不貞行為と養育費

テレフォン人生相談
不貞行為

テレフォン人生相談2016年11月1日は、今井通子&大迫恵美子。パート先の男性との不倫で2ヶ月ほど前に離婚した娘夫婦。半年ほどの間に貯金200万を貢ぐ。娘が親権をとるも、貯金を使い貢いだ行為に、養育費は払えないという婿。不貞行為の相手から、慰謝料もとりたいと話す婿。養育費は貰えるのか、慰謝料はとれるのかという相談。

テレフォン人生相談2016年11月1日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:74歳男性 妻70歳 年金暮らし 娘38歳(初めに36歳と言っていたが) 婿36歳 中2と小3の孫 婚姻15年ほど 2ヶ月前に娘の不貞行為で離婚

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

74歳男性から、ちょっと、娘の件なんですけどもね、娘がちょっと、あの、まあ、不倫とか、不貞行為っていうかね・・ちょっとパート先で・・ちょっと、ある男性と知り合ったみたいでね、それでちょっと、あの、が原因っつうことで、まあ、一応離婚となりまして・・

養育費は払えない

それで、子供が二人いるものでね・・えー、中2と小3ですね・・それであのぅ、子供の養育費がね・・娘が、まあ養育費ってことで、話しをしたんだらしいんですけども・・それは、払えないというふうなことでね・・

それで、まあ、自分の中で、それを聞いたのが、もう、最近だったもんで、近くでね・・ま、びっくりしちゃって・・まあ、その後で、いろいろ聞いてみたら、そういうことだったっていうことでね・・

んで、む、娘はそういうふうなことで、うちの方には、もうあまり、それからみえないんですよ、娘もね・・それで、婿さんの方は、なんか子供の荷物を、うちの方に、うちの方に届けたりして・・

婿さんとは、私の中で、そういうふうな・・別に、そういうふうなっちゅうか、いろいろな、普段、今までも付き合いは、良かったんだけどね。

ま、そのことで、ちょっと、ご相談っていいましょうかね・・で、これは・・

まずですね、あなたはおいくつですか?(今井通子)
えー、74ですね。(相談者)
74歳・・あのぅ、現在は、年金暮らし?(今井通子)
そうですね。(相談者)
はい・・奥様は、何歳でいらっしゃる?(今井通子)
えー、70歳ですね。(相談者)
70歳・・で、年金暮らしでいらっしゃる?(今井通子)
そうですね。(相談者)
はい・・(今井通子)

で、お嬢さんは、おいくつ?(今井通子)
えー、36ですね。(相談者)
36歳・・ご結婚して、何年目くらいなんですかね?(今井通子)
えー、1・・5年ぐらい・・経ちますかね。(相談者)
15年・・(今井通子)
ええ・・(相談者)
はい・・(今井通子)

でぇ、今、お嬢さんは・・(今井通子)
ええ・・(相談者)
なか・・あんまり、来ないんですねって、おっしゃってるけど、どっか、ご自身・・(今井通子)
パートで働いてますね。(相談者)
うん、パ・・パートで働いていて・・(今井通子)
ええ・・(相談者)

でぇ、どこかに・・(今井通子)
うん、アパートを借りまして・・(相談者)
あ、アパートで住んでらっしゃるわけね?(今井通子)
元、住んでたとこ、すぐ近くのアパートを借りて・・(相談者)

そうすると、お子さん達は、同じ小学校と、同じ中学校に、通ってるわけね?(今井通子)
そうですね、はい。(相談者)
はい・・(今井通子)

婿から不倫の事実を聞く

でぇ・・不倫をされたっていうのは、いつ頃のことなの?(今井通子)
う、うーん・・1年ぐらい・・み、みたいなんですよね、話しの様子が、婿さんの・・(相談者)

あっ、お婿さんから、聞いたのね?(今井通子)
そう・・それで、どう・・(相談者)
で、離婚ということになったのは・・(今井通子)
うん・・(相談者)

何か月か、何ね・・(今井通子)
えー、まだ、最近ですね・・えー、2ヶ月ぐらい前ですね。(相談者)
2ヶ月ぐらい前?(今井通子)
ぐらい前ですね。(相談者)

2ヶ月前に・・(今井通子)
ええ・・(相談者)
協議離婚なんですか?それとも・・(今井通子)
ま、一応、一応ふた、二人で話をしたっつうんだけども・・ま、これから・・(相談者)
あ、お二人が話ししてて・・(今井通子)
そう、二人で、どんどん、どんどん、進めちゃったんですねぇ。(相談者)

いや、あの、お二人で話しして・・(今井通子)
ええ・・(相談者)
えー、例えば、調停をするとか・・なんかそういうの、やりました?(今井通子)

いや、全然、や・・(相談者)
そうじゃなくて、お二人だけで、話しして・・(今井通子)
そう、話しして・・(相談者)

はい、で、離婚届けは、出しちゃった。(今井通子)
出して・・(相談者)
はい・・(今井通子)

で、その離婚の条件が・・(今井通子)
ええ・・(相談者)
親権は・・お譲さんが、もってるわけ?(今井通子)
そうですね・・(相談者)
お子さんに対して・・(今井通子)
はい、はい・・(相談者)

でぇ、お子さんの養育費も、現在は、お嬢さんが、全部、そ、育ててらして・・(今井通子)
まあ、そういうことですね。(相談者)

あのぅ、お婿さんの方からは、一銭も、もらっていませんっていうことね。(今井通子)
まあ、そういうことですね。(相談者)

貯金から不倫相手にお金を貢ぐ

これは、離婚の時に、お嬢さんが、それでいいですって、言ったわけ?(今井通子)
いいです・・じゃあなくてね・・あのぅ、話しはしたんですって・・(相談者)

そうしましたら、そのまあ、その・・不倫の相手にその・・ま、お金を貢いでたっていうか、自分の・・貯金から、使ってたんだからね、ま、そのことは、出せないと・・(相談者)

なるほど・・じゃあその・・お嬢さんが、不倫をした時の・・(今井通子)
ええ・・(相談者)
お相手っていうのは・・(今井通子)
ええ・・(相談者)

若い人ってこと?(今井通子)
若・・そう、30代・・(相談者)
貢いじゃったのは・・(今井通子)
ですね。(相談者)

30代の男性で・・(今井通子)
はい・・(相談者)
それで、あの、貯金を使って、貢いじゃったの?(今井通子)

まあ、結果的に、そうでしょうね。(相談者)
あ、いくらぐらいですか?(今井通子)
200万・・ぐらいじゃないかと、思いますけどね・・(相談者)

200万・・(今井通子)
ええ、ぐらいですよね。(相談者)
はい・・(今井通子)

ということは、この男性っていうのは、プロ?(今井通子)
いや、サラリーマンだと思いますね。(相談者)
サラリーマン・・(今井通子)
ええ・・(相談者)

結婚する気は、サラサラなくて、遊びだった?(今井通子)
まあ、そういうことなんでしょうね。(相談者)

遊びだったのね?(今井通子)
ええ・・(相談者)
で、それは、お嬢さんも、同じだったわけ?(今井通子)

まあ、そうでしょうね・・だって、まあ、まあ、そうでしょうね。(相談者)
はい・・(今井通子)

養育費と慰謝料はどうなるの

で、これが、お婿さんに、わかっちゃった時に、お婿さんは、すぐ離婚だっていうことな・・に、しちゃったわけ?(今井通子)

いや、しばらくあの・・我慢してたっていうか、アレしてたみたいね。(相談者)
わかったのが、1年前ってこと?(今井通子)

いや、わかったのは、まあ、半年か、それぐらいですね・・(相談者)
半年前・・(今井通子)
んで、その前から、付き合ってた。(相談者)

っていうことは、付き合ったのは、1年前ぐらいってなると・・(今井通子)
そう。(相談者)
半年間ぐらいで、200万、使っちゃったのね?(今井通子)
みたいですね・・(相談者)
あ・・(今井通子)

金額が、はっきりした確定はしてない、おおよそ、だいたい、そんな感じですね。(相談者)
はい・・で、お婿さん、いくつ?(今井通子)
えーっと、36ですね。(相談者)
娘さんが?(今井通子)
38(冒頭で36って言ったよね)でね・・
はい、わかりました。(今井通子)

じゃあ、今日のご相談を、はっきりおっしゃってください。(今井通子)
はい・・で、1点目はあの、子供に対する養育費ですね・・(相談者)
養育費が、これは・・とれますか?ってこと?(今井通子)
まあ、そういうことですね。(相談者)
はい・・(今井通子)

それから2点目は、婿さんがね・・(相談者)
はい・・(今井通子)
相手の男性から、慰謝料っていうふうなものね・・(相談者)
ええ・・(今井通子)

まあ・・の、話しをする時がある・・してるんですけどもね。(相談者)
はい・・(今井通子)
で、その点と、ま、2点ですね。(相談者)

相手の男性から、い、慰謝料を、お婿さんが、とりたいと?(今井通子)
はい。(相談者)
で、それを、あなたも知りたいの?(今井通子)

そうですね・・(相談者)
なぜ?(今井通子)
婿さん、まあ、そう言って、私もじゃあ、聞いてみましょうっていう話しだったもんですからね。(相談者)
あ、なるほど。(今井通子)
ええ・・(相談者)
あ、わかりました。(今井通子)

今日はですね、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います・・(今井通子)
はい、はい・・(相談者)

先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

【おすすめ記事】



大迫恵美子アドバイス

はい、もしもし。(大迫恵美子)
はい、どうもお世話になります。(相談者)

子供に対する愛情が薄い婿

はい、えーっとね、これ、あのぅ、まあ、離婚の、じ・・状況について、あまりあなたが詳しく聞いてないように思うんですけど・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

あの、お子さん・・お母さんが引き取るということについてね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

お婿さんの方では、反対はなかったんですか?(大迫恵美子)
なかったですね。(相談者)
はあ・・あのぅ、それで今ね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

えー、まあ、割り合い、近くに住んでるみたいですけど・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
あのぅ・・その、お婿さんとお子さん達は、会ってるんですか?(大迫恵美子)
ついこの間・・10日ぐらい前に、行き会ったらしいんだけどね。(相談者)
はい・・(大迫恵美子)

なんかあの、あまり、子供にはそのぅ・・なんとなく愛情とか、なんかそういったの、ちょっと欠け・・欠けてるちゃあ、なんだけど・・以外とね・・さっぱりしちゃってるみたいな感じで・・(相談者)
はあ・・(大迫恵美子)

んで、過去に1度、やっぱりね、バツイチで、やっぱり、お子さんがいたらしいんですね・・(相談者)
はい・・(大迫恵美子)

そいで・・まあ、そういう・・ま、アレがあったみたいで・・ですからさほど、あの、子供にはそのぅ・・なんて言うの、自分らが見ていてね・・(相談者)
ええ・・(大迫恵美子)

そういったアレが、ちょっとこう・・ちょっと、薄いっちゅうか・・なんか、アレだなぁ・・っていふうな部分が、見れるんだけどね。(相談者)

お金の目処はたっていない

あの、お嬢さんのね、収入は・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
十分あるんでしょうか?(大迫恵美子)
いや、十分とは言えませんね。(相談者)

はい、あのぅ、その、ま、中学生もそろそろ、お金がかかるようになってくると思いますけど・・(大迫恵美子)
はい・・はい・・(相談者)

えー、これからそのぅ、お嬢さんが・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
2人のお子さんをね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

育てていくと・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
いうことが、可能なんでしょうかね?(大迫恵美子)

ま、本人は、も、もう、覚悟とかそういうふうに・・言ってますけどね。(相談者)
うーん、まあ、覚悟はね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
もちろん、ご自分で罪悪感もあって・・(相談者)
そういう・・そう、そう・・(相談者)

おっしゃるかもしれませんけど・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
具体的に・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

毎月のかかりとかね、えー、学費・・それから学校に入るときにはね、まあ、制服作ったりとかね・・(大迫恵美子)
そういうことです。(相談者)

あのぅ、一時金もずいぶんかかりますけど・・(大迫恵美子)
そうですね・・(相談者)
そういうものの目処は、たってるんでしょうかね?(大迫恵美子)

たってないと思いますね。(相談者)
うーん、あの・・それから、ご両親もね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

手を差し伸べる

あの、あんまり、娘さんと、直接・・なにかその、接触ないんですね?(大迫恵美子)
その件以外ね、あのぅ、娘のほうも、避けちゃってるんですよ。(相談者)
うん、そうですけど・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

ま、ここはやっぱり、その、ご両親が、手を差し伸べないとね・・(大迫恵美子)
そういうことです。(相談者)
なかなか年金生活で、金銭的に苦しいかもしれませんけど・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

そうは言っても、その精神的にはね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
えー、手を差し伸べてあげないと・・ぉ・・ちょっとお嬢さん、解決できない問題があるんじゃないでしょうかね?(大迫恵美子)
そうゆうことなんですね。(相談者)

うん・・(大迫恵美子)
私も1番その辺、懸念してましてね。(相談者)

あのぅ・・養育費のことはねぇ・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
これは、あの、ま、お嬢さんが・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

例えばその、十分な資産を持っているとかね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
それから、十分な働きがある、ということになると・・ぉ・・まあ、例えばその・・ぉ・・理屈の上では・・えー、まあ、慰謝料を払う義務がある人ですからね・・(大迫恵美子)
そうですね・・逆にね・・(相談者)

そのぅ・・お婿さんに対してね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
離婚原因を作ってしまったわけですから・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

ま、その、慰謝料と、ま、当面は、その相殺するとかね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
そういうような・・その、取り決めっていうのは、あり得るかもしれませんけど・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

現実に、生活できるだけの、収入を持っていないとかね。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
資産がないとすると・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

あの、お子さんを、現実に育てるお金がないってことですから・・(大迫恵美子)
そういうことですね。(相談者)
これはもう、あの、相殺とかなんとかって言ってる場合じゃなくて、お子さんを育てる為に、親ですから・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

あの・・お婿さんの方も、お金をださなくっちゃ、いけないですよね。(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

養育費を払わないなら家庭裁判所へ

おと・・お嬢さんはまぁ、あの、自分のいろいろ罪悪感もあったりして・・なかなかアクション起こしづらいであるかもしれませんけど・・(大迫恵美子)

これはね、お嬢さんがもらうお金ではなくてね・・(大迫恵美子)
そうなんですよ。(相談者)
お子さんがもらうお金ですから・・(大迫恵美子)

そういうこと、私それ、説明したんですけどね。(相談者)
はい。(大迫恵美子)
きちっと。(相談者)

あの、お嬢さんに、家庭裁判所へのね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
そのぅ、養育費の調停を申し立てるように・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

強く説得された方がいいですよ。(大迫恵美子)
はああ・・(相談者)
これね、お父さんはできませんからね。(大迫恵美子)
そうですね。(相談者)

ええ、お嬢さんが自分でやらないといけないことなんですけど・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
あの・・到底ねぇ、お嬢さんが自分で交渉はできませんので・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

まあ、場合が場合ですからね。(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
あの・・調停を起こして、家庭裁判所の方で・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

きちんと、説得しもらわないと・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
あの・・上のお子さん、学校へ行けなくなりますよ。(大迫恵美子)
で、それを私も、一番懸念してましてね。(相談者)
ええ・・(大迫恵美子)

あの、養育費は、これはあの、お母さんの不貞がね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
原因で離婚になったとしても・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

これは、あの、養育費を払わなくてもいいということには、なりませんし・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

それから、養育費というのは、現実に、子供育てるために、必要ならばね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

これはもう、親ならば、絶対に払わなくちゃいけないものですから・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

そのぅ、過去の、奥さんの・・不始末に対するね・・えー、まあ請求と相殺するってことも、できない・・状況ですから・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

もう、実際に、お子さんを育てる為に必要なものは、出さなくちゃいけないのでね・・(大迫恵美子)
はあぁ・・(相談者)

で、これはあの・・もう、観念的なものじゃなくてね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
親なんですから・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

もう、これは、養育費は、きちんと払ってもらわないといけません。(大迫恵美子)
はあ、はあ、はあ・・(相談者)

給料の差押え

その為に、本人がすぐ、うんと言わないのであればね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
家庭裁判所の力を借りて・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

まずは、調停・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
そして、調停がまとまらない・・払うって言わない時には・・(大迫恵美子)

これはあの、調停不調になるとね・・あの、養育費をあの・・払うような、ことを裁判所に、きちんと決めてもらって・・(大迫恵美子)
はぁ、はぁ、はぁ・・(相談者)

もう・・お給料を、差押えるぐらいのね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
効力のあるものを、作ってもらわないと・・(大迫恵美子)
はい、はい、はい・・(相談者)

あのぅ、ちょっと、これからお金のかかる、お子さんに・・(大迫恵美子)
そういうことなんですよね。(相談者)
十分な・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
手当が、できませんよ・・はい。(大迫恵美子)
はい、はい、はい・・(相談者)

不倫の証拠

で、もう一点、そのあの・・むす・・婿さんが言われるね・・(相談者)
はい・・(大迫恵美子)
相手の男性の方に・・ま、慰謝料っていうんでしょうかね・・(相談者)
はい・・(大迫恵美子)

そういったものは・・ってこと、本人・・婿から言って・・言われたんだけどね。(相談者)
あのね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

それは、ま、可能、あのぅ・・権利としてはできます。(大迫恵美子)
はあ・・(相談者)
あのぅ、やはり、不貞が理由でね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

えー、壊れちゃったと、いうことならば・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

今の、日本の法律では・・その、不貞行為の、相手方に対する慰謝料請求っていうのは、認められてますのでね。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

それは、あの、権利としては、認められます。(大迫恵美子)
はあ、はあ・・(相談者)

ただ、ひとつはね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
あの、相手の男性が・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

素直に払うと言わない時には・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
ま、裁判するしかないんですよね。(大迫恵美子)
はあ、はあ、はあ・・(相談者)

で、裁判をする時に、証拠の問題があります。(大迫恵美子)
はい、はい、はい・・(相談者)

で・・えー、まあ、その証拠がね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
どのくらいあるのか、わかりませんけど・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

いざとなった時に・・その、お嬢さんに対してね。(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
えー、自分に有利になるような、証言をしろと。(大迫恵美子)

「私は、間違いなく不貞をはたらきました」と・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
ね・・そのぅ、不貞をはたらいた時に、相手は、私が、まあ、結婚してることも、十分知ってましたとかね・・(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

そういうことを、娘さんに言わせると・・(大迫恵美子)
うん、そう・・(相談者)
いうような、話しになった時には・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

これは・・大きな、トラブルになりますよね。(大迫恵美子)
はあぁ・・(相談者)

その、お嬢さんとして、そういうことは、協力したくないと、思うかもしれないし・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

そういうことを、求められた時には、厄介な問題になりますよね。(相談者)
はあ、はあ、は、は、は、はぁ・・(相談者)

そういう・・(相談者)
だからまあ、あのぅ、お婿さんにはね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

「えー、慰謝料、とれるんでしょうかね?」って、言われたら、まあ・・詳しいことは、わからないから・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
お婿さんが、自分で調べたらどう?って言ってね。(大迫恵美子)
はあ、は、は、は、は・・そうだね・・(相談者)

そこは、突き放しておいたらどうでしょう?(大迫恵美子)

養育費は子供を育てるため

はい、はい、はい・・で、養育費の件は、家裁の方へ行って・・(相談者)
ええ・・(大迫恵美子)

ま、本人、相手の方が・・うーん・・その、ま、払いませんよっていうことで、言われるんだとしたらね、最終的にね。(相談者)
ええ・・(大迫恵美子)

で、あの、往々にして、こういうことは、あるんですけど・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

養育費を払うっていうとね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)
どうも、その離婚した、奥さんの方に、払うかのように、思う方が、多いんですよね。(大迫恵美子)

そう、言ってるみたい、本人は・・(相談者)
ええ・・で、この、自分が苦労して稼いだ金をね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

あの女が、そのぅ、のうのうと暮らすのか、みたいに感じる男性って、多いんですよ。(大迫恵美子)
うーん、そう言ってたみたいですよ。(相談者)
はぁい・・(大迫恵美子)

ですから、そうじゃなくて・・子供育てるのに、どれだけお金が必要かということをね・・(大迫恵美子)
そういうことですよね。(相談者)

きちんと、まあ、説明してくれるような、ところに、申し出て・・(大迫恵美子)
はい、はい、はい・・(相談者)

説得してもらった方がいいです。(大迫恵美子)
はい・・わかりました。(相談者)

今井通子まとめ

おわかりいただけましたか?(今井通子)
はいはい・・ええ・・(相談者)

はい、くれぐれも・・(今井通子)
はい・・(相談者)
お嬢さんが、不倫した時に、使ちゃったお金との、折半みたいな・・そういうことは・・できないんだというのを・・(今井通子)
ええ・・(相談者)

しっかりと・・(今井通子)
そうですね。(相談者)
お嬢さんに、伝えられた方が、いいと思いますね。(今井通子)
ホントにね・・はい、はい・・わかりました。(相談者)

はい・・(相談者)
どうも、ありがとうございました。(相談者)
はい・・それじゃあ、失礼します。(今井通子)
はい、ありがとうございました・・失礼します。(相談者)

管理人のちょっとひと言

養育費を支払わないなんて、とんでもない話し。
人生相談を、長く聴いていれば、もうそんなことは当たり前。
でも、その養育費を実際に使うのは、不貞行為をはたらいた元嫁なのよね。

わかっちゃいるけど、躊躇しますな。
いや、自分がその立場になれば、支払うでしょうけど・・・なかなかどうして、割り切れるか?って話しでね。
子供の事を考えれば、不倫した元嫁に慰謝料請求だってできませんしね。

溜めていたお金を、貢がれちゃったんですよ。
不倫相手に、お金をとられて、嫁を寝取られて。親権も持っていかれて・・・踏んだり蹴ったり。
当然、思考は、養育費も、とられるって感覚になりますよね。

いろんな方に、非難を受けようと、なんか同情してしまうな。
いやね、そのようなことがあれば、支払ますけどね。
ああだ、こうだと、言うのだけは、勘弁してほしいな、たとえ女々しい奴って言われてもね。

まあ、この婿は、子供への愛情が薄いようですから、親権については、そうでないかもしれません。
むしろ、育てるのは面倒だって思っているかも。
それでも、すぐに離婚しなかったのは、それなりに苦しんだんでしょう。

ところで、相談者のお父さん。
たぶん、リスナーだと思うんですけど、娘のことで相談したいのなら。
もっと、聞き取りしてくれませんかね?

200万ってお金、適当でしょ?
ついつい、出てきた数字って感じ。
なんか、いろんなこと、漠然としていて、そういうのって、正確な回答、もらえませんよ。

慰謝料だって・・・婿って言っても、「元」ね、「元」。
元婿から、そんな話し聞かされる前に、養育費を払うように説得しろよな。
娘、遊びじゃなくって、真剣だったかもしれないぞ。

もっとさ、娘のこと、信じてやる気があれば、家に寄ってくるさ。
あんたが、元婿にべったりだから、寄って来ないんだろう。
不倫がいいとは言わないけど、親なら、それでも信じてやれよな。

遊びで、そんなお金を貢ぐとは、あんまり思えんぞ。
そんだけ!

スポンサーリンク

コメント

  1. このお父さんの話し方がすごくいやだった。
    他人事みたいに話すのって、真剣に回答してくれる先生たちにすごく失礼な気がしました。それでもって投げやりだったし。こんな話し方するのなら、相談するなよって思った。

  2. 元婿が養育費を出し渋っているので、娘の愛人から慰謝料取ってそれを養育費に充てさせる魂胆か?そうすりゃ娘は貢いだ金は取り返せるし一石二鳥。愛人は自業自得だけど、結局全て失うのは元婿(同情します)。この父親は娘が可愛いあまりに実に強か!いつまでも子離れできませんね。

  3. うーん、この子の親らしいと思うけどなあ(失笑)
    まあ養育費も貢いだ金と慰謝料(元嫁側が払う)で相殺じゃないですか。
    そういう離婚の判例も多いし。先に慰謝料払えって話ですね(笑)
    元夫の離婚もやっぱり子供の問題だったんじゃないですかあ?

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.