テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年5月9日(火)は、今井通子&坂井眞。夫の暴言がモラハラだと1ヶ月前に、娘がネットで調べて知った。突然、怒り出したり、「死ね」「ろくなもんじゃない」等の暴言を吐く。結婚してからずっと。職人の夫、ずっと職人気質と思いずっと我慢してきた。経済的に厳しく、離婚しても慰謝料もなにも鼻血も出ない。今まで我慢してきて、このまま出て行くのは悔しい分、なにか代償はあるか?
パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:58歳女性 夫56歳(自芸業・職人) 婚姻37年 娘19歳 3人暮らし 補足:22年前に13歳で亡くなった息子

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

58歳女性から、あのぅ、モラハラの主人・・との・・主人のことで・・えーっと、これから先、どういうふうに、生活を一緒にしていったらいいか?ってことを、お聞きしたくて、お電話をしました。

わかりました・・あな・・あなた、おいくつ?(今井通子)
58歳です。(相談者)
58歳・・ご主人は?(今井通子)
56歳です。(相談者)
56歳・・お子さん、いらっしゃいますか?(今井通子)
います。(相談者)
はい・・上から、男女と年齢を、教えてください。(今井通子)

えっと・・女の子で、19歳で・・す。(相談者)

一人っ子?(今井通子)
子供・・はい、一人です。(相談者)
はい。(今井通子)

で、今・・ご一緒に、住んでらっしゃるの?(今井通子)
住んでます。(相談者)
お嬢さん・・(今井通子)

はい。(相談者)
ということは、3人家族?(今井通子)
そうです。(相談者)
はい。(今井通子)

はい。(相談者)
あ、結婚、何年目ぐらい?(今井通子)

37年です。(相談者)
37年?(今井通子)
はい。(相談者)

恋愛ですか、お見合いですか?(今井通子)

恋愛です。(相談者)
ほう、恋愛ですか?(今井通子)
・・はい。(相談者)

調べたらモラハラ

じゃあ、初めの頃は・・(今井通子)

あんまり・・非常識だと、思ってなかったわけね?(今井通子)

全然、わかんなかったです。(相談者)
ああ、そう?(今井通子)
・・はい。(相談者)

で、どんなことがあるわけ?(今井通子)

突然、怒りだしますし・・(相談者)
・・はい。(今井通子)

突然・・暴言を吐きますし。(相談者)

突然、怒り出し・・(今井通子)
はい。(相談者)
はい・・暴言は、どんなこと?(今井通子)

「死ね」とか。(相談者)

あと、ろくなも・・「お前たちは、ろくなもんじゃない」とか。(相談者)

これ、「お前たち」なのね?(今井通子)
ですから・・(相談者)
っていうことは、お嬢さんも含め?(今井通子)

そうです。(相談者)
うん。(今井通子)

あとはもう、アレですよね・・あのぅ・・「俺が、食わせてやってる」ですね。(相談者)

・・・

なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)
えーっと、ご主人・・は・・自営ですか?それとも会社、お勤め?(今井通子)

自営です。(相談者)
ぁ、自営?(今井通子)
・・はい。(相談者)
はい。(今井通子)

このぅ・・いわゆる、あなたの言う、モラハラが始まったのは、いつ頃?(今井通子)

そうですね・・・約1ヶ月・・あのぅ・・って、わか・・モラハラってわかったのは、1ヶ月前です。(相談者)

「わかったの」・・っていうのは、どういうこと?(今井通子)

あのぅ・・今までの、いろいろな言動とかをですね。(相談者)
うん。(今井通子)

あの、ちょっと、娘がですね・・(相談者)
はい。(今井通子)
あのぅ・・ネットで調べたんです。(相談者)
はい。(今井通子)

そうしましたら、自分の父親に・・もう・・(相談者)

ピッタリだっていうことで。(相談者)
はい。(今井通子)

で、「これ絶対・・お父さん、モラハラだよね」って、娘から、言われまして。(相談者)

はい。(今井通子)

で、それが、1ヶ月ぐらい前に・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・わかったっていうか、わたしたちが、調べたら、そういうことだったんです。(相談者)
で、モラハラじゃないか・・っていうのが、わかったんです。(相談者)

なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)

亭主関白じゃなかった

あの・・先ほどね。(今井通子)

はい。(相談者)
恋愛結婚で、37年前で・・(今井通子)
はい。(相談者)
その時は、ちっとも知らなかったっていうか、こんな状態じゃなかったって、おっしゃってたのが・・(今井通子)
・・はい。(相談者)

このぅ・・いわゆる、発言ですとか・・突然・・・怒りっぽくなったとか・・(今井通子)
・・はい。(相談者)
これ、手をあげる?(今井通子)

たまにあります。(相談者)

それは・・あなたを、殴るとか?(今井通子)

わたしです。(相談者)

お嬢さんのことは?(今井通子)

しません。(相談者)

殴る位置は、どこですか?(今井通子)

頭・・が、多いですね。(相談者)

げんこつ?・・平手?(今井通子)

・・・

ぇぇ・・平手です。(相談者)
ぁ、平手ね?(今井通子)
・・・はい。(相談者)

・・・

でぇ・・(今井通子)

・・・

こういうことを、するようになったのは、いつ頃?(今井通子)

考えてみたら、もう、3・・結婚して、すぐくらいからですね。(相談者)

あ、そう?!(今井通子)

はい。(相談者)

あの、ただの亭主関白だと、思ってたんですよ。(相談者)
うん。(今井通子)

で、短気なものですから・・(相談者)
うん。(今井通子)

ちょっとのことでもすぐ・・人にあたったりしますのでね。(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・まぁ、短気な人でもう、職人だからしょうがないな・・って、もう・・(相談者)
うん。(今井通子)
自分で、言い聞かせてきたんですけど。(相談者)
なるほど。(今井通子)

ええ・・(相談者)
ところが、お嬢さんが・・(今井通子)
はい。(相談者)
ネットで調べて・・(今井通子)

はい。(相談者)
これが、モラハラというものなんだって。(今井通子)

はい。(相談者)
モラルハラスメント?(今井通子)

はぁい。(相談者)
っていうふうに・・(今井通子)

はい。(相談者)

言われたので・・(今井通子)
はい。(相談者)

だとしたら、なんか、病じゃないか?とかぐらいに、思ったわけ?(今井通子)

病気・・みたいなもんじゃないですか?(相談者)

ああ、なるほど、そう思ってるわけね?(今井通子)
はぁい、で・・病気なんだから・・(相談者)
うん。(今井通子)

仕方がないっていうふうに、こっちが、のまなきゃいけないのかな?って言っても、なんか、これじゃあ、なんか、理不尽だなぁと、思ったので。(相談者)

うん・・まぁ・・(今井通子)

あのぅ・・(今井通子)

ちょっと、つかぬことを、伺いますけれども。(今井通子)
はい?(相談者)

年に、1回ぐらい・・(今井通子)
はい。(相談者)

人間ドックとか行って、カラダのチェックはしてますか?(今井通子)

してません。(相談者)

ぁ、なんにも、やってない?(今井通子)
やってないです。(相談者)
うん。(今井通子)

聴力が、弱ってくるような、仕事じゃないですよね?(今井通子)

・・・

あの、難聴の気はあります。(相談者)

これって・・えーっと、いつ頃から?(今井通子)

若い時からで・・らしいです。(相談者)

はあ・・はぁ。(今井通子)

なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)

代償はあるのか

でぇ、結局は、あなたとしては・・(今井通子)

ご質問っていうか・・何を、知りたいか?(今井通子)

その、モラハラ・・っていうふうな・・主人と。(相談者)
ええ。(今井通子)

我慢して・・(相談者)
うん。(今井通子)
なにも・・なかったような形で、わたしと娘が、我慢・・わたし達、娘がのんで・・我慢してこのまま、生活していくのって・・やっぱ、おかしいのかなぁ?っていうのも、あるんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

でも、経済的なことを考えると、このまま、出て行くのも、悔しいんですよね。(相談者)

はぁい・・(今井通子)

どういうふうに、接するのが、一番いいかのかな?って、本人に、その事を言っても、駄目なんですか?(相談者)

「あなたは、モラハラなのよ」っていうふうに・・(相談者)

ぁ、言った方が、いいか?言った方が・・ぃ、言わない方が、いいかってこと?(今井通子)
ええ・・(相談者)

でぇ、このまま出て行くって、離婚しよう・・という気もあるわけ?(今井通子)

・・・

ちょ・・(今井通子)
あ、したいのは、十分あります。(相談者)

ぁ、そこまでは、考えてないじゃなくて・・はぁい・・(今井通子)

離婚も、考えた上で、言・・おっしゃってる?(今井通子)

ええ、ぇぇ・・(相談者)

で、それ、お嬢さんとは、話し合ってるの?(今井通子)

えぇ、ぇぇ・・娘はもう・・大きいので・・(相談者)

ええ。(今井通子)

うーん、ただ、このまんまの形で、出て行くのも、悔しいね、ってことなんですよ。(今井通子)

悔しいねっていうのは、どういう意味で?・・(今井通子)

ん・・なんか、今まで、我慢してきた・・今までのこと、いろいろなことで、我慢してきたのに・・(相談者)

うん。(相談者)
うーん、って言って、ここで・・(相談者)

じゃあ、り・・(今井通子)
別れるって言ったら・・(相談者)
うん、離婚にあたっては・・(今井通子)

はい。(相談者)

それこそ、慰謝料請求ぐらい、したいみたいな話し?(今井通子)

でもたぶん、鼻血もでません。(相談者)

いや、それはだから(笑いながら)・・ふふふ・・ふふふ・・あのぅ・・うーん・・よ、要はだから・・(相談者)

離婚をしたいのか、これから、どういうふうに、付き合ったらいいのか?ぐらいは、ちょっと分けて・・どっちかの答えに、して、いただけます?(今井通子)
ふふっ・・(相談者)
ははは・・(今井通子)

いや、本音は、別れたいんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

でも・・このまま・・一緒に居るとしたら、どういう方法があるか?ってことですね。(相談者)
うん。(今井通子)

本音は、別れたいんだけど・・(今井通子)
はい。(相談者)

別れ・・このまま別れると、今まで我慢した、自分達が、悔しい分は・・(今井通子)

はい。(相談者)
なにか・・ねえ、代償が・・あるかもしれないし。(今井通子)
はい、はい。(相談者)

それもちょっと、聞いてみますかね?(今井通子)

はい。(相談者)
と、同時に・・(今井通子)
はい。(相談者)
今後、どうしたらいいでしょう?っていう、話しですか?そうするとね。(今井通子)
そうですね、はい。(相談者)
一緒に、暮らすうえでね。(今井通子)

はい。(相談者)
今日は、弁護士の坂井眞先生が、いらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. この相談者さん、愚痴を言ってるだけで、自ら解決するための努力はまったくしてないですね。
    「離婚したい」と言ってる一方で、離婚した後で自分が生きてゆくための生活設計はしてない。
    生活費を得るための就職活動もしてない。
    今まで旦那が稼いでくるお金をアテにして生きてきて、お金を稼ぐことがどんなに大変か知らないんでしょうね。
    旦那が突然怒り出すと言ってますが、旦那が怒る原因があるはずです。
    旦那には旦那の言い分がありそうですね。
    ずいぶん甘ったれた人だな、と私は感じました。
    どんな境遇にいても、一生愚痴を言い続ける人生なんじゃないでしょうか。

  2. 初めてコメントさせていただきます。相談者と同じ女です。旦那さんに暴言を
    吐かれる辛さは理解できます。私の父親も短気で口の悪い人だったから。只、この
    相談者、19歳の娘さんにモラハラじゃない?っていわれて目覚めたんだろうけど、
    歳の割に子供っぽいというか、息子さん亡くして苦労も知ってる筈なのに芯がないような印象が・・。いつから別れたいと思ってたか?息子が死んで夫に「お前が死ねば良かったのに」と云われてから。だけどその後娘産んでるし。女はいやだと思ってしまったらもう駄目ですよ。寝室なんて一緒に出来ませんよ。
    これモラハラの旦那さんに話しを聞いたら違った話しになるような気がします。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.