

と・・5人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)

あと・・(相談者)

わたしの父親と母親も居ます。(相談者)
ああ、ぁぁ・・(加藤諦三)
・・
にぎやかですね・・はい、わかりました。(加藤諦三)
ハイ。(相談者)

顔も合わさないし話しもしない

それで?(加藤諦三)

そ・・どんな相談ですか?(加藤諦三)

・・

えーっと、わたしの妻と・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

長男の・・嫁が・・(相談者)

・・

えーっと、22歳?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

ま、一緒に暮らしてるんですけど・・全然、顔もまぁ、合わさないし・・話しも・・(相談者)

・・

しないような状・・態・・なんですよ。(相談者)

・・

スゥ・・(加藤諦三)
・・
話しもしないっていうのは、ま、よ・・よく・・アレでしょうか?・・(加藤諦三)

一緒に、す・・(加藤諦三)

生活して・・して・・顔も合わさないっていうのは・・どう・・いう・・感じなんですか?(加藤諦三)

・・・

もう・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
ぁ、あなたの奥さんが・・(加藤諦三)

これ、来そうだなぁ・・と思うと・・(加藤諦三)

ぉ・・お嫁さんの方は、もう、ど・・スーッと、どっか行っちゃうとか、そういうこと?(加藤諦三)

・・

そうですねぇ。(相談者)

・・

ま、どちらかというと・・(相談者)

・・

ご飯食べる時に、あのぅ・・(相談者)

うちの・・(相談者)

妻が、まぁ、先に・・早めに食べて・・(相談者)

部屋に、あの、二階の方に行くと・・子供連れて、あの長男の嫁が、子供連れて・・(相談者)

ま、下の方に降りてくるみたいな形で・・(相談者)

ああ、そうか・・奥さん・・が、あなたの奥さんが、ま、先に・・食事を済まして・・(加藤諦三)

ハイ。(相談者)
あぁ、終わったなぁ・・と思うと・・(加藤諦三)

もう、お嫁さんが・・降りてきて、食事を始める・・な、それは、ま、顔合わさないですね。(加藤諦三)

だから要するに、一日中、そんな・・(加藤諦三)

雰囲気で・・(加藤諦三)

・・

生活してるということね。(加藤諦三)

・・

そうですねぇ。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
わたし・・とか、わたしの母の両親とは・・(相談者)

一緒に・・ご飯食べたりはするんですけど・・(相談者)

あなたの、ご・・(加藤諦三)

アレねぇ、奥さんは、ねぇ。(加藤諦三)

いやいやあのぅ・・その、長男の嫁は。(相談者)
あっ!(加藤諦三)

長男の・・お嫁さんは・・(加藤諦三)

ぁ、あなたの・・(加藤諦三)
わたしの・・(相談者)

妻だけとは、あのぅ・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
顔を合わせない・・(相談者)

・・

ような状態なんです、半年ぐらい前から。(相談者)

その前は、ま、一緒に・・食べたり、話しもしてたりしてたんですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

・・・

・・・

誤解

半年ぐらい前から、あのぅ・・(相談者)
半年・・半年前に、なにか、事件、あったんですか?(加藤諦三)

・・・

うーん、ま、事件といえば、その辺が・・まぁ、はっきりは、わからないんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

・・

ま、ちょう・・わたし・・が、考えるには、その、長男・・(相談者)

の、嫁さんは、あのぅ・・ま、仕事・・(相談者)

もあるし、ま、そのぅ、子育てもあるし・・(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)

ま、そのぅ、子供が・・あの、まだ、小っちゃくて・・風邪ひいたりとか、ま、本人も風邪ひいたりとか、体調が悪かったり・・(相談者)

そりゃそうですよ。(加藤諦三)
という・・時が・・あるんで・・(相談者)
2歳・・まだ・・はい。(加藤諦三)

そういう、ま、機嫌が悪いと、そのぅ・・(相談者)

・・

うちの妻は、あのぅ・・(相談者)

話し、しない方がいいとか、ま、近づかない方がいいとか・・みたいな感じで、ちょっとこう、遠ざけてたみたいな部分が、あったんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

長男の・・嫁・・の方が・・あのぅ・・(相談者)

なんか、避けられてる・・と、思って・・なんかこう・・(相談者)

近づかないように、なったんじゃないかな・・というふうには、わたし・・は、そういうふうには、感じてるんですけど・・(相談者)

なるほどねぇ、こう・・というとね・・今、あなたの言う通りだとすると・・(加藤諦三)

あの、誤解も、あるわけですよね?(加藤諦三)

ま、そうですねぇ。(相談者)
遠ざけられているという・・実際には、遠ざけているわけでは、ないんだけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
相手が、遠ざけられていると、感じてしまうということですからね。(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

そうすると、あなたの目から見ると、アレですか?・・このぅ・・(加藤諦三)

あなたの、お父さん、お母さん・・(加藤諦三)

から、息子夫婦・・(加藤諦三)

・・

はいはい。(相談者)
それは、実際には、それほどの・・(加藤諦三)

・・

悪意・・嫌いでない、敵意が・・(加藤諦三)

実際には、ないんだけれども・・(加藤諦三)

はいはい。(相談者)
どうも・・お互い同士、誤解してるような感じがある・・(加藤諦三)

ということ?(加藤諦三)
そうですねぇ。(相談者)

・・・

・・・

わり・・と、そういう・・あのぅ・・(相談者)

・・・

ちょっと、人付き合いとか、そういうのが、得意な家族じゃないもので・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

その辺のところで、ま、ちょっとこう・・(相談者)

・・

うまく噛み合わなかったんじゃないかなと、思ってるんですけど・・(相談者)

はぁい、はい。(加藤諦三)

・・・

・・・

面白くない

そいで、22歳・・息子さん・・(加藤諦三)

お嫁さんの方も、22歳・・(加藤諦三)

非常に若くて結婚して・・(加藤諦三)

二人が・・(加藤諦三)

あの、同居じゃなくて・・(加藤諦三)

どっか・・(加藤諦三)

・・

家を、あのぅ・・探したり、ローンを組んだり・・あるいは・・(加藤諦三)

マンション借りたり・・(加藤諦三)
はいはいはい。(相談者)
なんか、そういう・・(加藤諦三)

こと、しようとは・・最初っから、しなかったんですか?(加藤諦三)

そうですね、ま、ちょっと、収入が・・少ないもので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

・・

そういう形・・だと・・(相談者)

生活・・が、あまりできるような状態じゃ、なかったので・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

あのぅ・・ぃ、今、家に入ったような形・・なんですよ。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・

まぁ、アレですか・・(加藤諦三)

・・

一緒に・・(加藤諦三)

住み・・(加藤諦三)

たくは、なかったけれども、経済的理由から・・(加藤諦三)

渋々、一緒になったと。(加藤諦三)

・・

ま、そんな感じ・・・(相談者)

・・・

うん、でも・・(加藤諦三)
ですねぇ・・(相談者)
その割には、アレですよね。(加藤諦三)

・・

半・・半年前から・・いろいろ・・(加藤諦三)

・・

避け始めたって言うんですけど・・(加藤諦三)

ある一定期間は・・(加藤諦三)

そうです・・(相談者)
結婚してから、どのぐらいは・・上手くいってたの?(加藤諦三)
2・・(相談者)

家族全体が・・(加藤諦三)
2・・2・・(相談者)

ま、約、2年ぐらいですねぇ・・(相談者)

ああ、約2年ぐらいは、なんとか・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
それでも・・上手くいってたわけね?(加藤諦三)

・・

うちの両親・・わたしの両親とは、あのぅ・・(加藤諦三)

けっこう、上手くいってるんですよ。(相談者)

あのぅ・・長男の嫁は。(相談者)

嫁はねぇ。(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

と・・奥さんからすると・・(加藤諦三)

・・

それ・・面白く・・ないよね?(加藤諦三)

・・・

だって、家・・こ・・(加藤諦三)
このまま・・そうですねぇ・・そういう・・ふうな言い方を、やっぱり・・(相談者)
家族・・が、こう、三・・三代・・(加藤諦三)

家族が・・いてですよ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

自分と本来、一番近いはずの、あなたの、お父さん、お母さん・・(加藤諦三)

が・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

息子の・・(加藤諦三)

お嫁さんの方と、上手くいってるっていうのは・・(加藤諦三)

・・

奥さんとしては、面白くないよね、そりゃあ・・(加藤諦三)

・・

そうですねぇ・・そういう・・やっぱり・・(相談者)

・・

ふうに、わたしに・・言ってくる・・ことも・・(相談者)

・・

やっぱ、ありますねぇ。(相談者)

・・

うん・・(加藤諦三)

・・

まぁ、今・・(加藤諦三)

・・

大家族っていうのも、なくなりましたけれども・・(加藤諦三)

まぁ、家族が多い場合、やっぱりこう・・自分が、その仲間から、外されるっていうのは、もの凄い・・大・・心に大きな・・(加藤諦三)

痛手なんですよねぇ。(加藤諦三)

・・

はぁぁ・・(相談者)

・・・

・・・

だって、一つの家族・・(加藤諦三)

と、なってるところで・・(加藤諦三)

もともと、みんなが、バラバラなら・・まだしも・・(加藤諦三)

ね・・(加藤諦三)

ぇぇ・・(相談者)

・・

あなたの、お父さんと、お母さんと、そのぅ・・(加藤諦三)

・・

お嫁さんとは・・(加藤諦三)

ま、息子の・・お嫁さんとは、上手くいってる・・(加藤諦三)

と、なったら・・(加藤諦三)

やっぱり・・(加藤諦三)

面白くないよ・・ねえ。(加藤諦三)

ああぁぁ・・(相談者)

・・・

ま、そういう・・中で、そのぅ・・(相談者)

・・

わたし・・が、長男の、その、嫁に直接・・原因を・・(相談者)

確かめ・・(相談者)

るとか、その、長男に、その原因を、まぁ、聞いて・・(相談者)

あのぅ・・なんか、対応する・・した方がいいのか?(相談者)

ま、それとも・・(相談者)

・・・

まぁ、このまま、ちょっと、時間・・が、経過するのを、待った方がいいのか・・(相談者)

言ったらいいか?ということねぇ?(加藤諦三)
一番、精神的に・・(相談者)

ええ・・(相談者)
はい、そのぅ・・人間関係ですね?(加藤諦三)

はい、今日はあのぅ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
スタジオにですね・・(加藤諦三)

幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)

伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク