テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月22日(水)は、加藤諦三&大迫恵美子。10年ほど前にギャンブルでサラ金から200万の借金を作った夫、一括で返済したが以降、こっそり夫の財布をチェックする妻。財布の中から出て来る居酒屋やホテルの領収書。仕事柄、会社に泊まることもあるのだが、スケジュール帖には、地方から出てきた新入社員と会う約束の日になっている。疑うも夫に聞くことができない妻、どう考えたらいいか?
加藤諦三氏の〆の言葉『心配性の原因は、隠された怒りや不満です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:56歳女性 夫63歳 子供一人28歳

もしもし?(加藤諦三)
もしもし。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
はい・・お願い致します。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)
えーっと、56歳です。(相談者)
56歳・・結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)

え・・ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)
63歳。(相談者)

63歳・・お子さんは?(加藤諦三)

一人います。(相談者)

何歳・・(加藤諦三)
20・・8歳。(相談者)
28歳・・で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっとですね、10年・・ぐらい前なんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・主人・・が、ギャンブルの借金があり・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
え・・サラ金で借りてたんですね。(相談者)

で、それは全部、払・・って・・(相談者)

ぇ・・(相談者)
あ、もう今、そうすると借金は全部・・(加藤諦三)

あ、その時に、それを・・(相談者)
ハイ。(加藤諦三)

聞いた時点で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
残債を全部払・・ったので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、とりあえずそれは終わったんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

でぇ・・(相談者)

それ・・以降・・(相談者)

お財布をたまに、わたしが見てたんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・急激なお金の変化がないというか・・そういう為に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そう・・しましたら・・(相談者)

領収書がたくさん・・(相談者)

なんか、ありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、居酒屋とかホテル・・の・・領収書が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、仕事柄、朝早かったり・・夜遅かったりすると、会社に泊まったりするんですが・・(相談者)

その会社に泊まった日に・・ま、飲みに行っていることが多くて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぇ・・今から2か月・・前・・ぐらい・・から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと、新しくあのぅ、地方から・・会社に入ってきた子と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
飲みに・・行ってるみたいで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そのぅ・・(相談者)

地方から出てきた子は、まだ若いんですね。(相談者)

あっ、この子は・・女の子という・・(加藤諦三)
そうです!(相談者)

あぁはい・・何歳ぐらいですか?(加藤諦三)
はたち・・ぃ・・ぐらいだと思います。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

随分、若い・・かた・・ですね。(加藤諦三)
ええ。(相談者)
それで・・あなたから見ると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

財布の中に入ってるその、ホテル・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

代みたいなのが・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

ウーン、納得いかないという・・(加藤諦三)

そうですねぇ・・あのぅ・・(相談者)

・・

ラブホテルの感じということですか?(加藤諦三)
いや・・(相談者)

そうではないと思います。(相談者)

・・

・・

そうではない?(加藤諦三)
たぶんその・・子が、まだ・・あのぅ・・こちらに家が決まってないので、泊まったのではないかと思うんですけど・・(相談者)

家を借りる前・・(相談者)

に・・(相談者)

泊まらせたというか・・(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

そうすると・・(加藤諦三)

このホテル代というのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ご主人が泊まったわけではなくて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

この子が泊まった・・ホテルの・・(加藤諦三)
ではないかと思うんです。(相談者)
ぉ・・あのぅ・・ご主人が、払ってあげたと。(加藤諦三)

じゃないとか思うんですよね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

もしかしたら、二人で泊まったかもしれない、それはちょっわかんないですけど・・(相談者)
わかんないということですねぇ・・(加藤諦三)

と・・要するに、今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
まぁ、ギャンブルでもって、かつてまぁ、200万の借金を作ったけど、今はもうギャンブルはやる・・(加藤諦三)
あ、はい・・たぶん、やってないと思います。(相談者)
やってないと。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

と、今・・そのぅ・・新たに・・(加藤諦三)

あの、あなたが心配してるのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

その、財布の中に入っ・・を、見ると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

どうも納得のいかない・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
領収書が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あると。(加藤諦三)
そうです。(相談者)

で、どうも・・(加藤諦三)

二ヵ月前に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
地方から・・(加藤諦三)

出てきた・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
女性社員・・(加藤諦三)

と、飲みに行ったり・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

ど・・女性社員が・・ホテルに泊まるのを・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ご主人が、払ってあげてんじゃないかと・・(相談者)
はい。(相談者)

で・・この地方から出てきた・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)
この女性との関係を・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)

どういうふうに・・(加藤諦三)

え・・考えたらいいか?・・ってことですね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)

今日はあの・・スタジオに弁護士の大迫恵美子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク