テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年7月7日(木)は、加藤諦三&坂井眞。45年前に前夫の浮気発覚が原因で調停離婚成立。その時、生後1年の娘の親権は、相手に両親が揃っており、自分には母親しかいないので、向こう側になる。一切、会ってくれるなというのと、40年前に再婚した夫から、負い目ではないが、会ってもいいと言われないので、探してもいない。この歳なので、なんとか死ぬ前に娘に会いたいのだが、連絡方法も知らないし、どう探していいのかもわからない。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:68歳女性(再婚) 夫65歳(初婚) 子供なし 婚姻40年 前の夫との間に娘45歳がいて離婚は45年前

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

68歳の女性から、夫は65歳で、結婚して40年、今の夫との間には子供はいない。

娘に会いたい

私、45年前に別れた娘と会いたいんです・・死ぬまでに1回。(相談者)
うーーん・・で、お嬢さんは、今何歳なんですか?(加藤諦三)
45歳。(相談者)
45歳ですか・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

それで、えー、今からどのぐらい前にお会いになったんですか?(加藤諦三)
だからもう、できて・・1年してから、主人が・・女の人がおるようが・・気付いて、それで別れたんです。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、そのお譲・・あの、今、この45歳のお嬢さんとは・・?(加藤諦三)
はい、一切会ってません。(相談者)

じゃあ、別れたご主人の方と一緒に・・(加藤諦三)
はい、別れた主人の方が連れてます。(相談者)
あ、そうですか。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

それで?(加藤諦三)
まあ、もう歳もいってるし・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

死ぬまでに1回会えたらどうかなぁ、ま、ど、どのようにしたら、会えるかなぁと思っております。(相談者)
ああ、はい、はい。(加藤諦三)

あの・・お譲さんと、会ってないということは、わかったんですけども、連絡の方法もないんですか?(加藤諦三)
はい、一切ありません。(相談者)

やっぱりあの、私が、再婚したときに、今の主人も・・には言うてるけど・・やっぱり気兼ねしてたんですね。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

ほんだから、子供が・・どうしてるかいうことも、よう探さなかったし・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
会いにも、よう行かなかったんです。(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

ど、ご主人の方が初婚だったんですか?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

そいでまあ、ご主人の方からすると、3歳年上の女性でも、子供がいるということで、あなたの方は、ずっと、この40年間、なんていうのか・・なおいう(?)・・言葉で表現したらいいかわかんないけど、何か負い目があったわけですか、結婚生活・・(加藤諦三)

いや、負い目は無いけど、やっぱり、離婚してるいうに、負い目があったから・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

だから主人には、もう、子供がいてますよ、いうことは言うてるけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
会いに行けとも言わず、何にも言わないから、私はやっぱり・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
会いたいなぁと思ったって、主人の手前、探すことも、ようしなかったです。(相談者)

一方的な調停離婚

はい・・それで、あの、普通まだ1歳ですと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
あ、前の結婚ですね、離婚した。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

まあ、母親の方と一緒に暮らすケースが多いんですけれども・・(加藤諦三)
はい・・私は、あの、調停離婚で・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、私は母だけだったから・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
向こうは両親揃っているから・・おじいちゃん、おばあちゃんが居る方がいいですからって言われて、私はもう・・子供を渡しました。(相談者)

要するに、お母さんのおばあちゃんだけよりも、おじいちゃん、おばあちゃんの・・に置いた方がいいということで、調停でもってそういうふうに決まったんですか。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で、あなたはもちろん、調停で決まったわけですから、それを受け入れたわけですね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

で、その時に、こういうときには会いたいとか、会えるとか・・(加藤諦三)
いや、もう、向こうが、一切、会わないでくれって、言われました。(相談者)

うん、そりゃ、その一切、会わなということは、調停離婚の時に、そのような内容が書いてあるわけですか?(加藤諦三)
いや、そこまで見てないんです、調停離婚のアレの・・(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

45年も前ですからね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
ちょっと記憶も、定かではないとは思いますけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そこまで一方的な相手の要求が、通ってしまうというのは・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
どうしてなんですか?(加藤諦三)

要するに、相手が・・好きな女性ができて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
で、あなたと別れると・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で、子供は、私が、あの・・親権はもらって・・私等の方が、育てていくと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
で、お前には、会わせないと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

これちょっと・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
む、む、無茶苦茶・・(加藤諦三)
ん、ん、よ、よくわからないんですけど・・ホントもう・・(相談者)

覚えてない

で、あなたなぜそれを呑んだんですか?(加藤諦三)
どういう風になったんかも、もう、ホント調停に何回も呼び出されたいうことは、覚えてるんですけどね・・(相談者)

うん、呼び出されたとしても、あなたはこの時に・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
なんか、私は、この娘が欲しいとか、そういう風には思わなかったんですか?(加藤諦三)

いや、おも、思いました、一応、初めは、連れて帰ってました・・子供を・・(相談者)
ええ・・うん・・(加藤諦三)

けど・・自分とこの家の子だから、返せって言われて、連れて帰られました。(相談者)
うーーん、で、その時、養育費とかなんか、そういうことは、考えなかったわけですね?(加藤諦三)

はい、養育・・はい、考えない・・全然、そんなもん・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
そうすると、あなたの場合ね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

もう、ずーっと、全部が相手の言うなりで生きてきたっていうことですよね。(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
そうですよね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

それで今、相手の言うなりに、もう、68年間も生きてきて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

私、こうしたいんですけど、どうでしょうかっていう、相談ですよね?(加藤諦三)
はい、会いたいんですけど、まぁ、面と向かって会えなくてもいいから、 まあ影からでもいいから会いたいんやけど、どうしたらいいかなって、相談です。(相談者)

はい、わかりました、今日はあの、スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク