テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

よろしくおねがいします。(坂井眞)

よろしくお願いします。(相談者)

ぇ・・一つ確認なんですけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

13年前に、離婚をしましたと・・(坂井眞)

はぁい・・(相談者)
でぇ・・養育費の支払を請求することは可能か?・・っというのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

過去分、過ぎた13年・・間のことではなくて・・(坂井眞)
はい。(相談者)
先程の話だと・・(坂井眞)

はい。(相談者)
これから進学・・(坂井眞)

したりすることで費用がかかるので・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ぇ・・17歳のお嬢さんと、15歳のお嬢さんの・・(坂井眞)
はい。(相談者)

これからの・・まぁ、成人まで・・(坂井眞)

の・・(坂井眞)
はい。(相談者)

養育費について・・(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

負担してもらいたいと・・こういうご趣旨ですかね?(坂井眞)
そうです。(相談者)
それともこれまで・・(坂井眞)

もらってなかった分・・も・・(坂井眞)

いえ。(相談者)

っていうことではない?(坂井眞)
ええ・・(相談者)

ではないです。(相談者)

これからのはな・・(坂井眞)
これまではもう・・はぁい。(相談者)

ことはまったく、考えてないです。(相談者)
これまではもう、自分ひとりで頑張ってきたんだから・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
別に、そんなことについて・・(坂井眞)

あなたの負担すべき分をくれと・・(坂井眞)
・・
こういうつもりではないんですね?(坂井眞)
いえ・・ないです。(相談者)
わかりました。(坂井眞)
はい・・はい。(相談者)

えっと、そうすると、話はわかりやすいんですけれども・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

今、これ、確認しましたのは・・(坂井眞)

ぁ・・まぁ、離婚をする時に・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
お子さんが、二人いらっしゃるケースで・・(坂井眞)

まぁ、本来は・・(坂井眞)

その時点で・・養育費を・・(坂井眞)

子供を・・(坂井眞)

自分と一緒に育てる・・側じゃない方は、養育費を払うってことは・・(坂井眞)

決めておくのは・・本来は・・(坂井眞)

ま、一番いいわけですよね。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
ところが、このケースは、先ほどお聞きしてると・・(坂井眞)

ぉ・・まぁ、頼りないっていうか・・(坂井眞)

はい。(相談者)

ぁ・・(坂井眞)

引き籠りになっちゃうような人だったから・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
もう、とにかく、別れて・・(坂井眞)

ちゃんと自分達で、きっちりやってく方が・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
大事だっていうことで・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
決めずに・・(坂井眞)

別れましたと。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
で、13年間、あなた一人で・・(坂井眞)
はい。(相談者)
頑張ってきましたということなんで・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
で、そういう時は、養育費・・(坂井眞)

決めてもそもそも、あてにできないし・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
養育費、決めるよりも、別れることが重要だ・・っていう、ケースだと思うので・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
そういうこともあると。(坂井眞)

はい。(相談者)
それでぇ・・(坂井眞)

養育費・・を・・(坂井眞)

いくら支払うか、決めないで別れちゃった場合に・・(坂井眞)
・・
はぁい。(相談者)

今回のように、13年経っちゃってから・・(坂井眞)
はい。(相談者)
過去分って話になると・・(坂井眞)

はい。(相談者)
これ、なかなか、認められない・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ことの方が・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ま、多いんですね。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
ま、普通は・・将来分・・は、ともかく、過去分は、難しいというのは・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
一般的なんですけども・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

で、それで、最初にちょっと、お聞きしたんですよ。(坂井眞)

はい。(相談者)
で、ただ・・(坂井眞)

あなたが考えてるのは、これからの話なんで・・(坂井眞)

はい。(相談者)

それはあのぅ・・(坂井眞)

請求することは全然、可能ですよ。(坂井眞)

はい。(相談者)

でぇ・・なぜ可能か?というと・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
ぉ・・あなたと、その別れたご主人の・・(相談者)

お子さんが、二人いらして・・(坂井眞)

はい。(相談者)
その二人がまだ、未成年であることは・・(坂井眞)

はい。(相談者)
現実・・事実ですよね?(坂井眞)

はぁい。(相談者)

でぇ、そのお子さん二人は・・(坂井眞)

親である・・両親である・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ま、父、母である・・あ、あ・・母、父であるかな・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
あな・・たと・・(坂井眞)

その別れた・・(坂井眞)

前の・・(坂井眞)

ぉ・・夫ねぇ・・旦那さん・・(坂井眞)

はい。(相談者)
が・・(坂井眞)

ぁ・・養育していく義務があるわけじゃないですか。(坂井眞)

はぁい。(相談者)

だから・・別に、あなた一人で・・負担すべきものではなくて・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ぇ、一緒に住んでなくても・・(坂井眞)

父親であることは、これは一生、切れませんから・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
関係は。(坂井眞)

はい。(相談者)
ぁ・・自分の子供である以上、責任を持ちなさいっていうのは、法律の、その建前・・なんですね。(坂井眞)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
だから・・(坂井眞)

これからの分・・今から、ちゃんとあなたの負担するべきものは・・負担してくださいって言うのは・・(坂井眞)

全然、言う事は、可能です。(坂井眞)

はぁい。(相談者)

なので・・(坂井眞)

ぇ・・今日の、あのぅ・・ご質問、ストレートに言えば・・理屈の上では、可能・・だと・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
いうことが、あるんですが・・(坂井眞)

はい。(相談者)

問題は、えーっと・・結局、どこに居るかは、はっきりわからないんでしたっけ?(坂井眞)

はい。(相談者)

でぇ・・(坂井眞)

あのぅ・・(坂井眞)

そうするとですねぇ・・(坂井眞)

はい。(相談者)
もちろん、わからないんですけれども・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
じゃあ・・ごめんなさい、まず、理屈の話から言うと・・(坂井眞)

はい。(相談者)

相手がどこに・・居るかわかんないと・・(坂井眞)
はい。(相談者)
請求できないじゃないですか。(坂井眞)

そうなんです。(相談者)

はい。(相談者)
だから、まずそれを、確認をして・・(坂井眞)

相手に対して、請求をする・・(坂井眞)

っという手続きが必要なんですね。(坂井眞)

はぁい。(相談者)

でぇ、話合いで決まれば・・(坂井眞)

そりゃ、一番手っ取り早いですけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

決まらなければ・・(坂井眞)

家庭裁判所に調停を起こして・・(坂井眞)

はい。(相談者)

養育費・・養育費を支払ってくださいっていう、家庭裁判所に・・での、調停手続き・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
を、して・・(坂井眞)

そこで決めればいいんです。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
でぇ、その為にも、相手が、どこに居るか?・・っていうことを・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あのぅ、捕まえなきゃいけないんですけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

でも、あなたの場合は・・(坂井眞)

もともと・・(坂井眞)

元の夫ですから・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)

戸籍から、追っかけていくことは可能なわけですよね。(坂井眞)

はぁい・・(相談者)
もともと、同じ戸籍を作ったわけですよねぇ・・結婚した時に・・(坂井眞)
はぁい・・はぁい。(相談者)

で、離婚して・・ぇ・・どういう形に、処理をしたか、わからないけれども・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
そこからいけば、今・・の、戸籍、どこに居るかは、わかりますし・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)

でぇ、住所も、戸籍の附票っていうのを、み・・あん・・み・・見ればわかりますので・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)

それはあのぅ・・(坂井眞)

そういうことを・・(坂井眞)

ぉ・・弁護士さんに相談すればですねぇ・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ぇ、どこに居るか・・ってことは・・(坂井眞)

あの、それで、養育費を・・(坂井眞)

求める調停を・・する為の、調査ですから・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
それ、正当な目的があるので・・(坂井眞)

あのぅ・・それは・・追っかけていけば、住所はわかると思います。(坂井眞)

そうですか?(相談者)
うん。(坂井眞)
はい。(相談者)

でぇ・・そうやって、まず、相手がどこに居るかを調べて・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ぇ・・まぁ、最初は、手紙出してもいいですよねぇ・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
手紙でも、内容証明でも・・(坂井眞)

はい。(相談者)

でぇ・・(坂井眞)

出してくれるんだったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)
いいし・・出す余裕があるんだったら・・ほんとにいい話だし・・(坂井眞)

はい。(相談者)
そこで、話がまとまらなければ、家庭裁判所で・・(坂井眞)

話合いをして決めていくと・・(坂井眞)

はい。(相談者)
でぇ・・(坂井眞)

ぇ・・話合いで決まらなければ、家庭裁判所が審判をして・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
結論を、出します・・両方の収入・・(坂井眞)

はい。(相談者)
それから、子供の年齢や、人数ですね。(坂井眞)

はい。(相談者)
で、だいたいのそのぅ・・(坂井眞)

それだったらいくら・・(坂井眞)

っていうのは、だいたいもう、家庭裁判所の基準がありますので・・(坂井眞)

はい。(相談者)

それでぇ・・あのぅ・・裁判所の判断が、出ます。(坂井眞)

はい。(相談者)

あのぅ・・(坂井眞)

今、まだ未成年で・・(坂井眞)

一番、お金のかかる時のお子さんを・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
育ててらっしゃるので・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
ぇ・・父親の方に、養育費を、今後の分の養育費を請求するっていうのは・・(坂井眞)

ぁ・・全然問題なくできますという・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
そういうことになりますねぇ。(坂井眞)

はい。(相談者)

わかりました。(相談者)

はい。(坂井眞)

はい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. あまりにも 行き当たりばったり敵な感がありますね  お嬢さんの偏差値は(・・?
    これまで 養育費を貰わなかったのはいけません たとえそれがとぎれとぎれでも 受け取って 将来の教育費の為に 学資保険などに加入するとか 備えが必要でしたね! 公立に落ちたから私立  もっとランクの低い公立はなかったのでしょうか(・・?  私共の 年代でしたら 経済的理由で 進学できずに 集団就職の道を選ばざる家庭が沢山ありましたが!
     ちょっと 背伸びしすぎておられませんか このままでは 破綻しますよ 相談者さん。