テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月8日(水)は、加藤諦三&塩谷崇之。夫の5回目の浮気発覚。最初は結婚する前、赤裸々な言葉が並んだ手紙を見てしまった。前の浮気の時に、財産全部を貰って、夫に家を出て行ってもらうという文書を直筆で、名前を抜いた状態で書いてもらってあるが、たぶん夫が廃棄したと思う。病気の姑は引き取るつもり。離婚後の生活費を請求したいが可能か?

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:今年53歳になる女性 夫58歳 娘二人(25歳と20歳) 夫の母 5人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

今年53歳になる女性から、「いつも、聴いております」
夫は58歳、娘2人で、25歳と20歳、夫の母(姑)の5人暮らし

浮気を繰り返して5回

で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
えーっと・・まぁ、主人の・・女性癖が悪い・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、それはもう、今回で、5回目。(相談者)

5回目、はい。(加藤諦三)
はい・・ま、再三、いろいろ・・頑張ってきたんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、不信感しか、もう・・・残らなくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

主人・・(相談者)
で、恋愛結婚ですか?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
あ、そうですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で・・まあ、5回目というのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あの・・(加藤諦三)

わかっただけで、5回目ということですね?(加藤諦三)
そうですね・・(相談者)
それで・・はい。(加藤諦三)
付き合ってから、5回目です。(相談者)

結婚してから、わりと、早い段階から、時々、こういうことがあったという・・(加藤諦三)

そうですね、結婚する前に、初めて、そういうことがあったことがわかって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お付き合いします、付き合って、そのぅ・・いう・・婚約はしてなかったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そのつもりで、付き合ってる時に、初めてそれがわかって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

はあ?っと思ったんだけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まあ、結婚しまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
それから・・・ですね。(相談者)

そうすると・・結婚する前に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ま、自分以外の女性と付き合ってるということがわかって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

わかりながら・・その、今のご主人と・・結婚に踏み切って・・いくっていう・・(加藤諦三)

そうですね・・(相談者)
ところは、どういう・・気持ちだったんですか?(加藤諦三)

んーっと、相手の方が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

昔のことだから、手紙を書いたのを、たまたま、わたしが見ちゃったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

相手の方が、結婚するんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

今までの・・想いで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まあ、主人に・・(相談者)

最後の思い出じゃないんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そういうことを・・(相談者)

したいと。(相談者)

うん。(加藤諦三)

・・・

という、内容の、ま、いろんな・・言葉なので、赤裸々なことが、書いてあっ・・(相談者)
書いたのを・・あなたが、見たということですね?(加藤諦三)
そうなんです。(相談者)

好きだから信じた

そいで・・見る・・っていうのは・・(加藤諦三)
はあ(ため息)・・(相談者)
普通は、隠してるから見ない・・と思う、見えないと思うんですけど・・(加藤諦三)
ですよねぇ・・んん・・(相談者)
ど・・どうしてなんですか?(加藤諦三)
うーん・・たまたまちょっとあのぅ・・(相談者)

掃除をしたんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

なんかこう・・いつもそうなんですけど・・(相談者)

なんか、そういうものって・・(相談者)

引き出しの中に、あ・・って・・なんか・・(相談者)

見ちゃったんですよ。(相談者)

ん、んん・・(加藤諦三)

だからまあ、わたしにも非が・・見なきゃいいものをと、思ったんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ん・・やっ・・っぱり・・(相談者)

いやま、見なきゃいい・・けど、見たくて見るっていうの、わかるんですが・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

で・・(相談者)
ま、それ・・で・・(加藤諦三)
はい、いち・・(相談者)
恋愛・・結婚をしていったという・・(加藤諦三)

のは、まあ・・んっと、そういうんじゃなくってぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まあ・・(相談者)

本気じゃないし・・(相談者)

っていうこ・・(相談者)
あ、本気じゃないと、ご主人・・あ・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
結婚前に言ったということ。(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
ま、いつもそうなんです。(相談者)

うん、うん。(加藤諦三)
ふん・・(相談者)

あなたとだけは、本気だという言い方をしてたわけですね?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
うん、で、その度にあなたは、それを信じていたと?(加藤諦三)

そうですね、まぁあのぅ・・好きでしたから。(相談者)

はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

お酒を飲むと本当の姿になる

その、離婚・・(相談者)

したいと思うまでは、とにかく踏み留めるくらいマメな人だったんですね。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
ん・・(相談者)
マメな人?(加藤諦三)
マメです。(相談者)

なるほどねぇ。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

他所様から見ると・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
いいなって思うかもしれない・・ふっ(鼻で笑う)・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ま、マメでない男性、多いですからね。(加藤諦三)
そうですねぇ・・ふぅ・・(相談者)

あのぅ、とても、マメな、男性だと思います。(相談者)
ということは、アレですね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
外面・・が、いいけど、内面が、悪いっていうタイプ・・では、絶・・まったくないんですね・(加藤諦三)

そうですね、どっちかっていうと・・ただ、お酒飲むと、人が変わっちゃうっていう・・(相談者)

お酒を飲むと、人が変わる?(加藤諦三)
んん・・(相談者)
その、お酒飲むと人が変わるっていうのは、具体的に言うと、どうなります?(加藤諦三)

そうですねぇ、うーんっと・・なんて言うのかな、突然、怒りだしたりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そうね、たくさん飲むと、手があがったりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うーん・・それがなんか・・(相談者)
暴力とまではいかないけれども・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
暴力に近い・・ということ?(加藤諦三)
そうですね、だから、そういう時は、ホントに嫌ですね。(相談者)

お酒を飲むと、人が変わったと、あなたは先ほど、おっしゃったけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

正確に言うと・・(加藤諦三)

お酒を飲むと、本当の姿がわか・・見えるという・・(加藤諦三)
ああ・・(相談者)
そういう解釈は、できないんですか?(加藤諦三)

そういう解釈です。(相談者)
そういう解釈ですか?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

つまり、今のあなたに見せてる顔は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

仮の・・顔ですよね?(加藤諦三)
そうですね・・はい。(相談者)

うん・・だからあの、気に入られるための、周りに受け入れてもらう為の顔ですよね?(加藤諦三)
そうです、そうです・・そうです。(相談者)

そうですねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

覚悟はあるけど、どうしようもない

だから、この5回目って言いますけど、何人女性がいたか知りませんけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

要するに・・好きではないですよね。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

うん・・そうですね・・(相談者)

要するに、ちやほやしてもらいたいんですよ。(加藤諦三)
ああぁ!(相談者)

うん、そう、わかります。(相談者)

そう言ってました。(相談者)
あ、本人が言ってた?(加藤諦三)
はい。(相談者)
うん。(加藤諦三)

だから彼、おそらく、あなた・・が、別れるって言ったらもう、ビックリするんじゃないですか?(加藤諦三)

いや絶対にそれは・・認めないです。(相談者)

2回ぐらい・・(相談者)

あのぅ、お願いしたの・・(相談者)
あ、もう・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
もう、離婚してくれってことは、言ったんですか?(加藤諦三)
ええ、もうこのままだと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

前の時に・・今度あったら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

文書に書いて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

お家も・・全部、いただいて、わたしが。(相談者)
うん。(加藤諦三)
お義母ももらうから。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あなたはね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
1匹狼で、出て行ってください。(相談者)
うん。(加藤諦三)

いいよって、お互いにお前も書け!って言うから(笑いながら)。(相談者)
うん。(加藤諦三)
お互い、名前のとこだけ空けて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
直筆で書いて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

わたし・・(相談者)

もらってるんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でもそんなの・・ペッっと捨てちゃうんですよね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
たぶん、捨てちゃったんだと思います。(相談者)

で、そのぅ・・わたしが、全部、財産もらうしね・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
なにもかもって・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
それを・・その内容は・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

どうですか、彼は・・イイって言ったんでしょう?(加藤諦三)
その時はね。(相談者)
その・・うん、だから・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
その時は、イイって言いますよ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

だけど、絶対だめですよ、これは。(加藤諦三)
そうですね(笑いながら)。(相談者)

ええ。(加藤諦三)
そこまで、覚悟が、あるかな?・・っていうか、今回も、そ・・(相談者)
いや、覚悟はするの。(加藤諦三)

うん。(相談者)
覚悟はするけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

もう・・その、覚悟を超えた、どう・・しようもないものがあるんです。(加藤諦三)

そうなんですねぇ。(相談者)

離婚後も生活費を貰えるか

それで、そういうような状態だっていうのは、今、わかりましたね?(加藤諦三)
そいで今、あなたは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

不信感しかないから、離婚したいということですよね?(加藤諦三)

そうなんです。(相談者)
でぇ・・(加藤諦三)

こんな状態の中で、わたし、け・・離婚したいんだけども・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

これで・・こんなことで、離婚できるんでしょうか?っていう、相談ですか?(加藤諦三)

そうですね、家に、わたしはここに居て・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
彼に、出て行ってもらって・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

でぇ、今のまま、義母は、まあ、ここに居な・・居なければ、もうやっぱり病気ですし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、一緒には暮らしますけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
生活費とかを・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちゃんと貰いながらの・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そういう、離婚っていうのは・・可能かどうか?(相談者)

か?ということですね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、本当にね・・最適の先生がいらしてます。(加藤諦三)
はい。(相談者)
あの、弁護士の塩谷崇之先生です。(加藤諦三)
はい。(相談者)うん。(加藤諦三)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. うーん、結婚した事が失敗のような(苦笑)
    この手の性癖は直らないし・・・ここまで離婚しなかったのが驚きです。
    もう我慢する必要無いと思うけどなあ。
    証拠も有るようだし弁護士立ててサクっと離婚ですね。
    義母の面倒を見るとか言ってると旦那も離れない気がします。
    ここは心を鬼にしないと、綺麗事じゃ済みませんから。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.