テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年12月16日は、加藤諦三&大原敬子。3ヶ月ほど前、結婚を考える同じ職場の人ができた。しかし、幼少時の頃から、母親から虐待を受けて育ち、また、父親のDV、母や兄へ暴力をふるうの見て育ってきた。虐待の連鎖を考えると、自分自身、子供が好きで欲しいとは思うが、躊躇してしまう。結婚はどうしたらいいのでしょうか?という相談。

テレフォン人生相談2016年12月16日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:32歳女性 独身一人暮らし 兄35歳 父母いるも年齢不明

加藤諦三氏の〆の言葉『苦しむ能力、それが人の最高の価値です』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

32歳の一人暮らしの独身女性から、兄が35歳、10年ちょっと、一人で暮らしている。

父のDVと母の虐待

それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)
はい、実は、わたくしは、3ヵ月ほど前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

同じ職場で、男性の方と知り合って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
少しずつこう、お話をしていく中で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

結婚しようか、どうしようか?っていう話しを、二人でしていたんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ、その中で、あの、わたし自身は・・幼少期の頃から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
高校を卒業する前後まで・・母から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
非常に、虐待を受けて育ってきました。(相談者)

でぇ、けし・・(相談者)
あの、お母さんから、虐待っていうのは・・どの程度の、虐待ですか?(加藤諦三)

お金がある時だけは、ご機嫌が、いい状態で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
パチンコに行ったまんま、夜帰って来ないですとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

食事を作ってくれなかったことも、あの、ありました。(相談者)

は・・(加藤諦三)
非暴力もありましたし・・お互いに喧嘩・・して、暴力・・お互いに暴力ふるい合うっていう状態です・・(相談者)
ああ・・はい、はい、はい。(加藤諦三)

ただ、アレですね、あなたが、虐待って言ったことの、主な・・部分っていうのは・・お母さんがいつも・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
機嫌が悪くて・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)
自分が心理的に、安らぐ場所が、まったく無かったという・・こと?(加藤諦三)

もう一つは・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたし自身が、あのぅ・・障害を持って、生まれたがために・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、その前、あの・・両親が離婚してるんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

前後に、わたくしが生まれたものですから・・もしかすると・・今、思えば・・DVで、わたしを・・(相談者)

妊娠して、それで結局・・そ、それが虐待の原因だったのではないかというふうに思います。(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・・

兄も・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
結構・・父から、殴られていた・・子で・・(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)

ました、はい。(相談者)

その父から、殴られていたのを・・あなたは・・(加藤諦三)

見ながら、成長しているわけですか?(加藤諦三)
そうです、はい。(相談者)

そうすると・・あなたからすると・・お母さんも・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
暴力、ふられてると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
お兄さんも、暴力ふられていると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ま、そういうのを、見ながら、成長したっていうことですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
は、はい。(加藤諦三)

20・・20歳ぐらいまでは、ずっと、今、話してくれたような、状況だったんですか?お父さんと、お母さんで・・お兄さんも、なんか・・殴られたりという・・(加藤諦三)

えー、18ぐらいまででしたね、20歳ぐらいになってからは・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたくしが、20歳ぐらいになってからは、母が・・逃げてしまって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

兄も、もうそんな生活嫌だ・・っていう割には、同じようなことを、し始めました。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
で、わたし自身は・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

母と、兄、まぁ、父・・あんな状態、見てて・・このような生活は、自分、絶対にしたくないって思って・・(相談者)
うーん・・うん。(加藤諦三)

あの、なんとかそれは・・貫き通してきたつもりです。(相談者)
ん・・(加藤諦三)

祈りの場所

それで、あなた・・割と、その後の・・人間関係作るの、上手かった方ですよね?(加藤諦三)

そぅ・・ですね、そういって・・言われますと・・やはりこう・・新しい方との、出会いがないと・・自分自身が・・息絶えてしまうような・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

そんな状況ですね、はい。(相談者)
うん、うん、うん、うん・・(加藤諦三)

祈りの場所っていうのかなぁ・・なんか・・祈るような・・気持ちで・・ここの場所に居たっていうような場所ってのは、家の中にありました?(加藤諦三)

空いてる部屋が、自分の家の・・今、住んでいる家の中に、あるんで・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

そこで・・お・・ちょっと、祈ります・・いの・・(相談者)
祈りますよねぇ?(加藤諦三)
うん、してますね・・(相談者)

なんか、そういう時に、人にすがるんじゃなくて・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
自分の心の中に、なんかすがっていくっていう・・そういう姿勢ですか?(加藤諦三)

そうですね・・逆に、それが、変な妄想を引き起こしてしまって・・(相談者)

もう、そういう時はもう・・あの、家を出て・・ふらっと、ホントに、温泉とか、そういったところ、出かけていって、ちょっと休んでっていう・・バランスはとるようには、心がけています。(相談者)

それ、すっごい大切なことだと、思うんだけれども。(加藤諦三)

はい、ただ・・(相談者)
自分の心の中に、なんかこう・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

しがみつくものを、自分の心の中に、持っているっていうことが・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

虐待の連鎖

それで・・(加藤諦三)

先ほどの話しだと、3ヶ月前から・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
同じ職場で・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

彼・・(相談者)
あの・・結婚の・・考えてる・・人が、出てきたという・・(加藤諦三)
はい・・人が別に来たという、話しですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それ・・わたしは・・すごく子供が大好きで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ、自分自身は、子供が欲しいっていう気も・・すっごいあるんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、彼も、その気持ちはあります。(相談者)
うん。(加藤諦三)
ただ、わたし自身が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

幼少期の頃からずっと・・虐待を受けて育ってきた・・こともあって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
子供を、もし産んだ時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

子供に虐待をしてしまわないかどうか・・っていうことが、不安で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ためらってるんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)

先生、いったい、この気持ちを、どうしたらいいのでしょうか?(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、虐待はしません。(加藤諦三)

子供が出来た時。(加藤諦三)

結構、よく・・周りの子は、ホントに・・自分自身が・・してはいけないって、わかってても、やってしまうってこう・・よく見てしまうもんですから・・(相談者)

ええ、それはあのぅ・・おっしゃる通りで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あの、虐待の連鎖って言って・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

虐待を受けた人が、母親になると、今度は・・自分の子供を、虐待するっていう・・のは、これは、よくある話しですし・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
よく言われてることです。(加藤諦三)

虐待をしない決定的な理由

はい。(相談者)
でも、あなたの場合は、虐待はしません。(加藤諦三)
はい。(相談者)

というのはその・・(加藤諦三)

虐待、お母さんから、虐待を受けて・・そして、ま、自分の子供が出来た時、子供を虐待するっていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ごく普通の・・人なんですよね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

普通・・(相談者)
でも、あなたの場合には・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
まず・・(加藤諦三)

決定的に、違うことがあるんです。(加藤諦三)

はい、それは、どういったことでしょうか?(相談者)
それはだから、さっき・・言ったように・・(加藤諦三)

はい?(相談者)

人間関係を、作れてるっていうこと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

それから、もう一つ・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
祈りの場所を、持ってるっていうこと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

それと、もう一つ・・(加藤諦三)

なんかあった時に、自分の中に、しがみつくものを持っている。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

決定的に違いますから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたが、虐待するっていうことは、ないです。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

この、心の姿勢がある限り・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
だ、だから、あのぅ・・あなた自身が、子供が、本当に好きで、子供を産みたいと思った時に・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
自分が、子供を虐待するっていうことは、ない。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

先生、じゃあ、これから・・わたしは、どうし・・どうやって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

生きて(ほとんど聞き取れないほどの小さな声で)・・(相談者)

はい・・(加藤諦三)
信じていけばいいのでしょうか・・(相談者)
そ、そこですね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

今日はね、本当にあなたね・・あのぅ、素晴らしい、あなたの人生で、おそらく・・本当に、素晴らしい人の・・出会いに、なると、思いますけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

いい・・アドバイス、いただけると思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)
幼児教育の、大原敬子先生です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク