テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年7月6日(木)は、加藤諦三&大原敬子。11歳の息子が不登校、週の半分は行ったり、行かなかったり。不登校の原因は、妻からすれば、子供の前でも間違いを指摘するから子供が妻を馬鹿にするからだと言うし、妻は全然、自分の言うことを聞き入れてくれないと言う。自身、夫婦仲は悪くないと言い張る相談者。場面場面で問題が起きて、夫婦の話が合わないと言うのだが・・・

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:47歳男性 妻47歳 長女16歳・高校1年生 長男11歳・小学6年生

加藤諦三氏の〆の言葉『表向きの課題の裏に、真の課題がある。パラタクシス的歪曲と言います』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

47歳の男性から、妻も47歳、子供は二人で、長女16歳・高校1年生、長男11歳・小学校6年生です、以上です。

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
・・
えー、長男の不登校の件なんですが・・(相談者)
この、11歳の子ね?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

理由がわからない

不登校っていうのは、いつ頃から、始まったんですか?(加藤諦三)

まぁ・・ちょくちょく、休むことは、あったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

ぇ、まぁ、起きられないとかで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、行くのが嫌になってっていうのが、あったんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えー、続くようになったのが・・(相談者)

えー、半年ぐらい前から・・ですかね・・(相談者)
・・
あぁ、そうですか・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

で、今、そうすると・・(加藤諦三)

あの、学校には、完全に行ってないんですね?(加藤諦三)
・・
いや、完全ではないです。(相談者)
完全ではない?(加藤諦三)

ど、どういうこと?(加藤諦三)
ほ、保健室登校みたいな形の登校?(加藤諦三)

じゃなくて、ちゃんと教室に・・行けてるの?(加藤諦三)

えーっと、行く時は・・教室に・・行ってます。(相談者)

・・

週の内、半分・・ぐらいですかね、割合にしたら。(相談者)

1週間、丸々行かない時もありますし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

行ける時もあります。(相談者)
・・
ああ、ああ・・(加藤諦三)

・・

でぇ・・・(加藤諦三)

学校でも・・(加藤諦三)

人間関係とか、先・・あのぅ、先生との関係なんてのは・・(加藤諦三)

ま、小さい頃から、どんな感じだったんですか?今、小学校6年ということですけど。(加藤諦三)

はい、えーっと・・あまり、人と接する・・のが、得意ではないほうだと思うんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、子供同士・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
も、そうですね。(相談者)

で、大人となると、尚更・・(相談者)
・・
自分から、話しかけるとかっていうことは。(相談者)

ほぼ・・(相談者)

ないんですね。(相談者)

あのぅ・・(加藤諦三)

・・

この子は、特別に何か、あの、アレですか?(加藤諦三)
・・
劣等感を、持つようなことっていうのは・・(加藤諦三)

・・・

ない・・ですか?(加藤諦三)

・・・

・・・

はい、思い当たることは、ないですね。(相談者)

あ、そうですか。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

・・・

と・・(加藤諦三)

あなた・・(加藤諦三)

今・・あなたと・・(加藤諦三)

はい、で・・(相談者)
奥さんとの・・(加藤諦三)

関係・・というのは・・(加藤諦三)

その、1年前ぐらい・・(加藤諦三)
・・
前ぐらいからは、どんな感じですか?(加藤諦三)

えーっと・・(相談者)

あの、変わらず・・ですね。(相談者)

変わっては、いないです。(相談者)
・・
特に。(相談者)

特に変わってない?(加藤諦三)
その・・その前からも・・(相談者)

その後も・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

妻との関係は・・(相談者)

変わってないです・・(相談者)
あぁ・・ん。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
そうすると・・(加藤諦三)

あの、奥さんとの関係が、なんか、ギクシャクしだして・・(加藤諦三)

ぇ・・それで・・(加藤諦三)
・・
子供が・・(加藤諦三)

学校に、行ってる間に、父親と、母親との間に、なんかあるんじゃないかと、心配して行かれなくなったとか、そういうことは、ないわけですね?(加藤諦三)

それはないですね、はい。(相談者)

それはないですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすると、あなたとしては・・(加藤諦三)

なんで・・(加藤諦三)

この子が、行か・・(加藤諦三)

れなくなったっていうのは・・(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)
り、理由がまったく、掴めないということね。(加藤諦三)

そうですね、はっきりとは、掴めない状態ですね。(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)

・・・

あなたのせい

そうすると、この子と、お母さんとの関係は、どうですか?(加藤諦三)

・・・

えーっとですね・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

仲、悪くはないんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

妻が・・(相談者)

ぇ・・子供に対して・・(相談者)

言うこと・・(相談者)

怒ったりとか、まぁ・・(相談者)

なにか・・(相談者)
・・
教えたりとかっていう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ことに対して、わたしが、それに・・意見を、してしまうことが、あるんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)
それが、間違ってたりだとか・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
・・
実際に、言ってることが、間違ってるということを、その場で、言ってしまことがあって・・(相談者)
子供の目の前で、ということね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

妻が言うには、それを・・聞いてるから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたしのことを、馬鹿にしてると・・(相談者)
・・・
言うんですね。(相談者)

・・・

うん。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

なんで・・(相談者)

妻が朝・・(相談者)

・・

朝、学校行く時は、わたしはもう、いないんですけど、家には。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

妻が起こ・・(相談者)
・・
起こしても・・(相談者)

起きない。(相談者)

でぇ、なんだかんだ、言い訳して・・(相談者)

また、寝てしまうっていう・・ことは・・(相談者)

わたしが、馬鹿にされてるからだって・・(相談者)

は、よく言われますけど。(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

いや、今の話し聞くとね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

奥さんが・・(加藤諦三)

ま、子供の前で、そういうことがあって・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

子供がこうなるのは・・(加藤諦三)

あなたが、わたしの事を、馬鹿にしているからだ、っていうふうに言うっていうのは、それが、事実かどうかは別としてね。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

やっぱり、夫婦関係に問題があるっていうふうには・・かん・・(相談者)

やっぱり、そう・・感じない?(加藤諦三)

・・・

・・・

うーん・・・ああ、そうですねぇ・・(相談者)

夫婦関係に問題ある?

はい。(相談者)
で、とにかく、今日の、あなたの相談というのは、まあ、そういうこと、いろいろあるけれども・・(加藤諦三)
(大原先生の咳払い)
とにかく、半年ぐらい前から・・(加藤諦三)

・・

ま、不登校と、言われ・・るような、感じ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
週に、半分ぐらい、行かなかったりというようなことが・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
続いていると。(加藤諦三)

はい。(相談者)
で、どうしたらいいか?っていうことですね?(加藤諦三)

・・・

・・・

はぁい・・あのぅ・・(相談者)

子供が、まあ・・(相談者)

学校に・・行けるのが、一番なんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、それに対しての、妻の対応・・(相談者)

・・・

も、ちょっと・・(相談者)

わたしは、実際、見てるわけじゃないんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

逐一・・連絡が来るんですね。(相談者)
・・
朝から・・(相談者)

あ・・(加藤諦三)
わたしに。(相談者)

会社なら、会社に?(加藤諦三)

はい。(相談者)

それで、それに対して、あの、こうして・・みれば、ああしてみればとか・・(相談者)

ま、行かないなら、行かないで・・(相談者)
・・
放っておけばいい・・とかっていう時も、あるんですけど・・(相談者)
うん。(相談者)
それ・・その、意見に対しても・・(相談者)

アドバイスとか、意見に対しても・・(相談者)

否定的な・・っていうか・・(相談者)

・・・

ま、その時点では・・(相談者)

ま、頭に血が昇ってるんで・・向こうも・・(相談者)

・・・

・・・

冷静じゃないとは、思うんですけど。(相談者)

・・・

ま、わたしの・・(相談者)

意見・・を、まず、もう・・(相談者)

聞かないんですね。(相談者)

そういう・・時じゃなくても。(相談者)

・・・

妻がね?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

アドバイスをしても。(相談者)

聞き入れて、くれないんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

そういったのも、まあ・・(相談者)

・・

そうすると、今日の・・(加藤諦三)
あのぅ・・どうすればいいのか・・(相談者)
今日の相談というのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

不登校のこと・・も、そうだけど、むしろその・・(加藤諦三)
・・
奥さん・・との、関係?(加藤諦三)

はい。(相談者)

あ、そっちですか?(加藤諦三)

・・・

要するに・・(加藤諦三)

・・・

いや、あのぅ、不登校を・・(相談者)

が、一番の問題だと思ってます、わたしは・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
ただ・・(相談者)

わたしと、妻の・・そういった関係が・・(相談者)

その、不登校に繋がってるんであれば・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

え・・(相談者)
・・
わたしなり、妻なりに、問題があるという・・(相談者)

・・

ことも、考えてるん・・ですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

いや・・(加藤諦三)
その辺も踏まえてという・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

感じですかね・・(相談者)
ということね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
というのは、僕は非・・非常に疑問に思うのは・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

もう、通常、不登校の場合は・・(加藤諦三)

お父さんと、お母さんとの、関係を・・聞く・・(加藤諦三)

のが、当たり前なんですが・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

あなた、最初、問題ないと、言っていて・・だ、だけど、話してるとかなり・・(加藤諦三)

・・・

問題を・・(加藤諦三)

言ってますよね、こういう問題があるんだと。(加藤諦三)

・・・

・・・

いや、わたし自身は・・あのぅ・・(相談者)

夫婦仲という・・(相談者)

観点で・・(相談者)

仲は・・(相談者)
・・
悪くないとは、思ってるんで・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

あ、そうか、夫婦仲は・・ま、あ・・(加藤諦三)
ええ、場面場面で・・(相談者)
はぁい、はい。(加藤諦三)
問題が起きると・・(相談者)
・・
起きて、話し合うと、話が合わないとか・・(相談者)
そうね・・はいはい。(加藤諦三)
そういったことは・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あるっていう・・(相談者)

ことなんです、はい。(相談者)
はい、わかりました、そうすると、そういう夫婦関係・・の、中で・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
16歳と、11歳の男の子がいて、男の子が今・・(加藤諦三)

不登校になって、それが、続いてるということですね。(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
はい、わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はあの、スタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク