テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年10月27日(金)は、加藤諦三&大迫恵美子。結婚2年目で、妻は妊娠中。長い時間、妻と一緒に居ると、ソワソワして落ち着かない。この先何十年、寄り添うのに今の状態ではキツイ。どういう心持ちでいればいいのか?という相談。加藤諦三から共同体の体験がないと指摘。小さい頃、父親と居ると緊張したが、今は一緒に父の元で仕事をしているが問題ない。役割がはっきりしていれば・・・
加藤諦三氏の〆の言葉『人間として生まれた以上、私はありのままで相手に価値がある、それが共同体です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:31歳男性 妻29歳 結婚して2年弱 妻は妊娠中 高校生の時に両親離婚 1歳下に妹 現在、自営の父の元で働いている

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ、よろしくお願いします。(相談者)
最初に、年齢を、教えてください。(加藤諦三)

31です。(相談者)
31歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい、してます。(相談者)
え・・奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

え・・29です。(相談者)
あの、結婚してから、どのくらいで・・経つんですか?(加藤諦三)

えっと、2年・・(相談者)
2年ぐらいですか?(加藤諦三)
ぐらい・・2年、経たないぐらいですかね・・(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

お腹の中に・・います・・(相談者)
お腹の中に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました、で・・どんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと・・(相談者)

ですね・・(相談者)

妻・・との・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
一緒に・・居る時の自分の・・えーっと、心持ちというか・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

ちょっと・・(相談者)

落ち着かないので・・(相談者)

なんとなく、奥さんと、二人だけで居ると、居心地が悪いの?(加藤諦三)

そうですね、ちょっと、ソワソワするというか・・(相談者)

うん・・なんか、緊張しちゃうの?(加藤諦三)

ぁ、それは・・若干、あるのかもしれないです。(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

それは・・(加藤諦三)

結婚・・してから、しばらくして?それとも、もう結婚・・(加藤諦三)

・・

する前、恋愛期間でもなんか、二人だけで居ると・・(加藤諦三)
あああ・・(相談者)

そうですねぇ、もともと・・(相談者)

その、奥さんに限らず・・過去に、そういう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
交際してた・・(相談者)

女性・・ぇ・・と、やっぱりこう・・(相談者)

1日・・ぐらい・・(相談者)

ですか、大体、一緒に・・居るっていうのが、ちょっと・・(相談者)

しんどい・・というか・・(相談者)
しんどい・・うんうん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

だから、これはそのぅ・・(加藤諦三)

女性とばっかりじゃなくて・・(加藤諦三)

男性の場合でも・・二人でずっと・・一緒にいると・・なんかこう、疲れるというか・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)

・・

家に、帰りたくなるっていうのが、一つ・・(相談者)
あーぁ・・ん。(加藤諦三)
ありますかねぇ・・(相談者)

・・・

例えば、あのぅ・・(加藤諦三)

・・

小さい頃からねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

お父さんや、お母さんと、二人で居る時っていうのは・・あったわけでしょう?(加藤諦三)

・・・

そうですね、でも・・二人きりって・・(相談者)

家に・・居る・・(相談者)

ことは・・あんまり・・(相談者)

そう長い時間っていうのは・・あんまり、なかったかのように、思う・・(相談者)
なかったんですか?(加藤諦三)
・・
ええ、ええ・・(相談者)

あの、兄弟は、どうなってんの?末っ子とか、長男とか?(加藤諦三)
ああ、僕は、長男で・・(相談者)
あ、長男?はい。(加藤諦三)
はい、でぇ・・1つ下に、妹がいまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

そうすると・・(加藤諦三)

妹の方が・・(加藤諦三)

可愛がられてるなぁ・・とか・・なんかそんな・・(加藤諦三)

・・

ひがんだ気持ちを持ったようなことってのは、あんまりない?(加藤諦三)

父に関しましては・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

妹・・の方が・・すごい、可愛かったみたいなんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
母は・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

どちらかというと、僕の方を・・(相談者)

・・

あの・・(相談者)
を、可愛がっていたと。(加藤諦三)
・・
ええ、ええ・・(相談者)

と、思います。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

じゃあ、その、せ・・成長していく過程でねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

だんだん、お父さんと二人でいるっていうのは・・きつかった?(加藤諦三)

ああ、はい、そうですねぇ。(相談者)
・・
父に対しては・・(相談者)

中学校、上がった辺りからは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

緊張して、高校・・の時は・・あの、高校生の時には、離婚して、父が出て行った形なんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ちょいちょい、あのぅ・・(相談者)

家の方には、寄っていたので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういう時っていうのは、だいたいあのぅ・・玄関、開ける、音とか、階段のぼってくる音とかでまぁ、父が・・(相談者)

来たっていうのがわかると、やっぱこう、カラダが、強張るというか・・そういうことはありました。(相談者)

緊張しちゃうわけね・・(加藤諦三)
はい、はい・・(相談者)
怖かったわけねぇ?(加藤諦三)
怖かったですねぇ、はい。(相談者)
ふーーん・・(加藤諦三)

・・

だから・・その、お父さんとの緊張関係が・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

そのまま、他の人との緊張関係にも影響してる・・っていうふうに、考え・・たら・・(加藤諦三)

ウン・・(相談者)
おかしい?(加藤諦三)

・・・

うーん・・(相談者)

今は・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、父と仕事をしてまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・高校卒業してから、もうだから、14年目ぐらいになるんです。(相談者)
・・
父があのぅ・・自営で・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
で、父の元で、働いてるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

その、昔に比べたら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

よっぽどましに・・(相談者)

なったかな・・と、思うんですけど。(相談者)

スゥ・・それが・・(相談者)
うん、それ・・はい。(加藤諦三)
直接、影響・・(相談者)

・・

しているか・・どうかは・・ちょっと僕・・には・・(相談者)
あの、今・・(加藤諦三)

あの、一緒に、居るのはねぇ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

あの、楽だというのは、お互いに、仕事があるって、役割が、はっきりしているわけでしょう?(加藤諦三)
ああぁぁ・・なるほど、はい。(相談者)

・・

自分の役割をやってる時には、二人でも、なんでもないわけでしょう?(加藤諦三)
ああぁぁ・・はい、はい。(相談者)

・・

ところが・・(加藤諦三)

・・

リラックスできない、緊張しちゃう・・居心地が悪いっていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
お互いの・・(加藤諦三)

これをやる・・すればいいっていう、役割がないで、ただ、一緒に居る・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
一緒に居ること自体に、意味があるという・・(加藤諦三)
うん、うんうんうん・・(相談者)
そういう一緒の場合ですよね?(加藤諦三)

ああ、はい、はい、はい。(相談者)

・・

だから・・(加藤諦三)

上司と部下で・・(加藤諦三)

はい、はい。(相談者)
飲みに行くのは、いいんですよ。(加藤諦三)
うーん・・なぁ・・なるほど・・はい。(相談者)
だけど、上司と部下じゃなくて・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

人間と人間・・(加藤諦三)
ああぁぁ・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)

と・・の、飲みに行くとなると、ちょっと・・(加藤諦三)

緊張しちゃう・・(加藤諦三)
ああ、そうですね・・(相談者)

ですよねぇ・・(加藤諦三)
その通りです・・はい、はい。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・・

・・・

まぁ、難しく言えば、アイデンティティは、役割アイデンティティの方が、強いんだよねぇ。(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
仕事・・は、こういう仕事ですと。(加藤諦三)
ええ、ええ・・(相談者)

・・・

・・・

うん、わかりました、そいで・・(加藤諦三)

今日の、あなたの相談というのは・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

まぁ、そういうようなことで・・(加藤諦三)

奥さんと、一緒に居る時の・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

気持ちの持ち方を・・(加藤諦三)
ええ、ええ・・ぇぇ。(相談者)

・・

どうしたらいいんでしょうか?・・ってことですか?(加藤諦三)

そうですね、この先、何十年と寄り添うにあたって・・今の・・状態が続くと、ちょっと・・(相談者)
きついなぁ・・っていうことね?(加藤諦三)
きついなぁ・・と、思って・・はい。(相談者)

だけど、アレでしょう?(加藤諦三)

今の奥さんじゃなくたって・・ま、そう、そう・・あの、そんなん、離婚ということは・・(加藤諦三)
そう・・そ、そうだと・・お、思います。(相談者)

別の人が来たって、同じことだよね?(加藤諦三)

と、思います・・はい。(相談者)
ですよねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)
だから、そういうような、か・・(加藤諦三)

関係っていうの、どうしたらいいか?ということですね。(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
あの、今日は、あのスタジオに、弁護士の大迫恵美子先生が、いらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
え・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
御意見、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
よろしくお願いします・・はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク