テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月20日(土)は、加藤諦三&中川潤。85歳の一人暮らしの女性から、ギャンブル依存症でバツイチの弟が、7年前に県外に働きに行くと言ってから音信不通。貸した30万円は、年金が入る口座から回収してくれと、残高のないキャッシュカードを預けていく。久しぶりに確認すると、手つかずのお金が700万円。行方不明で、どこかで亡くなっているのではないかと心配。どうすればいいか?
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:85歳女性 夫は7年前に他界 一人暮らし 息子と娘は家庭を持って出て行く 弟77歳が7年前から音信不通

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

よろしゅうお願いします。(相談者)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい、85歳です。(相談者)
85歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

えっと、結婚はしてます?(加藤諦三)

はい、結婚してます。(相談者)

あのぅ・・(相談者)

・・

主人が・・(相談者)

7年前に亡くなったんです。(相談者)

・・

・・

7年前に?(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

それで?(加藤諦三)

ほいで・・(相談者)

すると今は、お一人で暮らしてるの?(加藤諦三)
はい、一人で暮らしてます。(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)
息子や娘がもう・・(相談者)

別にもう、家、持って出たんで。(相談者)
あっ、そうですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

はい、あのぅ・・(相談者)

わたしの・・弟なんですけどね。(相談者)

弟?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、弟、何歳ですか?(加藤諦三)

77歳です。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

・・

・・

・・

ほぼ、7年ぐらい前に・・(相談者)

あのぅ・・どっかの県の、どっかへ・・(相談者)

・・

「働きに行く」って言うたなりで・・(相談者)

連絡ないんで、どんなんしたらええかなぁと思って、今日は電話させてもうた。(相談者)

・・

あのぅ・・(加藤諦三)

それまで弟・・ぅ、ご主人・・が・・(加藤諦三)

亡くなられた7年前・・って、言いましたよねぇ?(加藤諦三)
ええ、その時にね・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
手伝いに来てくれて、いてたんやけどね。(相談者)

そ、その時には・・(加藤諦三)
あのぅ・・えっ?(相談者)
まだ、弟さんは、じゃあ、元気で・・(加藤諦三)

うん。(相談者)

あなたの所に、出入りしてたのね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

で、弟さんは、ぁ、あのぅ・・独身ですねぇ?(加藤諦三)
・・
あのぅ・・(相談者)

さ、三年ほど結婚してたんですけどね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

賭け事が好きなんでね・・(相談者)

ほいで、嫁さんが、帰ってもうたんで、それからずっと、一人でいてました。(相談者)

あぁ、そうですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)

賭け事が好きっていうと、ギャンブル?(加藤諦三)
そうです。(加藤諦三)

・・

で、ギャンブルは・・どのぐらい?ギャンブル依存症・・っていうぐらい、もうギャンブルやらないでは、いられないような人?(加藤諦三)
そうよ、もうねぇ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

・・

兄弟で、かやして(返して)やっても、また、今度・・(相談者)

また・・(相談者)

4~5年経ったら、また同じだけ、かってるんです。(相談者)

・・

・・

自分が働いて、給料あるのに。(相談者)

・・

・・

・・

きゅう・・給料・・働いた給料、全部、ギャンブルに使っちゃうんでしょう?(加藤諦三)
そう、全部、つこうてもうて、まだ、それ以上、か・・どこかで、かってるんです。(相談者)

・・

うん・・それで・・(加藤諦三)

借金かなんか、たくさん作ってるってことないの?(加藤諦三)
な・・うん、借金、作ってあったんで、あの、兄弟がよって・・(相談者)

かやして(返して)やったんですけどねぇ・・ほしたらもう・・つ・・ぅ、あのぅ・・かれへん言うたんやけども・・(相談者)

また、三年ほどしたら、また、同じだけ作っちゃったんです。(相談者)
ぅ、うん・・(加藤諦三)

で、今、あのぅ・・(加藤諦三)

かなりそうすると、借金・・(加藤諦三)

ぉ、多いねぇ。(加藤諦三)

そうよ、多い・・あのぅ・・(相談者)

もう、ほいでみんな、「知らん」って言うて・・(相談者)
まぁ、そりゃそうでしょう。(加藤諦三)
突き放したら、結局、自分が、どっかで働けたかして・・(相談者)

ちょこちょこ電話来たり・・(相談者)

たまに・・家、寄ったりしてました。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

まぁ、あなたの所に来てたわけですね・・たまには・・(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

で、どのぐらい、借金は作ったの?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)

あの、最初の時は、350万ほどで・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
その次は、もう・・(相談者)

また、500万ほどあったんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
結局、自分が働いてた・・(相談者)

ぁ、なに?(相談者)

退職金で・・(相談者)

はろて・・ほいで、どっかへ働きに行くって、出たなりで・・(相談者)

帰って来なんだやんけど、二年ほど経ったらまた・・(相談者)

電話も来・・時々・・(相談者)

わたしんとこへも来てました。(相談者)

・・

・・

・・

あのぅ・・二回目に・・あの、作ってたのは500万円・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
の、借金・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
だけどそれは・・(加藤諦三)

退職・・金で、払ったってことは・・(加藤諦三)

か、かなり・・(加藤諦三)

きちんと、働いてたってことですね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

た、退職金、500万・・(加藤諦三)
ええ会社、入ってたんでね。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
きっちっと、働いてたんです。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
中学校、卒業してから、すぐ、働いてたんです。(相談者)
ぅ、うーーん・・(加藤諦三)

・・

・・

だけど、ギャンブルは、やめられないで・・(加藤諦三)
そう、ギャンブル・・(相談者)

ギャンブルは、やめられやなんだかして、なんぼ言うても・・(相談者)

ま、してる・・んだよねぇ。(加藤諦三)
そうよ・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

いやぁ・・(加藤諦三)
情けなかって、みんな・・(加藤諦三)

言われるけども、わたし・・結局、母親が、早よ、亡くなったんでね。(相談者)

わたしが長女で・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
また、わたしばっかり、責められて・・(相談者)

「今度はしたらアカンで」「今度はしたらアカンで」って、脅しもちょいちょい、とあげたんやけどね。(相談者)

「病気やさけ・・貸すな」って、言われるけどね。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
わたしにとっては・・(相談者)

・・

あのぅ、母親、早う亡くなって、あの子が、中学校卒業した時やったんで・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
可哀想やなぁ・・と思って・・(相談者)

つい・・甘やかしてもうたんやな。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あなたはそうすると、随分このぅ・・弟さんに・・(加藤諦三)

の、借金を、清算する時に・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

協力してたわけ?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・

それでぇ・・(加藤諦三)

その500万円の借金が、お・・(加藤諦三)

払って・・てい・・退職金で・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

それで・・働きに・・(加藤諦三)
ほいでぇ、もう、その年はもう、自分で払いましたっていうことで・・(相談者)

でぇ、働きに行くと言って・・(加藤諦三)
・・
ほいで・・(相談者)

そして・・(加藤諦三)
どっかいたんか、県外の方へ、出てもうたんです。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

で、だけど・・うん・・(加藤諦三)
ほいで、ならね、ほの・・(相談者)

もう・・連絡ないんでね・・(相談者)
っていうことは、働きに行くと言って以来・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

どこにいるか、わかんないということね?(加藤諦三)
わからないんです。(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)

・・

なんの連絡もないということ?(加藤諦三)
連絡もないんです。(相談者)
どこに・・あなたばっかりじゃなくて、どこにも連絡がないわけね?(加藤諦三)
ないんです。(相談者)

ぁ、はい・・(加藤諦三)
・・
ほんで、わたし、出て行く時に、わたしに「30万貸せ」って言うて・・(相談者)

まぁ、30万、立て替えたんですけどね。(相談者)

はぁ・・(加藤諦三)
ほいで・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
どこで・・住むか、わからんよ・・って・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

「キャッシュカード、預けとくよ」ってに、「また、これで出して・・送って、欲しい」っていう・・いうことで、年金のば・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

ほいで・・(相談者)

わたしもなんにも、言うてけぇへんよって、まぁ・・あたしも、もう・・(相談者)

放ってあってんけども・・(相談者)
・・
わたしも85になったら・・(相談者)

もしかのことあったら、悪いと思って・・(相談者)
・・
ぃ、いくら貯まってんのかなぁ・・と思って、見たら・・(相談者)

結局、700万ほどが、貯まってるんです。(相談者)

・・

700万?(加藤諦三)
うん?(中川潤)
・・
うん。(相談者)

・・

・・

・・

貯まってるということは・・700万、引き出されてる・・っていうこと?(加藤諦三)
引き出してないんです。(相談者)
・・
そのまま、あるんです。(相談者)

ウン?(中川潤)

・・

・・

・・

・・

通帳が、持ってないけども・・(相談者)

キャッシュカードで・・(相談者)

あれ・・(相談者)

・・

調べたら、そんだけ出てくる、あのぅ・・(相談者)

金額が、出てくるんです。(加藤諦三)

・・

・・

・・

700万の・・(加藤諦三)

金額が、そのままある・・でぇ、あなたに・・は、だけど、そん時、30万、貸してくれって言ったんでしょう?(加藤諦三)
そう、その時はね。(相談者)

あの、一銭もなかったんです、キャッシュカードにと・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)
ほんで、通帳は、自分が持って行ったんです。(相談者)

・・

・・

ふぅーん・・(加藤諦三)
そんで、通帳で・・(相談者)

引き出してんのかぁ・・と思って、こっちも、言うてけぇへんよってに・・(相談者)

もう、ええわ・・と思って、放ってあってんけども・・(相談者)

あんまり連絡ないんで、ちょっと・・(相談者)

調べてみたら・・(相談者)

残ってたんで・・ひょっとしたらもう・・(相談者)

この世に居てない違うかなぁ・・と、思いだして。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・

非常に難しい・・あのぅ・・そう・・相談ですけれども、あなたの今日の相談は・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
こういう状況の中で、わたしは、どうしたらいいか・・ってことですねぇ。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

今日は、あの、スタジオに弁護士の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦三)

伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい、すんません、よろしゅうお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク