テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018月6月8日(金)は、加藤諦三&大原敬子。53歳の未婚男性から、専門職の仕事を一生懸命やってきたが、コミュニケーションがうまく取れず、自分が言おうとしたことを、受け取ってもらえない。頑張っているが、周りから認めてもらえずモヤモヤする。休みの時も、そのことばかり考えてしまい、よく眠れない。どうすれば今の状況を変えて、有意義に生きていけるようになるのか?
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:53歳男性(専門職・未婚)

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。 (加藤諦三)

よろしくお願いします。(相談者)
はい・・最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい。(相談者)

53歳です。(相談者)
53歳・・(加藤諦三)

結婚してます?(加藤諦三)
いえ、しておりません。(相談者)
えーっと・・(加藤諦三)

ずーっと、一人ですか?それとも離婚して一人ですか?(加藤諦三)

えっと、ずっと一人でおります。(相談者)
あ、そうですか。(加藤諦三)

はい。(相談者)
わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

頑張っても周りが認めてくれない

えっと、仕事は一生懸命しておりますが・・(相談者)
うん、はぁい。(加藤諦三)

なかなかあのぅ、周りとのコミュニケーションが、取れないところもありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、まぁ、あのぅ・・専門職・・なので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと、まぁ、いろいろと、今まで頑張ってきまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、成果はあるんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・まぁ、今の、状況をちょっと変えたい・・まぁ、あのぅ、どういう風にこう・・有意義に生きて行ける、仕事も一生懸命やりながら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

え・・生きていきたいなという風に思っておりまして。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、まぁ、年齢が年齢なので・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
まぁちょっと、これからもまぁ、元気で一生懸命生きていきたいし、仕事もしていきたいと思いまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

今の状況まぁ、変えたいという思いがありまして・・(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)
ご相談させていただきました。(相談者)
はい、ありがとうございます。(加藤諦三)

仕事で毎日のコミュニケーションが、ん、ちょっと、うまく、思うように行ってないと。(加藤諦三)

はい。(相談者)
ま、専門職・・(加藤諦三)

と言う事ですけど。(加藤諦三)
はい。(相談者)

最近・・(加藤諦三)

その仕事の能率が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
下がってきて、焦ってるとか、そういう事は無いん・・ですか?(加藤諦三)

そうですね・・(相談者)

あのぅ・・まぁ、仕事は・・の、能率は下がって・・は、いないと思います。(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)

はい。(相談者)
じゃあ、仕事の方で・・そのぅ・・一生懸命、やって・・るけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
期待した成果が、出て来なくて・・なんか焦ってるっていう・・(加藤諦三)

事じゃあ、ないんですよね?(加藤諦三)
いえ、それはない・・ですねぇ。(相談者)
それではないですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすっと・・(加藤諦三)

毎日が・・(加藤諦三)

コミュニケーションがうまくいかない・・と・・いう・・(加藤諦三)

お話を先ほどなさってましたけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

あのぅ・・仕事上、人とのコミュニケーションが・・(加藤諦三)

かなり不可欠なことっていうのはあるわけですか?(加藤諦三)

そうですねぇ、あのぅ・・それは不可欠な、状況の、仕事ではあります。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)

それが、自分が・・こういうことを言おうと・・(加藤諦三)

したんだけれども、相手が、自分が・・言おうとしたように、受け取ってくれないということ?(加藤諦三)

そうですね、どちらかと言うと、そちらの方が近い・・と思います。(相談者)

ぅ、うーん・・(加藤諦三)

そうすっと、確かに、なんか、こういう事を・・言おうと思ったら、相手が・・(相談者)

違った意味にとっ・・(加藤諦三)

られた・・(加藤諦三)

っていうと・・(加藤諦三)

そりゃ毎日ちょっと・・(加藤諦三)

辛いですよねぇ、仕事・・仕事が、スムーズにいかないですもんねぇ。(加藤諦三)
そうですねぇ、なかなか、スムーズにいきませんし・・(相談者)

逆に、そういう風になってしまうと、こちらも・・(相談者)

え、どう・・いう風に、説明していいのかっていう・・ところも・・ちょっと自分の中でも多分、心の中で、こう、焦りが・・あったり・・したことは、まあまあ、あります。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

そうすると先程ね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
最近、仕事の・・(加藤諦三)

能率が悪くなってきて、焦りが生じてる・・ますか?って、聞い・・聞いたんですけれども。(加藤諦三)

はい。(相談者)
その、最近・・その、仕事の能率が悪くなってきたっていう・・よりも・・(加藤諦三)

結構、前から、その、仕事の・・面では、その、コミニュケーション・・(加藤諦三)

を、中心にして・・(加藤諦三)

焦りの気持ちというか・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
こんなに頑張ってるのに、というか・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そういう気持ちが、ある?(加藤諦三)

そうですねぇ・・どちらかというと、頑張ってるけれども・・周りが認めてくれない・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
でぇ、それを・・まぁ、自分が感じてしまうと・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
こう・・心がかなりモヤモヤして・・しまうことがあったりとか・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

あと・・それをまぁ・・(相談者)

そのぅ・・ま、会社が離れて、帰って・・自宅に帰ってきても・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっとこう・・悩んでしまって。(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ・・寝る・・最中まで、そういったものをこう、頭の中をぐるぐると・・ズッ・・回ってしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

最近、ここ最近は、ちょっと眠りも・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
うーん、あんまり・・よくない・・状況です。(相談者)
良くない・・ですねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

完全主義

まぁ、ちょっと・・まぁ・・極端な言い方だけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

悩みにとらわれてしまってる・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
っていう感じですよねぇ?(加藤諦三)
はいはい・・はい。(相談者)

そうですねぇ、どちらかと言うと・・(相談者)

とらわれて・・(相談者)

ん、うーーん・・(相談者)

今日はまだ、あのぅ・・(相談者)

まぁ、お休みなんで、いい方なんですけども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

仕事をしてる時なんかとか、その、終わった後なんかは・・(相談者)

結構、その中・・いや、そういった考えだけで、いっぱいいっぱいになってしまうようなことは、あります。(相談者)
いっぱいいっぱいですよねぇ・・うん・・(加藤諦三)

あなた、それからもう一つは、あの仕事・・の上で、完全主義なとこある?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ぁ、あの、専門職ということで・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
なんか・・ミスを・・許さないっていうか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ま、専門職なんでホントに・・それは、あ・・おっしゃったとおりで・・完璧な部分を・・(相談者)

相手に求めますし、自分も、それを目指してることは、間違いない・・ですね、これまでも、そのスタンスは、結構、はっきり・・して、やってきました。(相談者)

ええ。(加藤諦三)

はい。(相談者)
あの、自分に、完全主義を求め・・ま、ひ・・人に完全主義を求めると、人は、完全じゃないから・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
ま、そりゃあ、わたしはイライラしますねぇ、どうしても。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、自分に完全を求めても、自分も人間だから、完全ではないから・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

スーパーマンじゃないですからね。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

これはどうしても、イライラは、避けられないですよねぇ、完全主義に陥ると。(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)

これまでも、この仕事は長くやってきたものですから。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

えーっと・・そういったものに、こう・・(相談者)

ま、ぶち当たりながら・・何とかそれを乗り越えて、乗り越えて、というような形・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

仕事をしてきた・・事は・・間違いないように思います。(相談者)
うん。(加藤諦三)

それで今・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

一生懸命あなた、がん・・あのぅ・・がんばって生きてきたと思いますよ。(加藤諦三)

・・

それでぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
53歳でぇ・・(加藤諦三)

もう、ほん・・とう(本当)に我慢して、がんばって、がんばって、がんばり抜いて生きて来て・・(相談者)

ついに・・(加藤諦三)

エネルギーが、枯渇しちゃったんです。(加藤諦三)

・・

・・

そうですねぇ・・(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)
なかなか・・(相談者)
あなたの今日の電話っていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

そういう僕はこれからどうしたらいいでしょう?っていう・・(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)

はい。(相談者)
あの、今日はね、ホントにねぇ・・(加藤諦三)

いい時に、電話を・・くださいました。(加藤諦三)

はい。(相談者)

はい。(相談者)
幼児教育研究の、大原敬子先生です。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. いつもアップありがとうございます。感謝しています。
    ところで、今日の、よくわかりませんでしたのでどなたか解説願えませんか?
    仕事を一生懸命努力しても、人からあたたかく認められない、人間関係がうまくいかない、むしろ敵対してしまう、自分も職場の人を責めるような視線で見てしまう、そんな自分が嫌で苦しい、ということですよね。

    大原先生は、本当の目的が女性から認められ愛されたいということなら、そのやり方では得られない、自分の本当の目的を意識して行動しなさい、仕事を愛すれば女性にも認められますよ、ということでしょうか?

    加藤先生は、最終的に意味ある人生であることが大事と言われましたが、それは当然のことで、相談者も切羽詰まるほどそれを望んでおられると思います。答えになっているのですか?私にはよく飲み込めませんでした。
    よろしくお願いします。

    • コメントありがとうございます。
      自分も同様に、誰か教えて状態。
      うむ・・・

  2. 家事育児でリアルタイムで聴けないのでいつも助かっています、ありがとうございます!
    自分自身、育ち方で苦しかった過去があるので、加藤先生をはじめとして先生がたみなさんのお話しに毎日新しい発見をさせてもらっています。
    加藤先生の毎回のプロローグ?が、あなたの認めたくない事はなんですか?それを認めれば道はひらけます、なので、相談者さんが仕事やコミュニケーションの問題ではなく満たされない異性との関わりと認めたので、加藤先生としては、もう大丈夫、あなたの人生は有意義になりますよと締められたのかな〜と自分は思いました!大原先生も、本当に求めるものが分かったなら、問題を仕事にすり替えないで、むしろエキスパートの域に来られた仕事を自分の魅力にして異性をひきつけてという叱咤激励なのかな?と。未熟な見解ですが、感じたところをまとめてみました、失礼いたしました!

  3. 今回の相談、とても参考になります。
    なにやらとりとめもない話、つかみどころのない相談内容に思えましたが、「自分が本当に求めているのは何か?」という視点で見えてくるものがあるってことですね。