言いなりの人生から脱却

テレフォン人生相談
会いたい

テレフォン人生相談2016年7月7日は、加藤諦三&坂井眞。45年前に前夫の浮気発覚が原因で調停離婚成立。その時、生後1年の娘の親権は、相手に両親が揃っており、自分には母親しかいないので、向こう側になる。一切、会ってくれるなというのと、40年前に再婚した夫から、負い目ではないが、会ってもいいと言われないので、探してもいない。この歳なので、なんとか死ぬ前に娘に会いたいのだが、連絡方法も知らないし、どう探していいのかもわからない。

テレフォン人生相談2016年7月7日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:68歳女性(再婚) 夫65歳(初婚) 子供なし 婚姻40年 前の夫との間に娘45歳がいて離婚は45年前

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

68歳の女性から、夫は65歳で、結婚して40年、今の夫との間には子供はいない。

娘に会いたい

私、45年前に別れた娘と会いたいんです・・死ぬまでに1回。(相談者)
うーーん・・で、お嬢さんは、今何歳なんですか?(加藤諦三)
45歳。(相談者)
45歳ですか・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

それで、えー、今からどのぐらい前にお会いになったんですか?(加藤諦三)
だからもう、できて・・1年してから、主人が・・女の人がおるようが・・気付いて、それで別れたんです。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、そのお譲・・あの、今、この45歳のお嬢さんとは・・?(加藤諦三)
はい、一切会ってません。(相談者)

じゃあ、別れたご主人の方と一緒に・・(加藤諦三)
はい、別れた主人の方が連れてます。(相談者)
あ、そうですか。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

それで?(加藤諦三)
まあ、もう歳もいってるし・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

死ぬまでに1回会えたらどうかなぁ、ま、ど、どのようにしたら、会えるかなぁと思っております。(相談者)
ああ、はい、はい。(加藤諦三)

あの・・お譲さんと、会ってないということは、わかったんですけども、連絡の方法もないんですか?(加藤諦三)
はい、一切ありません。(相談者)

やっぱりあの、私が、再婚したときに、今の主人も・・には言うてるけど・・やっぱり気兼ねしてたんですね。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

ほんだから、子供が・・どうしてるかいうことも、よう探さなかったし・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
会いにも、よう行かなかったんです。(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

ど、ご主人の方が初婚だったんですか?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

そいでまあ、ご主人の方からすると、3歳年上の女性でも、子供がいるということで、あなたの方は、ずっと、この40年間、なんていうのか・・なおいう(?)・・言葉で表現したらいいかわかんないけど、何か負い目があったわけですか、結婚生活・・(加藤諦三)

いや、負い目は無いけど、やっぱり、離婚してるいうに、負い目があったから・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

だから主人には、もう、子供がいてますよ、いうことは言うてるけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
会いに行けとも言わず、何にも言わないから、私はやっぱり・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
会いたいなぁと思ったって、主人の手前、探すことも、ようしなかったです。(相談者)

一方的な調停離婚

はい・・それで、あの、普通まだ1歳ですと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
あ、前の結婚ですね、離婚した。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

まあ、母親の方と一緒に暮らすケースが多いんですけれども・・(加藤諦三)
はい・・私は、あの、調停離婚で・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、私は母だけだったから・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
向こうは両親揃っているから・・おじいちゃん、おばあちゃんが居る方がいいですからって言われて、私はもう・・子供を渡しました。(相談者)

要するに、お母さんのおばあちゃんだけよりも、おじいちゃん、おばあちゃんの・・に置いた方がいいということで、調停でもってそういうふうに決まったんですか。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で、あなたはもちろん、調停で決まったわけですから、それを受け入れたわけですね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

で、その時に、こういうときには会いたいとか、会えるとか・・(加藤諦三)
いや、もう、向こうが、一切、会わないでくれって、言われました。(相談者)

うん、そりゃ、その一切、会わなということは、調停離婚の時に、そのような内容が書いてあるわけですか?(加藤諦三)
いや、そこまで見てないんです、調停離婚のアレの・・(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

45年も前ですからね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
ちょっと記憶も、定かではないとは思いますけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そこまで一方的な相手の要求が、通ってしまうというのは・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
どうしてなんですか?(加藤諦三)

要するに、相手が・・好きな女性ができて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
で、あなたと別れると・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で、子供は、私が、あの・・親権はもらって・・私等の方が、育てていくと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
で、お前には、会わせないと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

これちょっと・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
む、む、無茶苦茶・・(加藤諦三)
ん、ん、よ、よくわからないんですけど・・ホントもう・・(相談者)

覚えてない

で、あなたなぜそれを呑んだんですか?(加藤諦三)
どういう風になったんかも、もう、ホント調停に何回も呼び出されたいうことは、覚えてるんですけどね・・(相談者)

うん、呼び出されたとしても、あなたはこの時に・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
なんか、私は、この娘が欲しいとか、そういう風には思わなかったんですか?(加藤諦三)

いや、おも、思いました、一応、初めは、連れて帰ってました・・子供を・・(相談者)
ええ・・うん・・(加藤諦三)

けど・・自分とこの家の子だから、返せって言われて、連れて帰られました。(相談者)
うーーん、で、その時、養育費とかなんか、そういうことは、考えなかったわけですね?(加藤諦三)

はい、養育・・はい、考えない・・全然、そんなもん・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
そうすると、あなたの場合ね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

もう、ずーっと、全部が相手の言うなりで生きてきたっていうことですよね。(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
そうですよね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

それで今、相手の言うなりに、もう、68年間も生きてきて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

私、こうしたいんですけど、どうでしょうかっていう、相談ですよね?(加藤諦三)
はい、会いたいんですけど、まぁ、面と向かって会えなくてもいいから、 まあ影からでもいいから会いたいんやけど、どうしたらいいかなって、相談です。(相談者)

はい、わかりました、今日はあの、スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

坂井眞アドバイス

えー、よろしくお願いします。(坂井眞)
こちらこそお願いします。(相談者)

住所を調べる方法

あの、もう45年前・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
で、それから・・ 1度も会ってないし、当然ですけども、今、どこにいるか全くわからない、ということですよね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

だから、会いたいんだけど、どうやって、会えばいいのかわからない。(坂井眞)
はい・・(相談者)
っていう話しですよね。(坂井眞)
はい、そうです。(相談者)

で、あの・・ま、1つは・・戸籍があって、で、戸籍には附票というものがあるんですけれども・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

そこに、あの、今どこに住んでいるか、住民票に書いてある、現住所とかですね、そういうこともわかるような、情報は載ってるんですよ。(坂井眞)
だけれども・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

かつては、戸籍っていうのは、誰でもとれたんだけれども・・すごく、大切なプライバシーに関わる情報だから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
今は原則として、本人しか取れないんですね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

だから、あの、自分の娘だと言っても勝手に、他人がとるわけにもいかないので・・それは難しいと・・いう事なんですよ。(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、ただ第三者でも取れるっていう領域があって・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
それは、私のような弁護士・・であるとか、それからまぁ、登記なんか扱う司法書士さんだとかね、そう、法律事務を扱う人間が・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

えー、受任している事件または、事務を遂行するために必要があるときは、身分を明かして、こういうことで必要ですと言って、他人の戸籍とか戸籍の附票を取ることは、できるんです。(坂井眞)
はい・・(相談者)

ただ、そうは言っても、弁護士も委任を受けた事件・・について・・しか、もちろん出来ないので・・例えば、あの、お金を昔、貸したんだけど返してくれなかったから・・それを回収してくださっていう、事件を・・の依頼を受けたとしますよね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、貸した相手が今どこにいるかわからないっていうようなときには・・その回収する相手の住所を調べるために、その受任した事件・・遂行するために必要だっていうことで、見ることはできるんですが・・(坂井眞)

残念ながら、あなたの場合は、そういう・・例えば弁護士に頼む、法律上の事務ではないですよね、事件ではないんですよね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

会いたいっていうだけなので・・それは弁護士が、受ける事件とは、ちょっと性質が違いますでしょ。(坂井眞)
うーん・・(相談者)

生前贈与

だから、なかなかその・・今言ったような戸籍法の例外で、えー、弁護士等が、第三者の戸籍とか、戸籍の附票で住所を調べる方法・・を取るのは難しいと思うんですよ。(坂井眞)
はあ・・(相談者)

例えば、何かあなたの財産について、何かその人に、あの今財産があってね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

えー、これは、別れていった娘だけれども、その娘にもうあげたいんだ、というような話があれば・・(坂井眞)
ええ、それは考えてます。(相談者)

それは贈与ということなので・・(坂井眞)
私は・・はい・・(相談者)
ま、ね、えー、そういう事がもしあればですよ・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

あげたいんだけど、相手の住所がわかんないからっていうことであれば、さっき言った戸籍法上の例外にあたる可能性は出てきます。(坂井眞)

あの・・私は今あの・・再婚して、主人が今居るんですけど・・(相談者)
はい・・(坂井眞)
子供が居ないから・・(相談者)
はい・・(坂井眞)

財産は、どうしようかな、とは考えてます。(坂井眞)
うーん、うん・・(坂井眞)
ある程度はやっぱり、ま、なん・・45年も別れてるから、少しのお金でも・・(相談者)
はい・・(坂井眞)

あげたらいいかなぁと思ってます。(相談者)
うん・・で、それはそうすると、まぁあの実際、例えばですよ・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

えー、会ってないけれども、あなたのお子さんであることは間違いないので、まぁこう言っちゃあ失礼だけども、もしあなたが、まだお若いから先の話だけれども・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

亡くなるようなことがあれば、あなたの相続問題が起きるじゃないですか・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
ご主人と、そのお子さんが、相続人になるわけですよ。(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、そうするとそれは、相続人、探さなきゃ行けないっていうことで・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
えー、それも本当に弁護士の、仕事になるんですね、で、えー、ま、今は亡くなった話をしてますけれども・・いや、亡くなる前に、ま、生前贈与だったりね、娘に渡しておきたいだってことであれば、それは立派な法律上の仕事になるので・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

それが目的だったら、さっき言った戸籍法上の例外として、弁護士が調べあげる話になると思うんですよ。(坂井眞)
ああ、そうですか。(相談者)

うん、だからその辺は、あの・・方弁としては、そういうこと言っては、それはダメなんだけれども、本当にそういうことがあるんだったら、それは弁護士さんのところに行って・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

私は、あの、もう45年、会っていない娘がいるんだけれども・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
自分の財産を生前、渡したいんだと・・いうような話だったそれは法律問題だから、じゃあ調べてみましょうということになるかもしれません。(坂井眞)

そうすると結果的に、どこに・・娘さんがいるかってことがわかることになると思います。(坂井眞)
はあ・・(相談者)

だからその辺は、ちょっと、実際・・ちゃんと弁護士さんに今のような話を相談してね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
調べられたらどうか、これが一つですね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

近所に聞く

あとは・・まぁ、45年前ですから、まだあの、そこに・・別れた前の・・ご主人・・とか、その親族が居るかどうかもわからないですよね?(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、戸籍見ないで調べる方法だとしたら、元居た所、戸籍見るのは法律上できないけれども・・近所の人に聞いて、どこ引っ越したか聞いて、追っかけてくのは別に法律違反ではないので・・(坂井眞)
ああ・・(相談者)

それは戸籍法とは関係なく、追っかける事は可能かもしれません。(坂井眞)
うん・・(相談者)
で、そういう調べ方がもう一つあります。(坂井眞)
はい・・(相談者)

ただ、その場合は、例えば結婚しておられると・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
あの・・名前も変わっちゃったりしてる可能性ありますし・・(坂井眞)
そうですね。(相談者)
えー、それから、当然どっか、別の場所に動いているかもしれないから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

まあ、あの、素人が行って話聞いても、なかなか45年前の話しは、出て来ない・・とは思います。(坂井眞)
はい・・(相談者)

ただ、戸籍以外で調べるとしたら、そういう方法・・だろうなと思いますけれどもね。(坂井眞)

どっちかなんだろうなぁというふうに、思いますけどね。(坂井眞)
ああ、もう、やっぱり弁護士さんにお願いする方がいいですね。(相談者)

うん、あの、そこはよく考えていただいて・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、あの・・ま、45年前・・ですから・・今、会って、ど、どうするのかってことも、その間によく考えられたほうが、いいなぁと思いますよね、あと、相手の気持ちとかね、あるでしょうし・・(坂井眞)
うん・・(相談者)

私の方からは、まぁ具体的なアドバイスとしては、そんなところになりますね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

加藤諦三まとめ

もしもし。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

負い目と引け目

あの、45年間、それはもう大変長い・・一人娘ですからね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
会いたいっていう気持ちも、そりゃあ分かるんですけど、なぜ今・・そういう気持ちが・・で、行動を起こそうっていうことになったの・・(加藤諦三)

やっぱりあの、歳がいって・・主人、今、ちょっと、病気で寝こんで・・保険とかいろんなもんで、したら・・成年後見とか、いろいろなもんを、手続き・・の事で・・してますから、やっぱり、私が亡くなった時には、ちゃんとやっぱり、娘にも少しでもあげたいな、と思って、ちょっと・・思うようになったから、ちょっと、相談してるんです。(相談者)

うん、そうですか、はい、まあ今、坂井先生が言われたような方法以外には・・ないですよね、ただ、第三者から見ると・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

なんで、ここまで周りの言いなりになるのかなぁと・・引け目みたいなものがあったんですか?(加藤諦三)

うん、引け目はないと思うんですけど、やっぱり私・・父親がいない家庭ですから・・(相談者)

うーん・・だから、そうするとずーっと・・そういう引け目があって生きてきて・・結婚ど・・今の結婚も、なんか、負い目があって・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

うん、すごい遠慮してるっていうのは、わかりますよね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ずーっと今まで、胸張って生きて・・こられなかったんだね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

うん・・だけど心の底で、この娘だけはって気持ちは出てきたのか・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

それで・・なんかこう、自分の人生に、引け目とか負い目とかを持ってるみたいですけども・・(加藤諦三)
はい・・今、もう・・(相談者)

もう、なんも・・なんもそういう、気持ちを持つ必要もないわけですから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

これから・・胸を張って生きてください。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、ありがとうございました。(相談者)

管理人のちょっとひと言

加藤先生が、何度も聞いているけど、さっぱりわからない。
45年前の調停ともなると、祖父母の有無が関係するのか?
確かに、シングルマザーとして生きていくには、今よりもっと、祖父母の援助が重要っていうのは、わかるけどね。

今回、重要な点は、どう連絡先を見つけるかってことよりも。
坂井先生が言った、45年間の空白と、会ってどうするかってことじゃないかな。
悪いけど、勝手すぎるよな。

今の旦那は、余程、体調が悪いんだろう、成年後見人制度を利用しなきゃいけないって。
ということは、話し相手にもならない状態。
一人ぼっちを、意識したんだよね。

それで・・・やっと、たぶんね、やっと、自分に娘が居ることを思いだしたんだ。
一人じゃないってことに、気が付いたわけだ。
旦那が、何も言わなかったから、気兼ねして何もできなかった・・・

本当か、それ?
面倒だったんだろう、余程離れていれば別だけど、何にもしてないよね。
口では、忘れたことないって言うのは簡単だけどな。

娘はおそらく、生みの母は死んだと聞かされているか、逃げた教えられたか・・・
なんの、行動も起こしてないなら、そんなとこだよね。
だとしたら、探しても拒否されるかもよ?

生みの母のいない状態で、今の生活が成り立っているだろうから、かえって迷惑かも。

自分でも言ってる通り、影から見る程度にしておいた方が、良さそうだ。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.