テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年9月25日(月)は、加藤諦三&大原敬子。8歳の息子が、友達に石をぶつける意地悪や、万引きをするのだが、どういう態度をとればいい?という相談。二年前に離婚し、両親と同居、下に6歳の弟と4歳の妹が居る。物は十分に買い与えている。子供に不満を聞くと、弟より、自分ばかり怒られるとか、宿題をやろうとしてるのに、お母さんから、やりなさい、やりなさいと言われると言うが。
加藤諦三氏の〆の言葉『本当の自分の感情を隠すと、みんな柔軟性がなくなります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:30歳女性(2年前に離婚) 父・母(共に56歳)と子供3人と同居(長男8歳・次男6歳・長女4歳)

もしもし?(加藤諦三)

もしもし。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です、(加藤諦三)

はい、よろしくお願いします。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、30歳です。(相談者)
30歳・・(加藤諦三)

結婚してます?(加藤諦三)

結婚・・は、してないです。(相談者)

えっと・・(加藤諦三)

そうすると・・(加藤諦三)

今、ご両親と一緒に住んでるの?(加藤諦三)

は・・い。(相談者)

ご両親、何歳ですか?(加藤諦三)
えっと・・50・・6歳ですね。(相談者)

・・

56歳・・(加藤諦三)

と?(加藤諦三)
はい。(相談者)

と、あと・・あっ、両親が・・どちらも、56歳です。(相談者)
あ、そうですか、はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、そうすると今、三人で暮らしてるんですねぇ?(加藤諦三)

あ、あと、子供・・ですね。(相談者)
あっ・・お・・(加藤諦三)

何歳ですか、お子さん?(加藤諦三)

えっと、8歳と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

6歳・・と。(相談者)
はい。m

4歳です。(加藤諦三)

・・

ずいぶん・・(加藤諦三)

・・

たくさん、頑張りましたねぇ。(加藤諦三)
あふふふふふふ・・(相談者)

こ・・子育ての苦労は、ずいぶん、してるわけですね?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
で、今は、そのぅ・・(加藤諦三)

6人ということは、離婚してるんですか?(加藤諦三)
はい・・そうです。(相談者)

はぁ・・離婚は、何年前ですか?(加藤諦三)

えーっと・・二年・・前・・ですね。(相談者)
二年前ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました・・それでぇ、今日は、どんな相談ですか?(加藤諦三)

8歳息子の意地悪と万引き

えーっと、一番上の・・(相談者)
8歳?(加藤諦三)
男の子なんですけれど・・はい。(相談者)
これ、男の子ね、はい。(加藤諦三)

はい、その子が・・(相談者)
うん、うん。(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

小学校・・(相談者)

の、お友達に、ちょっと、意地悪をしてしまったり・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

あとは・・お店の物を・・(相談者)

あの・・ちょっと、万引きというか、その・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
勝手に持ってきたっていうことが、あったんですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい・・で、そのぅ・・(相談者)

ことについて、ちょっと、どうしたらいいのかな?・・っていう・・(相談者)

・・・

はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

万引きした・・(加藤諦三)

って、言ったけど・・(加藤諦三)

まぁ・・要するに・・お店の物、家に持ってきちゃった・・っていうこと?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・お菓子なんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
えっと・・ぅ・・(相談者)

まあ・・(相談者)

車・・で、その、一緒に買い物に行ったんですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、えっと・・車の中で、食べていたので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
「それどうしたの?」っていうふうに聞いたら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
あのぅ、「友達からもらった」っていうふうに・・言ったんですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・まぁ、あのぅ・・(相談者)

それをちょっと、全部もらうっていうのが、おかしいな?と思って、問い詰めたら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
えっと・・(相談者)

盗ってきてしまった・・っていうふうに・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
言ったんですよね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

はぁい、で、それ・・の、一週間後ぐらいに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

えっと・・おもちゃ・・コーナーで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

おもちゃがその、袋から、落ちてたみたいで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、それを、その・・ポケットに・・(相談者)

入れ・・(相談者)

たんですよね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
で、わたしその、入れる瞬間を見てなかったんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・遠く・・離れたとこ行って、なんかポケ・・(相談者)

ットのところに、手を入れてたので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
「なにしてるの?」っていうふうに聞いたら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、落ちてたので、これを、その店員の人に・・(相談者)

持ってこうと思った・・って言ったんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、そのポケットに入れた時点で、それは・・(相談者)

駄目なことだよね・・っていう・・(相談者)

ふうな話しをして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

うん。(加藤諦三)
で、あの、店員の人に・・(相談者)

届けさせたんですけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

息子の不満

でぇ・・あのぅ・・先ほど・・今の、お子さんは、8歳のお子さんですけど・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
6歳、4歳、これ、男の子、女の子、どっちですか?(加藤諦三)
えっと、6歳が、男の子で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

4歳が、女の子。(相談者)
女の子・・(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)

・・

3歳(言い間違えと思われ)・・(加藤諦三)

で、最初ですよね、この長男の子ねぇ。(加藤諦三)
・・
そうですねぇ。(相談者)
ん・・(加藤諦三)

あのぅ・・次に・・また、どの子でもそうですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
次に子供が・・(加藤諦三)

産まれると、これは、大変なショックですよねぇ。(加藤諦三)
・・
お父さん、お母さんの、関心が・・(加藤諦三)
そうですねぇ、はい。(相談者)
下に行くわけですからねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

ほんでぇ・・さらにここで・・(加藤諦三)

・・・

女の子が・・アレすると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

すると、女の子、かわいい、かわいい・・っていうようなことがあって・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
で、このぅ・・(加藤諦三)

す、すま・・そういう意味での、離婚の問題と、そう・・そういう、その家族構成とか、いろんな問題で・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
この子が・・あのぅ・・寂しい思いは・・してたとかっていうことは、ないんですか?(加藤諦三)

まぁ、そのぅ・・(相談者)

ま、そういうことを、してしまった後に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
んっと・・わたしの父と、母と・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたし・・と、その子でちょっと、夜、話したんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・「なんか不満があるの?」っていうふうに、聞いたんですよねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、物は、その・・(相談者)

・・

買い与えてないわけじゃないし・・多分、十分なぐらい・・ふふっ・・買ってると思うので・・(相談者)
うん・・うん。(加藤諦三)

まぁ、「何か不満があるの?」っていうふうに、聞いたら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まあ、そのぅ・・(相談者)

二番目の子ら・・子に、比べて、自分ばっかり怒られるみたいなことを・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
言うんですよね。(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)
うーん、でぇ・・(相談者)

・・

まぁ、そのぅ・・(相談者)

・・・

あと、宿題・・を、その、やろうとしてるのに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、お母さんが、「やりなさい、やりなさい」って・・(相談者)

あのぅ、言ったりするっていうのを・・ふふっ・・言われて・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

・・

それが問題・・はい?(相談者)
自分が今、やろうとしてたんだ・・ってことでしょう?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)
やろうとしてたのに・・(加藤諦三)
ま、そういう・・はい。(相談者)
お母さんが、また、やれ・・って言った・・っていう・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

うん・・(加藤諦三)

・・・

あの、そうすると、これは、かん・・こういう・・ことは、考えられるの?・・ん・・要するに・・(加藤諦三)

弟の方との、関係でなんか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
不公平感みたいなものを・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
も、もっ・・(加藤諦三)
不満があるのかなぁ・・とは、思うんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

それと・・親の目から見ると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
小さな違いなんでしょうけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

子供の目・・子供からすると、けっこうそれは、大きな・・(加藤諦三)

あああ・・(相談者)
ことで、その不満が、さっき言った・・(加藤諦三)

・・・

・・・

意地悪とか・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
やっぱり、意地悪、す・・(加藤諦三)

するとか、虐める・・っていう、子は・・(加藤諦三)

不満の有る子ですよねぇ。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・・

・・・

だから・・ここらへんの、万引きの問題と・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

まあ、意地悪と・・ま、そこら辺が、全部一緒になってるのかなぁ・・っていう感じは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
するんですけどねぇ。(加藤諦三)
うん・・(相談者)

・・・

・・・

根底の不満は?

でぇ・・(加藤諦三)

その、6歳の子の・・方は、なんの問題もないわけですねぇ、今。(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・・

6歳の方は、「お兄ちゃんばっかり」・・っていう・・(加藤諦三)

それはないんだよねぇ?(加藤諦三)

うん、まあ・・(相談者)

・・・

まぁ、その、長男に物・・小学校で、その、必要な物とかを買ったりすると・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、羨ましがったりは、するんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
特に、それに対して、なにか・・(相談者)

するっていうことはないですねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

でぇ、今日の、あなたの相談は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
やっぱり、あなたから見ると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
まぁ、最初に万引きって言ったけど・・それから・・ぃ、意地悪したっていうのは、こ、この・・どの程度の・・ことですか?(加藤諦三)

ま、小学校に入った時・・すぐに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
その、一緒に帰って来てる子に、なんか、石をぶつけたらしいんですよねぇ。(相談者)

はい、石をぶつけた・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

あの・・なんで、ぶつけたんですか?いきなり、ぶつけるこ・・ことはないと思うんだけど。(加藤諦三)

うん、まぁ、なんかその、喧嘩になったというか・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
一緒に帰って来てる・・間に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、ちょっと、揉めたみたいで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・・

あの、しつこく、なんかあるほど、虐めたってんじゃなくて、その時の感情で・・石をぶつけたって・・(加藤諦三)
で・・やってしまうのかな?・・っていう・・(相談者)
ふ、ふーん・・うん・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

という・・(加藤諦三)
で・・(相談者)
ことですかね?(加藤諦三)
二年生になって・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)

えっと・・(相談者)

ま、違う子なんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
後ろから、押したりだとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、あと・・つばをかけたりとか、したみたいなんですよね。(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

・・・

という・・ぃぅ・・ことは、たまたま、一緒に帰ってたことを、感情・・を・・が、爆発して、石をぶつけたっていう・・(相談者)

・・・

ことよりも、なんか、根底に・・不満が・・あって・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)

・・

人に対して・・そういうことを、いろいろやるというふうに、考えた方が、いいのかなぁ?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

でぇ、さしあたって、あなた、今、この・・子の・・8歳の子に、どういうふうな、態度をとったらいいか?・・ってことですね?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
これ、あのぅ・・今日はあの・・スタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい・・はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク