テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月31日(水)は、加藤諦三&大迫恵美子。二ヶ月前、付き合っている彼女から妊娠したと聞かされたと同時に、既婚者であることを告白された。妊娠を聞かされた時点では結婚するつもりだったが、既婚者と知らされ、今は彼女が信じられない。先週、彼女の夫から慰謝料請求をされる。彼女が既婚者だとは知らなかったのだが、慰謝料を払わなければいけないのだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『好きで始まった恋愛と、心のトラブルで始まった恋愛では、まったく違います』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:26歳男性 独身 付き合っている彼女30前後で妊娠五ヶ月

もしもし?(加藤諦三)

もしもし・・(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ・・お願いします。(相談者)
はい。(加藤諦三)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

えっと、26・・です。(相談者)
26歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ぇ・・独身ですか?結婚してますか?(加藤諦三)
・・
あっ、独身です。(相談者)
独身ですか・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

はい、わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

慰謝料請求

えっと・・ちょっと・・(相談者)

慰謝料の方ですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ、ちょっと、請求を・・(相談者)

され・・(相談者)

てまして・・(相談者)

慰謝料を請求されている・・はい。(加藤諦三)

はい・・(相談者)
・・
ぇ、彼女・・が、いまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・彼女が、ちょっ・・妊娠を・・(相談者)

しまして・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
でぇ・・妊娠を・・(相談者)

聞かされたと同時に・・あのぅ・・(相談者)

既婚者であるっていうことを・・(相談者)

一緒に・・(相談者)

・・

告白されまして・・(相談者)

・・

うん?(加藤諦三)

・・

既婚者であるということを・・(加藤諦三)

聞かされた?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

それで?(加藤諦三)

・・

え・・(相談者)

そちらの旦那さんの方に・・(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

旦那さんの方から・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
慰謝料を請求されたということですか?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

で、あなたは・・(加藤諦三)

当然、このぅ・・(加藤諦三)

・・

付き合い始めた時・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
彼女が・・(加藤諦三)

独身だと思ってたわけですね?(加藤諦三)

あっ・・(相談者)

そうですねぇ。(相談者)

あなた・・より、年上ですか?年下ですか?(加藤諦三)

年上ですね。(相談者)

年上ですか?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
何歳ぐらい?(加藤諦三)

・・

30・・前後なんですけど。(相談者)
30・・前後・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

で、あなた・・(加藤諦三)

・・

・・

まぁ・・考える余地もなく、当然、独身と思っていたわけ?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

ちょっと、もしかして?・・とかって、おも・・思わ・・思わなかったのね?(加藤諦三)

・・

もしかして・・っていうのも、思わなか・・ったです。(相談者)
思わなかったのねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

わからなかった

で、今まで・・恋愛っていうのは・・(加藤諦三)

何回かは・・して・・(加藤諦三)

いる・・(加藤諦三)

してます・・はい。(相談者)

・・

ん・・でぇ・・当然、相手も・・今まで独身・・だから・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
もう、恋愛っていうのは・・(加藤諦三)

・・

・・

ま、年寄りでも独身っていうのが・・あなたの・・から見ると、当然だったわけねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

はぁい・・で、これ、どのぐらい続いたの?(加藤諦三)

・・

これ、だいたい・・一年・・(相談者)

ぐらいですね。(相談者)

一年ぐらい・・(加藤諦三)

あの、彼女・・は、あれですか?(加藤諦三)

既婚者だけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
子供はいないのね?(加藤諦三)

あっ・・そうです、いないんです。(相談者)

ねぇ、子供がいて、一年間付き合ってて・・わかんないって言ったら、それはおかしいもんねぇ。(加藤諦三)

そうです・・はぁい。(相談者)
ねぇ・・それでぇ・・(加藤諦三)

彼女は・・(加藤諦三)

妊娠してるとか、妊娠してないとか、そういう・・(加藤諦三)

ことはあるんですか?(加藤諦三)

・・

妊娠・・今・・してます。(相談者)

ぁ、今、し・・何か月?(加藤諦三)

・・

今、五ヶ月なんですよねぇ・・(相談者)
五ヶ月・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

それでぇ・・(加藤諦三)

・・

その時・・(加藤諦三)

妊娠した時に・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

彼女は・・(加藤諦三)

「産む」と、当然・・(加藤諦三)

言ってたわけね?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

・・

・・

はぁい。(加藤諦三)

それでその時、あなたは・・(加藤諦三)

お互いに独身だと、け・・(加藤諦三)

っこん(結婚)は・・って、話しは出なかったんですか?(加藤諦三)

あっ・・当然もう、結婚・・しよう・・っていうふうに・・(相談者)

自分も・・思いまして・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

で、その後にちょっと、そういった事、聞かされたんですけど・・(相談者)

・・

そういった事っていうのは?(加藤諦三)

・・

あの、実は・・(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)
あのぅ、け、結婚・・(相談者)
は・・実は、わたし・・結婚してるんだと。(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

ぅ、うーーん・・そいで?(加藤諦三)

結婚してるけれども・・子供が出来て、子供は、産みたいと・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
でぇ、離婚はしたいという、そういう話ですか?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

・・

・・

じゃあ、今の状態というのは・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
妊娠五ヶ月で・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
彼女は離婚をす・・(加藤諦三)

すると・・したいと、言っていると。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

だけど・・(加藤諦三)

その彼女の夫の方から・・慰謝料を請求されていると。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

・・

どのぐらい請求されてるんです?(加藤諦三)

・・

・・

ちょっと額はまだ・・って・・(相談者)

・・

いくらって・・は、提示はされてないですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

・・

・・

その、結婚してるって言われて、ただ、ビックリ?(加藤諦三)

・・

・・

そうですねぇ。(相談者)

・・

・・

でぇ、どの・・今から、どのぐらい前ですか?一ヶ月前とか、一週間前とか?(加藤諦三)

・・

・・

二ヶ月前・・ぐらいですかねぇ。(相談者)
二ヶ月前ぐらい・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

でぇ・・慰謝料を請求されたのは・・どのぐらい前ですか?(加藤諦三)

は・・えーっと、先週ぐらいの・・話です。(相談者)
先週ぐらい・・(加藤諦三)

はぁい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

・・

・・

まぁ・・あなたにとっては、激動の・・(加藤諦三)

ニ、三ヶ月だったんですねぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
で、今日の相談というのは・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

こういうことですか?(加藤諦三)

あなたは・・(加藤諦三)

既婚者と知らないで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

ある女性と付き合っていて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ、慰謝料を請求されたんだけど、これは・・(加藤諦三)

払わなきゃいけないんですか?ということ?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

というような内容ですか?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はあの、スタジオに弁護士の大迫恵美子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
お願いしまーす。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク