テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年8月7日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。半年前、単身赴任先から帰省すると寝床にコンドームの袋が落ちていた。問い質すと妻が浮気を認める。2ヶ月前にもゴミ箱から使用済みを発見。結婚当初からセックスレス。妻の浮気発覚1週間前に、結婚を後悔していると聞き、ショックを受けていた後の事。7歳の子供のこともあり、離婚すべきかどうか悩むという相談。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:40歳男性(単身赴任) 妻39歳(妊娠中) 子供7歳 妻の浮気相手26歳(会社同僚)

加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

40歳男性から、妊娠中の妻39歳、子供一人、7歳。

はい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

妊娠中の妻の浮気

離婚するべきか、しないべきか、悩んでまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

でぇ、そのぅ・・離婚すべきか、しない・・あの・・どういう・・ことがあったんですか?(加藤諦三)

今から、半年・・ぐらい・・前なんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、妻の浮気が・・発覚しまして・・(相談者)

ああ・・はあ・・(加藤諦三)

・・

でぇ・・えーっと・・(相談者)
そうするとアレですか?この、今、妊娠中っていうのは・・その、あなたの子供じゃなくて・・浮気相手の子供?(加藤諦三)

いえ・・それは・・あの・・妻が言うには、わたしの子供だっていうことなんです。(相談者)

ああ、そうですか・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ということは、う・・浮気してたっていうのは、どういうことですか?(加藤諦三)

ま、妊娠・・わたしの子供、いる状態で、浮気してたっていう形になると思うんですけど・・(相談者)

ふーん・・(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)
で、この、浮気相手は、どういう・・相手ですか?(加藤諦三)

妻の会社の同僚・・(相談者)

だと・・思われ・・ます・・(相談者)
あぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・(加藤諦三)
ま、ちょっと・・誰っていうのは・・(相談者)
まだわかんない?(加藤諦三)
まだ、わかんないですけど・・(相談者)
うん・・で・・(加藤諦三)

このぅ・・浮気が・・あったという・・(加藤諦三)
・・
ことは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
奥さん自身は、もう・・認めてるわけですね?(加藤諦三)

はい、認めてます。(相談者)

んで、あの、浮気してるということは、なんでわかったんですか?(加藤諦三)

えーっと、それは・・わたし・・単身赴任してまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、帰省した際に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

寝床に・・コンドームの・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
空き袋が、落ちてて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
問い詰めたら・・自白したっていう形なんですけど。(相談者)

ふぅーーん・・(加藤諦三)

ということは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

家の外で、浮気したん・・ではなくて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そのぅ・・人が・・家に来たわけですね?(加藤諦三)

そうですね・・はい。(相談者)

・・

で、これは、どのぐらい続いてたんですか?(加藤諦三)

ま、どれぐらい前からっていうのは、わからないんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まあ・・(相談者)

えーっと、妻の話しでは、その、同じ会社っていうことなので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

歳も・・26っていうことなんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

なので、え・・その、会社に勤めてるのが、その、ま、1年ぐらい前だったの・・に、勤めだしたので、おそらく、1年ぐらい・・(相談者)
・・
かなぁ・・って、思ってるんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・まぁ、その期間に、こう、僕が帰省すると・・度に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まあ、どこかこう・・(相談者)

ま、病院に行くであるとか、美容室に行くであるとか、友達に会うということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、子供をわたしが預かって、その間に、外出するってことが、けっこう、頻繁にあったものですから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まあ、後から考えると、ま、そういうことだったのかなぁ・・っていうことで・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

まあ、もともとその・・(相談者)

結婚・・し・・てからずっと、まあ・・セックスレスっていうのも、ありまして・・(加藤諦三)

ふーん・・(加藤諦三)
でぇ・・えっと、触ろうとすると・・避けたりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、子供作るって、目的で、やってるっていう形で・・それ以外は、ほんとにもう・・全然ないっていう状態で・・(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

その・・発覚する、1週間前に・・その妻に・・ま・・(相談者)

あのぅ・・結婚したこと自体を・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、後悔してるのかって・・いうことで・・(相談者)

質問したんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、その時に、ま、後悔してるっていうこと・・(相談者)

を、言ってまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

ま、ただまぁ、子供に会えたのは、まあ・・結婚したからだ・・っていうのは、あるけれども・・(相談者)

まぁ、ただ、あのぅ、ま、僕の子供が欲しいと思ったことは、一度もない・・っていうことと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あと・・ま、歳をとってから、ま、キッチン、二人で立ってるとか、考えらえないとかっていうことで、かなり・・(相談者)

あの、はっきり・・と、そういうことを、言われまして。(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたしもそこまで・・(相談者)

の、答えが返ってくると、そ・・その時点で、思ってなかったので、ま、かなりショックだったんですけれども・・(相談者)
そりゃ・・そうですよ。(加藤諦三)

ショックですよ・・(加藤諦三)
でぇ、1週間後・・(相談者)

そうですね、1週間後に、そういことがあったんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まあ・・(相談者)

まぁ、ほんとに、そういう・・ま、このまま・・こう、仮面夫婦っていうんですか?・・ま、そういうのを続けても・・どうなんだ?っていうことで、話しをしまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・えーっと・・(相談者)

まぁ、すれ違・・(相談者)

ってもう・・どうしようもないとこまで、すれ違っちゃってるので、ま、その離婚したいっていうことですね・・(相談者)

を、まあ、妻の方からも・・(相談者)

言われたっていう・・ま、そういう状態なんですよ。(相談者)

・・

隠そうとしない

うーん・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

・・

ごく普通に考えると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなたも、離婚したいというふうに・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

思う・・(加藤諦三)

と、思うんだけど、それはないんですか?・・迷いですか?(加藤諦三)

・・・

うーん・・もう、ほんとに・・それをもう、日々・・(相談者)

考えが変わって、ま、どっちが正しいのか・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

うーん、非常に、ま・・(相談者)

ま、悩んでるというか・・もうどっちかに、踏み切って、あのぅ・・それに向かって・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

ことを、進めていきたいんですけれども・・(相談者)

ま、うーん・・(相談者)
まあ、奥さんは・・(加藤諦三)

離婚・・ということを・・(加藤諦三)

もう決心がしてなければ、こういうことは、しないでしょうねぇ。(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)
いかにも、無防備・・ん、ん・・もし、そのぅ・・(加藤諦三)

あなたとの結婚・・ということが、もの凄く、大切で、この7歳の子が、大切だったらねぇ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

やっぱり、今のあなたの話しを聞くと・・こういう無防備な・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
バレ方っていうのは、ないですよ。(加藤諦三)

・・・

そうですよねぇ・・(相談者)
うん、そういうことで・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

単なる浮気・・だったら、これは、できないですよね?(加藤諦三)

・・

そうですよねぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

またちょっと、2ヶ月ぐらい前にも、同じようなことが・・ま、帰った時に、ありまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

ま、その、不思議なのがほんとにそのぅ・・(相談者)

・・

もう少しなんか、こう、隠そうと・・するんじゃないのかなぁ・・っていう・・思うんですけど・・(相談者)

・・

うん・・(加藤諦三)

・・・

基本的に・・(加藤諦三)

彼女は、もともと・・(加藤諦三)

なんか・・(加藤諦三)

ひ、人を、ほんとに愛することが、できない人なんでしょうねぇ?(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)

なんか、そんな感じは・・(相談者)

しますねぇ・・(相談者)

・・・

だって・・(加藤諦三)

もし今、妊娠していて・・(相談者)
はぁい。(相談者)

・・・

それで、ま、浮気もしていて・・(相談者)

はい。(相談者)

で、そのぅ・・ぃ、今の妊娠の子・・してる子供は、その、浮気相手の子供でない・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
と・・いうわけですよねぇ?(加藤諦三)

はい。(相談者)

だから、そこら辺のところが・・(加藤諦三)

浮気をする場所にしても・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ごく普通・・の、男性で、男と女の関係の・・(加藤諦三)

物語ではないですものねぇ。(加藤諦三)

そうなんですよね、今回のその、浮気が分かった後の・・その彼女の・・(相談者)

そのぅ、反応も、なんて言うんですかねぇ・・ま、その・・(相談者)

浮気したっていうことが、その・・悪いとか、「あっ、見つかってしまった」みたいな、そういう感じが全然ないんですねぇ。(相談者)
ないんです・・そりゃないですよ。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

で、なんか、どっちかっていうと、その・・(相談者)

すれ違って・・今に至ってる・・から・・っていう、そういう言い方・・なんで・・(相談者)

あのねぇ・・(加藤諦三)
そっちの方が、離婚原因みたいな、とら・・捉え方、なんですねぇ・・(相談者)
ま、これも、あなたに聞い・・ても、奥さんの話しだから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
わかんないんだけども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
奥さん、何かにもの凄い、絶望してる・・(加藤諦三)

ことってのが、あるんじゃないのかなぁ・・(加藤諦三)

・・

うーん・・(相談者)

・・

なんか、奥さんに聞いてみないと、わからない話しですけどね・・(加藤諦三)

はい、はい。(相談者)

人間関係で、やりきれない関係が、こう、尾を引いちゃっていて、誰とも親しくなれないんだと、思うんですけどね。(加藤諦三)

それで、今日、あなたは、これだけの奥さん・・(加藤諦三)

の、ことは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あって・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
だけども今、離婚しようか、離婚しまいかを・・(加藤諦三)

考えていると。(加藤諦三)

そう・・ですね・・(相談者)
で、奥さんの側は・・離婚する・・したい、というふうに、言っていると。(加藤諦三)

はい。(相談者)

言っている・・(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はスタジオに、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク