テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年7月26日(水)は、加藤諦三&大原敬子。自身も30年ぐらい前に離婚し、離れて暮らす娘も離婚したシングルマザーで、時々、ヒステリー状態になると手が付けられない。中1になる孫はスマホ依存症で、性的興味を持ちだし、LINEで女の子と会う約束や課金で先月のクレジットカードの請求が30万。スマホを取り上げないといけないと思い取り上げようとすると暴れる、どう対応すればいいのか?

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:68歳女性 離婚して30年は経つ 独身の息子42歳と同居の二人暮らし 電車・バス乗り継いで1時間ほどの所に離婚した娘44歳と中1の男の孫と二人で暮らしている

加藤諦三氏の〆の言葉『悩みの本当の原因は何か?それを分かる事が第一です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

68歳の女性から、離婚しており、30年ぐらいは経つ。
独身の息子42歳と二人暮らし。

スマホの請求が30万

はい、わかりました・・で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
えっ、あのぅ・・その息子の上に、もう一人、娘がいるんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、娘の、あの、子供の事で、孫になりますが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、今、中学1年生なんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、あんまり勉強が、得意ではないっていう事と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと、で、娘は、離・・ま、やっぱり、離婚しておりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えーっと・・息子と二人で生活をして・・おりまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、ちょっと、ママの方も・・こう、ちょっとヒステリー気味っていうか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
アレで・・で、孫の方があのぅ・・(相談者)

スマホ依存症じゃないかって・・わたしは思うぐらい、もう、朝から晩まで、スマホをやってるっていう・・状態なんですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それは・・もう、8ヶ月ぐらい前に、スマホを・・え・・・買って与えたんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

先月頃、なんか、えーっと、娘の方の名義のカードで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
30万の請求が・・来たん・・です。(相談者)

で、ま、それ・・(相談者)
30万?(加藤諦三)

はい、30万です。(相談者)

うん・・はい。(加藤諦三)
・・
え、それで・・もう、これじゃあ、スマホ・・(相談者)

持たせて・・もう、とんでもないことに、これから将来、なりそうだってことで・・取り上げ・・ようっていうことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ぇ、一度・・(相談者)

もう、スマホはもう、やめようってことになったんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
もう、そうして取り上げようとすると・・(相談者)

もう、あ・・暴れたり、怒った・・(相談者)
ああ、&%ですね、はい。(加藤諦三)
はぁーい、怒ったんですね、で・・これじゃあ、もう・・(相談者)

どうしよう?ってことで・・どうやったらスマホを・・(相談者)

取り上げるっていうか、やめさせるか・・っていう、もう・・どうしていいか、わからなくて・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

それで、あの・・(相談者)
あのぅ・・その、スマホを取り上げた時、あなた、暴れると言いましたけど・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

その暴れた・・状態っていうのは、どの程度ですか?(加藤諦三)
え・・それは・・(相談者)
物を・・はい。(加藤諦三)
え・・それは、その場に、わたくしは居なかったもので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わからないんですけど・・(相談者)

ま、怒って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
え・・ま、親に手をあげるということではない・・(相談者)

・・
んですが・・(相談者)
ん、もう、なんか・・ぅ・・そのぅ・・その辺にある物、投げたり・・したっていうことなんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あっ・・(加藤諦三)
・・
ちょっと、投げた程度で、ぉ・・親を睨みつけたというようなことで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
なんか、ガラスを壊したとか、どこか・・(加藤諦三)
あ、そうですはないんです。(相談者)
そうではないんですね?(加藤諦三)
はぁい・・はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

わかりました。(加藤諦三)
・・
それが、中学校の1年生ですね?(加藤諦三)
そうです、はい。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

・・・

それで?(加藤諦三)

スマホ依存の孫にヒステリーな娘

このぅ・・今、スマホーを・・まぁ、あなたの言葉を使うと、スマホ依存症という・・(加藤諦三)
はい、じゃないか・・っと、思うんですね。(相談者)
という・・(加藤諦三)

で、これは・・(加藤諦三)

食事中も、スマホを手に離さないで・・(加藤諦三)
いや、あのぅ・・えーっと、娘が居る時は・・(相談者)

え・・やっぱり、むすめ・・に、スマホやっちゃいけないって言われるので・・(相談者)

居る時は・・やらないんですけど・・居ない時は、ずっと、やってると。(相談者)
ぃ、居ない時は、ずっと・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
で、友達は?(加藤諦三)

え・・友達もですから・・居ないと・・来るわけですよね。(相談者)

娘が居ないと、あの家・・行くとたぶん・・(相談者)
あ、家に来るって・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ということは、友達は、いるということですね?(加藤諦三)
いるっていうことです。(相談者)

友達は、いるっていうことですね・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
そうすると・・まあ・・(加藤諦三)

あのぅ・・スマホ依存症ということで、あなたは、言いましたけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

一応、学校には・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
友達も、いて・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

ということですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(加藤諦三)

ただですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
娘が、やっぱり・・(相談者)

こうなんか・・ヒステリー状態って・・なんか・・(相談者)
うん、さっき言ってましたね。(加藤諦三)
はい・・怒ると・・(相談者)

なんだか、もの凄い・・んですね、なんか、こちらが口も挟めないぐらいな・・もう、ヒステリー状態・・ぃ、に・・なるので・・(相談者)

え・・ぇ、やっぱり・・(相談者)
このお嬢さんは・・何歳ですか?(加藤諦三)
44です。(相談者)
44歳ですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、そのヒステリー状態が、凄いって言うけど・・(加藤諦三)

ん・・ど、どの程度なんですか・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

なぁーんて、言う・・・ん、もう、なにしろ、凄いんですもう・・ビックリしちゃうぐらい、凄くて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
子供は・・(相談者)

言い返さないので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
あのぅ・・もう、ぉ・・親の言われるがまま・・(相談者)

っていう・・感じなんですね、で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
なんて言ったらいいんですかね・・もう、手のつけられないって・・なんか・・で、後で冷静になると・・(相談者)

ぉ、こうやっぱり、あの時は、「ごめんね」っていうふうに、なるんですが・・(相談者)
・・
もう、自分で、わかなくなっちゃうんですかねぇ?(相談者)
・・
それも、なんか・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
病気じゃない・・(相談者)
あ、でも、その、アレですか・・(加藤諦三)

そのぅ・・ま、多少、あなたの言葉で、手・・つけられないって言うけど・・(相談者)

後で・・(加藤諦三)

そうですね!(相談者)
あの時、ごめんね・・って言ってるわけでしょう?(加藤諦三)
いや、そう・・そうなんです・・しばらくすると、なんか、そ・・だから、そのヒステリーじゃない時は、もうやたらめったら、可愛がる・・(相談者)

っていう・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

あ、そうすると、その、可愛がら・・り方ってのは、非常に、異常なほど、可愛がってるんですか?(加藤諦三)
うん、そう、なんか・・あのぅ・・わたしに言わせると、ベタベタ・・っていう・・(相談者)
・・
ベ、ベタベタ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
っていう・・ことは・・(加藤諦三)

その、お母さん自身の・・愛情飢餓感を・・(加藤諦三)

この、中学校1年生の子供に・・(加藤諦三)

しがみついて、満たしているっていう・・(加藤諦三)
あ、そういう・・そう!・・そうだと思います。(相談者)
そういうことですよね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

はい・・はい。(加藤諦三)

で、今日のあなたの相談っていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まあ・・(加藤諦三)

こういうような状態で・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
息子さんと二人で暮らしているけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

その、相談っていうのは・・(加藤諦三)

お嬢さん・・(加藤諦三)

ヒステリー状態になる、お嬢さんと、その・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

中学校1年生の・・お孫さんの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

話しですか?(加藤諦三)
・・
そうです・・それで、あの・・スマホやって、その・・30万もの請求が、来てしまってて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、えーっと・・結局、居ない間に、ずーっと、やってるっていうか・・(相談者)

それで、スマホ・・で、LINEって・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
わたし・・は、ガラケーを使ってるので、よく、わからないんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

LINEっていうのを、やってて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
なんか・・(相談者)

全然、知らない女の子と、こう、LINEで、やりとりをしてて・・(相談者)
それをちょっと見たら・・LINEで、こう・・今度、会いたいと。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ・・なんか、そういう・・なんか、そういう話しもしてるので・・(相談者)
はい。(相談者)

今んとこ、会った様子はないんですが、なんかそういう、性的興味も、もう・・そろそろ、もちだしてるので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そういう・・ことも、心配だから・・(相談者)
え・・(加藤諦三)

そのぅ・・スマホを、取り上げ・・ない限りは、そういうことも、続くし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
っていう、心配もあるんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
ぁ、今日はスタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・よろしくお願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク